内藤健一フェイスブックは?殺人罪適用の声上がるのは当たり前です!過去の引きずりは懲役15年も

2019年1月2日に浦安市富岡4の国道357号で梓隼輔さんを轢いて1㎞も引きずって死亡させ逃げた男が逮捕されました、男の名前は内藤健一容疑者、この事件の恐ろしい所は梓隼輔さんを車(軽四)の下に巻き込んだまま脇道に入って、蛇行Uターンを繰り返し、途中に梓さんのものとみられる服や車の部品が散乱。オートバイは追突現場近くに倒れていた。

本日は

 

・内藤健一容疑者のフェイスブックは?

 

・殺人罪適用の声上がるのは当たり前です!

 

・過去の引きずりは懲役15年も

 

 

内藤健一容疑者逮捕!報道はどう伝えたか?

2日夜、千葉県浦安市でバイクの男子大学生が車におよそ1キロにわたって引きずられた末、死亡したひき逃げ事件で、警察は、内装工の49歳の男を逮捕しました。

 危険運転致死などの疑いで逮捕されたのは、東京・江戸川区の内装工・内藤健一容疑者(49)です。内藤容疑者は2日午後11時半ごろ、浦安市富岡の国道で、軽乗用車を運転中にさいたま市の大学生梓隼輔(18)さんの運転するバイクに衝突し、およそ1キロにわたって引きずった末、そのまま逃走した疑いがもたれています。梓さんは頭を強く打っていて、病院に運ばれましたがその後死亡しました。

警察の取り調べに対し、内藤容疑者は「千葉市の実家などで酒を飲んだ後、うとうとして眠たい状態で運転した。事故に気付き、気が動転して怖くなって家に帰った」と供述しているということです。

内藤健一容疑者が運転していた車


NNNより


NNNより

内藤健一容疑者の顔画像とプロフィール

 

Twitterで画像を見る
プロフィール

名前:内藤 健一 (ないとう けんいち)

年齢:49歳
住所:東京都江戸川区中葛西6丁目
職業:内装工
逮捕容疑:飲酒運転、危険運転致死の疑いで逮捕
.

みんなの反応は?殺人罪適用の声上がるのは当たり前ですの声多数

皆さんの反応を見てみましょう。

・先日の犯人が逮捕されました。
しかし気づいていたのに知らなかったは下衆な言い訳です。
こんな奴はまたやるから重い刑を。

・千葉のひき逃げ野郎、何がうとうとしてましだ、それで一人人が死んでんだぞ。しかも助けることができたのに、逃げたんだからな、殺人犯だよ。まさに、人間失格だな。殺人犯。

 

・ひき逃げ犯、捕まってよかったとは思うけど、もはや殺人だと思うし、捕まっても亡くなった方は戻らないし、また飲酒みたいだし…なんでなのかな…なんでなくならないのかな、飲酒運転…

・これって殺人でしょう。もう法律改正しましょう。飲酒運転事故殺人未遂飲酒運転ひき逃げ及び死亡事故は殺人罪 酒が抜けていても当日の足取りを調べ、店、友達が虚偽申告をした場合その人達が罰金500万円または懲役3年。そしたら本当の事話します。

 

・新年早々、悲しい残酷な事故のニュースが飛び込んできました。
1月2日午後11時50分ごろ、千葉県浦安市富岡4丁目の国道357号で、男性が乗ったバイクに車が追突、車は男性を引きずりながら周辺を約1キロ走行し、逃走。バイクの男性は頭を強く打ち、搬送先の病院で約5時間後に死亡しました。

 

・1kmもの距離を人を巻き込んだ状態で走行してる間、何を感じて、何を考えていたんだろうか…

 

・40代にもなって自分の行為がどのような結果を招くのか判断も出来ないなんて…

 

・事故なんか誰もが起こしたくないし、だからこそ起こした時の対応を普段から考えていなくてはならないはず。
そう考えていたら飲酒運転なんぞ出来るはずもない。
何故すぐに救護しない?
亡くなられた方は私の息子と同い年。
遺族の方の感情を考えると…

 

・間違いなく殺人行為。相応の刑罰が必要。

 

・今、テレビのニュースで、1km引きづって死亡させたヤツのニュース見たけど、亡くなられた子が乗ってたのR-25(R-3?)じゃん。
その場で救命してたら助かったかもしれないのに。
車体のキズが痛々しい

被害者は18歳の大学生の梓隼輔さん

この事故で死亡したのはさいたま市緑区の大学1年梓隼輔さん(18)です。

梓さんは、別のバイクに乗った友人とツーリング中に事故にあいました。

1月2日午後11時半ごろ、浦安市富岡の国道で、軽乗用車が梓さんの運転するバイクと衝突し、車は梓さんを引きずりながらおよそ1キロにわたって走り、逃走しました。

梓さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡しました。

梓隼輔さんのプロフィール

プロフィール
名前:梓隼輔(あずさ しゅんすけ)
.
年齢:18歳住所:さいたま市緑区

職業:大学

▼亡くなった梓隼輔さんが運転していたバイク


ANNより


NNNより

過去の引きずりは懲役15年も

死亡:鈴木源太郎さん(当時30)

逮捕:吉田圭吾(26)/元ホスト

・事件前に酒を飲んでいたが、逃走して15日後に逮捕されたため運転時のアルコール濃度が判明せず、飲酒運転での立件に至らなかった
・ひき逃げ行為に殺人罪の成立を認めて懲役15年とした1、2審判決が確定する

大阪引きずり殺害、被告の上告を棄却

4年前、大阪市で会社員の男性を車ではねた上、3キロ引きずって殺害したとして1、2審で懲役15年の判決を受けた元ホストの男について、
最高裁は被告側の上告を退ける決定をしました。

これで懲役15年の判決が確定することになります。

元ホストの吉田圭吾被告(26)は、2008年10月、JR大阪駅前の交差点で会社員の鈴木源太郎さん(当時30)を車ではね、その後、
およそ3キロにわたって引きずって殺害したとして殺人などの罪に問われています。

吉田被告は「引きずっていることに気付かなかった」と殺人について無罪を主張しましたが、1審と2審は「音や抵抗感で十分認識できたはずだ」
として殺人罪の成立を認定し、懲役15年を言い渡していました。

吉田被告側は判決を不服として上告しましたが、最高裁は12日までに退ける決定をしました。これで懲役15年の判決が確定することになります。
(2012年7月12日17:58)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5079471.html

引きずり殺人:被告の上告棄却 懲役15年確定へ

毎日新聞 2012年07月12日 19時29分

大阪市北区で08年、男性会社員(当時30歳)が車ではねられ約3キロ引きずられて死亡した事件で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は10日付で、殺人や道路交通法違反(無免許、ひき逃げ)などの罪に問われた吉田圭吾被告(26)の上告を棄却する決定を出した。

ひき逃げ行為に殺人罪の成立を認めて懲役15年とした1、2審判決が確定する。

1、2審判決によると吉田被告は08年10月21日未明、無免許で車を運転。

横断中の男性をはねた後、無免許での飲酒運転の発覚を免れるために車の底部で引きずって約2.9キロ逃走し殺害した。

事件前に酒を飲んでいたが、逃走して15日後に逮捕されたため運転時のアルコール濃度が判明せず、飲酒運転での立件に至らなかった。

被告側は「引きずっているとは気づかなかった」として殺人罪ではなく自動車運転過失致死罪が成立すると主張したが、1審・大阪地裁は「車底部で体を
引きずっているに違いないと認識しつつ走行を続けた」と殺人罪成立を認定。

2審・大阪高裁も支持した。

【石川淳一】
http://mainichi.jp/select/news/20120713k0000m040033000c.html

大阪・梅田の引きずり死、上告棄却 懲役15年確定へ

大阪・梅田の交差点で2008年10月、会社員男性(当時30)が車にひかれ、約3キロ引きずられて死亡した事件の上告審で、最高裁第二小法廷(小貫芳信裁判長)は殺人や自動車運転過失傷害などの罪に問われた元ホスト吉田圭吾被告(26)の上告を棄却する決定をした。

10日付。

懲役15年とした一、二審判決が確定する。

弁護側は「引きずっていることに気づかなかった」と殺意を否定し、殺人罪について無罪を主張した。

しかし、一、二審判決は「異音や路面との摩擦抵抗から被害者を引きずっていると認識していた」と殺意を認定していた。

一、二審判決によると、吉田被告は08年10月21日午前4時20分ごろ、大阪市北区の交差点で、歩いて横断中の男性を車でひいてけがをさせた。

飲酒運転や無免許運転で事故を起こしたことが発覚するのを免れるために時速約40~50キロで逃走し、男性を約3キロ引きずって殺害した。
http://www.asahi.com/national/update/0712/TKY201207120657.html

 

まとめ

 

 


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント