中谷美紀 結婚発表で達筆にマナーもすごいと感心のワケは「私」の使い方→宮沢りえに教えたらな,あかんな,,,

エンタメ

女優の中谷美紀さん(42)が2018年11月27日、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラの奏者を務めるドイツ出身の男性、ティロ・フェヒナー氏(50)と結婚したことを発表しました。朝のワイドナショーでこの結婚を知った人もたくさんいたのではないでしょうか、『とくダネ!』山崎夕貴アナウンサーは書道十段なのですが感動していましたね、本日は『中谷美紀 結婚発表で達筆にマナーもすごいと感心のワケは「私」の使い方→宮沢りえに教えたらな,あかんな,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。何故に宮沢りえ?と思う人も多いかもしれませんが、その理由は記事でお会いいたしましょう。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク




大物女優・中谷美紀がイケメンドイツ人のビオラ奏者と結婚!

まずは、記事文中鉄板から~

中谷美紀さんとドイツ出身のビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏の結婚報道

(引用元:Twitter投稿)

女優、中谷美紀(42)が国際結婚したことが26日、分かった。お相手はかねてから交際していた世界的オーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のドイツ人ビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏(50)。中谷はサンケイスポーツに直筆の手紙を寄せ、「互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢を重ねて参りたい」と幸せいっぱいに報告し、ラブラブツーショットも初公開した。サンケイスポーツ報道で熱愛が発覚して丸2年。最愛の伴侶を手に入れた中谷がますます輝きを放つ。

日本が誇る演技派女優が、世界的音楽家と電撃ゴールインだ。

中谷はサンケイスポーツに直筆の手紙を寄せ、結婚を報告。「一昨年に数々の偶然が重なって出逢った私共は、芸術を愛し、自然に親しみ、旅を楽しむ心を分かち合うことで、絆を育んで参りました」と達筆な字でしたためた。

相手のフェヒナー氏はベルリンの音楽一家に生まれたサラブレッド。オペラの殿堂「ウィーン国立歌劇場」の楽団員も兼任し、ウィーン・フィルの精鋭らで結成されたアンサンブル、ザ・フィルハーモニクスでも活躍する超エリートだ。

中谷は、一昨年10月にフェヒナー氏が来日した際に知り合い、得意の英語で意気投合し、交際に発展。翌11月にサンケイスポーツ報道で熱愛が発覚した。

フェヒナー氏が拠点とするオーストリアと日本の距離は約9000キロだが、中谷は交際後、オーストリアへ飛び、彼の自宅で同居。仕事の度に日本へ帰るスタイルで世界を股にかける彼を支え続けた。

引用元:サンスポ

 

↑ここは、ご愛敬で

では、話を戻しまして、書き出しでもふれましたが、朝のワイドナショーは注目したのは中谷美紀さんの直筆手紙が達筆すぎるでした。


スポンサーリンク




中谷美紀さんの毛筆の直筆手紙が凄い理由

女優の中谷美紀さん(42)が、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などでビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)と結婚した。2018年11月27日、中谷さんの公式サイトで発表した他、複数のスポーツ紙などに毛筆の直筆手紙を寄せた。

この文字がワイドショーやネットで「達筆だ」と注目を集めるなか、「私こと」や「私」と書かれている箇所では文字サイズを小さくしていることにも、「マナー知ってるなー」と称賛が集まっている。

■「自分のことなので、へりくだって…」

27日朝の「スッキリ」(日本テレビ系)では、結婚を報告する中谷さんの毛筆手紙を拡大して紹介し、司会の加藤浩次さんや水卜麻美さんが「すごい達筆」「達筆すぎて…」と驚いていた。さらに、手紙のなかで「私こと」や「私」が登場する箇所では、前後の文字より小さい文字サイズで(縦書きの)右寄せで書かれており、その場所には番組側で赤線をつけて目立つようにしていた。

加藤さんが、日本文学研究者のコメンテーター、ロバート・キャンベルさんに、「私」が出てくる箇所では「小っちゃく書くもんなんですか」と質問すると、キャンベルさんは

「そうなんですね。謙遜して、自分のことなので、へりくだって、行末に書くこともありますけど、小さく右に寄せて書くのは江戸時代からずっと続いている」

と解説すると、周囲の共演者らは「すごい」と感心していた。

達筆さや「私」登場箇所を小さく書くだけでなく、冒頭近くの「初冬のみぎり」などの表現も格調高いと注目されていた。

書道十段のアナウンサーも「私の教養レベルではこれは読めない」

  ツイッターでも、「私」登場箇所が他より小さくなっていることを指摘し、

「この人マナー知ってるなー(略)正に才色兼備!」
「マナーを守っていて好感持てる」

と称賛する声が寄せられていた。

「とくダネ!」(フジテレビ系)もこの日の放送で、直筆手紙を紹介。山崎夕貴アナは「私も書道十段なんですけど、私の教養レベルではこれは読めない、読むのに時間がかかるぐらい達筆ですよね」と感心していた。「私」を小さく書くことについては、「そういうスタイル」もあるとしつつ、「私みたいな中途半端な人が小さく書くと、間違えたのかなって思われそうで…」と恐れ入っていた。(引用元:)

★こんな皮肉?称賛の声も

★では、懐かしの動画を最後に

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。
Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

【画像】中谷美紀さんの毛筆の直筆手紙

 

中谷美紀さんの

Twitter投稿さんが訳してくれています。

う~ん、素晴らしいです。

では、そろそろ、宮沢さんのお話を


スポンサーリンク




宮沢りえさんも字が美貌と同じくますます綺麗になっていく

やはり、字は体を表すというぐらいに評価の対象になることは、みなさまにも心当たりがあるのではないでしょうか。

それでは、まずはコチラの記事をお読みください。

女優の宮沢りえさん(44)と「V6」の森田剛さん(39)が2018年3月16日、連名のファクスで結婚したことを発表した。

かねてから熱愛報道のあった2人だが、17年末に同グループの岡田准一さん(37)が結婚したばかりとあり、結婚報道には驚きの声もあがった。さらにもうひとつ、驚きをもって注目を集めているのが、宮沢さんの「直筆署名」だ。

端正な顔立ちとは裏腹に…

2人は16年8月に舞台「ビニールの城」で初共演。10月には熱愛が報じられ、その後も度々交際が伝えられていた。

宮沢さんは2009年に元プロサーファーの実業家の男性と結婚、女児をもうけたが16年3月に離婚が成立した。その離婚発表の際に大きな注目を集めたのが、ファクスに書き添えられた宮沢さんの「直筆署名」。お世辞にも美文字とはいえない独特の書体に、衝撃を受ける人が相次いだ。

ウ冠が大きな「宮」はアンバランスさが目立ち、「沢」はその半分ほどの大きさ。サンズイと尺の間隔は広く、尺はアルファベットのRのようにもみえる。「え」は横に倒れてアルファベットのWのようで、ヘビがのたうっているかのよう。またそれぞれの文字が横一列に並んでいないためガタガタしてみえ、あえて崩して書いた「ロゴ」のようでもある。

40を過ぎた大人の女性が書いたとは思えない幼い印象の文字に、

「宮沢りえさん、字下手くそすぎる」
「字が人柄をあらわすとは思わないけど、40過ぎてあの字は痛い」
「宮沢りえってイメージ的に達筆な字書くと思ってたらギャルみたいな字でそっちの方がショックだった。」

など、ショックを受ける人も現れた。

それ以前に書かれた署名も同じような幼い印象を受ける字体なのだが、今回の森田さんとの結婚発表のファクスにしたためられた文字はまるで別人。

ウ冠の点がほぼ垂直に打たれているのは変わらないが、全体的に偏と旁がコンパクトにバランス良く配置されている。それぞれの文字サイズも均等で、横一列にきれいに整列している。とめ・はね・はらいが丁寧になり、落ち着いた大人の印象を受ける。

今回の結婚報道でこの変化に気付いた人も多いようで、

「宮沢りえ、字が上手くなったな」
「昔より字が綺麗になってる」
「一番の驚きは長年見慣れていた個性的な宮沢りえの署名が美文字になってもはや別人レベル」
「字が普通になっててちょっとびっくりw」

といった驚きの声がツイッター上などに寄せられている。

(引用元:https://www.j-cast.com/2018/03/17323920.html?p=2)

 

宮沢りえの署名の変化が面白いと話題に「たくさん練習したのかな…」

にゃ一こ@Lhn_087

ここで宮沢りえさんの署名の変化を見てみましょう。 pic.twitter.com/o7fYvce92r

返信 リツイート  

確かにお世辞でも達筆まではいきませんが誠意はみえますよね。

別に代筆してもらえばいいのに、ご自分で書くことがもうすでに心をうつしています。

中谷美紀さんも宮沢りえさんも「常にイメージを移行させて成長して今は40代の大人の女性の代表」となっている、ブランディング戦略ができることに木村拓哉さんは歯がゆくも羨ましくも尊敬しているのは、木村拓哉さんはイメージを変えれない、常に「キムタク」ですからね。

話がズレましたが「変化」「成長」「挑戦」を僕は常に中谷美紀さんから学ばせてもらい、

今回もこの結婚の為ではないでしょうが、ここで「字」から「気品」をあらわせることも

教えてもらい、この機会だから嫌味にもならずに称賛されることも教えてもらえました。

すべて、計算という言い方は語弊がありますが、考えることの意味すら教えてもらえました。

こんな女性が世界で活躍する人を支える事でまた日本女性の世界での地位は向上していくのでしょう、この2人には明るい未来しかないのは仁の画像が予言していますものね。

ドウゾ末永OSIAWASENI。

 

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク





Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント