西岡剛 引退OR戦力外通告で古巣ロッテに復帰?井口監督はどう動くか?文春の過去記事が2人の絆紹介しております,,,

スポーツ

阪神タイガーズで剛といえばモデル系の2人を阪神ファンなら即答できることでしょう。その内の1人西岡剛選手が戦力外通告をうけました。全盛期の姿を知っている阪神ファンならこの一報は悲報としかいいようがないですよね、ここ3年は怪我に泣かされたアキレス腱断絶の手術の時はfacebookでファンに報告、戦力外通告はインスタでファンに報告、いかにファンと近くを考えていた熱き男、本日は『西岡剛 引退OR戦力外通告で古巣ロッテに復帰?井口監督はどう動くか?文春の過去記事が2人の絆紹介しております,,,』と言うテーマで今後の西岡剛選手はどうなるのか?記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





阪神は2018年10月2日、西岡剛内野手に来季の契約を結のばないことを伝えたと発表

阪神は2018年10月2日、西岡剛内野手(34)に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。

西岡選手は12年オフに阪神に入団し、今年で移籍6年目。

2018年の今季はここまで23試合に出場し、38打数5安打の打率・132、0本塁打、1打点の成績に留まっていた。

戦力外通告を受けたことを自身のインスタグラムで報告。

 

View this post on Instagram

 

10月2日,午前5時50分。アラームより早く目覚めた瞬間の思いを文章にします。 昨夜の試合後、家に着いて見あげる夜空、空気は最高に綺麗やったなぁ。 阪神タイガースファン、関係者の皆様へ 今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。 カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に戦力外通告を受けました。 また新しい経験が僕にはできました。 戦力外通告を受け、引退すると言えばカッコよく綺麗に去ることができたんだと思うのですが、2016年にアキレス腱が切れた瞬間、甲子園のグラウンドで倒れて引退すると心に誓った僕が、今なおユニフォームを着れている人生です! 僕は、自分から引退すると言って引退できる、そういう野球人生を目標に立てていましたが、またもや目標が達成できなかったです。 またふりだしに戻ります! 朝、目覚めて今日一日の目標を立て、月初めには1か月の目標を立て、年始には今シーズンの目標を立て、引退後の目標までも立てています! 今シーズンの5月から9月までは2軍で過ごしました。 怪我やリハビリ、ルーキーの時を除いて、成績が出ず2軍に落ちたのは初めての経験でした。当時は、すぐ1軍に上がってやる!と意気込んでましたが、1か月経ち2か月たっても上がれない! 年齢も34歳の自分がユニフォーム着てる意味がなんなのかを自問自答する日もありましたが、2軍には僕と同じ気持ちで、戦ってる選手がいっぱいいて、初めてまじまじと2軍の景色を見れました。 若い選手はとにかく夢を追いかけて必死に一日を生きている。 30歳近くで2軍にいると、さまざまなことが頭の中をよぎる中で、不安を抱えながらも家族のため、ファンのため、自分のために必死にしがみついて戦う姿も見ることができました。 2軍では34歳の僕が1番年上で毎日試合に出させていただきました。 2軍に落ちたとき、すぐに立てた目標が最低でも7月27日の誕生日までには1軍に上がることでしたが…。その目標も達成できませんでした。 ちょうどその頃、僕の心の中では2軍でこれから有望な若い選手がいるのに、試合にずっと出ていいのかな?と遠慮する気持ちも芽生えました。 いつ、矢野2軍監督に若手を使ってくださいと言いにいこうか迷っていました。 そんな気持ちが1週間くらい続いたとき、遠慮の先にあるものは何かと、よく考えました。 それは「引退」の2文字でした。 ハッとして俺が進みたい方向と逆の方向に行ってしまってると思いまた少しずつ軌道修正して、2軍にいてもテンションが上がることを見つけようと思いました。2軍を優勝させたい!それが僕のモチベーションでした。 あとは人の支えでした。 毎日試合に出させていただいた矢野2軍監督には感謝しかありません。 矢野監督の凄く細かく噛み砕いて、若い選手でもわかるように伝える試合後の全体ミーティングは凄く勉強になりました。 そして筒井コーチ、毎日僕の顔を見て剛!負けんなよ、大丈夫や!やるしかないねん!って口酸っぱく言ってくれました。唯一僕が本心で相談できたコーチです。 筒井コーチに出会えた若い選手はみんな感謝してることだと思います。 そして2016年にアキレス腱を切ってすぐ連絡くれて、入院してると知れば1番にお見舞いに来てくださった掛布さん。 ずっと気にかけてくださりほんとにありがとうございました! 阪神入団して1年目凄く必要とし期待よせて下さった和田前監督ありがとうございました! そして何度も大きい怪我をしても再三チャンスを下さった金本監督! 期待に応えることができずすいませんでした! そして何より阪神球団の方がたには毎年毎年怪我をしても今年は頼むと、ずっとずっと期待をして復活させる道を作って契約してもらえたことは感謝してもしきれません! 何かが起こると、いつも誰か支えになる人に出会えていることが僕が今もなおユニフォームを着れている証拠です。 もちろんファンの皆様の力は絶大です。 応援してくださる方の力は無類です! 次の新たな目標は小さい頃目標にしていた プロ野球選手になることが今の目標です! その目標が達成できなかったら? そのときまた目標を立て直したらいい! 戦力外と言われた瞬間の、あの気持ちも僕の経験値にプラスされた。 開き直りはあまりいい結果に繋がることは少ないと思うので、開き直ってるとは思わないでくださいね。 最後に阪神タイガースファンの皆様。 6年間ありがとうございました! ほんとに怪我の連続で申し訳ありませんでした! 怪我から復帰すると鳥肌が立つくらいの歓声は感動でした。 僕の中の阪神タイガースファンは凄く温かく、優しかったです。 こんなファンがいるチームを優勝できたらほんまに最高やろな!って本気で考えていましたが、叶えれず僕自身もめちゃくちゃ悔しいです。 ほんとうに熱い声援ありがとうございました! また来年もプロ野球選手として甲子園の土を踏める事を一つの目標として頑張ります! 苦しいシーズンが続く中、私ごとではございますが、応援してくださる方々に本音を届けれたらと思い発表させていただきます。 そしてマスコミ各社等の皆様このような発表を自分のSNSを使い報告したことをお許しください! #阪神タイガース#西岡剛

Tsuyoshi Nishioka5さん(@tsuyoshinishioka_official)がシェアした投稿 –

戦力外通告を受けたことを自身のインスタグラムで報告全文。

10月2日,午前5時50分。アラームより早く目覚めた瞬間の思いを文章にします。
昨夜の試合後、家に着いて見あげる夜空、空気は最高に綺麗やったなぁ。

阪神タイガースファン、関係者の皆様へ

今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。
カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に戦力外通告を受けました。
また新しい経験が僕にはできました。
戦力外通告を受け、引退すると言えばカッコよく綺麗に去ることができたんだと思うのですが、2016年にアキレス腱が切れた瞬間、甲子園のグラウンドで倒れて引退すると心に誓った僕が、今なおユニフォームを着れている人生です!
僕は、自分から引退すると言って引退できる、そういう野球人生を目標に立てていましたが、またもや目標が達成できなかったです。
またふりだしに戻ります!
朝、目覚めて今日一日の目標を立て、月初めには1か月の目標を立て、年始には今シーズンの目標を立て、引退後の目標までも立てています!
今シーズンの5月から9月までは2軍で過ごしました。
怪我やリハビリ、ルーキーの時を除いて、成績が出ず2軍に落ちたのは初めての経験でした。当時は、すぐ1軍に上がってやる!と意気込んでましたが、1か月経ち2か月たっても上がれない!
年齢も34歳の自分がユニフォーム着てる意味がなんなのかを自問自答する日もありましたが、2軍には僕と同じ気持ちで、戦ってる選手がいっぱいいて、初めてまじまじと2軍の景色を見れました。
若い選手はとにかく夢を追いかけて必死に一日を生きている。
30歳近くで2軍にいると、さまざまなことが頭の中をよぎる中で、不安を抱えながらも家族のため、ファンのため、自分のために必死にしがみついて戦う姿も見ることができました。
2軍では34歳の僕が1番年上で毎日試合に出させていただきました。
2軍に落ちたとき、すぐに立てた目標が最低でも7月27日の誕生日までには1軍に上がることでしたが…。その目標も達成できませんでした。
ちょうどその頃、僕の心の中では2軍でこれから有望な若い選手がいるのに、試合にずっと出ていいのかな?と遠慮する気持ちも芽生えました。
いつ、矢野2軍監督に若手を使ってくださいと言いにいこうか迷っていました。
そんな気持ちが1週間くらい続いたとき、遠慮の先にあるものは何かと、よく考えました。
それは「引退」の2文字でした。
ハッとして俺が進みたい方向と逆の方向に行ってしまってると思いまた少しずつ軌道修正して、2軍にいてもテンションが上がることを見つけようと思いました。2軍を優勝させたい!それが僕のモチベーションでした。
あとは人の支えでした。
毎日試合に出させていただいた矢野2軍監督には感謝しかありません。
矢野監督の凄く細かく噛み砕いて、若い選手でもわかるように伝える試合後の全体ミーティングは凄く勉強になりました。
そして筒井コーチ、毎日僕の顔を見て剛!負けんなよ、大丈夫や!やるしかないねん!って口酸っぱく言ってくれました。唯一僕が本心で相談できたコーチです。
筒井コーチに出会えた若い選手はみんな感謝してることだと思います。
そして2016年にアキレス腱を切ってすぐ連絡くれて、入院してると知れば1番にお見舞いに来てくださった掛布さん。
ずっと気にかけてくださりほんとにありがとうございました!
阪神入団して1年目凄く必要とし期待よせて下さった和田前監督ありがとうございました!
そして何度も大きい怪我をしても再三チャンスを下さった金本監督!
期待に応えることができずすいませんでした!
そして何より阪神球団の方がたには毎年毎年怪我をしても今年は頼むと、ずっとずっと期待をして復活させる道を作って契約してもらえたことは感謝してもしきれません!
何かが起こると、いつも誰か支えになる人に出会えていることが僕が今もなおユニフォームを着れている証拠です。
もちろんファンの皆様の力は絶大です。
応援してくださる方の力は無類です!

次の新たな目標は小さい頃目標にしていた
プロ野球選手になることが今の目標です!
その目標が達成できなかったら?
そのときまた目標を立て直したらいい!
戦力外と言われた瞬間の、あの気持ちも僕の経験値にプラスされた。
開き直りはあまりいい結果に繋がることは少ないと思うので、開き直ってるとは思わないでくださいね。

最後に阪神タイガースファンの皆様。
6年間ありがとうございました!
ほんとに怪我の連続で申し訳ありませんでした!
怪我から復帰すると鳥肌が立つくらいの歓声は感動でした。
僕の中の阪神タイガースファンは凄く温かく、優しかったです。
こんなファンがいるチームを優勝できたらほんまに最高やろな!って本気で考えていましたが、叶えれず僕自身もめちゃくちゃ悔しいです。
ほんとうに熱い声援ありがとうございました!
また来年もプロ野球選手として甲子園の土を踏める事を一つの目標として頑張ります!
苦しいシーズンが続く中、私ごとではございますが、応援してくださる方々に本音を届けれたらと思い発表させていただきます。

そしてマスコミ各社等の皆様このような発表を自分のSNSを使い報告したことをお許しください!

https://twitter.com/natteuk1004/status/1046982405268094977

「5月から9月までは2軍で過ごした」という今季。

「引退」の文字も浮かんだというが、それでも「2軍を優勝させること」と「人の支え」をモチベーションとして続けてきたという。矢野2軍監督、筒井コーチへの感謝の言葉や、16年にアキレス腱断裂の際に「入院してると知れば1番にお見舞いに来てくださった」という掛布雅之氏、「阪神入団して1年目凄く必要とし期待よせて下さった」という和田前監督に向け、お礼の言葉をつづった。

また、金本監督に対しては「何度も大きい怪我をしても再三チャンスを下さった金本監督!期待に応えることができずすいませんでした!」と謝意も示した。

最後は阪神ファンに「6年間ありがとうございました!ほんとに怪我の連続で申し訳ありませんでした」とメッセージ。「怪我から復帰すると鳥肌が立つくらいの歓声は感動でした。僕の中の阪神タイガースファンは凄く温かく、優しかったです。こんなファンがいるチームを優勝できたらほんまに最高やろな!って本気で考えていましたが、叶えれず僕自身もめちゃくちゃ悔しいです。ほんとうに熱い声援ありがとうございました!」と呼びかけた。

2018年現在1軍に帯同している西岡は、敵地マツダスタジアムで行われる広島戦に帯同。

広島のチーム宿舎から出発する際にはファンから

「阪神に来てくれてありがとう」「感動をありがとう」という声がかかった。

https://twitter.com/hanshin943/status/1046995160305938433

https://twitter.com/bananasoda48/status/1047093095286812672

ネット上でも退団を惜しむファンのつぶやきがあふれた。

「涙が止まらんわ」
剛よ阪神に来てくれてホンマにありがとう。 俺はこの打席に入った時の殺人的な気合の入った目つきが大好きです。 ベンチではチームメートが活躍すると誰よりも喜び、チームを鼓舞するのが剛が1番やった。 ピンチになった時、一球投げるごとにピッチャーを鼓舞してたの俺はちゃんとみてたよ。

 

 


スポンサーリンク





2016年アキレス腱断裂

2014年

2016年7月20日・巨人戦で悲劇は起こった

2016年7月20日、甲子園での巨人戦。4打関連続ヒットと好調だった西岡に突然悲劇が起こります、走塁中に倒れ、動けなくなったのです。

2016年7月21日デイリースポーツ1面

 

・西岡剛がアキレス健断裂して号泣して突っ伏してましたが、彼大リーグ挑戦時の醜態といいメンタル弱すぎるんじゃないですか?

凄く痛いのはわかりますが、今年引退したNBAのスーパースター、コービーブライアントはアキレス健断裂しても片足で自分で起き上がりフリースローを沈めてからコートを去りました。復帰に1年かかる大けがにもかかわらずです。当然泣いてもいません。
元世界NO1のバスケ選手と、西岡のようなマイナーでも通用しない一般の選手を比べるのはおこがましいかもしれませんが、おそらく本田圭介もアキレス健断裂しても泣かないですよ。

大リーグ挑戦も根本的に実力が足りなかったかもしれませんが、個人的には怪我や度重なるミスでチームメイトからはずられるような形でメンタルでやられたイメージがあるのですが。

西岡のようなネタキャラを擁護する方がこんなにいてビックリです
2ちゃんでしか彼を知りませんが大リーグ移籍後は向こうでの醜態にはじまり走塁妨害日本一など野球ファンに馬鹿にされてる選手との認識だったのですが。

こんなコメントに

・痛くて泣いたんじゃないでしょ?怪我を治してようやく復帰したのにまた治療専念に逆戻り。年齢的にも猶予は無い。

もう、自分の野球人生の終わりを感じて泣いたんじゃないですか? 元広島の前田と一緒で。 これは人が泣く理由は他人には伺い知れないほど複雑だったりするけどね。

 

・かつて西武ライオンズの辻選手も骨折で泣いてましたよ。
痛いからではなく、もう野球ができないかもしれないって。
あなたも大切な何かを失うほどの目にあってみるといい。
まあ、あなたは泣かないかもしれませんね。
もちろん強いからではなく、
単なる無神経みたいだから。


スポンサーリンク





2016年阪神の西岡剛選手の引退説とは(アキレス腱断裂手術)

手術は不可避…選手生命の危機

翌日には怪我の続報が。手術は避けられず、デイリースポーツの1面には「選手生命危機」のショッキングな文字が…。

2016年7月22日デイリースポーツ1面

 

一時は「野球人生終わった」…それでも絶対あきらめない!

 

 

・本人は辞めるつもりでしたが、周りに励まされ来季も残る事になり手術をする事になりました。

2016年当時の西岡選手のFacebookです。

 

・歳が歳ですからね。来年様子を見て、駄目なら、阪神の二軍のコーチに横滑りということでどうでしょうか。

 

・いいえ引退しないと信じています。
いつか甲子園に戻ってくるでしょう。

 

・2017年、開幕がギリギリ間に合うくらい?じゃないですか?
ま、そこに帰って来る場所があればの話ですが…

 

・先ず手術をしてその後リハビリで徐々に身体を慣らしていくことと思いますが元通りになるかどうかは分からないでしょうね。その時点で引退か続けられるかの決断でしょう。

2017年を1年棒に振っても再起を掛けられるか本人と球団がどこまで我慢できるかです。


スポンサーリンク





2016年阪神の西岡剛選手の引退説とは(アキレス腱断裂手術後)

・アキレス腱断裂ですからね〜。
野手としての復活は難しいと思います。
ですが、代打の切り札として復活して欲しいですね。
スイッチヒッターなので便利だし、ベンチを盛り上げられる貴重な選手ですから。
1日も早い一軍復帰を期待しています。

 

・ケガから復活は、難しいかも。
出てきても、また、ケガの繰り返しかなあ。

福留と併用でファーストの守備要因なら、いけるかなあ。

個人的には、過去の栄光を知っているので、頑張ってほしい。

 

・アキレス腱断裂なので守備や走塁にはかなり支障をきたすと思います。使われても代打でしょう

 

・西岡選手はリハビリ後に復帰しても守備では使えないと思います。阪神で代打の切り札での復活を目指して欲しいですね。

 

2016年の年末

阪神・西岡剛内野手(32)が1日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1800万減の9000万円でサイン(金額は推定)。会見の席に着くと「契約してもらったという言葉の方が正しい」と球団へ感謝の思いを口にした。金額については「見ていない。出されたものにハンコを押した。アップすることはなかったです」と話した。


スポンサーリンク





2017年阪神の西岡剛選手の引退説とは(肋間神経痛)

そしてついに…2017年7月15日に1軍合流!

2017年7月16日デイリースポーツ紙面

 

背中から肋骨、みぞうちにかけて突然強烈な痛みがでて動いて痛めたわけでもなく西岡本人ですら原因がわからない。

 

・本人次第やけどせっかく1年ほどかけて復活したんですからよほどでなければ来年はやるでしょう。

2018年ダメなら考えるかもしれませんね。気持ちが折れても仕方ないぐらい怪我多いですか

 

・いてもいなくてもたいして影響ないですから、もう退団の方向で・・。
西岡、上本、藤浪、梅野、岩貞・・・ぜんぶJoshinの呪い。
若手よ、あのCMにだけは出ちゃいかん!!

 

・「使えん男じゃのう」
って感じです。
西岡無しでも十分に戦えます。

 

・引退はないでしょうが、次から次へと痛めますね。
もう少し、体の手入れを慎重にしてくれないと!


スポンサーリンク





2018年阪神の西岡剛選手の引退説とは(戦力外通告1か月前)

・残念ながらマリーンズを退団した時点で
既に選手としてのピークは過ぎてました。
メジャー帰りでNPB球団に移籍先を探してた時は
マリーンズには若手の鈴木大地選手が居たので
球団も西岡剛選手には消極的でした。
もう2005年、2010年に日本一に貢献した頃の
かつての輝きはないですね。

 

・戦力外やろ。今更とる球団ある?

 

・解雇だろ。
ロッテ取りに行くかなあ。
まともに守れるポジションないし、
左は話にならんくらい打たん。
代打の価値もない。
内外野、走力オールDみたいなのユーティリティとも言えん。

 

・引退か戦力外になる可能性が高いと思います。

まぁ、トレードの可能性は低いかなぁ~。
もう肉体的な衰えも隠せてないし引き取り手はないでしょうね。

 

・オールド阪神ファンだが西岡???そんな選手いましたわねぇ・・・・・・・忘れてました。

と言うか今更どうでもええ。

彼が阪神に来て初年度だけ話題になったが・・・・・

別に引退しようがトレードしようがどうでもええわ^^;

 

・大ケガをしたり、という不幸な出来事に遭遇した事は気の毒、とは思うけど、ロッテの在籍中にシーズン200安打した辺りがピークだった、という事ですね。

野手がなかなか成功しない大リーグ挑戦が、完全に彼の野球人生の歯車を狂わせました。

そのままロッテでプレーしていた方がベターだったかも。

 

・今季限りで戦力外→合同トライアウトに参加するもノーヒット→オファーは無く引退と予想します。

 

・引退では…。
トレード計ろうとしても、応じる球団は無いと思います。
故障続きで真っ当に出場出来ない選手は当然だと思います。
本人が現役続けたいと言えば、自由契約かと思います。

 

・あれだけ毎年の様に故障起こして居れば、声掛ける球団は無いと思います。


スポンサーリンク





2018年阪神の西岡剛選手の引退説は?戦力外通告で井口監督動くか?

ここで、2017年の文春さんの記事を途中まで紹介させていただきます。

ロッテ時代2010年、西岡が「144試合フルイニング出場」を公言したワケ

2010年キャンプインの時、西岡剛内野手(現タイガース)は「目標は144試合フルイニング出場」と力強く言い放った。

西岡の6シーズンを振り返ると最高で07年の130試合出場(144試合制)。

この年はキャプテンにも任命されており、1番遊撃という激務を繰り返しながらのフルイニング出場は相当、厳しいように思えた。

それは大先輩の一言から始まった決意だった。

「我慢してやり続けることで、最後にはいいことがあるぞ。今まで見えなかったものが見える」。

ふとした時、井口資仁内野手が放った言葉が西岡の胸に突き刺さった。

それまでは怪我などでフルシーズン、試合に出たことは一度もなかったが、その言葉に決意した。

「目標は144試合フルイニング出場」。あえてこの目標を胸にとどめるのではなく公言した。

事あるごとにそう言い続け、シーズンに突入した。そうすることで、もう後戻りできない自分を作る。自分で自分に強烈なプレッシャーをかける。それが西岡流の言霊でもあった。

いいことが待っている。見えなかったものが見える。井口の言葉を信じ、当時26歳だった西岡は歯を食いしばった。

どんな時も全力プレーがモットー。

それは諸刃の剣で、肉体を痛め続けながら、全力プレーを続けた。

だから、シーズン中盤には満身創痍となった。

途中、挫折しそうになった時もあったが、そのたびに井口が励まし続けた。

「ツヨシ、きょうも頑張ろう」。結果、キャプテンとしてチームを引っ張り144試合フルイニング出場。

目標に向かって頑張り、それを見事達成しただけではなく、シーズン200本安打をクリアし、首位打者と最多安打のタイトルにも輝いた。そして当時のマリーンズを西岡は日本一へと導いた。

2010年、有言実行で大きな目標を達成した西岡。そこでなにが見えたのかは、本人にしか分からない。ただ、なんともいえない充実した達観したような表情をしていたことを今も鮮明に覚えているし、これからも忘れることはない。

「西岡には頑張って欲しいと思っていた。ああいう風に大きな目標に向かって突き進んで、それを実際に実現させてくれたことは本当に思い出深いし、自分も嬉しかった。これからのマリーンズの若い子にもああいう風になって欲しい」。今季限りで現役引退を表明し、西岡の心を動かすキッカケを作った井口も当時を懐かしそうに振り返る。

「ほかのチームで活躍してる姿をまた見たいです!」

「ロッテに戻ってきてくれ」古巣復帰を希望する声もあった。

西岡選手は自身のインスタグラムで

「阪神タイガースファン、関係者の皆様へ」と題した長文のメッセージを発表しています。

「今シーズンをもちまして阪神タイガースのユニフォームを脱ぐことになりました。カッコつけた言い方をしましたが、10月1日に戦力外通告を受けました」

「来年もプロ野球選手として甲子園の土を踏める事を一つの目標として頑張ります!」と現役続行に意欲を示している。

決意表明ではないでしょうか。

https://twitter.com/lunaaa0630/status/1047059600208482305

ロッテは今すぐ西岡を獲れ!

西岡剛選手の最近3年間中心にまとめてみました。

本当に熱き男ではないでしょうか。

こんな終わり方ではなく、燃え尽きて終わって欲しいものです。

井口監督、さてどう動くのでしょうね。

 

このヒーロー(西岡剛選手)のオリジンは?

 

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント