吉澤ひとみ 逮捕 実刑ギリギリなのに旦那 川前毅の証言で“酒断ち”してないバレる!執行猶予5年の意味とはナニ?

ワイドショーネタ

 

本日も最後までお付き愛ください。

吉澤被告の裁判の様子

20席の傍聴席を求めて1100人以上が並んだ2018年11月29日の初公判では、吉澤被告は起訴内容を認め、「被害者の方に本当に申し訳なく思っております」と繰り返し謝罪。時折、涙を流しながら「起こしてしまったことを、一生忘れずに過ごしていきたい」と語っていた。

9月下旬の保釈時には白のシャツに黒のロングスカートという質素な装いで報道陣の前に姿を見せていた。やつれたように見せつつも最低限の化粧をしっかりとほどこした顔つきは“反省メーク”と呼ばれ、話題を呼んでいた。

吉沢被告は午後2時、弁護人3人に続いて東京地裁425法廷に入った。グレーのスーツと白いシャツ姿で、裁判官に一礼してから被告席に座った。黒髪は肩にかからないくらいに短くそろえ、視線はやや下に落としたまま。裁判官に促されて証言席の前に進んだ。

まず裁判官から「住所、職業は起訴状に書いている通りですか」と問われ、「職業のみ違います」と答えた。起訴状にはタレントと記載されていたとみられる。続いて裁判官から「無職ということですか」と問われ、「はい」と応じた。

「吉澤さんはモー娘。黄金期を支えた立役者ということもあり、事務所内では『無期限活動休止でもいいのでは?』という声も一部であがっていたようです。ですが、事件後の厳しい批判に心を痛めた義母が自殺未遂を起こしてしまったそうです。そのことにショックを受けた吉澤さんは『これ以上家族に迷惑をかけられない……』といって自ら芸能界引退を決断したそうなんです」(所属事務所関係者)

その後、両手を前に組んで検察官の起訴状朗読を聞いた。「検察官が読んだ事実でどこか間違っている所はありますか」。裁判官に問われると、かすかに首を振りながら「ありません」と短く答えた。

起訴状によると、吉沢被告は9月6日朝、東京都中野区で酒気帯び状態で乗用車を運転し、法定速度を約20キロ超える時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。男女2人に軽傷を負わせる事故を起こしたのに救護措置を取らず、現場から走り去ったとされる。

吉沢ひとみ被告初公判、無職ですか?に「はい」 - 事件・事故 : 日刊スポーツ
酒気帯び運転でひき逃げしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの罪で起訴された元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開か… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

実際、彼女は、“芸能界引退”という大きな決断もくだしていた。

https://twitter.com/tubasakunz/status/1068018122244804608

判決は執行猶予5年懲役2年です。

 

夫の川前毅さんが裁判で証言「キッチンドリンカーだった?」

初公判での冒頭陳述によると、吉澤被告は午後8時15分ごろから9月6日午前0時ごろにかけて、缶チューハイ3本と炭酸水で割った焼酎2杯分を自宅で飲んでいたと指摘。直後に就寝し、午前6時50分ごろから運転していたという。事故直後に現場に戻ってきたあと9時50分ごろに行われた飲酒検知では、呼気1リットル中0.58ミリグラムのアルコールが出たこともわかった。

川前さんは翌朝の仕事があるのに妻に飲酒させたことを問われると、「私の認識が甘かった」とうなだれました。

事故後、IT企業経営者である夫は調べに対し、吉澤被告が「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と“キッチンドリンカー”であったことを話していたが、11月29日の公判で夫は情状証人として出廷すると、吉澤被告の飲酒について「急激に減っています」と証言。だが、検察側からの「全く飲んでいないわけではない?」という質問に「そうです」とも回答。吉澤被告が完全に断酒しているわけではない現状を伝えた。

保釈後は断酒治療のために東京郊外の心療内科専門病院に入院。着々と更生への道を歩み始めたかのように見えていた――。しかし、そんな生活に少しずつ綻びが見え始めている。

 

「吉澤さんは専門病院からもう退院してしまったそうです。通常であれば断酒治療は長い時間を要するのですが……」(精神科医)

吉澤ひとみ被告の入院先について、ネットでは埼玉県越谷市内にある「楽山」ではないかと憶測されていました。

吉澤ひとみの夫は

名前川前毅(かわまえ たけし)
年齢42歳
住所東京都
職業会社経営
会社名株式会社フューチャーカスタムズ

「芸能界を引退した吉澤さんの収入は当然ゼロに。旦那さんはIT会社の社長を務めていますが、事件の影響で仕事が激減していると聞きます。それでも、まだ恵まれた生活を送っているようです。逮捕後の今も家賃約50万円のセレブマンションに住み続けています」(吉澤の知人

執行猶予5年の意味とはナニ?

犯行が悪質であることから「さらに反省を深めるために執行猶予を通常より長くするのが相当だ」

一方、被害者とは示談が成立していて、寛大な処分を求めているとも述べ、吉澤被告に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

勇者🐶ヨシヒロ(愛犬Qooちゃん) on Twitter
“まだ酒止めてないって。酒で犯罪犯してんのに。 これ、スリに置き換えたら『まだ小銭はくすねてる』と同じやん。 放火に置き換えたら『まだボヤはやらかしてる』と同じやん。 アカンわ、こいつ。 #吉澤ひとみ”

「5年というのは最長なんです。5年以上の執行猶予はないんです。実刑ギリギリだったというメッセージなんです。5年間、そういう意味では何か罪を犯したりすると、(執行猶予が)取り消されて2年間、刑務所に入ることになる」(引用元)

この執行猶予に、みんなのコメントは

・報道では、被害者の女の子は軽傷とされているが、
顔にキズが残ったとの情報も有り、果たして軽傷と言えるのか?
一歩間違えば大惨事の様な事故、被害者には心と身体にキズが残り、
なのに、当人はいまだに酒を絶たずに飲んでいる。
これで、執行猶予とは、激甘の加害者優遇としか取れない茶番、
最低でも実刑、務所入りの判決が出ても良いはずだと思う。

 

・今でもお酒は飲んでいるという報道を見ました。
信じられない。あんな事故を起こしてしまって、被害者の方はもちろん、吉澤さん自身だって辛いおもいしただろうに。お酒なんて見たくもない!ってならないのかな…
判決も出てないような時点で…
償いたいという気持ちがあるとは思えないです。お酒やめられないんでしょうね。
こわい。

この判決は吉澤ひとみ被告にとっては「一安心」だったのかもしれません。

「実はモーニング娘。’18が『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出場すると言われていたんです。今年大ヒットしたDA PUMPの『U.S.A.』はもともと『モー娘。の曲調を彷彿とさせる!』とネットで話題になったことで火がつきました。さらに今年でモーニング娘。はデビュー20周年。紅白への出場は確実視されていました。ですが、今回の事件でそれもすべてが白紙になってしまいました。吉澤さんからメンバーへの公な謝罪は、今もありません。そのため周囲からは『反省の色がみえない』と憤る声もあがっています」(出典:所属事務所関係者

この事件は「ドライブレコーダー」の画像の衝撃が大きすぎたのと。

「ドライブレコーダー」から嘘が明るみになったことでしょう。

この執行猶予5年は5年後に答えがでるのではないでしょうか。

その時の吉澤さんがどう思うかで。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント