氏家昇 結婚のワケ判明!氏家美穂 子供は3人ではなかった壮絶過去とは!旦那は3人目,元夫の証言で嘘で固めた人生ばれて最後はコンクリートで固めた事件,,,

結婚とはなんだ?

茨城県かすみがうら市のアパートから、コンクリート詰めにされた遺体(氏家昇さん)が発見された事件(氏家美穂容疑者)で22日(2018年7月)、遺体(氏家昇さん)は部屋に住んでいた氏家昇さ(33)と判明。本日は『氏家昇 結婚のワケ判明!氏家美穂 子供は3人ではなかった壮絶過去とは!旦那は3人目,元夫の証言で嘘で固めた人生ばれて最後はコンクリートで固めた事件,,,』をテーマに記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク



   氏家昇さんの妻の氏家美穂容疑者とは

2018年3月に虚偽の離婚届を提出したとして2018年7月18日に逮捕されていた。

離婚届を出す19日前には、美穂容疑者はみずから夫の行方不明者届けを警察に出していた。

茨城県かすみがうら市で嘘の離婚届を出したとして女が逮捕された事件。自宅からはコンクリートのようなもので固められた夫の遺体が見つかり、夫は女から暴行を受けていた可能性のあることが新たにわかりました。

幼稚園に通う子どもたちとともに笑顔で写真に収まる女。

市役所に嘘の離婚届を出した疑いで逮捕された派遣社員の氏家美穂容疑者(44)。

氏家美穂容疑者の自宅アパートの部屋からは夫で会社員の氏家昇さん(33)の遺体が見つかりました。

 

「旦那と娘と双子と、にぎやかに暮らしています。母ちゃん頑張ってます」(フェイスブックより)

氏家容疑者は昇さんと3人の子供との5人暮らし。

 

氏家容疑者のものとみられるフェイスブックには、幸せそうな暮らしぶりが書き込まれています。

しかし、ことしの2月中ごろからある異変が。夫・昇さん(33)の行方が分からなくなったのです。

「旦那がいなくなってからは来てはいたよね」(氏家容疑者の知人)
「イベント出ていたもんね」(氏家容疑者の知人)

子供の幼稚園のイベントには普段通りに参加していた氏家容疑者。

 

しかし、昇さんの行方が分からないまま3月28日には、

市役所に離婚届けを出すという不審な行動をとっています。

「『コラ』みたいな『何やってんだよ』みたいな感じのヤンキーみたいなのは。3歳の男の子2人見ているから、大変だろうなと思うので」(氏家容疑者の知人)

Q.服装とかは?

「派手なんだよね。貫禄があるからだと思うけど」(氏家容疑者の知人)

そして先週、事態が動きます。不審に思った警察が部屋を捜索したところ、変わり果てた姿となった昇さんが見つかったのです。

「クローゼットの中に(夫が)いる」

捜査関係者によりますと、遺体はコンクリートのようなもので固められ、さらに袋に入れられた状態で部屋のクローゼットの中から見つかったということです。部屋には複数の消臭剤が置かれていたといいます。

また、昇さんは頭にけがをして会社に出勤したことがあり、氏家容疑者から暴力を受けていた可能性も新たに浮上しました。氏家容疑者は首を絞めて殺害したという趣旨の供述をしているということで、警察は2人のあいだにトラブルがあったとみて調べを進めています。(23日16:24)

一押しhttps://www.fnn.jp/posts/00340580HDK#yから引用!

茨城・かすみがうら市のアパートで、コンクリート詰めにされた氏家昇さん(33)の遺体が見つかった事件。
妻の氏家美穂容疑者(44)は2018年3月、夫である昇さんとの嘘の離婚届を市に提出した、有印私文書偽造などの疑いで逮捕されていた。
その後、自宅アパートから発見された遺体が昇さんのものであると判明した。

【画像】 コンクリ詰め遺体 発見時をCGで再現

「普通のお母さん」 一方で「金遣い荒く嘘つき」

美穂容疑者とはどんな人物なのか。
美穂容疑者を知る人たちは「姉御肌みたいな感じのお母さんでしたね。世話好きな感じ」、「(子供たちは)のびのび育っている感じでした。私たちから見たら普通のいいお母さん」などと語る。

また、夫婦を知る人は「(美穂容疑者は)ガタイが普通よりいいから目立つ。(昇さんは)おとなしそうな旦那さん」と語った。ごく普通の幸せそうな家族だったという。

幼稚園の保護者の間では、3人の子供を育てる“肝っ玉母さん“と呼ばれていたという美穂容疑者。
一方で、取材によると、遺体で見つかった昇さんを含め、これまでに少なくとも3人の男性と結婚。出産・離婚を繰り返してきたという。

2番目の元夫は「わがままというか自己中心的。借金あることも言わずに、最後どうにもならなくなったから、カードと子供たち置いて自分だけ出て行って」と証言。

美穂容疑者の同級生は「ヤンキーというか、ちょっとやんちゃな一面があった」と語っている。

金遣いが荒く、嘘をつくことがあったという美穂容疑者。
友人によると、2014年7月に昇さんと結婚した際も「10歳くらいサバを読んでお付き合いしていたらしい。子供ができたって言って、最初嘘をついて籍を入れた。結局はバレたみたいだが、それでも受け入れてくれたみたい」だという。

遺体入ったクローゼット 「夫はここ」と指さし…

夫の昇さんが会社に出勤しなくなったのは今年2月中旬。
今年3月9日、美穂容疑者は昇さんと「連絡が取れなくなった」と、警察に行方不明届を提出。
そのわずか19日後の3月28日、昇さんとの偽の離婚届を市役所に提出したという不可解な行動をとったため、事件が発覚した。

結婚からおよそ3年半。美穂容疑者は2月頃から夫の遺体と暮らしていたのだろうか。

嘘の離婚届を提出した疑いで逮捕され、先週、自宅に警察の捜査が入った際、捜査員から「夫はどこだ」と聞かれた美穂容疑者は「ここにいる」とクローゼットを指さしたという。

捜査員がクローゼットを開けたところ、コンクリートが詰まった大きな袋に遺体が身体を折り曲げる形で入れられ、額の一部が見えていたという。
また、クローゼットには臭いを抑えるためとみられる消臭剤が置かれていたことも新たに判明した。

夫婦に一体何が起きたのか。
これまでの調べに対し美穂容疑者は、昇さんの死亡に関与していることをほのめかす供述をしているといい、警察が追及している。

(「プライムニュース イブニング」)


スポンサーリンク



氏家美穂 子供は3人ではない!

小学校のころから一緒に遊んでいたという元夫とは22歳ごろ、2度目の結婚だった。美穂容疑者は10代の時に結婚した相手と離婚し、シングルマザーになっていた。

元夫は、あっちが俺のこと好きだったんです。俺もバカだったから、子連れで別れてかわいそうだな、と同情してしまい…」と結婚に至った経緯を話した。

結婚してすぐに子どもを授かったが、この結婚も1年で幕を閉じた。そのきっかけは「借金」だ。美穂容疑者は約500万円の借金を抱えていたことを隠していたが、借金取りは元夫にも電話をかけてくるようになった。最後はキャッシュカードと子どもたちを置いて出ていってしまった美穂容疑者。のちに2番目の夫とも離婚した。

   旦那は3人目氏家昇さんが結婚したわけ

小学校の同級生によると、遺体で見つかった昇さんとの結婚生活でも当初から隠し事があったという。

「もともと10歳くらいサバ読んで付き合って、バレそうになったころにちょうどよく妊娠して籍を入れたと聞いた」と話す。

また、昇さんと交際中、別の男とも付き合っており、その男の金で昇さんにプレゼントしていたという話もある。


スポンサーリンク



元夫の証言で嘘で固めた人生ばれて最後はコンクリートで固めた事件,,,

スッキリのコメンテーターさんのコメントです、

「行方不明届を出した矢先に離婚届を出すなど、論理が破たんした行動をとっている。そこに彼女の謎をとくカギがある」

「ちょっとずつ吐いた嘘が借金みたいに膨らんでしまって、最後は嘘で固めるように夫をコンクリートで固めてしまった。この人が生きてきたしわ寄せが夫にいってしまった感じがします」

「コンクリで固めてしまったら遺体は動かせないし、将来の事を全く考えていない。行き当たりばったりです」

最新の氏家美穂容疑者の供述は

「日常的に夫にあたることはあったけど、死ぬとは思わなかった」と話していることが分かりました。一方で、捜査関係者によりますと、昇さんの首を絞めて殺害したという趣旨の話もしているということです。警察は、2人の間に日常的なトラブルがあったとみて捜査しています。

この事件、

 

10代のころから

 

行き当たりばったり、

 

そして、

 

自分勝手、

 

 

そんな生活を

 

 

20年もすれば、

 

 

それで、

 

 

生きていける

 

 

と、言うより、

 

 

それが、

 

 

正解だと、

 

 

身に染みこんだ、

 

 

自分でも、

 

 

嘘と誠

 

 

 

 

区別すら

 

 

つかない

 

 

行き当たりばったり

 

 

どうにでもなるに,,,

 

 

この事件、

 

 

氏家昇さんは

 

 

12歳の子供がいる

 

 

実子なら、

 

 

20歳ごろの

 

 

子供、

 

 

結婚も

 

 

計画的に

 

 

子供をつくらされ

 

 

3度目の

 

 

結婚は

 

 

旦那より、

 

 

奴隷確保

 

 

だったかも。

 

 

嘘を家庭ではなく

 

 

世間につくために

 

 

この事件も

 

 

33歳になり

 

 

自我が産まれた

 

 

氏家昇さんを

 

 

再教育する暴力か?

 

 

やりすぎた,,,

 

 

そして、嘘嘘嘘

 

 

行き当たりばったり。

 

 

この事件は

 

 

真相なんて

 

 

みつからない。

 

 

理由は

 

 

嘘&行き当たりばったり。

 

 

嘘が嘘ではないから。

 

 

だだ、残された子供さん、

 

 

 

本当に人を想う人たちの

 

 

優しさに

 

 

たくさん

 

 

触れさせて

 

 

あげれる

 

 

環境を

 

 

行き当たりばったり

 

 

ではなく、

 

 

頑張れ、

 

 

施設関係

 

 

 

 

応援しか

 

 

 

できませんが

 

 

応援してます。

 

 

どうか、

 

 

幸せになってください。

 

 

それしか

 

 

氏家昇さんの

 

 

供養に

 

 

ならないのでは

 

 

ないでしょうか。

 

 

本日の記事はここまでです。

 

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク




Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント