梶山浩(鈴木健介) 訃報 葬儀の日にちや場所は?死去理由は不明!病気は糖尿病だった?死因との因果関係はアリか?

梶山浩(鈴木健介)さんとは顔画像はあるのか?

本名 :鈴木健介

 

ペンネーム:梶山 浩(かじやま・ひろし)

 

職業:イラストレーター・マンガ家・ゲーム企画&デザイン

 

顔画像:公開ナシ

 

【作品】

1990~
ドラゴンマスターシルク1※PC98版(企画、シナリオ、キャラデザイン、CG)
ドラゴンマスターシルク2※PC98版(企画、シナリオ、キャラデザイン、CG)
ドラゴンマスターシルク※サターン版(企画、シナリオ、キャラデザイン)
シャイニング・フォース外伝 遠征・邪神の国へ(パッケージイラスト、キャラクターデザイン)
シャイニング・フォース外伝II 邪神の覚醒 (パッケージイラスト、キャラクターデザイン)
シャイニング・フォース外伝 ファイナルコンフリクト(パッケージイラスト、キャラクターデザイン)
シャイニング・ウイズダム(パッケージイラスト、キャラクターデザイン)
シャイニング・フォースIII(キャラクターデザイン、ENEMYデザイン)

2000~
黄金の太陽 開かれし封印(キャラクターデザイン、ENEMYデザイン)
黄金の太陽 失われし時代(ENEMYデザイン)
クイーンズブレイド~スパイラルカオス~(中ボスデザイン、ゲーム内CG)

2010~
DualSoulOneBody (コミックヴァルキリー連載)
黄金の太陽 漆黒なる夜明け(キャラクターデザイン、ENEMYデザイン)
クイーンズゲイト~スパイラルカオス~(ラスボスデザイン、ゲーム内CG)
超ヒロイン戦記(敵中ボスデザイン、ゲームCG、雑魚敵CG)
ラストクロニクル(カードイラスト)
マジシャンズデッド(ENEMYデザイン)

(月間COMICリュウ 徳間書店公式ホームページより引用)

梶山浩 訃報 葬儀の日にちや場所は?死去理由は不明!

梶山浩こと、鈴木健介さんが死去と訃報の一報が,,,

2018年7月現在、梶山浩こと、鈴木健介さんは漫画家およびイラストレーターとして活躍していました、本日は

これまで「シャイニング・フォース外伝」などの人気シリーズのキャラクターデザインを手掛けてきた梶山さん

彼の死去について2018年7月16日に配信された「コミックナタリー」は次のように報じています。

マンガ家・イラストレーターの梶山浩が死去した。

梶山はイラストレーターとして、
ゲーム「ドラゴンマスターシルク」シリーズ、
「シャイニング・フォース外伝」シリーズ、
「黄金の太陽」シリーズのキャラクターデザインなどで活躍。

現在放送中のアニメ「七星のスバル」では、
精霊・使い魔デザインを担当していた。

マンガ家としては、
「DualSoulOneBody」のほか、
成人向けマンガを多く発表。

2017年からは月刊COMICリュウにて、
「カースブラッド」を連載していたが、
最近は休載が続いていた。

訃報は昨日14日に、
遺族が梶山のTwitterアカウントを通じて発表。

COMICリュウ編集部もこれを事実と認め、

「詳細がわかり次第
みなさまにご報告いたします」

としている。

 

葬儀の報告は息子さんがTwitterで連絡してくれています。

【場所】 浜松市中区鴨江四丁目18-25 メモリアルホール博善 鴨江

【日時】 通夜 18日 18:00 葬式 19日 10:00 出棺 11:00

訃報!死去した梶山浩の死因は病気?生前は1型糖尿病だった

訃報が伝えられた梶山さんですが、気になるのは死因です。

死因の詳細は公表されていませんでした。

ただ、彼を知る人間のツイートによると、生前の梶山さんは「糖尿病」(1型)を患っていたようです。

1型糖尿病とは?

1型糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島という場所にあるβ細胞が自己免疫によって壊されてしまい、本来β細胞から分泌されるはずのインスリンが分泌されなくなってしまう状態です。インスリン分泌を担うβ細胞自体が破壊されているために、体外からインスリンを補給しなければなりません。

1型糖尿病患者の寿命

一般的な2型糖尿病患者でも糖尿病を発症することで寿命が短くなることがあるといわれていますが、1型糖尿病に関しても寿命が短くなる可能性があります。1型糖尿病患者の平均余命は病気にかかっていない人と比べて、15年程度短いとも言われています。また、適切な治療を受けないとさらに10年寿命が短くなるという話もあります。では、短くなる原因についてご説明します。

寿命に関係してくる原因とは

2型糖尿病では発症することによって他の部分にも影響が出る合併症と呼ばれる症状があり、1型の場合でも合併症が起こります。急に昏睡状態になってしまう糖尿病性昏睡や、慢性期合併症では心筋梗塞などの血管の病気、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害などの症状が起こることがあります。特に、心筋梗塞や糖尿病性腎症などは場合によっては命の危機に瀕してしまうこともあります。高血糖の状態が続くことでこれらの合併症になってしまい、寿命に大きく関係してきます。

この赤字の解説を読んで見ると死去の理由が糖尿病との関係を否定はできません。

知り合いとされる人で3年も会っていない人の情報ですのでこんな病気を抱えていた可能性もあるのだと考えておいてください。

決して信頼できる場所からの情報ではありません。

 

 


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント