本田圭佑 バセドウ病?目がおかしいと話題(時代別)まとめ,症状や治療法は?発表した芸能人はいる?

2018ロシアワールドカップ

サッカー日本代表の要である選手といえば本田圭佑さん。本田さんに関して必ずと言っていいほど話題に上るのが彼の「顔」についてではないでしょうか。本日は「本田圭佑 バセドウ病?目がおかしいと話題(時代別)まとめ,症状や治療法は?発表した芸能人はいる?」をテーマに記事にさせて頂きました。

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





本田圭佑さんの目がおかしいと話題、時代別

 

目の動きがおかしい・顔が変わったと話題になった時の画像①【2013-2014年頃】

 

 

目の動きがおかしい・顔が変わったと話題になった時の画像②【2013-2014年頃】

 

 

眼球が突出していると噂になった画像【2014年頃】

 

本田圭佑選手を過去画で比較してみた!

星稜高校時代

地元である摂津市立鳥飼北小学校2年生のとき、摂津FCに入団し、サッカーを始められました。その後、摂津市立第四中学校に進学。ガンバ大阪ジュニアユースに所属し、家長昭博、安田理大、東口順昭などの選手と共にプレーしました。

 

当時はスタミナやスピードに難ありと見られていたようで、ユースへの昇格を果たすことができず、結果として石川県の星陵高等学校に越境入学をすることとなります。

名古屋グランパスエイト時代

高校卒業後は、複数クラブのオファーの中から名古屋グランパスと契約を果たし、開幕戦から先発出場。翌年からはレギュラーの地位を獲得するなど、驚異的な成長を遂げています。

VVVフェンロ

 2008年、オランダ1部リーグのVVVフェンロに移籍。

CSKAモスクワ

2年後、ロシアの名門CSKAモスクワに完全移籍を果たし、厳しい中盤争いの中で闘いました。

ミラノ

2013年には、イタリアセリエAの名門ACミランへ完全移籍を果たし、世界的にも注目を浴びる存在にまで成長を遂げることとなります。

パチューカ

2017年には、リーガMXのCFパチューカへ移籍をしました。

2018年ロシアワールドカップ

こちらの画像に説明はいりませんよね


スポンサーリンク





本田圭佑選手のプロフィール

 

名前:本田圭佑(ほんだけいすけ)

出身地:大阪府摂津市

生年月日:1986年6月13日

最終学歴:星稜高校

身長:182cm

〜所属チーム〜

2005〜2007  名古屋グランパス

2008〜2010 VVVフェンロ

2010〜2013 CSKAモスクワ

2014〜ACミラン

2017年には、リーガMXのCFパチューカへ移籍

2018年のセネガル戦の同点シュートは記憶に新しいですね。

kg@ky2980

本田パイセン顔芸半端ないけど、
そんなことはどうでもよくなるくらい
最高の同点シュートやった。
ほんと尊敬。
#ロシアW杯 #サッカー pic.twitter.com/wuuCfo7V1T

返信 リツイート  

no-dash@nodash

本田選手の顔の変化はバセドウ病によるものだと思われる(本人は公言していないが)ので、あまりいじらないでほしい

返信 リツイート  

なみき@lisa_fairies

バセドウ病疑惑、写真みたらあーってなった、、、なれほど、、、

返信 リツイート  

おっさん03@osan03iju

本田選手バセドウ病なのか
だとしたら凄いな
このワールドカップという大舞台でゴールを決められるってやっぱりスポーツには神様がいるんかな

返信 リツイート  

おk@Anifalak@okeokeioke

@flute_mogumogu バセドウ病の症状に似てますよね……
大丈夫なのかしら

返信 リツイート  

ポワール@poire0420

@nicotamslot 確かにバセドウ病ぽいけど、そんなことあったっけかな?
て、調べてみたら公表というか公式ではそういう話はしてないのか。

返信 リツイート  

takaG!@ad_takaG

バセドウ病で腫れた目は、甲状腺そのものの症状が良くなっても、目の奥の手術しないと治らないんだよね〜…。

返信 リツイート  

徳吉刑事@生きてるだけで親孝行!@tokuyoshikeiji

( ´へ`)г.。oO(やはし本田ってバセドウ氏病なのかね、いくら思きし見開いてるとはいへ高校時代はこんなに目大きくはなかったよ
※個人の感想です

返信 リツイート  

みそら@TakeuchiNoOnna

本田改めてみたらバセドウ病がほんとにキツそう
頑張って欲しいけど、ゆっくり休んでもほしい

返信 リツイート  

 

 

本田圭佑さんは、現在セリアA・ACミランに所属するサッカー選手で、オーストリアのエアステリーガ(2部)・SVホルンのオーナーです。日本代表としては2008年にA代表デビュー(出場)してからやがて主力となり、現在ではクラブで苦境に立たされながらも呼ばれ続けています。

高校時代には、石川県星稜高校にて3年次にベスト4に貢献。卒業後には「オファーがあった際には海外移籍を容認する」といった契約内容で、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに入団しています。

VVVフェンロー時代。(オランダ)

2008年1月にはオランダ1部リーグのVVVフェンローに移籍。8月にはチームが2部降格しますが、その後の本田圭佑選手はチームの主力としてキャプテン・フリーキッカーを任され、輝かしい成績を収めています。2008ー9年シーズンに36試合に出場・16ゴール13アシストをマークし2部優勝・MVPに選出されました。

CSKAモスクワ時代。(ロシア)

2010年1月にロシア・CSKAモスクワに移籍。翌月には、ヨーロッパのチャンピオンリーグに初出場し、日本人初・クラブ初となるベスト8進出に貢献しました。怪我などにも悩まされていましたが、2012年頃から移籍の噂がたびたび流れています。

ACミラン時代。(イタリア)

そして、2013年12月に契約満了にてCSKAモスクワを退団し、イタリアのセリアA・ACミランに移籍。ACミランでは歴代レジェントがつけていた背番号10番になりました。しかしながら目立った活躍は少なく出場機会にも恵まれなくなった。

2017年には、リーガMXのCFパチューカへ移籍をしました。


スポンサーリンク





バセドウ病とは

症状
バセドウ病による眼球突出の例

あらゆる臓器が常に全力疾走しているかのような状態となる。

甲状腺クリーゼ:突然重篤な甲状腺機能亢進状態となる合併症。高熱、頻脈、嘔吐、下痢、意識障害などを来す。死に至ることもあるため注意を要する。
甲状腺腫大、眼球突出(甲状腺眼症)、頻脈。これらはカール・アドルフ・フォン・バセドウが一般診療を開始したメルゼブルク(Merseburg)の地にちなみ、メルゼブルク三徴と当初呼ばれた。
振戦、手の震え。
眼球突出が顕著となると、眼球運動障害(複視)や視神経症をきたす事がある。
ステルワーグ徴候(瞬きの減少)、グレーフェ徴候(上眼瞼拳筋の過度の緊張で上方注視後に下方に視線を移すと、上眼瞼下際と角膜の間に白目が見える)、メビウス徴候(両眼輻輳失調)が見られる。
他に甲状腺機能亢進症を来たすことにより、以下のような症状も見られる場合がある。
低カリウム血症から低カリウム性周期性四肢麻痺になる。
心臓機能の亢進から収縮期高血圧と頻脈、時に心房細動を来たす。
エネルギー消費の亢進による多食や体重減少。(代謝以上に食欲が亢進し、太る場合もある)。
新陳代謝の活発化から発汗過多を来たす(夏の暑さに耐えられない/冬でも暑い)。
少し動いただけでも息切れ、疲労、目眩を感じる。
鬱、不安感、一時的な意欲の増加、過剰な怒り、集中力の低下。

上記症状のすべてが出るわけでなく、患者により差異がある。潜在的甲状腺機能亢進症で症状がない患者もいる。

出典:バセドウ病 – Wikipedia

バセドウ病の芸能人は

 

・歌手の「絢香(あやか)さん」

2009年に、デビューした翌年からバセドウ病発症していることを公表しています。

・歌手の「岩崎宏美(いわさきひろみ)さん」

2015年に、2001年ごろからバセドウ病と慢性甲状腺炎を患っていたことを公表。

・歌手の「小林歌穂(こばやしかほ)さん」

2016年に軽度のバセドウ病と診断されたことを公表。

・元タレントの「小松千春(こまつちはる)さん」

2009年にバセドウ病と診断されたことをブログで公表。

・アイドルの「篠崎彩奈(しのざきあやな)さん」

2016年にバセドウ病と診断されたことをブログにて公表。

・女優の「夏目雅子(なつめまさこ)さん」

バセドウ病により、1981年に甲状腺の手術をされています。

・元競泳選手の「星奈津美(ほしなつみ)さん」

高校1年生に、バセドウ病を発症しています。

薬の服用を続けていたのですが、2014年には甲状腺摘出手術をされています。

・歌手の「増田恵子(ますだけいこ)さん」

1990年ごろに症状があったものの、3年後に病院に行ったところバセドウ病と診断されます。薬で回復していたものの、再発してしまいましたが治療師回復されています。
その後、バセドウ病の再発はしなかったのですが、メニエール病を発症してしまっていますね。

・音楽家の「YOSHIKI(よしき)さん」

2009年の時にうけた、頸椎椎間板孔切除手術前の診断で甲状腺亢進症を発症させていたことが発覚。公表されたのは2010年になります。

・サッカー選手の「山崎亮平(やまざきりょうへい)さん」

2009年の3月に、バセドウ病を発症。1年2か月の治療ののち復帰していますが、2011年の7月に再発しています。同年の9月には、また復帰されていますね。

・元女子プロレスラーの「安川惡斗(やすかわあくと)さん」

プロテスト前に、バセドウ病だということがわかりました。治療効果の強い薬を投与したこともあり、プロテストを合格して活躍されていました。

・声優の「宮村優子(みやむらゆうこ)さん」

2007年に、バセドウ病と診断されたことを公表。

新世紀エヴァンゲリオンのアスカ役などでも知られている声優さんになりますが、2016年の夏ごろのツイートでは、まだバセドウ病の治療を継続中ととれる発言もありました。

・タレントの「美奈子(みなこ)さん」

2014年の6月にバセドウ病を患っていたことをブログで公表。同年の7月には、手術も完了しています。
美奈子さんは、ビッグダディこと林下清志さんと再婚したことで注目されていましたね。

・皇后の「美智子(みちこ)さま」

若い頃にバセドウ病を患い、手術を受けられた事があります。
手術を受けられたのは、大分県別府にある野口病院でした。この病院は、甲状腺疾患において定評があります。

・元歌手の「愛内里菜(あいうち りな)さん」(現在は「垣内 りか」に改名)

2010年7月のライブで甲状腺疾患に罹っている事を公表。バセドウ病と見られています。
めまいや喉の痛みなどに悩まされている事を明かし、同年内での歌手活動引退を表明されました。

・自転車競技選手の「増田成幸(ますだ なりゆき)さん」

2017年4月から体調不良を理由にレースを欠場していましたが、精密検査によって、バセドウ病が判明したと、5月18日の会見で公表。
暑がりになったり、体重が著しく減少したり、動悸や息切れで眠れなかったりしたと言います。現在、投薬により、症状は落ち着いてきているとの事です。症状が安定するまでレースを欠場するとして、復帰の目処は立っていません。

・ミュージシャンの「山下拓実(やました たくみ)さん」 MAGIC OF LiFEのギター・コーラス担当

2017年8月15日にバセドウ病の治療のため、休養に入る事を公表。
担当医やバンドメンバーを交えて慎重に話し合い、バンド活動を継続させると、治療を遅らせると判断したとして、約1ヶ月の休養を取る事にされました。

こう見てみると有名人もたくさんこの病気を抱えています。

本田選手は公式には公表していませんので病気なのかわかりません。

現役を続けているかぎり公表はないでしょう。

それが「本田イズム」だからでしょう。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント