木本結梨香 Facebookの最後のやり取り「生きてたのか」⇒「生きてるわ」心配が現実に,,,死因や凶器が判明!犯人逮捕はいつ?

事件報道(ニュース)

木本結梨香さん(26歳)がグアテマラのペテン県にある集落で殺害され、同居していた女性茂呂澤ちえさん(28歳)が重症を負った事件で犯人像や凶器の特定が判明されたみたいです、本日は『木本結梨香 Facebookの最後のやり取り「生きてたのか」⇒「生きてるわ」心配が現実に,,,死因や凶器が判明!犯人逮捕はいつ?』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





木本結梨香さん殺害犯を特定か!

記事によると、

 

中米、グアテマラで起きた日本人女性殺傷事件では、地元警察が、「容疑者は、同じ村の複数の男」との見方を示している。

木本結梨香さんは犯行の数日前から、性的暴行を目的とした男性グループらに狙われていたというのだ。

住民からは、犯人に対する憤りの声が聞かれた。

 

この事件は、グアテマラ北部のペテン県で、宗教団体の布教活動(エホバの証人)で滞在していた。

キリスト教系の宗教団体「エホバの証人」の布教活動のため3年前からグアテマラに住んでいました

木本結梨香さんが何者かに襲われて死亡、一緒に暮らしていた女性(茂呂澤ちえさん)も重傷を負ったもの。


茂呂澤ちえさん(左)木本結梨香さん(右)

2人は布教活動を行っていたが、人付き合いがよく、近所の住民と仲がよかったという。

近所の住民「いつも遊びに来たり、挨拶をしたりして、みんなとうまくやっていた」

2人は、村には珍しい日本人で、目立つ存在だったという。

地元警察の幹部は、事件について、「同じ村の複数の男の犯行」との見方を示している。

村の役員「この犯罪をおかした人たちには後悔していてほしい」

また、住民からは「犯人が許せない」などの声も聞かれ、犯人に対する憤りを募らせている。

(引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15558186/)

 

警察によりますと、4日朝に発見された時、木本さんには頭や腹に殴られた痕があり、すでに亡くなっていたほか、茂呂澤さんもナイフで切りつけられて倒れていて、家の中からは、金品がなくなっていたということです。

その後の捜査で

地元メディア「ソイ502」は6日、犯行に使われた凶器は石だったと報じた。

当局者によると、亡くなった木本結梨香さん(26)の傍らに落ちていた長さ25センチ、幅15センチほどの石に血痕が付着。木本さんの死因は脳内出血だったという。

11月8日配信「時事通信」より


スポンサーリンク





グアテマラの治安は?日本人が巻き込まれる事件も多数発生

ペテン県は、首都グアテマラシティーの北にあり、観光名所となっているマヤ遺跡があります。

地元住民によりますと、この地域は最近、治安が悪化していて、住民たちが警察に見回りを強化するよう要望していたということです。

メキシコの南に接する中米のグアテマラは、人口がおよそ1700万人で、外務省によりますと、去年10月の時点で385人の日本人が暮らしています。

農業が主要産業で、特に、コーヒー豆の生産量は世界9位とコーヒー産業が世界的に有名で、グアテマラ産のコーヒー豆は日本でも広く親しまれています。

一方、殺人や強盗が頻発するなど治安状況は深刻で、2012年には現地で会社を経営していた日本人男性がATMで現金を引き出した直後に拳銃で殺害される事件が起きたほか、車で移動中に拳銃を持った強盗団に襲われて金品を奪われるなど、日本人が巻き込まれる事件も多数起きているということです。

外務省の海外安全情報によりますと、今回事件が起きたペテン県はメキシコとの国境に接し、麻薬組織や強盗団、それに不法入国者などの巣窟とされ、治安当局の取り締まりが十分でなく、治安の悪い状況が続いているということです。

外務省は、グアテマラに渡航、滞在する際は単独行動や夜間の外出を避け、外出時は徒歩で移動せずに近距離でも車を利用するなど十分注意するよう呼びかけていました。

(引用元:NHK)

木本結梨香 Facebookのコメントやり取りが悲しい

この画像変更がさんの最後のFacebook投稿ですが

そこに、以下のやり取りが

友人がコメントで「生きてた!!!」6か月ぶりにFacebookを更新した際に。

このコメントにたいして木本結梨香さんは「生きとるわっ!!!」と返答。

それが彼女の最後の書き込みとなった。

しかし、この投稿後に木本結梨香さんは事件に巻き込まれてしまいます。

日本を離れ異国の地で現地の人たちと暮らしていた木本さんが久々の投稿で友人は本当にうれしかったのではないでしょうか。

しかし、残念な結果になってしまい、悲しい気持ちになってしまうのは僕だけでなないのではないでしょうか。

こちらが木本さんのFacebookです。


スポンサーリンク





木本結梨香 Facebookの最後のやり取り「生きてたのか」⇒「生きてるわ」心配が現実に,,,死因や凶器が判明!犯人逮捕はいつ?まとめ

外国で事件が起こると

何故か?自己責任問題が起こります。

今回の事件も書いてませんが「そんな声」も

チラホラ聞こえてきます。

が、

人が亡くなり、その事を悲しむ前に

自己責任です。

この言葉こそ無責任です。

どんな、人生を歩んできたのか

この事件に記事だけでは知らない事ばかり。

そんな情報の少なさで「自己責任論」は

きちんと記事を読んでないのでしょう。

日本より貧困な国でそこの住民と暮らしていく。

それで、殺害され自己責任はおかしいです。

僕がいえるのは志半ばで自分たちの欲求を満たすだけで

殺害されたのは悔しい想いでいっぱいだったのでは。

そんな心の内を知ればギュっと心を捕まれてしまいます。

木本結梨香さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント