スポーツ セクハラやパワハラ問題

渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?顔画像は?

投稿日:

Pocket

またしてもスポーツ界にパワハラです、日体大は7日、陸上競技部の渡辺正昭駅伝監督(55)によるパワハラ報道について取材して事実確認をしています、豊川工時代からの因縁がここに来てまた再発、本日は『渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?顔画像は?』をテーマに記事を書かせていただきました。

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





渡辺正昭日体大監督またパワハラ問題再熱

渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?顔画像は?日体大は7日、陸上競技部の渡辺正昭駅伝監督(55)によるパワハラ報道について取材に応じた。広報課によると、現段階では事実確認を行っており、渡辺監督への聞き取り調査を速やかに行う予定。その上で、委員会等の審議を経て処遇を決定する。

部活動を統括する学友会による学生へのヒアリングは始まっているが、選手らへの騒動の説明などはまだ行われていない。3日に同部の横山順一部長から渡辺監督のパワハラ疑惑について文書が提出され、調査が進んでいた。15年の就任以降、渡辺監督によるパワハラなどの訴えは大学側になかったという。

渡辺監督は1993年に豊川工高に赴任したが13年に体罰騒動で退職。愛知県教育委員会の調査によると、豊川工高陸上部の渡辺監督(当時)による体罰は08~12年度に33件あり、停職4か月の懲戒処分とした。一方で強豪校に育て上げた実績を評価した同校PTA関係者から指導継続を求める約3万8000人分の署名が集められた。日体荏原高の保健体育教諭を経て、15年から母校・日体大の駅伝部を指導している。

日体大広報部は「豊川工時代に体罰問題があったが、十分に反省し、再発の恐れがなく、人格者と判断し、後任を託すことになった」


スポンサーリンク





情報通の見立て

・渡辺監督は元々豊川工業で体罰やってたし、大学でも同じ手法で指導していた。それが公になっただけのこと。驚きはない。
日体大は箱根でシード取ったりしてたが、5000m13分台の選手は入らなかったりと、有力選手には敬遠されてたし、気の強そうな選手はほとんどいない感じ。渡辺氏のイエスマンばっかり。
現ホンダの山中君とか、歯向った子には何らかの制裁をしてたのは間違いない!
日体大は伝統的に根性主義が根深い感じで古臭い所がある。現3強(青学、東海、東洋)とは対極の存在だと思う。
日体大を変えるには、渡辺氏とその取り巻きを排除し、渡辺氏と対極の存在の人が監督・コーチに付かないといけないですね。

 

・記事にも書いてある通り元々高校の監督やってた時に体罰問題起こしたいわく付きの人だしな。
ただ体罰との因果関係はともかく指導によって結果は残すから日体大もそれを承知で招聘したわけで
パワハラの有無はまだわからないのでさておきこういう話が出る可能性は高かったはず。

 

 

・スポーツのなかで、暴力による効果は、
選手の精神力による、一時的な身体能力や体力の限界を上げるといった事には結果が出やすい。
だから指導する側は、安易に暴力に頼る様になる。
単純に、選手の肉体の限界を上げる競技に効果は期待出来ても、
選手の創造性や独創性、瞬間・瞬間のひらめきで勝ち抜いていく競技には勝てない。
暴力は、受けている側、その場にいる他の選手の精神的な心情を萎縮させるからです。
国際的には、コーチは暴力には頼らないし、
頭脳を使った教育と勉強をして指導に当たっています。

 

・一言でパワハラと言っても受け側が感じたらって曖昧過ぎる。
最近、色々なスポーツで昔は当たり前のようにあったと言う元選手がコメントしているが、昔の話しをしても仕方がない。現代における暴力指導問題をどう解決するかが重要だと思う。簡単に考えれば素手であろうと道具を使おうと暴力を使った指導はパワハラとして認定するしか方法はないのかもしれない。
渡辺監督は記事や他のコメントにもあるように体罰を使わないと指導できない人ってことでしょ。渡辺監督とその配下のコーチを排除しない限り一時は変わったとしてもまた元に戻るんじゃない?
各協会や大学、会社が監督、コーチとの契約の時に如何なる理由があっても暴力指導については厳しく対処する旨文書通達するくらい徹底しないと暴力指導は無くならない。受け側の受け止め方ではなく、行為の強弱や方法に関係なくパワハラ認定するしかないと思う。

 

・この監督の体罰については周知の事実だ。

日体大が低迷した時に山中君をはじめ何人かがもめたが、一部で少し報道されただけ。禁止されているのに体罰やった人は一度は猶予を与えて復帰の道を与え、二度目は復帰できない制度にすべき。残念だが、個人競技は別として、駅伝は大学が責任を取って学生に謝罪しオープン参加にすべき。

今強豪と呼ばれる青山、東洋、東海は練習は厳しいが体罰は無い。
そして選手自身が自主性を持っている。
やはり選手も大学生なのだから意志を持って考えられないと。
ただやらされているだけならば、体を大人、頭脳は子どものままだ。

・そもそも日本におけるコーチングというのは、昭和の時代から「水を飲むな」から「鉄拳制裁」も含めて暴力的なことが通常として認められてきたことだ。それを代々の指導者が受け継いで今日まで来ただけのこと。問題にすべきは文科省がそうしたことにきちんと対応して、「科学的な指導法」などの適切なガイダンスを国の責任としてやって来なかった、ただ放置して現場に任せてきたことだ。
たまたま、アメフトや体操で露見しただけで他の競技分野でも沢山の事例があるはずだ。大事なことは小出しにしてニュースにすることではなく国として抜本的に検討していくことだ。スポーツ省も単に現場の調査を依頼しているが、科学的コーチングの確立や資格のない者は指導できないなどの法整備を確立すべきだ。また学問としての「科学的コーチング」は現状ではアメリカでないと取得できないが日本でも設立すべきだ。

・日本の体育指導は、
戦争時代の軍隊のような風習が
継承されて残っている部分があると思います。

指導者(指揮官)が上位、選手(兵士)が下位というのは、
もう古いし、そんなのスポーツではないと思います。
自分の能力や技術を磨くために鍛錬し、競い合う!そしてなにより心から楽しめる。
その先に
「選手自身が体得できるスポーツの素晴らしさ」
があるのだと思います。
全ての年代のスポーツ競技の指導者、コーチ、保護者は、過去のスポーツの経験、指導された経験をリセットし、
改めて考える時なんだと思います。

東京オリンピックをみんなで楽しみ、成功させたいですね。

・この監督が就任した年に主力の山中選手を含む退部騒動があったし、高校のころからの評判を考えると全く驚かない

・パワハラで訴えられているコーチ達を作り上げたのは上の世代。つまり協会のお偉い方達がパワハラ指導を作り上げた。そんな人たちが「パワハラはいけない」と言っても説得力がない。
お偉い様方は自分たちの失敗を認め、今の時代のコーチのあり方をしっかり伝えて行くべきだと思うが、ビジョンがないから多分無理。

・流れを見ると一番の戦犯は、豊川高校PTAだな。
ここが、お墨付きを与えたばかりに本来なら、陸上界から追放されるところを免罪符となり、再就職出来た。
PTAの推薦が、世論の声だと勘違いした渡辺氏にも責任はあるのだが。


スポンサーリンク





渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?

以下原文。

【陸上】駅伝強豪校の愛知・豊川工陸上部監督教諭が日常的に体罰

09年にはデッキブラシで殴り、部員が頭を縫う大怪我

高校駅伝の強豪校として知られる愛知県立豊川工業高校陸上部の監督を務める教諭(50)が部員への体罰を繰り返していたことが関係者への取材で分かった。

県教委は25日、教諭に陸上部の指導を 自粛させるように同校に指示した。同校は26日午後、部員の保護者への説明会を開く。

県教委などによると、教諭は部員に対して平手で顔をたたくなどの体罰を繰り返していたという。県教委に今月11日、「豊川工業高で体罰がある」などの複数の情報が寄せられたため、学校に調査を指示。

同校が生徒にアンケートなどを行い、体罰をしていたことがわかったという。

教諭は09年7月にはデッキブラシで部員に体罰を加え、頭を縫うけがをさせていた。
県教委は当時、教諭を訓告処分としたが、事実を公表していなかった。

県教委は「体罰が繰り返されてしまったことは残念。保護者に丁寧に説明したい」としている。

教諭は無名だった同校陸上部を駅伝の強豪校に育て上げ、男子は全国高校駅伝に11年まで14年連続出場。04年には準優勝した。

 

東京新聞TOKYO Webの社会ニュース、事件・事故、災害・交通情報、裁判、その他話題のニュースを提供するページです。

「監督は『死に追い込んでやる』と怒鳴りながら、陸上部員を殴ったこともあった」。高校駅伝の名門校として知られる愛知県立豊川工業高校(豊川市)陸上部監督の教諭(50)が、部員への体罰を繰り返していた問題で、同校の関係者は二十六日、本紙の取材にこう証言した。

証言によると、監督の男性教諭は部員の中から標的を選び、殴ったり蹴ったりしていた。欠席連絡の行き違いなどを理由に「学校に来られなくしてやる」と怒鳴られた部員も。十分以上殴られ、鼻血を流す姿を目撃した生徒もいる。部員が殴られ、顔を腫らすことは珍しくなかった。

渡辺正昭(新城東~日体大)が、母校日体大の監督に就任、経歴や顔画像の紹介

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名前:渡辺正昭 (わたなべまさあき)

生年月日: 1962年11月22日

年齢:56歳

出身地:愛知県新城市

経歴:愛知県立新城東高等学校 日本体育大学 愛知県立一宮高等学校監督
愛知県立豊川工業高等学校監督 日本体育大学荏原高等学校監督

選手時代の成績:1984年第60回箱根駅伝大会 6区 4位 日体大は2位

日体大の駅伝監督に就任したのは2015年のことです。

そこから渡辺正昭監督は毎年箱根駅伝へチームを出場させています。

2018年の箱根駅伝で日体大の成績は4位。

2015年には週刊誌がこのような告発も

10月17日の箱根駅伝予選会で3位に食い込み、68回連続となる箱根出場を決めた日体大・渡辺正昭監督はこう意気込みを語った。

「ひとりひとりがチームプレーに徹して走ってくれました。本戦が楽しみです」

優勝10回という輝かしい実績を刻む日体大。2013年には予選会から即優勝という快挙を成したが、今回もその再現を目指す。だが、渡辺監督が口にした「チームプレー」を巡っては内紛劇が起こっていた。2013年に1年生ながら優勝メンバーに名を連ねたエースの山中秀仁選手(4年)が予選会直前に退部していたのだ。スポーツライターの酒井政人氏が語る。

「山中選手は昨シーズンに股関節と左ふくらはぎを故障して以降、調整に手間取っていた。学校側は、この故障を理由に“大学駅伝からは早期引退”と発表した」

ところが、引退の本当の理由は違った。山中選手は9月22日、自身のツイッターでこうつぶやいていたのだ(現在は削除されている)。

〈本日をもって日体大駅伝部を引退という形で去ることにしました!理由は監督のやり方について理解できなくなくてついて行く事ができませんでした!〉

渡辺監督と山中選手の確執の始まりは今年3月。今年の箱根駅伝で日体大は15位と惨敗しシード落ち。その責任を取る形で別府健至監督が退任し、その後任に招聘されたのが日体大駅伝部OBの渡辺監督だった。

渡辺監督は駅伝界では“名物指導者”として知られる。1993年に愛知・豊川工業の監督に就任すると、無名だった同校を14年間連続で全国高校駅伝出場に導いた。だが、2013年1月、部員に平手打ちなどの体罰を繰り返していたことが発覚。これにより停職4か月の懲戒処分を受け、翌年には同校監督を退いた。

「山中選手ら昨季までの中心メンバーの多くは、別府前監督を慕っていたため、就任時には“体罰監督なんて嫌だ”と反発が起きた。大学側は“再発の恐れはない”と説明したが、一部の選手は納得していなかったようです」(スポーツ紙記者)

◆夏合宿をボイコット

就任早々、渡辺監督は豊川高校時代の教え子であるキャプテン・奥野翔弥選手(4年)を中心としたチーム作りに着手した。

「夏には1か月半の長期合宿を行なったり、2013年の優勝の原動力と言われたトレーニング法『BCT(ベース・コントロール・トレーニング)』を廃止したりと、渡辺監督は独自色を打ち出した」(同前)

別府前監督は選手の自主性を重んじ、選手とコミュニケーションを取りながらチームの結束を図るタイプだが、渡辺監督は真逆だ。

「渡辺監督は挨拶の作法から洗濯物のたたみ方まで口を出す管理型。実績のある選手にフォーム改造を求めることもあります。そして自分の指導法を受け入れる選手を重用するようになったそうです。そうした指導法に山中選手は納得がいかなかったみたいですね。昨シーズンをケガで棒に振った彼は今年5月の関東インカレ10000mで優勝を飾るなど、復調をアピールしていたからなおさらです」(同前)

深まる監督とエースの溝。そして数か月後に決裂は避けられない事態となった。

「反発を始めた山中選手が夏合宿をボイコットし、それを見た渡辺監督は彼をレギュラーから外した。これが原因で山中選手は、チームを飛び出したんです。チームメートが彼を諫めたんですが、抑えきれなかった」(同前)

事態は山中選手の退部だけでは収まらず、主力選手やコーチも後を追うようにチームを去った。確執について日体大広報に話を聞いた。

「山中選手の退部については本人が決めたことなので、お話しすることはありません。監督との確執もないと考えています。とにかく今のチーム力を最大限活かして戦うだけです」

一方で主力選手を失いながらも予選会を突破した渡辺監督の評価は高まった。

「豊川工での実績から注目される指導者であることは間違いない。体罰問題で辞めた後も、渡辺監督を追って豊川工の選手が大量転校するなど、彼を慕う選手は少なくない」(前出・酒井氏)

※週刊ポスト2015年11月13日号


スポンサーリンク





渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?顔画像は?まとめ

こんな話題ばかりで気が沈みます、、、

 

過去のこともありますがこの件はまだ

 

事実確認をしているところみたなので

 

あくまでも過去の事や経歴などを記事にさせて頂きました。

 

今後、明るみになることもあるでしょうから

 

その都度、記事にさせて頂きます。

 

豊川工時代の体罰問題を当時の報道を

 

そのまま伝えさ手頂いたのはこの問題が広がることで

 

このことを予習しておいてこの問題に触れていって欲しいからです。

 

本日の記事はここまでです。

 

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク





Pocket

-スポーツ, セクハラやパワハラ問題

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野村克則不倫疑惑否定に「カツノリさんが不倫ですって?」ネット誰得と無関心投稿続出,で,日テレディレクターってダレ?噂の嫁に聞いてみたいもんだ

【この不倫報道は?】 野村克則不倫疑惑否定に「カツノリさんが不倫ですって?」ネット誰得と無関心投稿続出,で,日テレディレクターってダレ?をテーマに記事にさせていただきました。 本日も最後までお付き合い …

内田正人監督日大アメフト辞任会見第炎上,次期監督候補はコーチ佐藤知浩氏の昇格を希望との声あがる

【取り戻せるか】 日本大学アメフト部の内田正人監督が辞任の会見が酷いと、内田正人の犯した罪とはなんだったのでしょう、そして次期監督はおかしくなった日大のアメフト部を過去の「知」で戦うショットガンを生み …

no image

荒波翔がトレードの噂を打ち消した法則は宮崎瑠依と結婚!姉さん女房はプロ野球選手を救う

プロ野球選手には、なぜか姉さん女房が多い、それも成功している選手ほど。 これは古くから巷で囁かれている素朴な疑問の一つなんですよね。 目次0.1 【DeNA】荒波が宮崎瑠依と結婚! 交際期間4年、今夏 …

山根明 嫁歴代と経歴時系列まとめ!現在の嫁が辞任(動画/全文)後押し!韓国人文甲明氏から山根姓に!人生が壮絶でヤバい,,,

嫁もキャラ色が強い!助成金流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明した。嫁もキャラ色が強い!時を同じくして文春砲が炸裂!本日は …

稲村亜美 中学 始球式で群がる球児を怒鳴って止めた「世田谷西」のキャプテンってダレ?Twitterでは聖人レベルとの声上がる

【いましたよ~】 この集団心理のワルノリレベルをこえた事件の中に「聖者」がまざっていたことが判明しました、止めることが当たり前だと言う人もいれば、よくあの場面で言えたと称賛の声もそんなTwitterの …