紀平梨花 幼稚園の名前は広田幼稚園「ヨコミネ式教育法」!中学や高校はココ!

スポーツ

GPデビュー戦からの3連勝でファイナル女王に輝いた紀平梨花選手の話題で日本が沸いています、本日は『紀平梨花 幼稚園の名前は広田幼稚園「ヨコミネ式教育法」!中学や高校はココ!』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク




紀平梨花選手の源は「ヨコミネ式教育法」!

男女通じて日本勢初となるGPデビュー戦からの3連勝でファイナル女王に輝いた紀平梨花(16)=関大KFSC=の武器は精度の高い3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)。大技を支える体脂肪率6%、50メートル走7秒台の驚異の身体能力に加え、ひたむきな練習姿勢が、今季国際大会4戦4勝の飛躍を生んだ。

トリプルアクセルを自在に操る紀平のすごさの根源は、身体能力の高さにある。体脂肪率は驚異の6%。腹筋は割れており、細い腕には力こぶが宿る。50メートル走で7秒台を記録したこともある。浜田美栄コーチは「全てのバランスがいい。柔らかすぎず、硬すぎず、バネもある。上半身も、日本人は弱い子が多いけどしっかりしている」。培われた土台の充実ぶりを強さの秘密に挙げた。

1歳から体を鍛えてきた。2歳になる前にプロゴルファー横峯さくらの父・良郎氏の実兄・吉文氏の「ヨコミネ式」を採用する幼稚園に入園した。子供の可能性を引き出すことを目的に掲げる「ヨコミネ式」で腹筋や背筋といった基礎運動から、柔軟体操まで幅広く取り組んだ。卒園するまでに逆立ち歩きや片手での側転を覚え、跳び箱8段を跳べるようになった。母・実香さん(47)は「あの頃に身に着けた柔軟性がトリプルアクセルに生きている」と明かした。

小学5年生の12月から浜田コーチのもとで指導を受けるようになった。当時は2回転までしか跳べなかったが、わずか1年でアクセルを除く、すべての3回転をマスターした。「小学校6年の時には、この子はアクセルを跳べると思った。それくらい身体能力が高かった」と浜田コーチは振り返る。

父・勝己さん(51)はスキーの指導者の資格を持ち、母の実香さんは中学時代バスケットボール部で活躍。運動神経の良さも遺伝した。試合前には筋肉の状態にこだわりを見せる。「筋肉の調整の仕方が分かってきた。だるい日はほぐしを多めに入れる。そうじゃない日はトレーニングを入れた方がいい」と話すなど、アスリート的な思想が強い。

他の女子選手と比べて際立っている身体能力に加え、練習への取り組みも熱心だ。「もともと素直なんで、細かいこともやってくれる。反復練習とか細かい部分を、何べん言われても我慢してやる」(浜田コーチ)。「努力」も紀平の進化を支えている重要なワードの一つだ。

◆アスリートの体脂肪率 男性では、サッカーの長友佑都や現役時代のハンマー投げ・室伏広治氏が3%台。スキージャンプの葛西紀明が5%台。米大リーグのイチロー、サッカーの本田圭佑が6~8%。女性では、現役時代のテニス・伊達公子が10%以下。計測方法によっても変化するが、一般男性の標準値は15~20%で、女子は20~25%。


スポンサーリンク




紀平梨花選手の中学はここ

「関西大学中等部」にアイススケート部があるので紀平梨花選手は地元中学の「西宮市立上ヶ原中学校」から「関西大学中等部」に転向して卒業しました。

紀平梨花の出身高校はどこ?

紀平梨花選手は今現在通っている高校はN高等学校に通っているようです。

 

紀平梨花選手が通っているのが「N高等学校」ということが分かりました。

 

紀平梨花選手が通う「N高等学校」には通信制があって紀平梨花選手はこの通信制のコースに通っているようですねぇ。

紀平梨花が通った幼稚園は

 

紀平梨花選手が通っていた幼稚園は広田幼稚園で「ヨコミネ式教育法」という英才教育法を取り入れているあの横峯さくらさんの叔父が経営する幼稚園ですね!!!!

紀平梨花さんの幼稚園はヨコミネ式を取り入れている地元西宮市にある広田幼稚園 → https://www.hirota-yochien.com/であります。

住所は兵庫県 西宮市 広田町11-27 です。

ヨコミネ式で育てる3つの力


スポンサーリンク




ヨコミネ式では、以下の3つの力を育てる事を大切にしています。

心の力問題やトラブルにぶつかってもくじけない心を育てます。また、親を敬い、友達を思いやる気持ちも育てます。

体の力運動神経の基礎は6歳までに固まるといわれています。生涯にわたって役立つ運動能力のベースを育てます。
学ぶ力「読み・書き・計算」を通じて、自ら学んでいく力を育てます。また、自然体験や友人関係から、生きる知恵を学ぶ力も育てます。

また、子供のやる気スイッチを以下の4つとして、やる気を引き出していくのです。

  • 子供は競争したがる
  • 子供は真似したがる
  • 子供はちょっとだけ難しいことをしたがる
  • 子供は認められたがる

2009年に「エチカの鏡」というテレビで取り上げられた時はそれはそれは大人気で、なかなか入れないという状況だった。

みんなのコメント

・ザギトワに最大のプレッシャーを与える存在が日本人ってとこが何だか嬉しいな!
紀平さんはこれからが大変だと思うが怪我に気を付けて頑張って下さい!

 

・浜田門下生の先輩である、宮原さんもコーチの話しに耳を向け、体を鍛え、ひたむきにコツコツ練習をしている選手だが、紀平さんもそういう先輩の姿を手本にしているのだと思う。その二人は本当に国際大会の上位に常にいる存在になった。やはり仕事もそうだか人の話をきちんと聞く、そのうえで自分の精一杯の努力をする心を持てる人が力を発揮するのでしょうね。
浜田コーチには、今後も大切に育ててほしいですね。

 

・努力を大切にする姿勢、コーチの指導に熱心に取り組む素直さ、強くなっていく選手はこういった柔軟性や人間性が大切なのかなと、紀平梨花さんの成長過程から伝わってきます。

親御さんやコーチ、周りの人に温かく見守られ、大切にされてきたのも、紀平さん自身の人となりから生まれてきたのかなと感じます。

いち応援するファンとしてこれからも応援していきたいと改めて思いました(*´꒳`*)

 

・欧米では一つのことに熱中するのではなく
様々なスポーツをやらして、最終的に一番合うのを選ぶ。
紀平さんも身体能力の塊であり、元々のセンスがあるから何でも熟す。
日本人が3人ロシアが3人という対抗戦に近いGPファイナルだったが
お互い切磋琢磨して女子のフィギュア界を盛り上げて欲しい
ここ最近はロシア勢が表彰台を独占していて
紀平さんが大きな牙城を崩したのは、他の選手も奮起する。
彼女の良さはジャンプとあどけなさにも妖艶な表情ができる。
これが審査員からは加点が多くもらえる要因
常に笑顔で多少のミスも跳ね返す精神的な図太さがある。
ショートの少女のような演技がフリーでは大人に変身する。
ルックスどうこうだ言いたくないが大きな要因
あと宮原さんも同門で今回得点が伸びず回転不足
まだ彼女も頂点には立ちたいという気持ちはあると思うし
立場は逆転してしまった感はあるけど、また復活して欲しい。

 

・紀平選手のこれからの敵は、ザギトワ選手とかじゃない。
自分自身だと思う。
女子選手は、この時期から体型がふっくらしてきて体のバランスが崩れて調子が悪くなる選手が多い。
紀平選手の体脂肪6%が女性らしい体つきになって体脂肪が少しでも増えたり、身長が伸びたりしてくると、微妙なバランスの狂いからジャンプを失敗したりするので、今後は自分との戦いになると思う。

やはり、水泳の池江選手や紀平選手のように世界一を目指す選手は、小さい時からの運動などで才能が芽生えて世界と戦える選手になるんだと実感する。

本当に、紀平選手は幼稚園の時から、スーパー幼稚園児だったんだろうな。跳び箱8段を跳んだり、片手で側転したり、もしかしたらフィギアじゃなくても体操をやっていても村上茉愛選手の良きライバルになっていたかも。
それほどまでに運動神経が「半端ないって」。

 

・昨日見ていても、日本人の中では圧倒的だと思った。

全ての動きが滑らかかつ素早い。ジャンプが上手かったりすると他の滑らかさやつなぎの部分がぎこちない選手って多いけど、全くそれがない。表現力も抜きん出てる。

さらに演技が美しく見えるポイントは、腕の長さとその細さだとも思った。そして顔の表情もこわばっていない。

まだほぼ負けたことがほとんどないので、落ち込むような表情を見る機会はないが、インタビューなどでも気の強さを感じさせる強いメンタリィ。日本人では荒川静香さん以来の気の強さを感じる選手。

はっきり言って、この次元にいるのは今はあとはザギトワただ一人だとも思う。

ザギトワだってまだまだ伸びる。そして紀平だってこれから体の成長やマスコミ取材などと嫌でも戦わないといけない。

お互いに高め合って怪我なくオリンピックにたどり着いて欲しい。

 

・もし世界選手権も制覇したら、来シーズンからは追われる身となり、今回のザキトワと同じ立場となる。
大変なのはそこからでしょう。
技術的には何の問題もないので、迷う事なく今のままで頑張ってほしい。

 

・今の紀平選手の実力は、幼少の時からの努力と鍛錬のたまものだという事だと思います。
両親や周りのコーチの人達に恵まれた言うという事もありますが、努力を続けられて来たというのは、紀平選手の大きな才能だと思います。
これから注目や期待をされるのは必至ですから、プレッシャーに強くなることも大事でしょう。
性格的には明るく、素直な方のようにお見受けしますから、これらもさらに伸びていくことと思います。
次期冬季OPを目指して欲しいですし、これからもケガをしないように練習に励み、ぜひPOチャンピオンになって下さい。

 

・そー言えば真央ちゃんもデビュー時はアクセルを余裕で飛んでた。
それにダブるよね。
これから身体変わってくるだろうからそこからいかに進化するかだね。
期待してます!

 

・幼稚園時代に映像を観て「ヨコミネ式」だと分かった。
運動能力(にかぎって言えば)を引き出すのは上手なやり方だよね。
まだまだ成長すると思う。
その成長が演技に影響することが多いので克服して、輝かしい歴史を作っていって欲しいと願っています。

まとめ

才能ではないのですよね。

きちんとした、基礎と努力が「才能」

なのでしょう。

失敗もたくさんして、試合に活かす。

見習いたいことばかりですね。

若い世代が元気だと、その業界は華やかになりますね。

今後の活躍も楽しみです。

応援していきましょう。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント