久保田秀哉医師の病院候補は2つ!Twitter投稿/ネットサイト/現場画像動画もまとめてます

事件報道(ニュース)

兵庫県尼崎市の阪神高速神戸線でトラックに高級車「ポルシェ」が追突し、トラックを運転する男性が死亡した事故で、兵庫県警高速隊は26日、自動車運転処罰法違反の疑いで、ポルシェを運転していた同県芦屋市三条南町、医師、久保田秀哉容疑者(50)を逮捕しました、本日は『久保田秀哉医師の病院候補は2つ!Twitter投稿/ネットサイト/現場画像動画もまとめてます』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク




久保田秀哉 逮捕の事件の詳細は?

Twitter / ?

事件の詳細はこちらです。

兵庫県尼崎市の阪神高速道路でポルシェに追突されたトラックの運転手が死亡した事故で、警察はポルシェを運転していた男を無免許過失運転致死の疑いで逮捕しました。

25日、尼崎市の阪神高速神戸線で、走行中のトラックがポルシェに追突されて横転し、トラックを運転していた手槌一郎さん(70)が死亡しました。


その後の調べで、ポルシェを運転していた医師の久保田秀哉容疑者(50)が無免許だったことがわかり、警察は無免許過失運転致死の疑いで逮捕しました。

警察によると、久保田容疑者は去年3月に免許取り消しになっていて、調べに対し「弁護士にしかしゃべりません」と供述しているということです。


警察は、久保田容疑者が、法定速度を大きく超えて運転していたとみて捜査しています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp


スポンサーリンク




久保田秀哉容疑者の顔画像は

名前:久保田秀哉

年齢:50歳

住所:兵庫県芦屋市三条南町

職業:医師

久保田秀哉容疑者の画像は現在公開されていません。

久保田秀哉容疑者は法定速度を大きく超えて運転、さらに驚くべきことは去年3月に免許取り消しになって無免許で車を運転していたという事です。

警察によると、いました。調べに対し久保田秀哉容疑者は「弁護士にしかしゃべりません」と供述しているということです。


スポンサーリンク




勤務先の病院はどこか?ネットの噂を調査

では、久保田秀哉医師の勤務先の病院がどこなのでしょうか?

SNS上ではすでに久保田秀哉容疑者の病院が特定されているようなTwitter投稿が数件ありますのでご紹介ありがとうございます。

パパ活チュ❤️@7UC6nW8rFqbHfjF

それは

久保田秀哉

夢の絆クリニック

院長

50歳

芦屋って言う田舎に在住

夢の絆とか

ちょっといっちゃってます

パパ活チュ❤️さんの他のツイートを見る

※夢の絆(きずな)クリニックで検索しても病院の情報は出てこない為に調べてみると

もうすでに病院のHPは削除していたようです!

このあたりの真相は今後、報道されていくのでしょう。

ホンネマン@honnneman

犯人の久保田秀哉の勤務先と思われる病院が特定されたようだ。

夢の絆クリニック・・・現在メンテナンス中とか・・・こういうところだけは対応早いようだ。http://yumenokizuna.com

Twitterで画像を見る

斉藤周平 +@boyair1974

夢の絆クリニック。
定期メンテナンス中です。

久保田秀哉医師とネット上にあがっている「夢の絆クリニック」の関連性があるのかは未確認ですが、情報の1つとして、みなさまにご紹介させていただきました。

そして、もう1つは、ネット上に久保田秀哉医師と同姓同名の人間が所属しているある病院が大阪にあるみたいです。

ここでは、割愛させていただきます。

こちらも今回のポルシェのドライバーの医師なのかは不明です。

2つともネットユーザーの検索能力や情報の速さがよくわかります。

現代の恐ろしさなのでしょう、そういう僕も、そのネットユーザーのおかげでこうして、病院のことを書かせていただいています。


スポンサーリンク




久保田秀哉 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

兵庫県尼崎市の阪神高速神戸線でのことです。

たくさんの人の投稿がTwitterで展開されています。

その中の投稿を紹介させていただきます。

スマホ時代ですね、報道よりも先にネットが事故の様子を伝えてくれます。

そして、勤務先のことも報道よりも先に情報だけが一人歩きしていきます。

ドライブレコーダーも事故の様子をとらえ、事故調査に一役買う時代。

見えない目があることを意識していけば「誰もみていないから、いいだろう」

そんな、自分勝手思考は消えていくのではないでしょうか。

それが抑止の手段であることもこの先の未来には一人一人が心に刻むことで

事件や事故が少しでも減少していけば明るい未来もあるのではないでしょうか。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク





Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント