多部未華子 可愛くなった論争→かわいい,顔変った=年代画像で比較,,,王道ではない生き方が論争を呼ぶのか!

エンタメ

多部未華子さんのはかわいい論争が話題になっていますね。2018年現在で29歳ですが「またかわいくなっている」と論争がもちあがります。何故、多部未華子さんは年代ごとに、その都度「また、可愛くなった」といわれるのでしょう、石原さとみさんや北川景子さんのような王道ではない道を行くからとは、いったいどんな意味なのでしょうか?本日は『多部未華子 可愛くなった論争→かわいい,顔変った=年代画像で比較,,,王道ではない生き方が論争を呼ぶのか!』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





多部未華子“かわいい論争”の行方

女優の多部未華子が、ミュージカル『TOP HAT』でV6の坂本昌行の相手役としてミュージカルに本格的に初出演。
初めてとは思えない歌やタップダンス、社交ダンスを披露すると、
観劇した人々がSNSで「とにかく多部ちゃんかわいすぎ」、「キラキラだった…」とつぶやくなど話題になっている。
2003年からコンスタントにドラマや映画、舞台、CMなど新たな作品に次々と登場し、
そのたびに「あれ…多部ちゃんかわいくなった?」と、29歳にして“かわいさの記録更新”をしているようにも見える多部未華子。
幅広い世代に認められる彼女の魅力とは?
(引用元:ヤフーニュース)
この記事のみんなのコメントは?

この人は演技力が以前から確かだから、役によってはものすごく可愛く見えます。
女優としてやっていく以上、可愛いくても演技が微妙では年齢とともに限界がくるから、演技はうまい方がいいに決まっている。

本物を見たら小顔で華奢でとんでもなく可愛いと思います。
芸能人の中でもさらに小顔。骨格が違う。

かわいい、かわいくないとかを超えた魅力を多部さんには感じます。

出始めのころは結構ブスとか言われてたけど、その時々の仕上がりによって差が大きかったと思う。
まぁ個性的な顔立ちなのは確かだけど女優オーラも十分あるし、これから歳を重ねてもっとキレイになっていくのではないかと。

 

それなりの特徴とそれなりのルックスだから現場は使いやすいし、この役なら多部ちゃんだとなりやすい女優さん。モデル級可愛さ綺麗さ路線なんて特徴なかったらポイントの奪い合い、素晴らしいポジションを取ってる。
そして何より同性に敵を作りづらい感じの可愛さだと思います、それ最強です!

と、それぞれの言葉でこの「また、かわいくなった論争」を語っていますね。

では、多部未華子さんの魅力とは?なんなんでしょうか、検証していきましょう。


スポンサーリンク





多部未華子さんのWIKIと受賞経歴

Twitterで画像を見る
    • 名前:多部 未華子(たべ みかこ)
    • 生年月日:1989年1月25日(29歳)
    • 出身地:東京都
    • 兄弟:兄
    • 学歴:東京女子大学卒業。大学には休学・留年などで6年間在学した後、2013年3月に卒業した
    • 身長:158㎝
    • 血液型:O型
    • 所属事務所:ムーン・ザ・チャイルド→ヒラタオフィス→ヒラタインターナショナル(幼いころからからミュージカルが好きで、小5のときに感激したのをきっかけに、中2まで『アニー』のオーディションを受け続けていたという過去もある。周囲からも映像系の作品も受けて見たら?と言われ、現在の事務所に所属。)

★経歴

・2005年
第15回日本映画批評家大賞新人賞(小森和子賞)(『HINOKIO』)
第48回ブルーリボン賞 新人賞 (『HINOKIO]『青空のゆくえ』)

 

・2006年
第21回高崎映画祭最優秀新人女優賞(『ルート225』)

 

・2007年
第4回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2007最優秀新人賞(女優)(『山田太郎ものがたり』)

 

・2009年
第2回ゴールド・ドリーム・アワード文化芸能部門

 

・2010年
2010年エランドール賞新人賞(『フィッシュストーリー』『つばさ』『不毛地帯』)

 

・2011年
第18回読売演劇大賞・優秀女優賞(『農業少女』)
第18回読売演劇大賞・杉村春子賞(新人賞)(『農業少女』)

 

・2011年第68回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『デカワンコ』)

 

・2013年
2013年第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『大奥〜誕生[有功・家光篇]』)

 

・2016年
第25回日本映画プロフェッショナル大賞・主演女優賞(『ピース オブ ケイク』『映画 深夜食堂』)
第25回日本映画批評家大賞 主演女優賞(『ピース オブ ケイク』)

 

・2017年
第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』)

多部未華子さん年代別画像で「またかわいくなった」検証

芸能と学業を両立し、努力で着実に積み上げた女優としての地位

多部未華子さん15歳

2003年に映画『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、ブルーリボン賞『新人賞』を受賞するなど、スタートも順調。
多部未華子さん20歳

2007年には、ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で連続ドラマに初出演し、嵐の二宮和也櫻井翔と共演した。いきなりのヒロイン抜擢だが、絶世の美少女というタイプではなく、素朴な雰囲気を残しているところが逆に新鮮で、(この娘、誰?)と思いつつも、多くの視聴者の心にどこか気になる印象を残したのである。

2009年、『つばさ』(NHK総合)で朝ドラのヒロインを演じると、民放のドラマにも次々と主演で登場する。『デカワンコ』、『ドS刑事』(ともに日本テレビ系)、映画『あやしい彼女』ではコメディエンヌとしての才能も開花させるなど、まさに女優として順風満帆、同時に大学を6年かけて卒業したというエピソードもあり、公私ともに“努力の人”であることがうかがわれるのだ。

2010年、エランドール賞新人賞を受賞。

 多部未華子さん25歳
1989年5月21日にデビューし25周年を迎えるTHE BOOMは、同年9月に発売された2ndシングルで、これまで1000回以上のライブで歌われてきた「星のラブレター」をセルフカバー。「島唄」「風になりたい」と並ぶ代表曲のMVを改めて制作するにあたり、同曲が誕生した89年生まれで、「同じ時間を生きてきた」多部に依頼した。

2015年、4月クールのドラマ『ドS刑事』(日本テレビ)の役作りのため、髪型をボブスタイルにヘアチェンジする。

2017年、劇場版アニメ映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』で声優に初挑戦する。

多部未華子さん29歳

UQモバイルのCMお色気たっぷりの深田恭子、若手で伸び盛りの永野芽郁といった女優たちと、アニメ『キャッツ・アイ』の来生三姉妹のような“お色気シーン”も堂々とこなす。

 

ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)では、結婚に煮え切らない彼(櫻井翔)にやきもきする適齢期の女性という、抑えた演技も披露する。


スポンサーリンク





歳を重ねて発揮される多部未華子さんの魅力とは

アラサーになるにつれ、かつての素朴で健康的な少女のイメージから、「どんどん垢抜けてきた」、「またかわいくなった」など、同性の女性たちから称賛の声が聞かれるようになり、多部が意外に注視されていたことがわかったのである。(引用元:ヤフーニュース)

 どことなく“親しみやすさ”を覚えるところが魅力の彼女だが、最近は少し状況が変わってきているようだ。と記事は続きます。

・不思議系の少女、

・快活な少女

・世のお父さんに(こういう娘がいたらいいなぁ…)と思わせるような普通に“いい娘”

いわばどんな役にも染まれるし、溶け込めるからこそ女優としての“需要”も増すのだろう。さまざまな役を演じることから、そのギャップ自体がそれぞれの“かわいさ”をも際立たせることになるのかもしれない。

 

個性のない美人はすぐ飽きられるけど、この人の顔はいつ見ても印象が違うから凝視してしまう。
美人にも不細工にも容易に変身できるんだから、女優としてこれほど強い武器はない。
ご両親に感謝するべき。
でもスタイルは一貫して良いから、本人も努力をしているのだろう。

 

このコメントは一番、この論争が起きるワケなのではないでしょうか。

王道とは、美しすぎる美貌で、そこからも努力はしているのですが、その努力が見えにくく、そして、近くない存在なのではないでしょうか。

 

しかし、多部未華子さんとは「近い存在が、成長していく姿に美しさ」に応援したい気持ちが重なることからきているのではないでしょうか。

 

ともに見守っている応援したくなる気持ちですかね。

 

では、最後にサイコーの笑顔でしめましょう。

 

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント