江波杏子 若い頃ツイッター投稿画像&年齢ごちゃまぜ動画まとめはマニアックでヤバい!あなたはいつの時代も美しかった!ご冥福をお祈り申し上げます,,,

訃報報道

2018年10月27日女優の江波杏子さん(76歳)死去と報道されました死因は肺気腫の急性増悪江波杏子さんは11年「カーネーション」や16年「べっぴんさん」といったNHK朝の連続テレビ小説にも出演し、お茶の間でもその存在感を発揮していた。江波杏子さんは松坂桃李さんと映画で共演をして引退を考えていたもののそれをやめたことを明かしていたばかりでしたね、若い頃からお綺麗で凛としていた江波杏子さん。本日は『江波杏子 若い頃ツイッター投稿画像&年齢ごちゃまぜ動画まとめはマニアックでヤバい!あなたはいつの時代も美しかった!ご冥福をお祈り申し上げます,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





江波杏子さん死去!死因は肺気腫の急性増悪のため、76歳だった。

2018年10月26日に体調不良を訴え、東京都内の病院に入院。翌27日21時6分、肺気腫の急性増悪のため、同所で死去。76歳没。急逝5日前の10月22日までNHKラジオドラマの収録に元気に臨んで録り終えていた矢先の訃報であった。

映像ドラマ作品(単発)としての遺作は2018年11月16日放送の、同作2年ぶりの新作である山村美紗サスペンス「赤い霊柩車 37」。

連続ドラマとしての遺作は2019年1月11日から放送予定のNHKBSプレミアム「小吉の女房」(全8回)となる。

映画遺作は2018年4月6日公開の「娼年」、ラジオドラマ遺作は2018年12月8日NHK-FM放送の「FMシアター 罵詈雑言忠臣蔵」となった。

 

各スポーツ紙によると江波さんは肺気腫を長年患っていたが、これまで日常生活に支障はなかったという。しかし先月26日に体調不良を訴え、緊急入院。翌日の午後、息を引き取った。

66年の映画「女の賭場」で演じた女賭博師役が評判を呼び、以降“映画女優”として活躍した江波さん。近年では11年「カーネーション」や16年「べっぴんさん」といったNHK朝の連続テレビ小説にも出演し、お茶の間でもその存在感を発揮していた。

あまりに突然すぎる死――。Twitterでは驚きとともに、悲しみの声が上がっている。

《一本筋の通った女性が持つ美しさ、凛としたかっこよさ。若い頃もお歳を召してからも実にお美しかった》
《語り、表情、所作、美しさ、儚さ、今でも忘れられません》
《かっこよくて好きな女優さんでした。残念……》

公開されているものでは、今年4月に公開された松坂桃李(30)の主演作「娼年」が最後の映画作品。

同作で江波さんは松坂演じる男娼を”買う”老女を演じ、その艷やかな演技が大評判。

ファン層をさらに広げていた。実は江波さんにとって、同作はターニングポイントだったようだ。

江波さんは年齢のこともあり、『娼年』のオファーを受けるまで引退を考えていたそうです。しかし同作で濡れ場に挑戦し、女優魂が再燃。仕事に対し、さらに積極的になっていました。亡くなった当時は来年のスケジュールも予定にあったと聞きます。ですからファンのみならず、周囲も動揺が隠せないようですね……」(映画関係者)

その姿は、観た者の記憶の中で生き続けるだろう――。

(引用元:ヤフーニュース)


スポンサーリンク





江波杏子さんのプロフ&経歴

江波杏子の
代表的なエピソードとして
ワイドショーに出演をしていた時、
CM中に帰ってしまったということも。

江波杏子が語る理由としては
「そこに私が出ていることが失礼」
だと思ってしまったため。

・名前:江波杏子(えなみ きょうこ)

・本名:野平香純(のひら かすみ)

・生年月日:1942年10月15日

・出身:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・1969年当時:B89・W57・H90

・曾祖父:最後に沖田総司をかくまった植木職人の柴田平五郎

・母:江波和子は戦前に東宝で活躍した映画女優。

 

★江波杏子さんの経歴

子供の頃はシャイで自意識が強く、本ばかり読んでいた子だったという。

小学生の頃にキャロル・リード監督の『落ちた偶像』を観たのがきっかけで、本人曰く「現実逃避的に」女優になろうと思ったことや、また幼い頃に亡くなった母の仕事を継ぎたい一心で中学生の頃から女優を志した。

1959年に大映に入社。ニューフェイスのオーディション時、まだ16歳の宝仙学園高等学校在学中の高校生だった彼女は年齢を1歳上にサバを読み、母親が女優だったことは言わなかった。

1960年、『明日から大人だ』でデビュー。芸名は、母親の芸名と室生犀星の新聞連載小説『杏っ子』に由来している。

長く助演が続いたが、負傷した若尾文子に代わり主演した

1966年の『女の賭場』で出演本数58本目にして初の主役の座を獲得。

女賭博師ぶりがうまくハマり、「昇り竜のお銀」として親しまれた(1971年の『新女賭博師・壺ぐれ肌』まで、全17本が制作された)。

新幹線の中でヤクザに「姐さん、きょう西成(釜ヶ崎)で賭場が開いてます」と言われたほどの当たり役となった。

1973年大映倒産後『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得。

B89・W57・H90(1969年当時)という豊満な肢体の持ち主だったことから、新鋭写真家達の人気の的となり1960年代から1970年代にかけてはモデルとしてヌードも披露し、グラビアでも活躍していた。


スポンサーリンク





江波杏子 若い頃ツイッター投稿画像&年齢ごちゃまぜ動画まとめはマニアックでヤバい!あなたはいつの時代も美しかった!

ガッキーよりも江波杏子の顔になりたいです。カッコいい‼︎ …ご冥福をお祈り申し上げます。

『津軽じょんがら節』1973年 スクリーン全体から漂う孤独感は映像作家斎藤耕一の“絵”と、全編に鳴り響く津軽三味線の音色により感情が揺さぶられる…そして何より、日本人離れした美貌の江波杏子さんだった…

江波杏子さん。一本筋の通った女性が持つ美しさ、凛としたかっこよさ。若い頃もお歳を召してからも実にお美しかった。

女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去、76歳 「女賭博師」シリーズで大映の看板女優に … 江波さん、ご冥福をお祈りします

江波杏子 さんがお亡くなりになりました 心よりご冥福をお祈りします 女賭博師が忘れられません 江波さんの大映 女賭博師シリーズは、 同じ女博徒を描いた 藤(富司)純子主演 緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)シリーズが東映の正統派で時代劇的なヤクザ映画だったのに対し、現代劇でリアルでした

数多くの作品に出演された女優の江波杏子さんが亡くなられた。 江波さんといえば、Gメン75~82の津村冴子警部補役が印象深い。 出演期間は長くはないものの、貫禄さえ感じる毅然とした立ち振る舞いはまさにGメンだった。 心よりご冥福をお祈り致します。

このポスターしか知らない何だかわからない映画をいつか観たいと何度もツイートしてるんだけどいまだに観られない。


スポンサーリンク



江波杏子さんご冥福をお祈り申し上げます,,,

江波杏子さん死去。ついこのあいだカーネーション最終回を見たよ。江波さん演じた奈津は誰よりも、主人公よりも長生きしたじゃない。「なんや、なんか用け?」のあのクールさ。糸子とタメ張る存在感。なんか泣けてしまう。ご冥福をお祈りいたします。

年代によっての画像のイメージが違うのではなかいとたくさんの画像や動画を集めました。

最後まで女優を貫いて生き、凛とした女性でしたね。

江波杏子さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント