松本麗華 麻原彰晃 死刑執行で現在Twitterrリプ欄誹謗中傷大炎上中!これでいいのか?

事件事故から学ぶ

地下鉄サリン事件などで死刑が確定していた、オウム真理教の教祖・麻原彰晃こと、松本智津夫(まつもと ちづお)死刑囚ら7人の死刑が6日、執行されましたね、日本列島が大雨の中、その事で松本智津夫死刑囚の三女であーチャリーこと松本麗華さんの現在のTwitterのリプライが誹謗中傷の大嵐に,,,この行為は果たしてどうなのでしょうか?

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





松本麗華 麻原彰晃 死刑執行での松本麗華Twitterが荒れる

Huffポストほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

オウム真理教教祖・麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚の刑が7月6日、執行された。

6日朝に死刑執行が報道されると、教祖の三女として生まれ、教団内部で「アーチャリー」の名前で呼ばれた松本麗華さんのTwitterアカウントに、嫌がらせとみられる多数の誹謗中傷が相次いでいる。

転入先での反対運動や、小学校でも通学拒否に遭うなどの運命に翻弄された麗華さんが、死刑執行で再び心無いネット上のコメントの嵐にさらされている。一方で、Twitter社に対し、削除の通報をしようという呼びかけも始まっている。

麗華さんは、2015年6月に初めて実名を明かし、自伝『止まった時計』(講談社)を出版した。地下鉄サリン事件の当時は11歳。教団内では教祖の娘として高位の役職にあったが、16歳で教団を出た。ハフポストの取材(2015年)に、当時は「死ぬことばかり考えていた」と話していた。

そして、後継教団の「アレフ」とも、派生した教団「ひかりの輪」とも無関係とし、Twitterなどのアカウントを開設したこと、被害者に対する思いについては、以下のように語っていた。

私が16歳の時まで教団にいたから、今も教団にいるだろうと推測で言われますが、アレフ内部では私を「悪魔」と言っているという噂を聞いています。私の本も読まないように言っているみたいですし。私自身がアレフに利用されないためにFacebookやTwitterをやって、社会のここにいるというアピールをしているのかもしれないです。

(被害者に謝罪しないのかという社会の声に対して)考えに考えたんですよ。「謝るってなんだろう」って。やっぱり自分がやっていないことについて、自分が知らないことについて謝るのはあまりにも無責任だと。儀礼的に謝って自分の身の安全を図るのは、誠実な態度と思えなかったんです。

単なる人間、単なる日本人に、いつかなりたいというのが夢ですね。とにかく人間になるところから、何かに関わっていきたい。

出典:Huffポスト


スポンサーリンク





【NHKニュース速報】麻原彰晃に死刑執行

返信 リツイート  

ヌュー@nuxyu

みんながみんな「なんだこの雨!それどころじゃネーよ!」となってるところで死刑執行されていた教祖

返信 リツイート  

おかちん@ocachin

麻原死刑執行 NHKも報じた pic.twitter.com/Xw0w4k7UDd

返信 リツイート  


スポンサーリンク





松本麗華さんに誹謗中傷のリプライ相次ぐ様子

麻原三女(@asaharasanjo)というアカウント名でTwitterをしていますが、最新のツイートへのリプライ欄があまりにも酷すぎるとして話題となっています。

死刑執行の報道後、そんな彼女のもとには多くの誹謗中傷リプライが寄せられることに。

・あんたも親父の後追いかけなよ

 

・ざまあああああああああああああああああ いや? おめでとおおおおおおおおおと!!!!

 

・やっと死刑執行されたな! 執行までの期間長すぎ

 

・ツイッターなんかやってたんだねサリンで苦しんる人はまだ居ますよ? 親族なら恥ずかしくてツイッターなんかやってられない

 

・無事に死刑執行されたね! パパにおやすみなさいは?

 

・朝から焼香ですね

 

・貴方は表舞台に出ず、父親の犯した罪を恥じるべきです

 

・あんたよりあんたの父親の身勝手な考えで殺された被害者と知人遺族のが辛いってことを覚えとけよ


スポンサーリンク





麻原死刑囚の娘(松本麗華)なら何言ってもいいのか?

松本智津夫死刑囚の死刑執行を受けて誹謗中傷リプライに批判的なリプライは

「死刑囚の娘なら何言ってもいいのか」

「父親の罪は、子供には関係ないだろ」と非難の声もあります。

 

 

 

 

 

 

・麻原彰晃が死刑執行されて、娘の松本麗華のTwitterに「オメデトー!」ってわざわざ書き込んでる奴…犯罪者の娘にはどんな仕打ちしてもいいんか。この間違った正義が横行してる限り人種差別やいじめはこの地球上から消えることはないだろうな

 

・死刑執行された麻原彰晃の実娘のアカウントに「お前の父ちゃん死んだ〜w」とツイートする人たちが湧いてるようです。こういう行為を面白がって許容する国にしてはいかん。これはあかん。ダメです

 

・娘の松本華麗さんのリプに色々バカ言ってる奴おるけど彼女は悪い事してないし、生まれた子に罪はないんだぜ…子は親を選べないからねぇ


スポンサーリンク





松本麗華の経歴とプロフィール

麗華氏は「アーチャリー」というホーリーネームで5歳から教団内で過ごし、12歳の時に父親の逮捕を経験。現在は執筆業を行ない、2015年には『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』を出帆した。

「麻原 三女」の画像検索結果

出典:エキサイト

松本麗華さんプロフィール

名前:松本麗華(まつもと りか)

ホーリーネーム:アジタナーター・ウマー・パールヴァティー・アーチャリー

生年月日: 1983年4月

年齢:35歳(※2018年7月現在)

続柄:松本智津夫の三女

家族構成:松本知子(母親)松本美和(姉・長女) 松本宇未(仮名・次女) 松本聡香(妹・四女)

出身:千葉県船橋市

著書:「止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記」

所属:日本産業カウンセラー協会、日本人間性心理学会


スポンサーリンク





松本麗華さんの経歴

松本麗華さんは、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女として誕生し、幼いころより後継者としての教育と寵愛を受けて育ったとされている人物です。

千葉県船橋市にて誕生をしているのですが、5歳の頃、家族とともに静岡県富士宮市のオウム真理教富士山総本部へ移住しており、幼い頃から教団幹部であるとされる石井久子や新実智光死刑囚、故・村井秀夫、岐部哲也、山本まゆみなどに育てられたのだそうです。

地下鉄サリン事件発生当時、11歳だった松本麗華さんは、オウム真理教の解体後には学校に通うことが出来なくなり、松本智津夫死刑囚の娘だと判明するとほとんどの学校で入学拒否にあったのだそです。

そのため、高校も日出高校の通信制を卒業しており、大学も入学が決まっていた時に入学拒否にあったのですが、、2004年に文教大学人間科学部臨床心理学科に入学しています。

松本さんは、大学時代は、ゼミの友達などが普通に1人の友達や人間として接してくれていることに感動を覚えたとも語っています。

2008年に大学を卒業したあとは、その後アルバイトをしながら心理カウンセラーの勉強を続けていたのだそうですが、アルバイトも松本智津夫死刑囚関連のニュースが報道された際に、クビになったこともあり、大変苦労をされて方でもあります。

現在は、執筆をしている傍、カウンセラーとしても活動をしています。(WIKI参照)

苦しみ抜いた幼少期

逮捕後、残された姉妹はバラバラに。麗華氏は教団に残ることになったが、その後は壮絶な人生が待っていた。

学校に行きたくても、両親が日本を震撼させた宗教の教祖であった彼女を迎えてくれる学校はない。マスコミに追われ何度も引っ越しを余儀なくされ、存在そのものを危険視され続けた。

離れた姉に久々に会うと、精神を病み、自傷行為を繰り返す姿を目撃。自身も何度も自殺を考えたという。

2000年にオウム真理教が消滅し後継団体が生まれたが決別。親代わりの女性信者のため、自立するよう勉強に励み、中学校卒業の認定を受け通信制の高校に通えるようになる。(引用元)

挫折と転機

その後も、素性を知られバイトをクビ、大学合格後も入学拒否をされるなど、「普通の人生」を求めながらも手に入らず、苦しみ続けた麗華氏。

しかし、陳述書を作成し裁判を経て入学拒否を取り消されてから、彼女の人生は劇的な好転を迎える。

1ヶ月遅れで入学したゼミ内では、事前に彼女の生い立ちについて議論を交わし、彼女を「友人」として迎えることを決断していた。はじめて教団以外の友人関係を築き上げられたのだ。

仲間と食事や飲み会に行くこともあったが、それでも「麻原の娘は普通の人にとって『モンスター』だから」すべてを晒すことはできない。

悩み続けた彼女だが「普通の幸せはどこにもない。死にたいくらい辛いなら死ぬ気で生きてみよう」と実名で手記を出版、顔を隠さずメディアに出演するなど「麻原彰晃の娘」として生きていくことを決めた。(引用元)


スポンサーリンク





多くの人は複雑な想い

「麻原彰晃の娘」だから迫害を受け、苦しみ抜いた麗華氏。榊原郁恵(59)は、VTRを見て「苦労して努力されたんだなとわかるけど、背景に教団や両親が見えるとどうしても拒絶反応はぬぐえない」と、当時を知るからこその複雑な心境を吐露。

視聴者も同様に、「許されない犯罪者の娘」だが「子に罪はない」という事実にさまざまな意見を持っていた。

(引用元)

批判も多い

しかし、あまりにも非人道的な犯罪行為に走っていた教団だけに、当時を知る者からすれば、子に罪はないといえども彼女をおいそれと受け入れることは難しいようだ。

教団の問題点や犯罪行為に殆ど焦点を当てず、麗華氏側の悲劇・主張を中心にした番組の構成を問題視する声も少なくなかった。(引用元)


スポンサーリンク





5月29日の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で、わたしのインタビューと再現ドラマ「オウム麻原の娘衝撃の人生」が放送されました。
取材や資料をもとに丁寧に取り扱ってくださって、本当にありがたく、感謝しています。ここまで丁寧に資料なども読み込んで取材していただいたことはありませんでした。

 

わたしは12歳から今まで、多くの虚偽報道をされてきました。マスコミはわたしに取材することなく、フェイクニュースを報道することで「三女アーチャリー」という、凶悪な別の人格を作り上げました。

 

「安達祐実がかわいいから殺して」「オウム王国のアーチャリー“いじめ地獄”を告発!」「あのアーチャリーが号令した造反信者14人『拉致・監禁』事件!」「“義務教育拒否”の教祖の娘アーチャリー御殿は千坪、四億円」「疑った女性も変死 オウム『アーチャリー』と謎の水死事件」「被害者補償を忘れた麻原三女『アーチャリー』のカナダ大名旅行」

 

今回の番組放送後、SNSなどで、

 

「出自による差別はいけないが、『アーチャリーは別』と考えてます。」
「でも普通に考えて麻原の娘と友達になるの怖いからいらんわ(笑)親が悪いのわかるけど…」
「加害者家族は自殺するのが正しいんじゃないか?」
「アサハラショウコウの娘は、この世に存在してはいけない!」
「松本麗華死○囚じゃないの??」
「死ななければならない人間は存在するからな! なんで普通に生きようとしてるんだよ」

 

といった発言がありました。
こういった発言は、虚偽報道で作られたイメージが原因となっているのではないでしょうか。

 

5月31日、エネルギーコンサルタントの宇佐美典也さんと都議会議員の音喜多駿さんが主催するオンラインサロン「宇佐美典也と音喜多駿の『ゆるい政治』」の勉強会があり、ゲストとして呼んでいただきました。
会の中で、事件後の話になったときにとき、お二人が持っている「アーチャリー像」について話をしてくれました。
「中学のころだったかな、クリスマスに遊びに行こうぜと話をしていたんだけど、アーチャリー主導でテロが起きるらしいという噂があるから、この日は遊びに行っちゃいけないということがあった」と宇佐美さん。
音喜多さんは「オウム真理教ごっこがあって、教祖役とアーチャリー役がいて、教祖役が『どうする』というと、アーチャリー役が『ポアですね』とやってました」とお話ししていました。

 

他の参加者もお二人の話に頷いていたので、おそらくある程度、皆さん共通した認識だったのでしょう。このお話には大変驚きました。自分で想像していた以上に凶悪なモンスターでテロリストの「アーチャリー像」が一人歩きしていたのです。

 

 

もちろん、わたしはこのような犯罪を行ったことはありませんし、行おうと考えたこともありません。

 

『止まった時計』を書いたあと、わたしが顔と名前を出したのは、マスコミによって作られた「三女アーチャリー」によって、「わたし」の人生が歩けなくなっていたというのが一つの理由です。

 

――わたし自身の経験、わたし自身が知っている事実、わたし自身が感じてきたものを、顔と名前を出し、自分自身で書き、話し、発信していくしかない。そう考えたのです。

 

本を書いたあと、徐々に友人もでき、TwitterなどのSNSでも、わたしが置かれた状況に理解を示し、一人の人間として尊重してくださる方が増えてきました。
今回の番組でも、前述したように「松本麗華死○囚」といった否定的な言葉があったものの、多くの方からは励ましやあたたかいお言葉をいただきました。
つらいとき、もうだめだと思ったとき、皆さまから励ましの言葉をいただくことで、何度「もう一度頑張ろう」と思ったかわかりません。この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

 

 

以下、わたしが今まで書いた記事や、ブログなどのご紹介です。
「三女アーチャリー」ではなく、松本麗華であるわたし自身の思いをつづり、発信しています。


スポンサーリンク





松本麗華さんは父・麻原彰晃についてこう語っています。

世間のイメージと実像とのかい離があまりにも大きかった。

2004年、逮捕から9年以上たち接見したが、別人のように痩せこけ髪も歯も抜け落ち老人のような姿であった。

詐病だと思っていたが、面談を重ねても何の反応もなく、精神が崩壊した姿に衝撃を受ける。
「ずっと父と会ったら、何を言おう。優しい声で、わたしの名前を呼んでくれるに違いないと夢想」していたが、父は完全な廃人になっており、

「父と言葉を交わしたいというわたしの望みは、数十回の接見中、一度も叶えられ」なかったため、うつ状態になった。

裁判時には麻原はすでに精神が崩壊しており、何も語らないままに裁判が進行し死刑が確定したことや、幹部らが父のメッセージを自分に都合のよいように変えたり、アーチャリーの名を無断で使いその後の教団運営がなされた事実から、父の事件への関わり合いについては保留にという立場を保っている。

麻原の空中浮揚については、見たことがなくやって見せてほしいといったが「疲れているから」と断られた。

ただし、体が勝手に跳びはねる空中浮揚の前段階とされるダルドリー・シッディ現象は何度も目撃している。

麻原の鑑定書はかなりの部分が嘘にもとづく報告からなっており、例えば鑑定書には食事をこぼさずに食べたとあるが、麻原はもともと目が見えないので食事はこぼすため、胸にバスタオルを巻いて食事していた。

(引用元)

松本麗華 麻原彰晃 死刑執行で現在Twitterrリプ欄誹謗中傷大炎上中!これでいいのか?

・それか「悪魔(例え)の娘だからリプで正義の鉄槌くだすの楽しいぃぃ!!へこんだらもっと楽しいwwww俺って正義wwww」と思って意図的にやってるアホでしょうな(‘Д’)

 

・子供には関係ない。関係ないけど親族としての責任はある。死ねとか、人権なんてないとか言ってるんじゃないぞ。生きる資格はあるし、人権だってある。ただな、関係ないの一言で済ますんじゃねぇよ。関係ないの一言じゃ完結できねぇんだよ。ヒーローぶってんじゃねぇよ。

 

このようなリプを発見しました。

 

この炎上はまさしくこの2つの意見が人を動かしているのではないでしょうか。

 

僕がこのリプで感じたことは「人間」とはどちらにしても恐ろしい生き物なのでしょう。

 

このサリンの事件は「日本を震撼させたテロ事件」

 

たくさんの人を恐怖と不幸に陥いれた許しがたい歴史に刻まれた事件。

 

何かいいたいことはわかります。

 

しかし、一人の人間に向けてかなりの数に人間が攻撃するのは「いじめ」ではないでしょうか、発言が自由ですが「犯罪者」の娘として歩いてきたことは確かです。

 

これ以上追い込むことは違うのではないかと。

 

人間の集団心理の怖さと匿名だから。

 

僕は松本麗華さんを庇うつもりはないです。

 

しかし、こんなやり方はあまり好きではないです。

 

この記事もみなさまにこの行為をどう?感じるか?

 

そんな想いで書かせていただきました。

 

答えなんてありません、しかし、この行為は僕ならこの行為はしない。

 

そんな言い方しかできませんがこの記事を締めさせていただきます。

 

本日も最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント