広田レオナ元俳優の男性と結婚は高橋ひろ無!Twitter投稿がイケメンピュア男子過ぎて可愛い,,,顔面偏差値高すぎ

エンタメ

女優の広田レオナ(55)が4度目の結婚をしたことを、2018年12月11日発売の「女性自身」(光文社)が記事にしています。見出しは「元夫・吹越満(53)も知らない 22歳年下のツバメ俳優と4度目の極秘挙式」だと、世間を騒がせていますので、広田レオナの結婚感や結婚相手の高橋ひろ無さんの素性や顔画像を調査してみました、本日は『広田レオナ元俳優の男性と結婚は高橋ひろ無!Twitter投稿がイケメンピュア男子過ぎて可愛い,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク




広田レオナさんの結婚まとめ

1987年 歯科大の大学院生(のちに歯科医)と結婚

1988年4月に第一子を出産(俳優・マーク)

1990年結婚3年目に離婚。

長男・雅裕の改姓を避ける配慮から、吹越が廣田姓となる。

1994年12月24日に俳優・タレントの吹越満と結婚、一女を授かる

2005年12月12日に離婚二人の子供は広田が引き取り養育

2012年に復縁・再婚に至った。

・広田が吹越姓になった(マークは2008年4月に成人しており、現在も廣田姓)

・2度目の結婚をした理由として広田は「娘の進学のため」とはっきり明言しており、「愛はあったのか?」の問いにも「あるわけない」と言い切っている。

2016年12月に吹越と離婚 離婚した現在でも、吹越はジュデコンに所属している。

2017年に不倫報道があったが、広田はこの報道の後、吹越とはに再び離婚していたことを明かしており、不倫を否定した。

広田は自身の不倫騒動の直後にも吹越との再婚について語っており「結婚じゃない、籍を入れただけ。最初からすぐに抜くつもりだった」「お互いの利害関係のための結婚です。それは娘と仕事のため。娘の学校は両親がそろっていなければいけない学校ですし、事務所を運営するにあたって、夫婦のほうが何かと都合がいいと思ったから」「私は室町時代から続く大きなお墓の墓守で不在はまずいので一刻も早く廣田性に戻る必要があったのが(籍を抜いた)一番の理由」などと話している。つまり2度目の結婚は愛情云々の果ての話ではなく、単に戸籍上のことだけだったということ。入籍・離籍にお互い合意してやりとりできただけあり、吹越との関係は良好のようだ。広田は、「私たちは憎悪とか愛憎とかを通り抜けてきた2人なんで、彼のやりたいことも言いたいこともわかる」「(吹越とは)色々あるけど男と女じゃないから…前にも言ったけど私達はパートナーであり双子の片割の様に必要不可欠な存在ってだけ」と、元夫・吹越との関係性を自らの口で語っていた。      出典:サイゾーウーマン

2018年12月10日、22歳年下の元俳優の男性と結婚し、9月13日に挙式したことを自身のインスタグラムにて明らかにした。

広田レオナさんが4度目の結婚をインスタで報告のワケ

これほど長文で詳細を記した理由は、

<どうしてこんなダサい事を書いてるかは 私には守らないといけない人達がいるからです いいかげんな憶測や悪意のある記事見出しを鵜呑みにする世間から、大事な私の会社のスタッフやアーティストや家族を守る為です 会社は私ひとりのものではないのです>。

というのも、広田との不倫疑惑を週刊誌に書かれたことでTさんは、

<不倫もなにもない中、彼は初めて決まりかけていた大役をスポンサーがこの手の記事が嫌いだからという理由で降ろされ>た。広田は<結婚、離婚の報告は親しい仲の方達だけで公にするものではないと>考えているが、今回<親しい仲、親戚、仕事仲間、しかいないFacebookで書いたものが何故か一般常識が通用されない週刊誌にかなりのデタラメとともに掲載されると知り>、投稿したのだという。

 

View this post on Instagram

 

長文、失礼します 私の考えですけど 結婚、離婚の報告は親しい仲の方達だけで公にするものではないと思っています 特に今私は女優ではありません裏方です 今までも、自分発信で別れたくっついたを報告した事は一度もありません しかし、今回、親しい仲、親戚、仕事仲間、しかいないFacebookで書いたものが何故か一般常識が通用されない週刊誌にかなりのデタラメとともに掲載されると知り、現在、来年1月8日にクランクインする映画の準備で寝る時間もない中、貴重な睡眠時間を減らしてインスタ投稿します😅 2018年9月13日天赦日 今は役者を辞め裏方にまわったHさんと、私達が日頃から信心している箱根神社と九頭龍神社の御前で 二人で 千代に八千代に…と誓いました 彼と出会ったのは9年前です 舞台の共演者でした こいつとだけは関わりたくないと直感するほど😅禍々しいオーラを放っている人でした😅ところが彼は舞台が終わっても私から離れようとせず😅私に恋心をぶつけてきました😳 私は数年後、娘の受験のために吹越さんと籍を入れるし、また、その籍を抜くタイミングはわからない状況でしたがそれでも私達の側にいたい彼の気持ちを受け入れました👴🏻聞こえはいいですが娘と二人で心細く男手があると助かるという姑息な考えもありました😅そして身体は大きいけど、色々と残念な彼を😅まず見た目から、そして中身も徹底的に変えていきました😤国語も教えました😅彼が「僕の90%はレオナさんで出来ている』と言ってますが事実です😅 そんな事がありましたがいつの間にか彼の私に対する恋心も当然なくなっていきました😅 しかし、変わらずうちの雑用をこなす日々は続き、いつの間にか家族のような存在になっていました 私は映画監督をやり芸能事務所の社長となり、彼もうちの所属の役者になりました 私が吹越さんと籍を抜いた後、私達が不倫ではないかとの記事が週刊誌に出ました💢不倫もなにもない中、彼は初めて決まりかけていた大役をスポンサーがこの手の記事が嫌いだからという理由で降ろされました 私はこの週刊誌の記事を書いた記者に猛抗議しましたが 守ってあげられなかった私は無力でした 彼は私の事務所を辞め表方から映像を作る側にシフトチェンジしました 本当に、本当に色々ありました… どうしてこんなダサい事を書いてるかは 私には守らないといけない人達がいるからです いいかげんな憶測や悪意のある記事見出しを鵜呑みにする世間から、大事な私の会社のスタッフやアーティストや家族を守る為です 会社は私ひとりのものではないのです 黙っているとインターネットの世界の私はデタラメだらけです 虚は正していかなければ前に進めなくなる時代です これからは苦手なSNSを私達がスムーズに進むツールとして活用出来ればど思います ツィッターは私の拠り所、または情報の発信として インスタはマメではありませんがアルバムの代わり、ストーリーズは日記代わり、インスタライブは気分を共有する場として Facebookは今まで通り仲良し限定で やっていきたいと思います🙇 今あるネットの悪質な記事もできる限り訂正していきます あっ別に知りたくもないと思いますが、続きを記しておきます 去年の暮れ、数々の女性との恋愛を経た彼からプロポーズされました😳俄かには信じ難く… 私は昔から身体が弱いのですが特にここ数年は色んな所が不自由になりました。詳しく記すのは差支えますが彼のサポート(介護に近いかもしれません)なしでは支障が生じるレベルです そんな私に同情愛なのか? なにか恋愛とは別の愛が生まれたのかもしれません 9月、神の前で誓うのは初めてなので嘘ついたらアカンと大変ナーバスな気持ちで臨んだ13日でした😅 しかし、今、とても私達ふたりは穏やかです 落ち着く所にやっと来た感です😅 これからも守り守られ思いやりを忘れずに進んでいけそうな事を記しておきます🙇 彼は週刊誌の見出しにあるツバメではありません 映像作家として立派に巣立ってます 4度目の極秘挙式と見出しにありましたが正確に言うと吹越さんとは一年契約結婚だったので7回やってるし😅 神様の御前で誓った事は今回が初 吹越さんの時はベンガルさんとか偽神父様だった😅✨ とにかく、私の私生活は私の倫理観のもと、人に何を言われようがブレる事はなく しかし、社長であり親である時の私は異常な程に普通であり続ける事もブレる事なく いつ死ぬかわからないんだから毎日を懸命に終活しているご報告をさせていただきました 長々とお付き合いしていただき ありがとうございました☺️ あぁ、吹越さんの事を心配している方々へ この一連の流れは吹越ももちろん承知しています 浮いた話は私より吹越のほうが派手なのに😅何故いつも私にくるのかわかりません😅とにかく吹越はモテますから😅女性に困ることがないと断言しておきます👍 これからも全力で吹越をサポートしビジネスパートナーである事に代わりはありません 見出し💢『吹越満も知らない』って 誰が言ったの? 面白くしようとして傷つけるの止〜め〜て❗️ #ウエディングドレスは下北沢の古着屋さんで2000円

広田レオナさん(@leonahirota)がシェアした投稿 –

2018年9月13日天赦日 今は役者を辞め裏方にまわったHさんと、私達が日頃から信心している箱根神社と九頭龍神社の御前で 二人で 千代に八千代に…と誓いました

彼と出会ったのは9年前です 舞台の共演者でした こいつとだけは関わりたくないと直感するほど😅禍々しいオーラを放っている人でした😅ところが彼は舞台が終わっても私から離れようとせず😅私に恋心をぶつけてきました😳 私は数年後、娘の受験のために吹越さんと籍を入れるし、また、その籍を抜くタイミングはわからない状況でしたがそれでも私達の側にいたい彼の気持ちを受け入れました

去年の暮れ、数々の女性との恋愛を経た彼からプロポーズされました😳俄かには信じ難く… 私は昔から身体が弱いのですが特にここ数年は色んな所が不自由になりました。詳しく記すのは差支えますが彼のサポート(介護に近いかもしれません)なしでは支障が生じるレベルです そんな私に同情愛なのか? なにか恋愛とは別の愛が生まれたのかもしれません

元夫の吹越についても言及。「吹越さんの事を心配している方々へ。この一連の流れは吹越ももちろん承知しています」とつづった。

ネットでは、そんな広田さんの4度目の結婚が話題に。

「広田レオナやりよるな…。励みになるわ〜」

「広田レオナ氏がかわいすぎる〜。55歳らしいが、37歳のわたしより若く見えるし……何故……」

「広田レオナ魅力的なんやろなーモテるんだろなー」

「広田レオナ。
不思議な人だ。
自由に生き過ぎてる。」

「はなんかもうステージが違うな 」


スポンサーリンク




高橋ひろ無さんとの馴れ初めは

週刊誌「女性自身」は「22歳年下のTさん」と伝えている他、スポニチは「元俳優の男性」、広田さんのインスタでは「役者を辞め裏方にまわったHさん」とされています。

広田は「9月13日天赦日 今は役者を辞め裏方に回ったHさんと、私達が日頃から信心している箱根神社と九頭龍神社の御前で二人で千代に八千代に…と誓いました」と挙式を報告。出会いは9年前の舞台での共演時だったという。

「彼と出会ったのは9年前です、舞台の共演者でした」と綴っていますので、出会いは、舞台共演ということになりますね。「僕の90%はレオナさんで出来ている」そんな甘い言葉をかけられて、元旦那の吹越満さんと離婚し、娘さんと二人で、暮らす中で、家族としての大切な存在となっていったようです。

制作会社関係者によると、

「まだそれほど仕事はなく、まるで広田さんのマネージャーのようにいろいろな現場や打ち合わせ、また食事の席などでよく目にします。その雰囲気は、所属タレントというより、年下の彼って感じですね」(週刊女性プライム

高橋ひろ無さんが広田レオナの結婚相手!ピュアな人

ん?自撮り? 違います。 カメラの練習中です。

ふりがな: たかはしひろむ
誕生日: 1985年1月5日
出身: 日本/東京
俳優業を引退し、職業は映像作家

高橋さんも、ツイッターで結婚を報告。

たかはしひろ無@HiromunoMUW

と、いう事です。
わたくし、結婚致しました。
(トゥーシャイシャイボーイでプライベートの事を報告するのは本当に心底苦手なのですが)
今後とも変わらぬお付き合い宜しくお願い申し上げます🤲 https://www.instagram.com/p/BrMkSbkDt0b/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=99b59g01o6pm 

雪まみれになって、雪を撮りました。 しかし、交通機関の乱れなど、本当に皆さまお気をつけをm(._.)m

東京駅の近くにある日本郵政の商業施設KITTEにレオナさんと行ってきました。 二階には東京大学とコラボしたミュージアムがあり、入場料無料なのに驚愕の展示物の数々で純粋に萌える。おすすめです。


スポンサーリンク




広田レオナさんまとめ

 

View this post on Instagram

 

あのね、いつもいつも言ってるんだけどREONAじゃなくてLEONAなの Rだとフランス語読みすると「へおな」になっちゃう Eの上にアクサンテギュがつくしね アクサンテギュのやり方がわからない😅アイパッドでは無理なのかしら…😭 それにしても、この頃の私は 全部クレラップちゃん😂 好きだったんだね😂 でも、このヘアスタイルはモテないのよ😭www #LEONA #アクサンテギュ #クレラップちゃん #前髪パッツンはモテない #あっ一人だけいた #超絶格好良かった人笑 #あっもう一人いた #ハリウッドスター笑笑

広田レオナさん(@leonahirota)がシェアした投稿 –

別名義:広田 玲央名(旧芸名)

本名、吹越 久美(ふきこし くみ)

生年月日:1963年3月7日(55歳)

出生地:北海道札幌市

身長160 cm

血液型O型

職業:監督・俳株式会社ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル(ジュデコン)代表取締役社長。

 

幼少期からバレエの英才教育を受け、15歳でベルギーベルギー王立芸術学院に合格。モーリス・ベジャールに師事。ダンスの他にアクスターズスタジオのスタニスラフスキー・システムなどを徹底的に教え込まれる。18歳の時、振付最中の事故により腰を壊しプリマを断念。日本に帰国し19歳で映画のオーディションに合格。「だいじょうぶマイ・フレンド 」(1983年)でピーター・フォンダの相手役として女優デビュー。その後、鈴木清順監督の「夢二」(1991年)にてヨコハマ映画祭助演女優賞受賞。

2000年に初監督作品「DRUD GARDEN」を発表。全編、家庭用ビデオカメラで撮影し、音楽、編集、スチールなど、ほぼ全てを担当。単館で9ヶ月上映。 2015年公開の「お江戸のキャンディー」も総制作費600万の予算、BLもの、R指定なしの企画の中、全てに関わり数か月もほぼ寝ずに各セクションと格闘しながら制作。バレエ「白鳥の湖」をベースに徹底的に美意識に拘る。本作「お江戸のキャンディー」を機に監督業を中心に裏方業に方向転換した。今作も4ヶ月以上上映していたが制作側とのトラブルで一旦上映を中止している。

2015年1月15日、芸能エージェント株式会社ジュデコン(正式名称ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル)を吹越満とともに立ち上げた。 代表取締役は廣田。それまでの所属事務所であったフロム・ファーストプロダクションとも業務提携を結んでいる。

 

1980年代、デビュー当時の広田玲央名(広田の旧芸名)を観たときの衝撃をよく覚えている。背丈は160㎝とそう大きな方ではないが、グラマラスな印象でとにかく妖艶。それでいてどこか幼女のようでもあり、キュートさもある。まさに<小悪魔>という表現がぴったりの蠱惑的な女優であったのだ。棒読みのような独特のセリフの言い回しさえ、個性的で印象に残った。

 

「女性自身」の記事は「広田が幾度となく傷つきながらもようやくたどりついた幸せ」と結んでいますが、はたして、この生き方はどうなのでしょうか?

誰かが決めた常識が「みんなの常識」そんな時代は終わったのではないでしょうか。

人に理解されたりすることが果たして大切なのでしょうか?

そして、人に理解されたようなことを言われても「どうでもいいのではないでしょうか」

僕たちがいえることは

ご結婚おめでとうございます!

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサードリンク





Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント