井口資仁 極秘離婚の不倫相手の名前や顔画像は?18歳年下とミス沖縄で捜索した結果はコレ!

スポーツ

千葉ロッテ井口資仁監督(44才)が、実は3年前に嫁と離婚していて、しかも離婚原因は不倫だと文春が報道しました。18歳下で「元ミス沖縄」のB子さんという手がガリをヒントにネット上の噂を書き集めてみました、本日は『井口資仁 極秘離婚の不倫相手の名前や顔画像は?18歳年下とミス沖縄で捜索した結果はコレ!』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク




文春砲が井口資仁監督を砲撃!

 2018年のシーズンから千葉ロッテマリーンズを率いる井口資仁監督(44)が、3年前に糟糠の妻・A子さんと離婚し、今年10月、18歳下で「元ミス沖縄」のB子さんと極秘入籍していたことがわかった。

 

5歳上のA子さんと井口はプロ入り前から交際をスタートし、井口はドラフト1位でダイエーホークスに入団。プロ1年目のシーズンが終わった1997年のオフに2人は入籍した。その後、福岡から米メジャー、千葉と活躍の舞台を変える井口に付いて、A子さんは陰日向になって20年近く、選手生活を支え続けた。

そんなA子さんと井口が離婚したのは2015年。離婚原因はB子さんとの不倫交際だった。井口は離婚の事実を現在に至るまで公表していないが、2017年9月24日、ZOZOマリンスタジアムに3万人のファンが詰め掛けた引退試合でも、離婚の事実が公にならぬよう、前妻であるA子さんを呼び、家族席に座らせ、家族のように振る舞わせるという“偽装工作”を謀っていた。

小誌取材班は、10月から正妻の座に収まったB子さんと井口が暮らす都内の自宅マンションを訪ね、携帯電話でもアプローチを試みたが、井口自身に話を聞くことはできなかった。

(画像出典Twitter投稿)

A子さんは小誌の直撃取材にこう答えた。

「辛い思いもしましたが、今は静かに暮らしています。私からお話することはありません」

12月13日(木)発売の「週刊文春」では、井口とB子さんの馴れ初めから、何度か家族で利用したことがある高級リゾートで3人が鉢合わせた修羅場での様子まで、詳しく報じている。

(出典:「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月20日号)

 

井口資仁さんは現在、不倫相手B子さんと2018年10月に結婚して都内の自宅マンションで一緒に暮らしています。

元嫁の井口明日美さんは旦那が監督業を始めることに最後まで猛反対していたそうなのですが、この当たりが2人の関係を悪くしていったのでしょうか?


スポンサードリンク




みんなのコメント

・色々あるのは家庭の事情でご自由にと思うけど、引退試合に前妻呼んで誤魔化すのはえげつないな

 

・そんなA子さんと井口が離婚したのは2015年。離婚原因はB子さんとの不倫交際だった。井口は離婚の事実を現在に至るまで公表していないが、2017年9月24日、ZOZOマリンスタジアムに3万人のファンが詰め掛けた引退試合でも、離婚の事実が公にならぬよう、前妻であるA子さんを呼び、家族席に座らせ、家族のように振る舞わせるという“偽装工作”を謀っていた。

最低だな

 

・井口さんがそんなタイプの人だとは思わなかった。
イメージ悪い。

 

・がっかり。びっくり。井口に対し幻滅した。離婚はさておき、偽装で円満を装うとは。。そんな人が選手まとめれんの!?

 

・離婚、再婚は夫婦間の各々の事情があるでしょうから
一概に良い悪いとは言えないが、前妻を出汁に使って偽装工作なんてゲス極まるとしか言えませんな。
はっきり言って気持ち悪いです、見損ないました。

 

・辛い思いをしたのは最初の奥様なのでは?

 

・自身の引退試合で偽装工作とは。
感動も半減しちゃったな。

 

・清田と仲良い理由がわかりました。

 

・プライベートとは言え、引退試合を行い、即監督にした人間だから、千葉ロッテ球団も動揺してるだろうなぁ。当然、監督に就任させる前に井口の身辺調査をしたかどうかの問題になるし。してないよなぁ。
千葉ロッテ、今年も大阪桐蔭の藤原クンを獲得できたように楽しみな若手が本当に多くて、チーとして魅力的なのに、指揮官のスキャンダルでイメージを低下させるのは論外だね。

 

・イメージ最悪!
前妻が可哀想!

 

・ロッテと言えば、清田育宏選手(32)も2015年に不倫および不倫相手への堕胎強制をネット上で噂されたことがある!(不倫相手が暴露して発覚、清田さんはパズドラ内のDMで謝罪したとされる)、今回の文春砲が本当ならば、ちょうどそのころに井口監督は極秘離婚していたことになる。

ネットでは若い女性と不倫して、長年支えてくれた嫁と離婚しただけでなく、引退試合のときに元嫁を呼んで夫婦円満を装う隠蔽工作をしたことに「見損なった」「正直ガッカリした」「ゲス極まる」と批判が殺到しています。


スポンサードリンク




元嫁と離婚原因となった不倫相手は18才年下の元ミス沖縄B子さん

八重歯や少し大きめの顎が特徴だろうか。2枚目の写真の服装からして、2016年のミス沖縄(2015年11月に選出)だと推測される。ただしミス沖縄は毎年3人選ばれる。

2016ミス沖縄も、ミス沖縄スカイブルー、ミス沖縄コバルトブルー、ミス沖縄クリーングリーングレイシャスと3人選出されている。

2016ミス沖縄に3人選出 奥濱・森田・新里さん
3人は来年1月から沖縄県内外の公式行事などで、沖縄観光のPRや親善交流を担う。

ミススカイブルーに沖縄ビジネス外語学院生の〇濱安奈さん(23)=宜野湾市
「責任感を持って、ミス沖縄の仕事に当たりたい」

ミスコバルトブルーにリウボウ旅行サービスの〇田久美子さん(22)=八重瀬町
「旅行会社で得た知識を十分に発揮できるようにしたい」

ミスクリーングリーングレイシャスに平山印刷の〇里由香さん(27)=那覇市
「多くの人が沖縄を訪れるきっかけになれたら」

引用:2015年11月9日沖縄タイムズ

ここでは、一応、他の2人は当然、不倫相手ではないので、あえて一字は伏せさせていただきます、しかし、画像で名前が出ていますので意味はないかもしれませんが、少なくとも配慮させていただきます。

2016ミス沖縄と行くぶらり旅

これらの情報があれば、すぐに特定されそうな気も・・・・

ちなみに、不倫・再婚相手が似ているとされる篠田麻里子さん。

では、ネット上では、どんな噂かといえば

誰が不倫相手Bさんなのか?文春が公開した目線入りの画像は、歯が八重歯で特徴があり、そのよって特定は奥濱安奈さんではないかと思われます。

年齢も当時23才なので現在は26才で、井口資仁さん44才より18才年下で一致します。


スポンサードリンク




井口資仁監督の元嫁の井口明日美とはどんな人か?

井口資仁監督の元嫁の名前は、井口明日美さんです。

沖縄出身で、年齢は5歳年上の姉さん女房。

残念ながら奥さんの情報はほとんどなく顔画像は世の中にでていません。
少ないながらも信憑性があるのは山咲トオルさんのブログにより奥さんが沖縄出身の方という事はわかています、沖縄美人が井口さんは好みなのでしょうか。

その内容は、井口監督の嫁とは同郷のクラスメイトだった事、普段はアンタと言い合う仲、スーパーの割引き好き仲間である事などが書かれていました!

また井口資仁監督自身も、嫁さんが沖縄出身でゴーヤーチャンプルーを作ってくれる事を明かしているので間違いなさそうです!

ただ嫁さんが元ホステスであるという噂もあるようですがこちらに関しては一切情報がないのでデマの可能性が高いです。

馴れ初めは井口資仁監督さんが大学時代21才で、1996年ドラフト会議で福岡ダイエーホークスに1位指名されプロ入りする前からの彼女なので、高校もしくは大学からの彼女ですね。

プロ1年目のシーズン後、1997年のオフ、井口資仁監督が22才のとき、2人は結婚しました。

結婚式はシーホークで盛大に挙げられました。

2000年には子供を授かり、嫁が琳王(りお)さんを出産しました。

井口資仁監督は福岡ダイエーホークスから始まり、2005年からメジャーリーグのホワイトソックス~2008年からパドレス、2009年には日本に戻り千葉ロッテで活躍。

この20年近く、嫁の井口明日美さんはずっと旦那を支え続けました。


スポンサードリンク




偽装工作がヤバい娘の琳王(りお)さんの気持ちは?

2017年9月24日、ZOZOマリンスタジアムでの引退試合には3万人のファンが詰め掛けました。

このとき元嫁の明日美さんを家族席に座らせて、今も家族であるように、離婚がバレないように偽装工作していたというのです。

この引退試合で始球式をした時の心はどうだったのでしょう。

ネットの声はコメントにもありますがここでも紹介させていただきます。

・前妻呼んで誤魔化すのはえげつない
・偽装で円満を装うとは幻滅した
・感動も半減した
・偽装工作は酷い。正直かなり引いた
・なんと姑息な人間

と批判が殺到。

感動の引退試合だったはずなのですが、ロッテファンの心は複雑でしょう。


スポンサーリンク




まとめ

井口資仁監督は2015年に、元嫁の井口明日美さんと離婚。

ミス沖縄2016年に選ばれているのでしたら、その前から不倫していたと時系列が教えてくれています。

井口資仁監督とB子さんの馴れ初めは、12月13日発売週刊文春で詳しく明かされるそうです。

題名が「何度か家族で利用したことがある高級リゾートで3人が鉢合わせた修羅場」意味深ですね。

井口資仁監督には

「イメージ最悪!」

「見損なった」

「正直ガッカリした」

「気持ち悪い」

「かなり印象悪い」

「ゲス極まる」

しかし、こんなTwitter投稿も

離婚の発表が後先ではなく、

偽装してまで「守りたかったもの」はなんだったんでしょう。

その当たりがみなさまの感情を揺さぶっているのではないでしょうか。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク





Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント