上久保明日香の元夫の名前は上久保雄太!この事件で逮捕されていた,そのワケとは,,,

事件報道(ニュース)

生後8カ月の長女を真冬のトイレに放置し、凍傷を負わせた疑いで母親の上久保明日香被告が逮捕され、実刑2年という判決がでました、この事件の疑問は、父親は?本日は『上久保明日香の元夫の名前は上久保雄太!この事件で逮捕されていた,そのワケとは,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。

上久保明日香被告に懲役2年の実刑判決

逮捕時の報道

生後8カ月の長女を真冬のトイレに放置し、凍傷を負わせた疑いで母親が逮捕された事件で、当時、長女は、レジ袋の中に入れられた状態だったことがわかった。上久保 明日香容疑者(24)は2018年1月、埼玉・草加市の自宅トイレに、当時、生後8カ月の長女を放置して、足の指を2本失う凍傷を負わせた疑いが持たれている放置されていた際、長女は、体をレジ袋に入れられ、顔だけを出した状態にされていて、上久保容疑者は、「オムツから尿や便が漏れるのを防ぐためにやった」と供述している。また長女は、全身におよそ20カ所、骨折の痕があり、日常的に虐待が繰り返されていたとみられている。引用:ホウドウキョク

上久保明日香

 

埼玉・草加市で生後8か月の長女を自宅のトイレに放置するなどして罪に問われた母親に対し、さいたま地裁越谷支部は、懲役2年の実刑判決を言い渡しました。

草加市の上久保明日香被告(25)は今年1月、当時生後8か月の長女をおよそ20時間にわたって自宅のトイレに放置し、両足に重い凍傷を負わせたほか、殴るなどして重傷を負わせた罪に問われています。

5日の判決でさいたま地裁越谷支部は、「感情にまかせて、多数回、暴行していて危険かつ悪質だ」「トイレの室温は相当下がっていて、被害者の生命・身体に危険を生じさせる可能性が高い行為だった」としました。その上で、「常習的な虐待の一環と見ざるを得ない」として、上久保被告に対し懲役2年を言い渡しました。

出典:ヤフーニュース

実刑2年のみんなのコメント

・見た目で判断しちゃいけないけどやっぱりこういうことする人は顔の出てるね。やっぱりなって顔してる。
それにたったの2年ですか。この赤ちゃんの苦しみがたったの2年で償えるとでも?法に納得ができない。
こういう奴らには同じ苦しみを味わせないと分かりはしない

 

・どうしても実親の元で育つのが幸せなこと
というように言われているが
必ずしもそんな事は無いと思う

赤ちゃんポストだったかな
そういうものを利用することを
国を上げて勧めることはできないのだろうかな

 

・2年?!
ゼロがひとつ足らないんじゃないの。
日本では子供の人権とか命が軽いんだと見られても仕方ないですね。
また子供作って虐待する可能性もあるし出てきても子供を返して欲しくないし、二度と子供を作る権利もないと思う。

 

・被害者の生命・身体に危険を生じさせる可能性が高い行為だった

裁判官の仰る事と判決が懲役2年と言うのはギャップを感じます。とても軽くないですか?
日本の法曹界も最近おかしい人が多いわ( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

 

・これ、お母さんが実刑とはいえたった2年の判決ということは、当時同居していたお父さんはきっと罪には問われないんだろうなぁ。

お子さんは、トイレに放置されて足の指を凍傷で無くすほどの怪我を負っているのに、同居しているお父さんが気付かないなんてことがあるのかなと思った記憶がある。

トイレにはいかなかったのかなって

 

・人を見てくれだけで判断しては駄目と 言いますが、やはりそれなりのツラをしていますね。

2年じゃ甘いと思いますよ。

殺人未遂で無期懲役、繁華街に見世物で檻に入れて放置で良いと思います。

8ヶ月の子供では何も出来ないのですから・・・

 

・単に虐待としか報道されないが、その背景、要因に何があるのか?
極々個人的に考察すると、これも政府が招いた結果であると思う。
女性の社会進出という立場の確立を基に、下手に結婚して子育てより働いた方が認められるといったような誤解を招いた上に、子供のいる家庭への助成も拍車を掛け、自覚も責任も持たずに取り敢えず産んどけば何かと言いやすいから。
という現代を作り上げたのは政府。女性蔑視するつもりは無いが、票が欲しいだけの空箱政策の成れの果てですよ。

 

・子供育てた事のなさそうな方々の発言が多いね。

子育ては本当に大変で心身ともに追い込まれるんだよ。何度もこの母親のようになりそうで一歩手前で踏み止まっていたと思う。幸いに助けてくれる人がいたから、この母親のようにはならなかったけど、この母親にも助けてくれる人がいたら違っていたんじゃないかな。

社会で支えられる体制があったら、誰も苦しまずに済んだかもしれない。

 

・大人の容姿をした子供が、子供を育てられるわけが無い…
我が子を虐待した親に対する罪が軽すぎるのでは…?再発だけはして欲しくない。

 

・8ヶ月なんてかわいい盛りなのにそんなこと出来るなんて信じられない!でも子育てしてて思うこと。明日は我が身と思いながら子育てしてました。発達障害の年子の姉妹が一歳と二歳の時はほんとに辛かった。ブラウン管テレビを台から落とされ壊す、お昼寝出来ない長女、次女とお昼寝してて起きたら家に居なくて外に出てて探し回ったりお米もばらまかれたり色々大変でした。誰にも助けてと言えず言える相手も居なくて自分で抱え込んで毎日泣いてパニック障害になりました。子育てを楽しんで居る方もおられるでしょうがほとんどが悩み苦しんでるかたが多いと思います。でも自分は虐待は出来なかった。寝顔はとてもかわいいから。出来なかったことが出来るようになると嬉しいと思うから。回りに誰か助けてくれる人はいなかったのでしょうか?

経歴プロフィール

上久保明日香

名前:上久保明日香(かみくぼあすか)

年齢:24歳

住所:埼玉県草加市

職業:無職

家族:長男(2歳) 長女(8ヶ月)

上久保明日香被告の元夫の名前は上久保雄太

・これ、お母さんが実刑とはいえたった2年の判決ということは、当時同居していたお父さんはきっと罪には問われないんだろうなぁ。

お子さんは、トイレに放置されて足の指を凍傷で無くすほどの怪我を負っているのに、同居しているお父さんが気付かないなんてことがあるのかなと思った記憶がある。

トイレにはいかなかったのかなって

ヤフーのコメントに気になるコメントがありましたので父親のことを調べてみました。
すると、以下の記事をみつけました。
2018年の8月28日です。

8カ月だった長女を真冬のトイレに一晩中放置し、凍傷を負わせたとして母親の上久保明日香容疑者(24)が逮捕された事件で、埼玉県警草加署は28日、保護責任者遺棄致傷の疑いで、元夫で同県草加市新栄、運送会社運転手上久保雄太容疑者(36)を逮捕した。「寒い場所に放置しているのは知らなかった」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は1月13日午後5時ごろから同14日午後1時ごろまでの間、長女に十分な衣服を着させず、極寒の中、自宅のトイレに放置して両足に凍傷を負わせた疑い。

出典:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082800968&g=soc

クリックすると新しいウィンドウで開きます

画像出典

名前:上久保雄太

年齢:36歳

住所:不明

職業:運送会社運転手

2018年1月頃までは妻の上久保明日被告とは夫婦関係であることはわかっています。

まとめ

夫婦関係はもう完全に終わっていて、未来に絶望していたのかもしれません。

お互いに

「寒い場所に放置しているのは知らなかった」

この言葉は「放棄」になるのではないでしょうか?

軽い、軽過ぎる刑。

そんなコメントもたくさんあるこの事件へのコメント。

その理由は、守るべき自分の子を傷つけ、死の危険にさらした母親だからでしょうか?

しかし、家族とは、母親が1人で背負うものではないのではないでしょうか。

実行はしていませんが、「放棄」も立派な犯罪行為ではないでしょうか。

裁判官はそのあたりも考慮して、実刑2年という刑にして、その2年間で今後の母としての心を育成してもらいたいとも考えたのかもしれません。

母親だけではなく、父親も加わりの家族なのですから。

今後、自分の子供たちと離れて暮らす2年の内に、今度は1人で人を育てる心を檻の中で向き合って欲しいものです。

刑に伏すというよりも、もう一度、母親として、強く、守るべきものとどう向き合えるのか?

そんな事を考えれる2年間にしてもらいたいものです。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント