夏の甲子園2018年西兵庫代表の明石商業高校監督の名前は狭間善徳!経歴大公開,,,

第100回全国高校野球選手権

夏の甲子園兵庫県西兵庫代表に明石商業高校が学校初の夏の甲子園出場を決めました。監督の名前は狭間善徳さん、本日は『夏の甲子園2018年西兵庫代表は明石商業高校監督の名前は狭間善徳!経歴大公開,,,』をテーマに記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





狭間善徳監督(明石商野球部)の経歴

2015年の選抜大会に初出場するといきなりベスト4に進出した 明石商業

野球部を率いる狭間善徳監督に夏に向けての取り組み、練習に対する考えなどを伺いました。

 

名前:はざまよしのり

生年月日:1964年5月12日

年齢:54歳(2018年7月時点)

出身地:兵庫県明石市

出身高校:明石南高校

出身大学:日本体育大学


スポンサーリンク





【指導者としての経歴】

大学卒業後、母校や高砂南高校でコーチを務める

1993年~:明徳義塾中学校野球部コーチ

半年後、明徳義塾野球部監督となる

2006年~:明石商業野球部コーチ

2007年~:明石商業野球部監督

 

明徳義塾中学校の監督時代、野球部を全国大会4度の優勝に導きました。

当時は中学校の軟式野球部の世界ではもっとも有名だった監督です。

明徳中監督時代の雑誌のインタビューで「スクイズのサインを出して、キャッチャーに外されたのは1度しかない」と語っていました。

 

「高校野球の監督をやりたい」の想いが叶ったのは2006年に明石市が「野球部を強くしたい」という理由で野球指導経験者の教員を募集し、その試験に合格したことで、明石商業の指導者となりました。

 

地元・明石市育ち。プロ野球選手の長嶋茂雄さんに憧れて小学生でソフトボールを始めた。

地元の強豪校、明石南へ進学。

プロ野球選手が夢だったが、高校2年で「小柄な自分には無理だ」と思った。「先生にならへんか」。当時の監督に言われた言葉が、人生を変えた。

 日体大に進み、母校や高砂南でコーチを務めた。団体職員を経て1993年、明徳義塾(高知)のコーチに就任。同校を何度も甲子園に導いた馬淵史郎監督の指導を間近に見て学んだ。「知っている野球なのに、4割は未知の世界」と大きな影響を受けた。

 苦労もあった。体育教諭になりたかったが、同校で任されたのは寮の管理業務。全校生徒の寮は約30棟もあり、点呼やごみ処理など業務は多岐にわたった。その傍ら高校、中学と野球部の練習をこなし、病人が出れば深夜でも対応した。

 半年後。「中学を強くしたい。中学部の監督をやってくれないか」。学校からの依頼に「高校野球がやりたいのに」と幻滅した。「もう辞めようか」。大学時代の先輩にこぼすと、「辞めることは簡単や。与えられたことに最善を尽くしてからにしろ」。その言葉に奮起した。「やったるわい」。13年間の在籍で全国優勝を4回果たした。

 そして2006年、チャンスが訪れた。「野球部を強くしたい」と明石商の指導者を探していた明石市の公募に応じ、採用された。やってきた明石商のグラウンドには、名門の明徳義塾とは全く異なる光景があった。グラウンドでカップラーメンをすする部員、無断欠席する部員……。

 それでも、狭間監督の目に「やる気がある」と見える部員らがいた。練習後の夜、彼らをグラウンドに集めた。「おまえら、本気で野球やりたいか」。特訓が始まった。

 

狭間善徳さんが監督後の明石商業の野球部

●2010年夏から、9年連続で兵庫県大会ベスト8(兵庫県内で史上最長)

●2016年春、学校初の甲子園出場

●2017年秋・2018年春・夏の大会で、全て優勝(兵庫県内で史上3校目)

 

2015年~2017年夏は「3年連続準優勝」という悔しい結果に終わりましたが、2018年夏は「4度目の正直」で夏初出場をなしとげました。


スポンサーリンク





2018年夏の甲子園初出場の明石商業高校Twitter投稿まとめ

こんな変わった応援も

駅に号外か出てました。明石商業高校って強かったんだな。

あかし市民広場窓口で明石商業高校の夏の甲子園初出場の号外(朝日新聞、神戸新聞)を配布しています。無くなり次第終了です。

今日 西兵庫大会決勝が行われ、明石市立明石商業高校が春夏通じての甲子園出場を決めました。 狭間監督には再び 甲子園で今以上の成績をあげて欲しいと願っています。

明石商業高校甲子園兵庫県西代表決定おめでとう!!! 1つでも多く勝ってください!


スポンサーリンク





夏の甲子園2018年西兵庫代表は明石商業高校監督の名前は狭間善徳!経歴大公開,,,まとめ

 

まず、おめでとうございます!

 

そんな言葉と

 

ともに

 

地元愛に溢れた

 

甲子園出場です!

 

こんなチームは

 

プロにいく選手が

 

多い高校にでも

 

打ち勝つ

 

強さがあり

 

また違う

 

 

想いで

 

野球に取り組んで

 

その真価を

 

甲子園で進化に

 

変換して

 

台風の目と

 

呼ばれることも

 

しばしば

 

地元、兵庫

 

旋風に期待しておきます。

 

高校野球には

 

甲子園には

 

勝ち負けだけではない

 

 

優しい魔物がいます。

 

 

それは感動と呼ばれる。

 

人を虜にする。

 

 

そんな甲子園の

 

 

高校野球を

 

 

たくさん

 

 

みせてもらえれば

 

 

本望ではないでしょうか。

 

 

本日の記事はここまでです。

 

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント