後藤武敏 引退試合時系列動画まとめ!奇跡だ,,,感動だ,,,引退セレモニー動画が涙を誘う!松坂大輔/小池正晃/横浜高校同級生3人横浜の地に揃う

スポーツ

DeNAのG後藤武敏内野手(38)が2018年9月22日、引退試合終了後にセレモニーに臨みましたね。この日、横浜に奇跡が起こりました、本日は『後藤武敏 引退試合時系列動画まとめ!奇跡だ,,,感動だ,,,引退セレモニー動画が涙を誘う!松坂大輔/小池正晃/横浜高校同級生3人横浜の地に揃う』をテーマに記事を書かせていただきました。

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





後藤武敏 引退試合時系列動画まとめ!

 

4-2と2点リードの7回裏、投手の代打として先頭で打席に向かった。

客席を埋める地元ファンからは「ゴメス」の大コール。

今季限りで現役引退を発表しているDeNAのG後藤武敏内野手が22日、横浜スタジアムでの中日戦で、現役最後の打席に立った

目を赤くしながら打席に立つと、中日・笠原と対戦。

1ボール2ストライクから4球目チェンジアップをフルスイングで空振り三振となった。

 

7年前にトレードで西武から移籍。

高校時代を過ごした横浜に帰ってきました、後藤は「『来年の今日はない』という気持ちで必死でバットを振り続けてきました」と、“崖っぷち”の状況だったことを告白。そんな中で受けた横浜スタジアムでの大声援に対し「ほんとにうれしかったです」と、心強さも感じていた。

2012年からDeNAに移籍し、16年の現役生活で618に出場。これが1368打席目だった。

 

 

ハマスタ ウイニングボールはやすあきからゴメスへ


スポンサーリンク



後藤武敏 引退セレモニーでの言葉

「CSのかかった大事な時期にこのような引退試合を催していただきありがとうございます」と、DeNA、中日の関係者に感謝。

さらには16年前に入団した西武ライオンズにも「うれしいことも楽しいこともいっぱい経験させてもらいました」と謝意を述べた。

CS出場に向けて厳しい戦いが続くDeNA。「選手はもっともっと頑張ってくれると思います」と発破をかけつつ、ファンに向けて「皆さん大きな声援よろしくお願いします」と強力な後押しを願った。

 

後藤は「ベイスターズはすごく明るく、みんなが活気があり、素晴らしいチームです。そんなチームは強いです」と、力強く宣言。最後は家族やファン、さらにはこの日、同じ横浜高の同期で花束贈呈、胴上げにも加わった中日・松坂の前で「松坂世代の一員としていられたことに感謝し、今日、引退します。本当に今までありがとうございました」とスピーチを締めくくった。その後、松坂も入った胴上げで8度宙に舞った。

 


スポンサーリンク



後藤武敏 奇跡だ,,,感動だ,,,引退セレモニー動画が涙を誘う!松坂大輔/小池正晃/横浜高校同級生3人横浜の地に揃う

試合後に行われた引退セレモニーでは、1998年の甲子園で春夏連覇を達成した横浜高校時代の同期である中日・松坂大輔投手(38)とDeNA・小池正晃外野守備走塁コーチ(38)から花束を受け取り、3人は熱い抱擁と固い握手を交わした。

Twitter / ?

13日の阪神戦(甲子園)でバースデー勝利を挙げた際のヒーローインタビューで後藤らの名前を挙げ「僕はもう少し頑張るよという決意表明のような日にしたいなと思っていました」と話していた松坂は、花束を渡す前から帽子で顔を覆って号泣。後藤が2人の子どもと一緒にオープンカーでグラウンド一周する姿を空っぽになった中日ベンチから1人で見守った。オープンカーが中日ベンチの前までやって来ると、涙の乾いた満面の笑みで後藤に向け懸命に手を振り、DeNAナインによる胴上げにも飛び入り参加して後藤の花道を見送った。

この松坂の姿に、インターネット上には感動の声が続出。ツイッターには「ありがとう松坂」「松坂泣くから、もらい泣き」「見守る松坂がイケメン過ぎて」などと涙まじりの言葉が並んだ。


スポンサーリンク



後藤武敏/松坂大輔/小池正晃/横浜高校同級生3人

後藤選手は横浜高校で松坂大輔らとともに甲子園春夏連覇をしたときの三番ファーストの選手。

後藤選手は中学時代、地元の浜松シニアで全国準優勝になり、鳴り物入りで横浜高校に入学すると、1年夏の甲子園からベンチ入りし代打でヒットを放つなど高校生としても絶好のスタートを切りましたが春夏連覇をかけた夏の甲子園では腰に痛み止めを打って出場。

結果は散々でした。

(PL戦7打数ノーヒット)

この大会で目立った活躍は準決勝の明徳義塾戦では同点タイムリーを放ったぐらいではないでしょうか。

横浜高校卒業後はプロにはいかずに法政大学に進学!

2年春のリーグではリーグ戦で打率.445・2本塁打・14打点三冠王を獲得するなど着実に復活してリーグ通算73試合出場、258打数79安打、打率.306・8本塁打・52打点でベストナイン3回獲得して2002年11月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で、西武ライオンズに自由獲得枠で入団。

横浜高校時代の松坂投手、小池選手がいるプロの世界に踏み込んでいきました。

横浜高校時代の同級生だった小池正晃とは、2011年シーズン終了後の移籍を機に、横浜DeNAで再びチームメイトになった。


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント