足立朱美のブログが語る,建設会社大一水道(堺市南区)の赤字経営に逆恨みの鬱状態だった,犯行動機は復讐しかねぇじゃねぇか,,,

事件事故から学ぶ

堺市で3月、練炭自殺にみせかけて弟の足立聖光さんを殺害したとして姉の足立朱美容疑者が逮捕された事件は建設会社大一水道(堺市南区)の赤字経営に父や弟に逆恨みをして鬱状態だった足立朱美容疑者が復讐の為に犯した犯行ではないかと考察、理由はあけみブログ足立朱美容疑者が仕事をしている動画にあるのではないかと本日は『足立朱美のブログが語る,建設会社大一水道(堺市南区)の赤字経営に逆恨みの鬱状態だった,犯行動機は復讐しかねぇじゃねぇか,,,』をテーマに記事を書かせていただきました。

本日も最後まで戯言のお付き愛よろしくお願いいたします!

それでは早速参ります。


スポンサーリンク



足立朱美容疑者はもうおかしくなっていた

まずはこの動画を確認してください。

目線の位置がおかしいのと出でいない涙。

後付けではありますが「怪しい」ですよね。

この動画の他にこんなコメントも

--弟の聖光さんが亡くなった経緯は?

 トイレで練炭自殺した。床に座り込んだ状態。接着剤でドアを密閉していたようだ。

--当時誰がいた?

 私と母親がいたが、2人とも寝ていた。

--自殺の理由は?

 分からない。私も遺書を読んだが、動揺していて覚えていない。

--不審な点は?

 私が疑われているが、冤罪(えんざい)だ。弟には相当額の財産があり、生命保険もかけられているらしい。

【朱美容疑者「身に覚えない」】
足立朱美容疑者は逮捕前、NHKの取材に応じ、弟の聖光さんを殺害した疑いについて、身に覚えがないと関与を否定していました。

取材の中では、

「病気の父の介護や会社の経営のことで家族が大変な時期にあり、弟の助けが一番必要な時期でした。実際に弟は仕事でもよく協力してくれていました。普通に考えれば、私に弟を殺す理由はないと分かるはずです」と話していました。

その上で聖光さんが遺体で見つかった時の状況について

「実家で睡眠薬を飲んで寝たあと、起きた時に部屋の中で遺書を見つけました。その後、異臭に気づき、やって来た義理の妹とトイレをあけたら弟が座り込んだ状態でぐったりしていました。詳しい状況は覚えていないですが、トイレには練炭が置いてありました。ショックでした」と話していました。

さらに「友だちも多くて責任感も強く、本当に優しい子でした。私の誕生日を祝ってくれたり、すごく仲のいい家族だったと思っています。亡くなったことについて正直まだ受け入れられず、今も亡くなったと思えていません」と振り返っていました。

 

【姉弟の関係は】
関係者によりますと、朱美容疑者は、父親が創業した堺市の建設会社の代表取締役を務めているということです。

一方、弟の聖光さんは、知人が立ち上げた大阪市内の別の建設会社の社長を務めていて、最近は朱美容疑者の会社に下請け工事を発注することが多かったということです。

朱美容疑者は逮捕前のNHKの取材に対し「弟は仕事上でも手助けをしてくれていて、忙しい時に見積もりを作ってくれるなど会社の経営に協力してくれていました」と話していました。

犯人ではなければ愛のある話ですがこれが全て嘘であればおかしくなってもしかたないのではその理由を掘り下げていきます。


スポンサーリンク



足立朱美のブログが語る,建設会社大一水道(堺市南区)の赤字経営に逆恨みの鬱状態だった

足立朱美

≪足立朱美容疑者経歴/プロフィール≫
名前:足立朱美(あだち・あけみ)
年齢:44歳
住所:大阪府堺市南区鴨谷台2丁目
職業:建設会社「大一水道」(堺市中区)代表取締役社長

足立朱美容疑者の会社の名前は大一水道株式会社場所は大阪府堺市中区深井中町1135−4

まずは地図を紹介させていただきます。

 

資本金2000万円、土木工事業・建設工事業・管工事業を行う会社のようです。

この会社を人に紹介するのならばこう紹介しています。

「創業42年」の歴史を持ち、今まで培ってきた技術、信用、信頼、安心、安全に自信を持っています。

社員の技術とまとまりのあるチームワークで、スピードのある機動力と一体性のある行動で、お客様にご満足いただける施工を提供できることが当社の大きな特長

また、求人募集中です。
水道、配管を覚えると何かと便利ですし、誇りを持てる職業です。
社員も優しい人ばかりです。是非、当社で働いてみませんか?

  • 正式名:「大一水道株式会社」
  • 住所:大阪府堺市中区深井中町1135-4
  • TEL:072-279-4498
  • FAX:072-270-5882
  • E-mail:daiichisuidoukk@peace.ocn.ne.jp
  • 設立:1974年 2月
  • 資本金:2000万円
  • 代表者:足立朱美
  • 従業員数:9人
  • 諸登録:建設業許可 大阪府知事(特-27) 第23680号 土木工事業・建設工事業・管工事業
  • 業務内容:
    • 設備全般(老人ホーム・店舗・戸建て・マンション等)
    • 本管工事
    • 引き込み工事
    • 引き替え工事
    • スプリンクラー設置
    • 漏水修繕工事
    • 指定給水装置工事事業者
    • 給水装置主任技術者
    • 管工施工管理技術者
    • 土木施工管理技術者
    • 建設業許可
    • 大一水道株式会社ホームページ

会社の紹介として制作したブログがありますので紹介させていただきます。

大一水道株式会社
代表取締役の足立朱美と申します。
なかなか、現場で女性と会うことはないほど、男性の職場での社長として、奮闘しております。

うちの会社の今のメインは、生野東の特別養護老人ホーム。

特養なだけに、色々厳しいしです。
規模が半端ねぇ。
地上5階建て。
延べ面積3963.15㎡。

1フロア30部屋。トイレの便器だけでも150個・・・
気が遠くなる。配管どんなけぇ??

端から端まで300m。
材料は、台車を使って、ま配る予定・・・

天井配管、脚立から落ちないように。
ケガのないようにしてね。
休まれると困るから(笑)
この合間に建売とか引き込み工事とか容赦なく入れて
スケジュールパンパンに詰め込む私を恨んでくれていいよ♥
これが、終わったら、しばらく老人ホームやめとく?
老人ホーム3件連続やもんな。
てか、あと5件建売と引き込み工事も並行して、頑張ってね!

給排水衛生設備工事+スプリンクラー設置+保温材巻き付け。
<引用元:あけみのブログ>

重たい材料が多いので、作業できることは限られてますが、たまには出来る事をするようにしてます。
<引用元:あけみのブログ>

足立朱美容疑者の仕事ぶりも画像で紹介しているのですから仕事には貪欲な姿勢は見えますがこの動画を見ても明らかに素人感があるのですが本当にこの仕事を足立朱美容疑者はしたかったのでしょうか?

あけみブログも一見前向きにも読めますが嘆きをワザと前向きに書いているようにも思えます、そう考えればこの足立容疑者は本来の姿は真面目な人間であった可能性もあります。

しかし、真面目ゆえに自分を追い込む人はこの世の中にはたくさんいますので真面目が真逆になり始めた瞬間をあけみブログとして書いていたのかもしれません。


スポンサーリンク



足立朱美のブログが語る,建設会社大一水道(堺市南区)の赤字経営に逆恨みの鬱状態だった,犯行動機は復讐しかねぇじゃねぇか,,,

捜査関係者によると、足立容疑者が聖光さんの妻を呼んで手渡した遺書には

「父と姉のために金策に走り回ったが、お金を借りられなかった」

 

などと記されていたが、虚偽とみられる。

 水道工事会社は足立容疑者の父親(67)が創業。後を継ぐ予定の聖光さんが2012年に建築会社を設立し、足立容疑者が15年ごろに父の後を継いだが、2人は会社の継承を巡ってトラブルになっていたとされる。

 足立容疑者は経営の苦悩をブログに記載。14年9月には、後を継がなかった聖光さんを「弟は挫折を知らず甘い」などと批判していた。15年12月には「会社をつぶさないことが今の私の課題」とも。だが、売上高は2年間で半減し、16年12月期は約1000万円の赤字だった。

 一方、糖尿病を患う父親は今年1月に2回、過度の低血糖状態で救急搬送され、今も意識不明で脳死状態。2回とも足立容疑者が前日に実家に泊まり、自ら作った甘酒を飲ませていたという。父親のインスリンがなくなっており、府警は経緯を調べている。

 

2016年9月24日11時08分に投稿されている「はじめまして」というタイトルのブログ。


父親から会社を引き継いだではないか?

この日のブログをきっかけに同年9月~10月にかけて
4つのブログ記事を更新していますが、それ以降何も更新されていません。

この時点でこの会社の経営状態の悪さが現実的なものになりブログどころではなくなっていったのと「なぜ?自分がこんな目に合わなければならない」想いが募りだしたのかもしれません。

どんなことで弟ともめていたのか分かりませんが死に体の会社経営を任されたことで悩み苦しみ鬱状態で冷静な判断より復讐をしたくなっていったのかもしれません。

その理由は

・住宅ローンを肩代わりしてもらったことを「妬んでいた」との記述や、足立容疑者に「負担をかけた。ごめん」などと謝るような記載もあった偽造の遺書はこれは自分の気持ちを弟の遺書として表したのではないでしょうか。

・自殺の理由がないと言われているリゾートの会員券の購入などの私生活の違い。

 

もう、肉親への妬みほど事件に変る事はないのですから。

 

こうも考えれます、本来は父親だけに復讐するつもりで殺害を予定していたのでしょう、保険金を会社の赤字補填にしかし、失敗して脳死状態でこれもまた金額がよけいにかかり、でもその内、死亡すれであろうと弟に会社の状態を説明して保険金の受取額の話合いをしたが弟は足立朱美容疑者の出した条件が飲めずにそこでまた、怒りが殺害に変っていったのかもしれません。

 

犯行は逆恨みからの復讐になったのでしょう、弟さんには。

この事件の僕の考察はここまでです。

 

最後に皆様へのお願いです

ここまでお読みいただきありがとうございます。

現時点で僕の情報調査もこの程度ですのでもっとこの事件のことをこれからも調査していきます。

なんらかの情報やあなたのお考えなどあればどしどしとコメントお願いいたします。

僕の目指すブログは一方通行ではなく、会話で次の記事のヒントや情報調査をしていきより一層に深い記事を量産していくスタイルでブログ運営をさせていただきたいので何卒宜しくお願い致します。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます

こんな記事も書いています。


スポンサーリンク




Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント