スポーツ

西島洋介 現在は嫁と離婚でも夢がある!ボブサップとの引退試合は感動もの!息子もk-1選手!

投稿日:2018年9月10日 更新日:

Pocket

日本人初の重量級世界チャンピオンとして一世を風靡した男がいたことを覚えていますか?その名は西島洋介さんだ。引退したのは5年前の11月。さて、今どうしているのか?本日は『西島洋介 現在は嫁と離婚でも夢がある!ボブサップとの引退試合は感動もの!息子もk-1選手!』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください

 

 

 

西島洋介さんと東京・西新宿の格闘技ジム「ヒデズ・キック」の関係

「パンチを打つときは拳の一点に力を伝えろ!」

「オフェンスと同時にディフェンスを考えろ!」

ボクシングの基本動作をベースにしたオリジナル有酸素メニュー。ミット打ちや軽いスパーリングなどを取り入れ、ストレスを発散しながらダイエットができる。ボクシングスキルも学べ、心身ともに強くなるという。

「開講は2015年9月で、会員は約40人。そのうち女性が15人、下は5歳から還暦の男性もいますよ。受講料は1人1回3000円です」

遠くは車で3時間ほどかけ茨城県北部から通う親子も。

「まず楽しめることが最優先。もちろん、プロやプロ志望の人にはレベルに合った指導も行っています」

マンツーマンレッスンも入れ、休憩を挟んで1時間30分のエクササイズは、あっという間に終了した。その後、近所の中華レストランで割り勘ランチ。元世界チャンプとの食事と会話を楽しみにする会員も少なくない。

自身のイメージカラーであるグリーンのTシャツにボクサーパンツ姿の西島さんが、「ワールドチャンピオンエクササイズクラス」のレッスン中だった。名刺には引退後に使っているトレーナー名「マスターにし」が記してある。

VIPのボディーガードも引き受ける。

「引退したとはいえ、トレーニングは続けてますからね。セキュリティーをしてるマハラジャ六本木では、どんなトラブルメーカーでも私の姿を見たら、おとなしくなりますよ。アハハハ」と本人談です。

この体格で睨まれてしまったら足とまります(笑)

 

ボブサップとの引退試合は感動もの!

https://twitter.com/Khrtnv555/status/886057536784261120

名前:西島洋介(にしじまようすけ)

生年月日:1973年5月15日

出身地:東京都

身長:180cm

体重:85kg

階級:ライトヘビー級

 

 

★経歴

板橋区生まれの西島さん

ボクシングに目覚めたのは中学時代。

元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンの試合をテレビで観戦し、「180センチしかないタイソン選手が2メートルほどもある大男をパンチ一つでなぎ倒す姿にすごく感動した」

高校進学後、埼玉・オサムジムに入門。

日本人初のヘビー級ボクサーを目指して猛練習を始めた。

卒業直後の1992年3月に「西島洋介山」のリングネームでプロデビュー。

3ラウンドKOで勝利し、5戦目に判定で敗れるも、それ以外は6割強のKO率で連戦連勝。

95年2月、11戦目にしてNABO北米クルーザー級王座を判定で勝ち取り、日本人初の重量級チャンピオンとして一躍脚光を浴びた。

キャラも濃かった。

リングシューズの代わりに地下足袋を履き、繰り出すのは「手裏剣パンチ」に「宇宙パンチ」。

「全部、ジムの渡辺会長のアイデア。プロならお客さまを楽しませろ! 負けるときはダイナミックに負けろ! 楽しませてこそプロ!! と教えられました」

「悲運のボクシング王者」「神の拳キラービー」という通称で呼ばれていました。

リングネームは西島洋介山で、本名に山を加えただけのようです。

オサムジムの渡辺治さんから、山のように大きな男になれという意味でつけられたそうです。

1996年

10月にはOPBF東洋太平洋クルーザー級、

1997年

7月にWBF世界クルーザー級の両王座を奪取。この間、結婚したほか、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーに出演するほどの人気だった。

だが、契約のこじれから渡辺会長と袂を分かち、99年に単身渡米。

現地ジムで猛練習に明け暮れたが、ひじの故障が原因で2003年7月に活動を休止した。

プロボクサーとしての戦績は、

27試合24勝2敗1分けとなっています。

帰国後、総合格闘技やK―1に参戦。

敗れはしたものの、強豪のマーク・ハントやピーター・アーツとの熱戦は高視聴率を叩き出した。

ピーター・アーツ戦の陰でバイト生活だった!

「参戦中も、マンションのローンと生活費を稼ぐため、練習の合間に毎日アルバイト。アーツ戦の時はラーメン屋でした」

引退は13年11月。

熊本県益城町で行われた格闘技イベントで“野獣”ボブ・サップを1ラウンドKOで葬り、有終の美を飾った。

「長年の夢だったボクシングジム開設は、少し明るさが見えてきました。HPで案内する日は近いと思います」

サップ戦の直前に離婚。

2018年現在は葛飾区内のマンションに孤独な一人暮らしだ。

https://twitter.com/Khrtnv555/status/886060384611782656

(引用元:取材・文 高鍬真之)

西島洋介の息子もk-1選手!

2017年11月12日に放送を開始する「格闘代理戦争」(AbemaTV)。
K-1/Krush/KHAOSを運営するK-1 JAPAN GROUPが優勝者と即契約を交わし、賞金300万円を手にすることができるというK-1ファイター登竜門企画だ。

エントリーする無名選手たちは「代理戦争」というタイトル通り、レジェンドファイターたちが太鼓判を押す「逸材」ということで、山本KIDと魔娑斗が推薦枠に選手を送り出すことが決定しているが、日本人ボクシング重量級のレジェンド、西島洋介が候補者を擁立することが明らかとなった。

WBF世界クルーザー級王者など、日本では珍しい重量級ボクサーのパイオニアだった西島が「自力がある、底から湧き上がる力みたいなものがあること」と自身の推薦の条件に挙げるのはなんと高校一年の実の息子。
「(自分でミットを受けて)こんなにパンチが強いと思わなかった」「私より背が高いしセンスもある」と語る通り、身内びいきではなく未来のスター候補。

K-1のリングではピーター・アーツとレイ・セフォーというヘビー級の強者相手に、総合格闘技ではマーク・ハント、吉田秀彦、メルビン・マヌーフなどと対戦、勝利をつかむことはなかった西島だが「ボクシング引退後にリングにあげてくれたK-1には感謝しています」と語る。

自身の経験から「K-1の3ラウンドには戦略が必要」と語る通り最愛の息子に、自らの経験を授け勝ち上がってくる可能性も十分に考えられる。
日本ヘビー級の第一人者の息子となるとその血統はあなどれない。
詳細は「格闘代理戦争#1」で明らかになる。

ニュース配信元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00010009-abema-fight

西島洋介さんは23歳の時に結婚をして嫁もいたようですが、

現在はもう離婚をしてしまっているのは先ほどお伝えしました。

嫁さんの情報は全くありませんが息子さんはいるみたいです。

その息子は現在(2018年)は高校2年生のようです。

高校2年生ながら身長は180cm以上で、将来期待できる選手だそうですよ。

(2017年画像)

西島洋介 現在は嫁と離婚でも夢がある!ボブサップとの引退試合は感動もの!息子もk-1選手!まとめ!

過去に功績のある人がまた指導者として脚光を浴びることが

 

その業界を活性化させる1つの方法です。

 

是非とも選手のことを第1に考える指導者として今度はまた

 

脚光を浴びて欲しいものですね!

 

本日の記事はここまでです。

 

本日も最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。

Pocket

-スポーツ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日大水泳部 自殺したA選手の名前は?自殺の背景には裏事情があった!池江璃花子がこんな報道の日に日大に合格してしまった,,,

また日大水泳部に疑惑が2年前の2016年7月、日大水泳部の1年生A選手が水泳部の学生寮と隣接するプールの女子更衣室で自殺その時にA選手の死は公にはならずで2年後の今、文春の報道で明らかに、本日は『日大 …

no image

郡大夢 素行の悪さが契約解除の理由か?過去の契約解除3人衆と照らし合わせて理由を考えた結果

東京ヴェルディは13日、FW郡大夢(20)との契約を解除したと発表した。処分は同日付。理由は日本サッカー協会の選手契約書内における「『クラブの秩序風紀を乱す行為』という条項の違反があったため」としてい …

三宅義行会長 パワハラ被害者は誰?リオ五輪選手階級まとめ!古川令治常務理事がエリート一家に反逆か!

2018年はスポーツ界にとって膿を出す、そんな始まりかと思う程にパワハラや選手に対する酷い仕打ちが明るみにまりました、今回のウエイトリフティングのパワハラもそのような事かと思いきやここに来て少し世論の …

今井胡桃 スノボで重症,右胸血気胸とは?高校は進学校で才色兼備にネット民はハーフパイプでほぼ同時って、その時点で間違えでしょ?と騒めく

【心配の声広がる&疑問の声も】 平昌五輪のスノーボード女子ハーフパイプに出場した今井胡桃(くるみ)選手(18)が25日、岐阜県郡上(ぐじょう)市高鷲町西洞の高鷲スノーパークで滑走中に他の利用者と衝突し …

大阪なおみ父親レオナルドフランソワが元コーチはスゴい,現在はサーシャ・バジンはヤバい 2人の経歴や指導法は?

2018年に史上初の日本人で全米オープンで優勝すると言う快挙をなしとげた大坂なおみさんですが母親が日本人なだけのハーフで日本語も話せないから日本人じゃないとまで言われています、果たしてそうでしょうか? …