森岑生 森典子の顔画像は?犯行動機は高高介護老老介護か?老人が自殺する国は終わりと同じです,,,

事件報道(ニュース)

岡山県井原市で74歳の夫・森岑生さんを自宅の風呂場の浴槽に沈めて殺したとして、71歳の妻・森典子容疑者が逮捕されました。森典子容疑者は15日午後9時ごろ、夫の森岑生さん(74)を自宅の浴槽に押さえつけ水没させ殺害した疑いが持たれています。本日は『森岑生 森典子の顔画像は?犯行動機は高高介護老老介護か?老人が自殺する国は終わりと同じです,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





 森典子容疑者が森岑生さんを殺害!報道はどう伝えたか?

16日夜、岡山県井原市で74歳の夫を自宅の風呂場の浴槽に沈めて殺したとして、71歳の妻が逮捕されました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、井原市井原町の無職・森典子容疑者(71)です。

警察によりますと、森容疑者は15日午後9時ごろ、夫の岑生さん(74)を自宅の浴槽に押さえつけ水没させ殺害した疑いが持たれています。

16日、岑生さんが利用しているデイサービスの職員が、浴槽の中で死亡している岑生さんを発見し通報しました。

「ご主人はデイサービスに通っていた。奥さんは付き添いで行っていたけど・・・」  (近くの人)

「いい奥さんでした。ご主人もよかった。おとなしい人です、2人とも」(近くの人)

森容疑者は岑生さんと2人暮らしで、警察の調べに対して

「私が殺したことに間違いない」などと容疑を認めているということです。

森典子容疑者(71)を殺人の疑いで逮捕した。森容疑者は夫の介護をしており、県警は、介護疲れが動機の可能性もあるとみて調べている。

出典:ヤフーニュース


スポンサーリンク





森岑生さん 森典子容疑者の顔画像は?

  • 名前:森典子
  • 年齢:71歳
  • 住所:岡山県井原市井原町
  • 職業:無職

森典子容疑者の顔画像は現在公開されていません。

森岑生さんの顔画像は現在公開されていません。


スポンサーリンク





森典子容疑者逮捕にネット民のコメントは

・読んだ瞬間は、怖い人だと思った。でも、介護の苦しみがあったかと考え、可哀想に思えてきた。これからは年金も厳しくなる一方、それなのに福祉がおそまつな日本。オリンピックなども良いが、こちらにも税金を使えないのか。

 

・老老介護の厳しい現実は他人事ではないわな
自立できてるかギリギリのラインならなおさら
これに似たケースはあまたあるんだろが

 

・朝から晩まで介護生活で、明るい兆しもなく一人で抱え込んでいたのでしょうね。悲しい結末ですね。

 

・子供を虐待死させた親には憤りだけだけど、こういうのは介護大変だったのかなと思ってしまう。どちらも行政の介入やケアーがいるかな。

 

・少子高齢化、同様の事件は継続すると思う!

 

・動機などが分からないので何とも言えない所ですが…察するに介護疲れから来たのかなと思ってしまいます。個人的な思いで申し訳ないですが…自分の奥さんに終止符を打たれるのなら…それは決して悪い事では無い様な気がします。

 

・熟年離婚は正解やな
70越えて他人の介護とか無理だろ

 

・介護が大変な気持ちも分かるけど2人で一緒にやってきた人生が無くなってしまったのは悲しい。

 

・気持ちはわかるけどね…
その生活から逃れる他の方法があったよ。

 

・今は死ぬ直前まで個人のお金を払うことでしか、福祉が受けられないひどい政策にあきれる!お年寄りをもっと大切にして頂きたい。


スポンサーリンク





犯行動機は高高介護老老介護か?老人が自殺する国は終わりと同じです,,,

この国は介護を本気でよくしていくことはないのでしょう。

 

高齢社会にお金を使うつもりはないのでしょう。

 

今後はこんな事件はまだまだ増加して、見て見ぬふりなのでしょう。

 

生産性がないものに投資しないお国なのでしょう。

 

生産性のない株とかは大好物ですが。

 

世界はいままで、お金にならないものに「価値」を

 

産まれているのに。

 

YouTubeやマニアックな世界に。

 

 

生産だけが「価値」と頭の固い年配の人が

 

国を治めて、自分たちの先輩に花束すら贈れないこの国。

 

老人が自殺する国は終わっているとも言われています。

 

まさに、今、この国はそんな状態ではないでしょうか。

 

若者はネットを通じて、自分を売り込み格差も広がる。

 

精神的な格差ですが。

 

国の為に人生を捧げた70代から上の人にこんな仕打ちをして、

 

お国の為になんて思う、愛国心なんて生まれるワケはないのでは。

 

若者に示す意味でも、高齢者社会を安心して往生できる政策を

 

心から望みます。

 

もう、こんな悲しい犠牲者を1人でも減らしてください。

 

 

本日の記事はここまでです。

 

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント