渡辺陽太 逮捕で慶応はゴミ!実家の力でもみ消すか?余罪暴露の意味深ツイッター投稿はマジか?ガセか?

事件報道(ニュース)

2018年9月29日早朝、19歳の女子大生の腹部を蹴った疑いで現行犯逮捕。さらにこの逮捕の前、横浜駅近くの雑居ビルで酩酊状態だった同じ女子大生を暴行したとして、準強制性交等の疑いで、10月16日、再逮捕された。2人に面識はなかったというこの慶応大学の渡辺陽太容疑者の事件、まだまだこれで終わりではないかもしれません、本日は『渡辺陽太 逮捕で慶応はゴミ!実家の力でもみ消すか?余罪暴露の意味深ツイッター投稿はマジか?ガセか?』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





事件の真相の究明が急がれる。

「エントリーナンバー3番の渡辺陽太です。三田祭期間4日間毎日そこらへん歩いていると思うんで、よかったら話しかけてください。待ってま~す」などと赤い法被を着て、自己紹介する男。
2016年『ミスター慶応コンテスト』で、ファイナリストとなった慶応大学経済学部の当時2年生だった渡辺陽太容疑者、22歳。

ミスター慶応コンテスト」に出場していたは渡辺陽太容疑者、偶然出くわした女性を暴行していたとみられている。

その後の警察への取材で、渡辺容疑者と女子大生は面識がなく、犯行に及ぶ直前に路上で、偶然出くわしていたことがわかった。

調べに対して渡辺容疑者は、「酔っていたので今は覚えていません」と容疑を否認しているが、警察は犯行の経緯などを調べている。


スポンサーリンク





この事件のみんなのコメントまとめ

・釈放若しくは出所するときも広報と注意換気お願いします

 

・可能な限りの重罰を望む。

 

・この人ミスター慶応だからって理由で明らかにニュースが大きくなってるけど、似たような事件はもっとあるはず。
全部同じくらい報道してほしい。なんなら間違いなく死刑になるような殺人犯よりも将来出てくる分名前や顔を少しでも周知しておく意味はあるはず

 

・早稲田では2003年、 スーパーフリー事件というのがありましたな

 

・被害にあった方のプライバシー侵害と中傷は絶対に慎みましょう。そこが守られないと、もし過去に同じ被害にあった方がいても訴えられなくなってしまいます。

 

・レイプ魔でしたね。若い女性が狙われている。女性や子供をお持ちの方や彼女や奥さんがいる方、気を付けましょう。地域で女性を守ってあげてください。

 

・親の圧力で何事も無かったかのようにまた、世に放たれることが無いようにしてほしい。

 

・まあ、普段から女性を取っかえ引っ変えしてたみたいだし、好みの女の子だったら面識なくても抵抗なく行動に移すだろうね。

 

・普段から似たようなことよくやってるんじゃない。

 

・今となってはミスターレイプ。

渡辺陽太 出身高校は昭和学院秀英高校!家族(祖父:渡辺元/父:哲也)華麗なる一族の黒い噂(5チャンやTwitterでの)とは?
ミスター慶応2016年候補者(ファイナリスト)の渡辺陽太(わたなべようた)容疑者の昭和学院秀英高校中退からの慶応入学で家族ってお金持ちと騒がれ父親(渡邉元一郎 社長)と祖父(渡邉元 会長)の名前と画像、会社名までネットでは炙りだされています...
渡辺陽太 逮捕で慶応はゴミ!実家の力でもみ消すか?余罪暴露の意味深ツイッター投稿はマジか?ガセか?
2018年9月29日早朝、19歳の女子大生の腹部を蹴った疑いで現行犯逮捕。さらにこの逮捕の前、横浜駅近くの雑居ビルで酩酊状態だった同じ女子大生を暴行したとして、準強制性交等の疑いで、10月16日、再逮捕された。2人に面識はなかったというこの...
渡辺陽太 Twitterで顔画像流出!アカウント凍結だけど魚拓あり!ラブキャンとは?2016年ミスター慶應ファイナリストは意外とSのお洒落プリンスまとめ
神奈川県横浜市で先月、酩酊状態だった大学1年生の女性に性的暴行を加えたとして、慶応大学2年生の男が逮捕されました、本日は『渡辺陽太 Twitterで顔画像流失!アカウント凍結だけど魚拓あり!ラブキャンとは?2016年ミスター慶應ファイナリス...


スポンサーリンク





普段から似たようなことよくやってるんじゃない。余罪的なツイッター投稿まとめ慶応はクズか?

私の時は違う2人です。

下のマイクを持っている人が『〇うやまかず〇』上の人は名前は分かりません。この2人も許せないし今日ものうのうと生きていると思うと悔しいです。こいつらも慶応なのでほんとに慶応はゴミですね。渡辺陽太とこの2人でお金を盗み逃走されました。


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント