貴乃花 離婚の理由/真相とは?妻景子別居中の緊急搬送時の病室で引退届で「オワリ」を決意したのはイツか?貴影勝初優勝の次の日に公表が感慨深い,,,

スポーツ

大相撲の元貴乃花親方と妻の景子さんが離婚(離婚届は2018年10月25日)していたと正式に報道されましたね、愛弟子の初優勝の次の日に報道されるとは、2人の思い出が昇華したからの完全なケジメなのでしょうか?本日は『貴乃花 離婚の真相とは?緊急搬送時の病室で引退届で「オワリ」を悟ったのはイツか?貴影勝初優勝の次の日に公表が感慨深い,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





大相撲の元貴乃花親方と妻の景子さんが離婚

大相撲の元貴乃花親方と妻の景子さんが離婚していたことが日本テレビの取材でわかった。

離婚届は2018年10月25日、元親方自ら提出したという。

2人は1995年に結婚。景子さんは女将さんとして貴乃花部屋を支えてきた。

元親方は離婚について日本テレビの取材に対し、「お互いの夫婦関係を卒業する」と2人で話し合って決めたと語った。

2人は95年5月に結婚。長男で靴職人の優一(23)ら3児に恵まれた。景子さんは現役時代は平成の大横綱・貴乃花を支え、引退後は女将として貴乃花部屋をサポートしてきた。

今年9月、元貴乃花親方が日本相撲協会に引退(退職)届を提出し会見を開いたときには「(引退は)私自身で決断しました。(女将さんは)黙って無言でうなずいてた」と景子さんの様子について語っていた。

 

この離婚報道の前に2人の間には「大きな事件」がありましたね。

・緊急搬送

・引退届

この近い過去の出来事の記事をまずは、振り返っていかせてもらいます。


スポンサーリンク





2018年8月21日、貴乃花親方は夏巡業先の秋田県で倒れ、地元の病院に緊急搬送後の景子さんの行動

《生きてますよなかなか死ねないです》--貴乃花親方(46才)から受け取ったメールを川崎麻世(55才)がブログで明かしたのは、8月25日のことだった。親方とは8年来のつきあいである川崎は、緊急搬送の報道を見て心配になり連絡を取ったという。

その4日前の21日、貴乃花親方は夏巡業先の秋田県で倒れ、地元の病院に運ばれていた。24日に都内の病院で検査を受けた結果、心臓や脳などに問題はなかった。しかし、運ばれた時にはけいれんを起こし、意識不明の状態だった。

川崎は《冗談混じりで貴ちゃんらしく安心した》とブログでつづったが、貴乃花部屋の関係者たちは件のメールを“冗談”と笑い飛ばしにくい状況にある。

「昨年の秋、貴乃花親方はモンゴル人力士の間で起きた暴行問題をめぐって相撲協会に反旗を翻しました。今年2月には閉鎖的な協会の改革を目指し、相撲協会理事候補選挙に立候補しています。けれど、結果は惨敗。その上、一門も消滅。さらには靴職人兼俳優の長男・花田優一さん(22才)が対立する親方の娘との離婚危機を報じられるなど、災難が続いています。さまざまな心労が重なったことが倒れた原因かもしれません」(相撲関係者)

貴乃花親方の“四面楚歌”ぶりは、妻の景子さん(53才)の言動からも浮き彫りになっている。

「景子さんは、“病院には部屋の若い人たちが行けばいい。私はほかに用事があるから”と言って、病院に行くつもりはなかったようです。ご自身の講演会などで忙しくされていますし、親方は自分で対応できると考えているのでしょう」(花田家の知人)

この知人によれば、貴乃花夫妻は今、「実質的に別居状態にある」という。

「最近、親方は貴乃花部屋に引きこもるように弟子たちと寝食を共にしていました。しかし、景子さんは時折、部屋に顔を出すものの泊まりはしません。一連の親方の“戦い”につきあう中で、疲れ果ててしまったのでしょう。今では親方のやることに放任、悪く言えば“シカト”している状態です」(前出・相撲関係者)

本誌・女性セブンは、1人で車に乗り込もうとする景子さんを直撃したが、彼女は何も語らず軽く会釈しただけで走り去って行った。

妻が見舞いに来ない病室で友人に《死ねない》とメールを送った貴乃花親方。その心中はいかばかりか--。

(引用元:女性セブン2018年9月13日号


スポンサーリンク





貴乃花親方が9月25日、日本相撲協会に対して「引退届」を提出後の景子さんの行動の噂

大相撲の貴乃花親方が9月25日、日本相撲協会に対して「引退届」を提出した。協会側では引退届を受理せずに保留しているものの、貴乃花親方が相撲界を離れることは確実視されている。そこで注目されるのが妻で、元フジテレビアナウンサーである景子夫人の動向だ。

「貴乃花親方は協会側と衝突を繰り返し、理事から平年寄へと5段階も降格。これで年収も4割ほどダウンして1200万円余となりました。それでも一般のサラリーマンに比べれば高給ですし、部屋を運営していれば協会から様々な補助が得られるので、それなりに裕福な生活はできたはず。ところが今回の引退により収入が絶たれることになり、花田家の台所が火の車となるのは確実です。景子夫人も自ら話し方セミナーを主宰するなど稼いではいますが、今後はさらに彼女が家計を支えることになるかもしれません」(週刊誌記者)

これで貴乃花親方が引退となれば、規定により相撲協会に戻ることはできず、ただの人になってしまう。もとより口下手でテレビ向きではなく、タレント転身も難しい貴乃花親方。そんな親方を景子夫人は今後も支え続けていくのだろうか。

「花田家に長男で靴職人の優一を筆頭に子供が3人おり、下の二人は高三と中三。まだ扶養中とはいえ手の掛からない年齢に育っています。ここにきて週刊誌で不仲も報じられており、貴乃花親方の身の振り方次第では、景子夫人が離婚を決意しても不思議はない。それに結婚後も仕事は花田姓ではなく旧姓のままで続けてきたので、離婚に伴って名前を戻す必要もありません。ただ『河野景子=貴乃花の妻』というイメージは強く、それを払しょくするために改名する可能性もあります。ここで参考になるのが清原和博と離婚した清原亜希。彼女は現在『亜希』名義で活動しており、清原の妻だったことは一切表に出さないようになりました。それに倣えば、景子夫人も今後、『景子』もしくは『KEIKO』といった名前で活動するかもしれませんね」(前出・週刊誌記者)

ただ「KEIKO」では小室哲哉の妻と被るほか、「景子」だと北川景子のイメージが強い。そう考えるとやはり、アナウンサーとして活躍した旧姓の「河野景子」名義で活動し続けるのが正解なのかもしれない。(引用元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-096014/


スポンサーリンク





貴影勝初優勝の次の日に公表が感慨深い,,,

詳しくはコチラの記事で

 

この2人の間には、2人にしかわからない世界があるのでしょう。

このタイミングでの離婚報道はなんの意味があるのでしょうか?

まずは、Twitter投稿をまとめてみました。

大相撲の元貴乃花親方と妻の景子さんが離婚(離婚届は2018年10月25日)していたと正式に報道 みんなのコメント

Twitter

Twitter


スポンサーリンク





まとめ

この離婚で人々はいろんなことを言う事はたしかです。

僕は「この上のTwitter投稿」の「部屋がかすがい」

これが一番の理由だと。

戦ってきたもの同士だからこその、身の引き方だっつたのではないでしょうか。

普通の結婚とはまた違う景色がその瞳に入ってくるのでは。

いつも、感じるのは見てる景色が違う人が見てる景色の違うものの見解なんてわかりません。

心で感じてる事は、わすれません。

その心の差がある世界の住人は、「意味もなく流す涙」の量が違います。

それだけ、心の記憶の量が違う2人、そして弟子たち。

この方たちだけが、その心に留めていけばいいのではないでしょうか。

みんな新たな門出、そう、貴影勝の初優勝は貴乃花部屋の思い出にとっては

終止符ではなかったのでしょうか。

そして、始まりなのかもしれませんね。

公式の発表は「おめでとう」という、お礼の言葉の代わりだったのと考える方が

素敵ではないでしょうか。

いままで、ご苦労様でした、

どうぞ、これから、自分道をお極めください。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント