江口大和弁護士顔画像は?テレビ出演の経歴はとくダネ!動機は?第二東京弁護士会所属で弁護士資格をかけてまで何故?犯人隠避教唆したのだろう,,,

事件報道(ニュース)

江口大和弁護士(第二東京弁護士会所属)に犯人隠避教唆の疑いで逮捕状がでました。

今後、取り調べを進め、容疑が固まり次第、逮捕する方針だと報道が伝えました。

江口大和弁護士はなんとTV番組「とくダネ!」にも出演をしていたことがあるという経歴の持ち主です、本日は『江口大和弁護士顔画像は?テレビ出演はとくダネ出演の経歴!動機は?第二東京弁護士会所属で弁護士資格をかけてまで何故?犯人隠避教唆したのだろう,,,』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





江口大和弁護士逮捕の理由とは?

捜査関係者によりますと、江口弁護士は横浜市で起きた無免許運転の死亡事故をめぐり、車を貸した所有者に捜査が及ばないようにするため、運転していた男にうその供述をさせた疑いが持たれています。

おととし5月、横浜市泉区で無免許の男が借りた車を運転中、電柱に衝突するなどの事故を起こし、同乗していた男性1人が死亡しました。

男は「勝手に車を持ち出した」などと供述していましたが、その後の調べで、江口弁護士の指示でうそをついた疑いがあることがわかったということです。

その結果、所有者も無免許と知りながら車を貸したとして道路交通法違反の罪で起訴されています。

横浜地検特別刑事部は、江口弁護士が口裏合わせを主導したと見て、犯人隠避教唆の疑いで逮捕状を取りました。
今後、取り調べを進め、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

江口弁護士は刑事事件や交通事故に詳しいとして民放のテレビ番組に出演するなどしています。


スポンサーリンク





みんなのコメントから事件報道を紐解く

・弁護士名で検索したら
無免許運転の死亡事故&嘘の供述の事件の件のようだね。

って凶悪過ぎるんだけど。極悪な犯人側を隠匿したのであれば
当然の報いだろうね。

 

・無免許運転で死亡事故を起こした男に、車を勝手に持ち出したことにしろって、罪が重くなると思うんだが、運転者の弁護士じゃなくて車の貸主の弁護士なのか?それにしても記事読んだだけじゃ何もわからん。

 

・弁護士は犯人に嘘をつくよう教唆するのでは無く
犯人に真に反省させて情状を訴え、刑期を減らすよう働きかけてもらいたい。

そんな弁護士はいないし、反省できない人間がいるのも事実だけど。

 

・大事なことは、弁護士はあくまでも職業・商売であって、正義の味方とは限らないということである。

 

・弁護士は推定無罪を立件する検事局に対して否定するのが仕事だけど…
ここまで来ると弁護士ってどこまで推定無罪を逆手に依頼者を守るのかなぁ
本当に依頼者が犯罪者ならそれを正すようにするべきじゃないかなぁ
依頼者を無罪にするのが仕事になっていて本当の悪を隠蔽するのが弁護士の仕事になっているような気がします、
クライアント重視より、法律重視であってほしいな…

 

・素晴らしい前例を作ってくれた。自ら法を蔑ろにする弁護士の狼藉に一石を投じる契機となるかな。

 

・容疑者にウソの供述をさせる弁護士は多い気がする。これをキッカケに司法の場から排除してほしい。

 

そこまでした理由を知りたい
弁護士になるために苦労しただろうし
その資格を賭けてまですることではないと思うから

 

・テレビドラマや映画でクライアントの利益などと言って 適当弁護士の勝つために正義をネジ曲げていいなんてことがまかりとうっているけど 疑問だった こういうことは嬉しい 裁判も偽証をしないように誓わなきゃいけないはず 弁護士が偽証の指示するなんて 犯人隠匿罪なんかに値する

 

・弁護士が裁判対策として、根回しや入れ知恵してるのは、

こんなアウトな事をしている弁護士は、氷山の一角なのでな?

 

・たまたまバレただけだと思うのだが…

凶悪犯が弁護士が付いてから、
急に供述と態度と人格を180度覆して、ドラえもんがどうのとか、死姦は生き返らせる儀式だとか、意味不明な供述をしだすの日常茶飯事だし…

担当した弁護士と、被告人の供述や言動の移り変わり、どんな裁判の戦術してきたかを

弁護士毎に統計を取ったら、怪しい弁護士がいっぱい引っ掛かりそうだがけれど…

 

・悪徳弁護士がいるのは事実。弁護士の資格を剥奪するのが内部機関の弁護士懲罰委員会じゃないかと思うが、身内が罰しても適正かどうかわからないので、民間人で構成する第三者委員会の方がよろしいと思う。

 

・私の元彼も嘘吐き弁護士。彼の嘘を証明できる録音とメールを未だに保管してある。
録音されているとは気付かなかったようで、録音済と告げると発言を翻した。
四大事務所のパートナーで社会的にはエリートだから、私も打算的だし和解した。
でも友人止りで信用はしていないし、大切な話は必ず録音録画必須。勝つためには何でもすると、マキャベリズムを決め込んだ発言を過去にしている俗物。


スポンサーリンク





江口大和弁護士の顔画像/テレビ出演はとくダネ出演!

うその供述させた疑いで弁護士を逮捕へ 無免許死亡事故で|NHK 20181015 犯人隠避教唆の疑いで逮捕状が出されているのは、第二東京弁護士会に所属する 江口大和 弁護士(32)です。(引用元ツイッター

画像検索結果

引用元

この画像はとくダネ出演した時にASKAさんの保釈金の見解を解説していたみたいです。

  • 名前:江口大和(えぐち やまと)
  • 年齢:32歳
  • 住所:神奈川県横浜市神奈川区
  • 職業:弁護士(第二東京弁護士会所属)→https://twitter.com/niben_net

最近、弁護士の身体検査は全く行わないみたいですね。

報道さんのワキの甘さに驚きを感じてしまうのは僕だけでしょうか。

テレビでの発言が正解だと鵜吞みにする人もたくさんいるのですか。

今後、江口大和(えぐち やまと)容疑者を出演させた報道がこの事件をどう?

報道していくか、見守りたいです。


スポンサーリンク





非行の殿堂『第二東京弁護士会』懲戒処分に見る過去とは?

弁護士の懲戒処分を公開しています。
ここ数年、懲戒処分の件数、内容の悪質さが目立ちます。とくに第二東京弁護士会の非行の内容が群を抜いています。過去10年間の第二東京弁護士会の懲戒処分のみをまとめてみました。当然処分されたものだけです、処分も甘く、弁護士自治という名のもと弁護士はやり放題、好き放題、にしているのがよく分かります。

なお暴言、事件放置、非弁提携は数多くありますので省きました。

第二東京弁護士会のデータがある1985年から2018年5月までにの処分者は215件 除名10名 退会命令17名です。

詳細は、書庫の『弁護士懲戒処分の要旨』で検索をしてください。

処分者の名前など詳しく知りたい方はコチラ←引用元です。

 

この引用元の記事を読んでいくと昔から処分を受けている弁護士がたくさんいるみたいですね。

ツイッター投稿でも「あの」という表現をしている投稿がありました。

知る人ぞ知ることなのでしょうか?

今回の事件で今一度、正義を考え直してくれることでしょう。

期待しておきましょう。

 

動機は?資格をかけてまで何故?犯人隠避教唆したのだろう,,,

報道では詳しい動機は明らかになっていません。

 

動機は「こんなことは日常的にやっていたか?」

 

バレるとは考えていなかったのではないでしょうか。

 

「お任せください」的に守るの意味をいつからか間違えてしまったのかもしれません。

 

自分の中の正義を掲げていたので罪悪感ではなく、いつしか達成感に変ったのかもしれません、「守る」という観点で。

 

あくまでも僕のくだらない考察ですので正解ではありません。

 

庇うワケではないですが正義は決して大衆が考えてるものだけではないのかもしれません。

 

この事件で今後、弁護士の在り方や見方も誰にとっての味方なのか?

 

そう、僕たちに一石を投じる事件になるのかもしれません。

 

やはり、法の下での正義を貫いてもらわなければ権力や階級が正義に変ってしまうのが

 

恐ろしいですね。

 

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント