大嶺翔太 年俸1千万円で金銭トラブルの理由はナニ?相手は誰ダレ?噂の裏収入はメルカリか?

コメントお待ちしております投稿

2018年6月23日の大嶺翔太選手の任意引退が発表されてたのはどうしてでしょう?本日の記事のタイトルは『大嶺翔太 年俸1千万円で金銭トラブルの理由はナニ?相手は誰ダレ?噂の裏収入はメルカリか?』年俸が1千万もあるのに借金が返せないなんて一体どのぐらいの金額なのか?気になりますよね、現段階では理由はどこも公表されていないでしょう、だからこそ、ネットのコメントを広くリサーチして考察していきました。

本日も最後まで戯言のお付き愛よろしくお願いいたします!

それでは早速参りましょう


スポンサーリンク



元ロッテ大嶺翔太の年俸の年度別と契約金は?

2年半前から複数の金融機関と借り入れのトラブルがあり、球団から再三、指導、注意を受けたが、解決することができずに本人が責任を取ったとありますのでまずは大嶺翔太元ロッテ選手の年俸推移を確認していきましょう。

2010年は600万円

2011年は570万円

2012年は570万円

2013年は550万円

2014年は530万円 打率208  打点 3 本塁打2

2015年は620万円 打率120   打点2本塁打 0

2016年は700万円 打率236  打点 7 本塁打0

2017年は950万円 打率206打点 23本塁打5

2018年は1000万円 打率294 打点0本塁打0

※「球歴.com」より引用

この年俸の上がり方をみていても600万ほどになった頃が狂い始めたきっかけなのでしょう

そのことも含めてこの先の記事を読んでいってください。


スポンサーリンク



元ロッテ大嶺翔太のプロフィール&経歴

 

大嶺 翔太 選手データ
生年月日 1991年 9月 17日

出身地 沖縄
投打 右投げ 右打ち

ポジション 内野手

ドラフト 2009年 ドラフト 3位 契約金 4000万円

出身校 八重山商工高

 

愛車 アウディ
性格『適当』と告白

ウィークポイント 集中力のなさと告白

~経歴~

大嶺翔は八重山商工から2009年ドラフト3位指名され、入団。兄・祐太(30)と同じチームに所属する兄弟プロ野球選手と話題になりましたよね。

小学校2年生のときから野球を始めポジションはショートなど内野中心でしたが小学校6年生からピッチャーを兼任。

中学時代は軟式野球部に所属しショートやピッチャーを。
中学校3年生のときに140キロのストレートを投げれる。

お兄さんの大嶺祐太選手に憧れていたので同じ県立八重山商工高校に入学。

強肩を買われ、1年夏に捕手でレギュラーとなりその後、ピッチャーや遊撃手などを兼任。

2009年のプロ野球ドラフト会議で兄・祐太さんの所属する千葉ロッテマリーンズから3巡目で指名されます。

2009年11月15日に契約金4000万円年俸600万円で仮契約を結んぶ。

2009年12月4日に石垣市内の居酒屋で同級生と飲酒、喫煙をしていたところを沖縄県警察本部八重山警察署に補導。

少年法にのっとり実名での報道は行われませんでしたがロッテが指名した選手5名のうち、
10代は大嶺翔太さんのみだったため実名で報道されなかったことがかえって個人を特定させてしまいます。

一度は入団が白紙となるが、2週間の停学処分などを経て翌10年1月に入団が決定した

 

通算成績は196試合、打率・210、74安打、35打点、7本塁打。

 

 

今季は1軍で10試合、17打数5安打の打率・294だった。


スポンサーリンク



ロッテは22日、大嶺翔太内野手(26)が任意引退の申し入れがあり、受理したと発表した。

2年半前から複数の金融機関と借り入れのトラブルがあり、球団から再三、指導、注意を受けたが、解決することができずに本人が責任を取った。

大嶺翔は球団を通じて次のようにコメントした。

「今回、自分のプライベートな部分で色々な方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。こんな自分を応援していただいたファンの皆様、そして期待をかけていただいた井口監督、再三、注意と指導をしてくださった球団の皆様の思いを裏切る形となってしまい、大変申し訳ありません。すべては自分のプロ野球選手としての自覚のなさから出たものだと思います。これを受けて、今、自分にできることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断をしました。今回、自分の考えを尊重していただいた球団には感謝をしています。ご迷惑をおかけした皆様には重ねて、お詫び申し上げます。新しい環境で一から出直し、少しでも頑張っている姿をお見せしたいと思います。本当にご迷惑をおかけしました。そして応援いただき、ありがとうございました」

このコメントなんか明るいんですよね~

暗くなるのもどうかなんですが僕はどうも素直ではないのです。

任意引退がどうも引っかかるのです。


スポンサーリンク



金銭トラブルの理由はナニ?相手は誰ダレ?

金銭トラブルの理由やその相手はキチンと公表されていませんよね。

強いていえば借金の相手は知人となっていますがネットでは

「入るときも未成年飲酒して辞めるときも金銭トラブルとかファンキーだな」

「借金を返せないから仕事辞めます、って言われて、誰が額面通りに受け取るんだよ」

プロ野球選手がお金を借りて返せないって、いくら借りたのかが気になるね。
いくら、プロの自覚が足りないっていっても、二軍の選手じゃないんだから、普通の会社員よりは年収は多いはずなのに、金銭で引退って理解できない。
他の人も言っているけど、野球選手をやめてどうやって返済するのかも余計なことと思いつつ気になるよね。
これで人生おかしくしないと言いけどね。


スポンサーリンク



 

 

 

昨年、遊撃手を固定できないチーム事情から、
結果的に91試合に出場してキャリアハイだった。
これが仇となり、この先年俸も上昇し続けるから
返済可能だと甘い見通しを立てて借りたのだろう。
金融機関と書いてるが、それだけでなく、
ヤバいスジから借りてないか?
今季途中に引退しなければならない待ったなし
の状況に追い込まれたのはそういうことかと。

任意引退宣言の換わりに幾ばくかの補償金を
貰うことと、以後球団とは無関係との念書を
提出したのかも知れませんね。は!

借りたらいけない所から借りてるな。ロッテは首切りしたつもりだろうけど、ヤバイ関わりがあるな。
引退するとは、きれいごと、闇が深い。
ロッテは隠蔽しない方が良い。反社会的な関わりが大嶺にはあるな

 

週刊女性 女性自身 FLASH 週刊朝日あたりで掲載される
んでしょう。”球団から再三、指導、注意を受けたが”とあるから
借入先から球団へ取り立ても来たんだろうね。

でも今季の推定年俸1000万は決して安くないはず。
任意引退まで追い込まれたのは”借金の仕方”が問題なのかもしれない。

 

普通に考えて今の大嶺が「職業プロ野球選手」よりも稼げる職業なんてないに等しいわけで、それでも引退ってことは自己破産だろうな。

そもそもプロ野球選手という不安定職かつ、大嶺の年俸平均は1000万以下、この条件で金貸してくれる金融機関なんてまずないだろうし、それでも返せないほどの借金があるってことは怪しいところから借りてるとしか思えん。

複数借り入れもそうだけど、金額も凄いんだろうね。球団も注意してたけど駄目だってことは怪しい所から借り入れ?
球団にも連絡きてたのかな?
プロ野球選手が複数借り入れで引退ってあまりない。普通じゃ返せない金額なんだろうか。


スポンサーリンク



 

 

ここまでがコメントですが「闇金」「893」「反社会組織」そんな言葉がならんでいます。

 

ここからは僕の考察ですが金銭のトラブルは「ギャンブル」ではないでしょうか、

そしてこのままではまた野球賭博に関わる何か?が出る可能性もあるので尻尾を切ったのでしょう。

金額が多いはそこにみんなの目を集めることで賭博や八百長くさいことが表にでない間に「任意引退」でほとぼりが冷めればまた、育成などのチャンスを与えると論したのではないでしょうか。

自由契約と対置されるのが任意引退であり、任意引退の場合、直前に所属していた球団が保有権を有するため、球団が交渉を許可するか、保有権を放棄しない限り、他球団との契約交渉ができない。 … 自由契約中はどこのチームにも所属していないため、戦力外状態の選手に対して用いられることもある。

多額の借金返済の為にしていたのか?

そんな裏収入源のお話を


スポンサーリンク



大嶺翔太 噂の裏収入はメルカリか?

「大嶺弟のメルカリの件本当に本人だったらドン引きだわ」

 

 

 

う~ん、この引退は多額の借金返済よりもっと裏がありそうではないですか?

多額の借金返済の為にメルカリなんて「面倒臭い」だけですよ。

小遣い稼ぎレベルですからねぇ。

外注にだしてしているのなら本当に金利にもなりません。

本人ではなくルートで回していたのでしょうが。

この引退の裏には何があるのでしょう。

この時期に引退させるなんて考えれませんので。

早急に手を打った感アリアリです。

あくまでも僕の考察で戯言ですが,,,


スポンサーリンク



皆様にお願いがあります。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

現時点で僕の情報調査もこの程度ですのでもっとこの事件のことをこれからも調査していきます。

なんらかの情報やあなたのお考えなどあればどしどしとコメントお願いいたします。

僕の目指すブログは一方通行ではなく、会話で次の記事のヒントや情報調査をしていきより一層に深い記事を量産していくスタイルでブログ運営をさせていただきたいので何卒宜しくお願い致します。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク



 

 

紀州のドンファンの記事です


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント