私立尾道高の女子バレーボール部の監督の名前は岩切浩也!何故バレた?Twitter投稿動画で顔画像もバレた,,,

スポーツ

広島県尾道市の私立尾道高の女子バレーボール部で監督を務めていた男性教諭が女子生徒に体罰をしたとして逮捕されました、報道では実名報道されておりませんが、ネットでは男性教諭の名前は岩切浩也(いわきり ひろや)監督なのではないかという理由を紐解いていきます、本日は『私立尾道高の女子バレーボール部の監督の名前は岩切浩也!何故バレた?Twitter投稿動画で顔画像もバレた,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





尾道高校女子バレー部でも体罰が

 

広島県尾道市の私立尾道高の女子バレーボール部で監督を務めていた男性教諭(53)が部員に体罰を加えていたことが11日、学校への取材で分かった。同校は10日付で減給10分の1(2カ月)の懲戒処分とし、教諭は同日依願退職した。

教諭は過去に鹿児島県の私立高で女子バレーボール部の監督を務め、全国優勝に導いたが、平成19年に部員への体罰で退職し、22年に尾道高の監督に就任していた。

尾道高によると、教諭は今年9月中旬、尾道市内にある女子バレーボール部の寮で部員1人の髪を引っ張って倒した他、練習の際に複数の部員に暴言を吐いた。11月に部員9人が寮を抜け出し、保護者に訴えて分かった。理由について「言い訳になるので言わない」と話している。

出典:産経ニュース

岩切浩也(尾道高校バレー部監督)


スポンサードリンク





私立尾道高の女子バレーボール部の監督の名前は岩切浩也!

では、体罰をした監督は一体誰なのでしょうか?

報道局によって、報道の情報が違いますので、まずは、NHKを。

この教諭は、平成19年に当時、監督を務めていた鹿児島県の高校の女子バレーボール部でも体罰を繰り返したとして出勤停止の処分を受け、退職したあと、平成22年から尾道高校に勤務していました

ここで、「平成19年に当時、監督を務めていた鹿児島県の高校の女子バレーボール部でも体罰を繰り返したとして出勤停止の処分を受け、退職」の文章を元に、今度は2ちゃんを捜索します。

その結果⇩

鹿屋中央高バレー部で体罰 06年総体の優勝校[5/15]

1 :むしろメチョメチョ(070712)φ ★:2007/05/15(火) 14:16:21 ID:???
 2006年の全国高校総合体育大会(インターハイ)で優勝した鹿屋中央高校
(鹿児島県鹿屋市)女子バレー部で、岩切浩也監督(42)が部員数人に体罰を
加えていたことが15日、分かった。岩切監督は事実関係を認めて辞任の意向
を示している。同校は14日、監督を出勤停止処分とした。

鹿屋中央高によると、岩切監督は4月ごろから数人の部員に対して暴言を吐いたり、
顔を殴って唇を切るなどのけがを負わせたという。部員の保護者から12日、
「暴力があるようだ」と伝えられた前田均校長が岩切監督から事情を聴いていた。

岩切監督は1997年に赴任して地理と歴史を担当。98年からは女子バレー部の
監督にも就いている。

出典:https://news22.5ch.net/test/read.cgi/wildplus/1179206181/

この時のコメントが酷いのです。

中央生:2007/05/15(火) 23:00:35 ID:WxJX2kHX本当は、体罰なんかよりもっと酷い事があったんですよ!!!
体罰は、スポーツをしている以上当たり前かもしれませんが、みなさんが思っている以上の事が
日常茶飯事でありました。以前も、今回とは別で以前も一回、訴えられた事がありますが、もみ消されたんです。
表には、出て来ていませんが、監督と言う立場を利用し性的虐待があったのです。
バレー部員は、今、授業にも出ていないんです。
これが事実なんですよ。

・図書室は、事実です。
部員だけ、今は図書室登校しています。
カウンセリングを受けたりしています。
部員も動揺はしていますよ。
性的虐待も事実です。

・みなさんある事無い事言ってますね。
生徒達は本当に傷ついてるのですよ。
実際今部活してないみたいですしぃ・・・

この手の話が表にでれば、真相やデマが飛び交います。

10年前にこんな「鉄槌」を受けて、信頼を無くす怖さを知っているのに何故、また、このパワハラが問題になってる時期にパワハラをおこしたのでしょう。

まずは、岩切監督の素性を調べていきます。


スポンサードリンク





岩切浩也監督について

こちらが、体罰をしたとされる岩切浩也監督のプロフィールです。

名前:岩切浩也(いわきり ひろや)

年齢:53歳

職業:教諭

所属:学校法人尾道学園 尾道高等学校

部活動:女子バレー部

担当教科:地理・歴史

出身高校:鹿児島県立大島高校

鹿児島県の私立高で女子バレーボール部の監督を務め、全国優勝に導いた

平成19年に部員への体罰で退職

22年に尾道高の監督に就任。

2013年には8月17日には同窓会にて春高バレーに出ると宣言をしておりその様子がYouTubeにアップされていました、隣に写っているのが奥さんであるとされています。

この動画には

こちらも元バレー部の岩切浩也です

今年は夫婦で帰って来てました

奥様は39歳だそうです

現在、尾道高校女子バレーボール部で
監督を務めるひろやが

「春高校バレーに出ます」宣言しましたよ~

動画がテレビ局の取材みたいになってます(笑)

YouTube画像のTwitter投稿はコチラ


スポンサードリンク





まとめ

部活での体罰や暴行が多いですね。

そして、偏見抜きで監督の年齢が50~60歳代って事が共通していると思いませんか?

自分たちが体罰が当たり前の中で育成されてきたから指導がパワハラでもいいという、「常識に洗脳」されているのでしょうか。

感覚がすでに「老害」なのでしょう。

過去にしか目がいかない事は、周りにしたら「悪」なのですが、

「老害」は善としか思考は動かないのでしょう。

もう、捨てていくことが大切なのではないでしょうか。

過去の栄光という、なんの自慢にもならないものは。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサードリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント