大久保嘉人家族(嫁の大久保莉瑛/旧名林田莉瑛)への中傷書き込みに激怒の犯人は「はらくま」何者?

スポーツ

サッカー磐田に所属する大久保嘉人が12日、ツイッターを更新し「人として許せないことが、俺にもある」と激怒した。大久保は妻のツイッターをリツイートしているが、そこへ心無い書き込みがあったことから「これはどうしても我慢できない」と怒りをにじませた。本日は『大久保嘉人家族(嫁の大久保莉瑛/旧名林田莉瑛)への中傷書き込みに激怒の犯人は「はらくま」何者?』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





大久保嘉人家族への中傷書き込みに激怒

大久保は「今までたくさん批判されてきた。プロである以上、それは当然だし、批判は真摯に受け止める。サッカー以外のことを言われることも多い。それは我慢してきた」と、本職であるサッカーでの批判中傷だけではなく、それ以外の部分でも批判があったことにも「我慢」してきたと訴えた。

そんな大久保も今回のことは我慢できなかった。大久保は妻のツイッターをリツイートしているが、そこへ妻に対し「奥さんが亡くなって大変ですけど頑張って下さい」という心無い書き込みがあった(現在は削除)。

これには大久保も激怒。「人として許せないことが、俺にもある。言うか、言わないか迷ったけど、これはどうしても我慢できない」と怒りをぶちまけた。

画像引用

(https://matome.naver.jp/odai/2140314412867822901/2140317669296187403)
名前 大久保莉瑛(おおくぼ りえ) 旧名林田莉瑛

生年月日 1982年ですが詳しくは不明

出身地 長崎県島原市

血液型 A型

高校 国見高校

大学 福岡女学院大学短期大学部

職業:ANA大阪空港勤務(CA)

姉妹 林田さえ(妹)


スポンサーリンク





激後のワケは大久保嘉人の嫁・莉瑛さんは2015年に胞状奇胎で抗がん剤治療を受けていた

大久保の妻は15年に病気を患い入院しており、大久保もSNSでそのことを公表。抗がん剤での治療もあったことから妻の髪の毛が抜けてしまい、大久保と子ども達も妻に辛い思いをさせまいと、頭を丸刈りにした写真をアップ。この家族愛にファンからも感激の声が挙がっていた。

そんな家族思いの大久保だからこそ、この中傷だけは絶対に許せなかったようだ。

2004年12月に籍を入れて2008年1月に結婚式をヴィッセル神戸のホームスタジアムである、ノエビアスタジアム神戸でしたのです。

二人は国見高校の同級生で高校3年の時に既に交際開始。

莉瑛さんのお父さんは大久保嘉人選手の中学生時代に、長崎県の国見町立国見中学校で教えていた恩師なのです。

『胞状奇胎』

胞状奇胎は「絨毛性疾患」のひとつです。絨毛とは、妊娠に伴って発生する胎盤の一部で、胎児と母親との間で栄養素や老廃物の交換を可能にしている組織であり、この絨毛に発生する病気の総称が絨毛性疾患です。

胞状奇胎では、絨毛細胞の増殖や間質の浮腫によって絨毛が水腫状に大きくなります。その結果、妊娠初期同様に不正性器出血や妊娠悪阻(おそ:つわりのこと)といった症状をきたします。

胞状奇胎はすべての絨毛が肉眼で確認できるほどに大きくなった「全胞状奇胎」と、胎児成分が存在し、絨毛の一部のみ大きくなっている「部分胞状奇胎」に分類できます。両者は原因が少し異なります。

引元)こちらに詳しく治療法や症状など確認できます。

2015年の夏に第4子を流産

病気であることがわかる。

手術

手術後に『奇胎後hCG存続症』という症状が発症。

ガンの1歩手前の状態

抗がん剤を投与。

抗がん剤の副作用で、髪の毛が抜け落ちる。

大久保嘉人選手と子供たち3人と相談。

インスタに全員が丸坊主

インスタグラムで大久保は「14年ぶりに坊主にしました。息子たちとともに。国見時代の自分を思い出してくれる人をいるのでは?」と切り出し、驚くべき事実を公表した。

「今年の夏、妻が流産してしまい、胞状奇胎だったということがわかりました。手術もしましたが、術後の経過が順調じゃなく入院しての治療が必要になりました。奇胎後hcg存続症というみたいですが、この病気には抗ガン剤治療が必要みたいです」

(引用元:ゲキサカ

その後しばらくして、莉瑛さんは抗がん剤治療を終えたことを、自身のブログで発表しています。

「突然坊主頭で帰宅した時は本当に驚きました。」

2017年3月には、第4子の誕生も発表。

病気も克服。

という経緯もあるので怒り心頭もわかります。

そして、このツイッター投稿の犯人がこんな

エピソードを知って悪意があることもわかったのでしょう。


スポンサーリンク





大久保嘉人家族への中傷書き込みの犯人は「はらくま」が犯人!「はらくま」とは何者?

その証拠にこの投稿に

 

大久保嘉人さんがこの投稿をリツイート

「はらくま」というユーザーが返信

「奥さんが亡くなって大変ですけど頑張ってください」

との悪意しかない中傷コメントをツイートしたんです。

2018年9月18日に亡くなった格闘家の山本KID徳郁さんに

 

と、悪意の塊も、、、

この過去の投稿はみれますが

もう、アカウント消されています。

こんな投稿をしているので本人は全くの別人ではないでしょうか?

真相はわかりません。

しかし、人としては最低ではないでしょうか。

それはわかります。

こんな隠れてコソコソ気持ちの悪い投稿よりも

人が嬉しくなるような投稿の方がいいですよね。

当たり前のことを言わないといけないご時世に

悲しさしかないです。

懸命に生きている人は応援してこそですよ。

本日の記事はここまでです。

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント