佐藤純子が高景勝関の母,実家は芦屋でマダム?顔画像×5 動画×1素性をドコよりも丁寧にお伝えします,,,

スポーツ

新聞紙面などに登場した純子さんの写真は、ファー付きの白いニットを着用した、ロングヘアの上品な婦人。ネットでは「女優かモデルみたいな超美人!!50歳を超えているとは思えない…」「優勝よりもお母さんの美人っぷりが気になる さすが芦屋」「さすが芦屋の奥様…女優さんかと思った!」など反響の声が上がったと、報道が伝えています、本日は『佐藤純子が高景勝関の母,実家は芦屋でマダム?顔画像×5 動画×1素性をドコよりも丁寧にお伝えします,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





2018年秋場所千秋楽で貴景勝が初優勝

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

22歳の小結・貴景勝(千賀ノ浦)が初賜杯を抱いた。千秋楽で前頭3枚目・錦木(伊勢ノ海)から13個目の白星を挙げ、2敗で並ぶ大関・高安(田子ノ浦)が結びで敗れたため史上9例目の小結Vが決定。

 貴景勝と父・一哉さん(57)の二人三脚を支えた陰には、母・純子さん(51)の存在があった。勝てば優勝が決まる14日目から九州に“前入り”。だが「(取組は)見られませんでした。会場をウロウロして勝ち名乗りを聞いて『あぁ、勝ったんだぁ』と」と明かした。

 夫と息子が毎日6時間を超える稽古に励む中、母として支えた。「私は本当にサポート。食事や精神面のフォローをしていました」。食費は毎月30万円もかかっていたという。

 献身的にサポートしたが「本当は最後まで(力士になることに)反対していた」。頭からぶつかる競技は心配でならなかったが「貴乃花部屋に入ったとき、腹をくくりました」。以来、急成長した一人息子は幕内優勝力士になった。優勝後、パレードで車に乗る貴景勝と一哉さんの背中を、関係者エリアから見届けた。あふれる思いに、両手で顔を覆った。

初土俵から今回の九州場所は26場所目に当たります。

26場所目での優勝は、過去の大横綱である曙に並ぶ4位タイの記録であります。

また、小結での優勝は9例目の記録です。


スポンサーリンク





貴景勝について

一哉さんは、フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(31)が“お気に入り”であることが明かされ、中継でつながって画面上で2ショットとなると「(画面モニターを)見れないですね」とデレデレになるほほえましいシーンもあった。

 

四股名:貴景勝

 

本名:佐藤 貴信(さとう たかのぶ)

名前の由来について父・一哉(かずや)さんは「(生まれた時)横綱・貴乃花が全盛だったんですよ。それで昔からファンだったから、一字もらって。『信』は戦国武将の織田信長、あとは上杉謙信とか、武田信玄とか。みんなあの字が付いていたんで、この字、出世するんかなあ、と思って」

愛称:タカノブ、芦屋の暴れん坊

生年月日:1996年8月5日

年齢:22歳(※2018年11月現在)

出身:兵庫県芦屋市

学歴:仁川学院小学校→報徳学園中学校→埼玉栄高校

小学4年生の時、運命の出会いを果たすことに。相撲教室で、元貴乃花親方に出会い、稽古をつけてもらった。帰りがけに父は親方から「小学生なのに、当たりがすごいなあ。四股もきれいだし、根性もある。絶対強くなるよ」と言われたという。

憧れの人から誉められ、ますます練習に励んだ。小学校の卒業文集には「中学を出たらすぐにプロに入り」「はたちで横綱」「優勝は35回はしたい」「お客さんに喜ばれる、好かれる相撲をとりたい」と書き込んだ。

優勝から一夜明けた26日、母校、西宮市の仁川学院小学校では、横断幕が掲げられた。小学校6年時の担任だった橋本浩先生は「ユニークなんです。小学校のときから、あいつの周りはいつも明るかったです。(会見とかあまり笑顔を見せない、と言われたことに対して)本当は絶対心の中で笑ってると思うんです。隠してますね。もっともっと出したら、もっと人気上がるんじゃないですか」と話した。

身長:175㎝

体重:170kg

得意技:突き・押し

所属部屋:貴乃花部屋→千賀ノ浦部屋

貴景勝は幼少時代から仁川学院小学校3年の時までは極真空手を習っていたのだそうで、、全国大会で準優勝の実績を残すほどの実力者であった貴景勝関ですが、決勝で受けたジャッジに納得がいかないという理由で、相撲の世界に足を踏み入れていきます。

小学校3年の時に相撲に全くの素人からお父さんである一哉さんが、独学で勉強した四股の踏み方や稽古の仕方などを毎日のように貴景勝関へと狂気をし猛特訓に励んだのだと言います。

そして、貴景勝関のお父さんが以前から横綱の貴乃花の大ファンだったという縁もあって、貴景勝関が小学4年生の夏休みに東京へと赴き、貴乃花部屋キッズクラブが主催する相撲教室へと勉強しにいったのだそうです。

相撲に転向してから関西奄美相撲連盟の道場に通い始めたそうで、中学校3年生の時には全国中学生相撲選手権大会に出場し、見事優勝を果たすなど素晴らしい成績を残していることでも知られており、中学生横綱の称号も手にしています。

中学を卒業した後はプロ入りか進学か悩んでいたそうですが、「プロで活躍したいのなら、栄に来なさい」と当時の監督さんから言われたことがきっかけとなり、埼玉栄高校では普通科アスリートコースに特待生留学をしております。

埼玉栄高等学校時代には、関東高等学校相撲選手権大会の無差別級で2連覇をしたり、全日本ジュニア相撲選手権大会の無差別級で2連覇をするなど、多くのタイトルを獲得しており、その後高校全国大会7タイトルを獲得するなどの活躍をしております。

学生時代を知る貴乃花親方に言わせれば、貴景勝関は非常に根性がある素晴らしい力士であるということで、これを言われたり、父親からの教育もあって高校卒業後は貴乃花部屋への入門を希望していました。

しかしながら、2014年10月に開催されたの国体終了後に入門する予定であったそうですが、「プロへの気持ちが日に日に高まった」という理由で国体を待たずに、2014年9月場所で貴乃花部屋に入門をしております。

その後は、ものすごい勢いで番付を上げていくと、2016年3月場所では7戦全勝で幕下優勝を果たし、新十両へ昇進するなど異例のスピード出世をしていくのです。

2016年11月場所では12勝3敗という素晴らしい成績を残し、貴景勝関では初めての十両優勝をするなど大きな飛躍の年となったほか、これがきっかけとなって2017年1月場所での新入幕を確実にしており、さらに四股名を上杉景勝から取って「貴景勝光信(たかけいしょう みつのぶ)」という名前にしております。

その後もものすごい勢いで成長を遂げていった貴景勝関は、2017年にはその場所で優勝した日馬富士関から金星を獲得したことが評価されて殊勲賞を獲得しており、2017年11月場所には日馬富士関に加えて、稀勢の里関からも金星を獲得するなど、飛躍的な活躍が認められて2018年1月場所での三役昇進確実なものとしているのです。

ちなみに、貴景勝関と同じで幕内優勝をした小結は、2000年5月場所の魁皇博之以来であり、18年6ヶ月ぶり出来事だそうです。

中学と高校で数々の実績を残し、2014年、高校卒業前に貴乃花部屋に入門。3年余りで小結にまで駆け上がった。

22歳3か月での優勝は、年6場所制となってから6番目の若さだ。貴景勝関は「(優勝が)最初で最後にならないように、やっていかなくてはいけないという思いが強い。ますます頑張っていかなくちゃと思います」と決意を語った。


スポンサーリンク





30万円も食費がかかっていた

そんな貴景勝関ですが、幼い頃は相撲クラブの仲間から「そんな細い体で何が出来るの?」と揶揄されていたのだと言います。

そこで、両親は徹底的に食事管理をし、体を作り上げていったのだそうです。

炭酸飲料やインスタント食品の摂取は厳禁であるということで、外食した際には以下のようなメニューで調整させられていたと言います。

・牛乳1日2㍑

・牛丼特盛3杯

・メガマックLポテト4個

・ハンバーグ450g×3つ


スポンサーリンク





貴景勝関 母親の名前は佐藤純子 顔画像×5 動画×1

そんな、貴景勝関ですが母親が非常に美人であるとして話題となっています。

その画像がこちら。

名前:佐藤純子(さとう じゅんこ)

年齢:51歳

職業:不明

在住:兵庫県芦屋市

(⇑1分23秒に秒ほど写ってます。)

貴景勝関の母親は佐藤純子(さとう じゅんこ)さんという人物で、和服なども似合う非常に美人な方であることも明らかとなっています。

両親の一哉さんと純子さんと貴景勝関の家族写真はこちらです。

こちらは、49歳前後の父親の一哉さんと母親の純子さんの2ショット画像ですが、ものすごい美人であるのは言うまでもないでしょう。

貴景勝と父・一哉さん(57)の二人三脚を支えた陰には、母・純子さん(51)の存在があった。勝てば優勝が決まる14日目から九州に“前入り”。だが「(取組は)見られませんでした。会場をウロウロして勝ち名乗りを聞いて『あぁ、勝ったんだぁ』と」と明かした。

 

献身的にサポートしたが「本当は最後まで(力士になることに)反対していた」。頭からぶつかる競技は心配でならなかったが「貴乃花部屋に入ったとき、腹をくくりました」。以来、急成長した一人息子は幕内優勝力士になった。優勝後、パレードで車に乗る貴景勝と一哉さんの背中を、関係者エリアから見届けた。あふれる思いに、両手で顔を覆った。

 

 


スポンサーリンク





貴景勝関 母親の名前は佐藤純子 芦屋(実家)マダムか?

デイリースポーツの取材では、貴景勝は兵庫県芦屋市の高級住宅街で育った。7つの幼児教育の塾を掛け持ち、名門進学校の仁川学院小学校を受験し合格。3年の時に相撲を始めた。中学は報徳学園中3年で中学横綱、埼玉栄高校では全国7冠に輝いた。

美しいと評判の純子さんだが、家庭では相撲少年を育てる強い母。体作りを支えるため毎日、肉を1キロ買い、料理に明け暮れた。食費は月30万円に達したという。愛息に対しては「大学に行ってほしかった」と当初は思っていたようだが、今では角界に進んだ貴景勝の一番の応援団でもある。

芦屋市内と言っても地域によって格差があり、地元では「芦屋カースト制度」といわれていますが

・北部は高級住宅地

・平田町、松浜町といった中部は高級住宅地

・市内の南部は谷崎潤一郎さんの小説「細雪」の舞台になるなど、お金持ちが多くいる

芦屋の中でも「岩園町」や「山手町」、「六麓荘」などはお金持ちが多いと街として知られており、芦屋の中でも「六麓荘」は高級住宅街の中でも別格の金持ちの街とされております。

「六麓荘」は高級住宅街有名人

・江崎グリコの社長さん

・B’zの稲葉浩志さん

・天童よしみさん

・KinKi Kidsの堂本光一さんの実家

しかし、子供の食費だけで30万なら、想像しても「お金持ち」でしょう。

コメントで検証してみましょう。

・食費30万円を払い続ける経済力って半端じゃない。
当然専業主婦だろうし、写真を見る限りお父さんはお医者様とか経営者風のいで立ち。これだけ経済力があれば、それなりに美しいお姿は保てるのではないでしょうか。

・51歳であのような美しさを保てるなんて経済的にも余裕があるんだろうなあ~

お金持ちでしょうが、愛情持ちのという方がしっくりくるのではないでしょうか。

しかし、本当に「綺麗、上品、気品」3拍子揃った母親ですね。

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント