大桃珠生小学校長や近隣コメントで性格を考察,不審者情報も伝えていたこの事件を時系列で現在までもまとめてみました

事件事故から学ぶ

【時系列】

大桃珠生小学校長や近隣コメントで性格を考察,不審者情報も伝えていたこの事件を時系列で現在までもまとめてみましたをテーマに記事にさせていただきました。

本日も最後までお付き愛ください、それでは早速まいりましょう。


スポンサーリンク




信頼できるニュースソースから事件の詳細をふりかえります

新潟市西区のJR越後線の線路で、近くに住む小学2年大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、事件当日の7日、大桃さんが同じクラスの友達に「(朝の登校中)黒い服を着たサングラスのおじさんに追い掛けられた」と話していたことが9日、分かった。新潟西署捜査本部は、事件との関連を調べている。この日、大桃さんが通っていた市立小針小学校では、保護者や地域の住民が児童の登下校に付き添い、不安そうな表情で見守っていた。

大桃さんは、事件当日の学校で不審な男の存在を明かしていた。市教育委員会によると、学校がこの事実を把握したのは7日夕。大桃さんの母親から学校に「娘が帰ってこない」と連絡を受け、仲の良かった児童に話を聞き、判明した。学校はこの報告を受け、すぐに警察に伝えたという。

昨年9月には、同小の女子児童が男に体を触られたりする不審者情報も3件あった。うち1件は、小学2年(当時)が登校中に手をつかまれ、学校を通じて県警にも相談していたが、犯人は特定できなかった。

この日朝、学校は臨時の全校集会を開いた。長谷川豊校長(56)は約700人の児童に大桃さんが亡くなったことを説明。「心配や不安があればなんでも相談してほしい」と呼び掛けた。児童らは、しんみりとした表情で聞いていたという。犯人が捕まっていないこともあり、登下校には保護者や地域のパトロール隊が付き添った。下校時には学校に約100人が集まり、帰宅方向ごとに児童をグループ分け。多くの教職員も途中まで付き添うなど、厳戒態勢だった。


スポンサーリンク




大桃さんは、7日午後10時半ごろに上り普通列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。遺体発見現場は、青山浄水場と閑静な住宅街の間。市水道局によると、浄水場は夜間は施錠されており、防犯カメラもある。警察も映像を調べたが、怪しい人物は確認されなかったという。住宅街側の柵は高さ120センチほどで、容易に出入りが可能だ。

近隣住民によると、現場近くで午後10時ごろ、停止している不審な車を見た人もいるという。大桃さんの通学路で電気店を営む女性(70代)は「元気な小学生を見るのが楽しみだった。女の子がかわいそう。早く犯人が捕まってほしい」と願った。【太田皐介】


スポンサーリンク




大桃珠生ちゃんが「声をかけられた」と不審者情報、犯人か

殺害された日の5月7日、大桃珠生ちゃんは学校で、午前中に「通学してるとき不審な男から声をかけられた」といった話をしていたことがわかりました。

そして学校の授業等が終わった午後3時過ぎころ、遺体が見つかった事件現場から約500m離れた小針小学校を友人と一緒に出て下校。現場近くの踏切付近で友人と別れた後、1人で下校しました。

この友人と別れた踏切から自宅までの数百mほどの間に、何者かに連れさられ、殺害されたものとみられています。

なお2017年9月~12月には、刃物を持った男がうろつく・女子児童が男に腕を掴まれる・足を触られる・叩かれるなどの不審者情報が相次ぎ、新潟県警が3回にわたり注意喚起のメールを配信するなどしていました。

今年3月には、午後9時ころに周辺の道路を何度もゆっくり走行している不審な車の目撃情報があり、4月には現場のすぐ近くの踏切で立ち尽くす不審な男の目撃情報もあります。

また事件当日の5月7日夜、隣の区である新潟市中央区桜木町では、女子中学生がバイクに乗った男に体を触られる痴漢事件が起きています。

これら全てが同一人物による犯行であるかどうかはわかっていませんが、近隣住民らの間には心配の声が広がっています。

犯人がさらなる犯行に及ぶ危険性もありますので、近隣地域にお住まいの方は戸締まりを徹底するとともに、外出時は十分ご注意ください。

画像出典:直撃LIVE グッディ! – フジテレビ新潟小2女児殺人事件の経緯と現場付近の距離感などのイラストイメージ画像


スポンサーリンク




殺害された大桃珠生ちゃんの顔画像や性格は

小針小学校の長谷川校長

「大桃珠生さんは、穏やかで優しくて、頑張り屋さんだったと聞いています」

一緒に遊んだこともある児童

「静かで優しい女の子だった」

新潟県警に公表された大桃珠生さんの顔写真画像

小針小学校の発表会で撮影された大桃たまきちゃんの顔写真画像

 

大桃さんとクラスが隣だった子を持つ40代の主婦

「子どもはまだ現実を分かっていない様子だが、とにかく驚いている」

3年の孫を迎えにきた女性(56)

「うちの子も1人で帰ることが多かった。本当に怖い」

この女性によると、孫が1カ月ほど前「友達が学校の近くでサングラスにマスク、帽子をかぶった怪しい男を見た」と話していたという。

「優しく穏やかな女の子だったのに、なぜ…」。殺害された大桃珠生さんが通っていた幼稚園の神保フユ子園長(71)が取材に応じ、声を詰まらせた。
神保園長が大桃さんの失踪を知ったのは7日午後6時半ごろ。必死に娘の行方を捜す大桃さんの母からの電話だった。「幼稚園に行っていませんか」と聞かれ、「来ていません」と答えた。無事を信じて疑わなかったが、8日に事件が報じられた。神保園長は職員らとともに黙祷(もくとう)したという。
大桃さんは優しい性格で、神保園長は「桜の花びらを袋に入れ、ママのお土産に持って帰ったこともあった」と振り返る。花や植物が好きで園で育てていたゴーヤの水やりを友達と喜びながらやっていたのが印象に残っている。
卒園文集での《3年間で一番楽しかった思い出は》という問いに「秋の芋掘り遠足」と記し、《将来の夢》の欄には「デザイナー」と書いていた。
卒園時に幼稚園の庭に将来の自分に宛てた手紙を入れたタイムカプセルを埋め、小学3年の夏に開ける予定だった。神保園長は「来年、タイムカプセルを開けるときに珠生ちゃんがいないと思うと本当につらい」と涙ぐんだ。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000086-san-soci


スポンサーリンク




大桃珠生ちゃんが殺害されるまでの時系列

2017年9月 小学生が前から走ってきた男に腕を叩かれる
2017年10月 下校途中の小学生が、前から歩いてきた男にすれ違いざまに腕を掴まれる
2017年12月 路上でナイフのような刃物を持った男が目撃される
2018年3月 現場近くの道路を何度もゆっくり走っている不審な車の目撃情報
2018年4月 事件現場近くの踏切で、帽子とマスクを着用してずっと立っている不審者情報

2018年5月7日
午前:大桃珠生ちゃんが登校中に不審者に遭遇
PM3:15頃:友達と小針小学校を出て下校
PM3:30頃:友達と別れ、1人で自宅へ
時刻不明:何者かが大桃珠生ちゃんを連れ去り殺害
PM4:20頃:保護者が教員らと一緒に捜索、警察に相談
PM5:20頃:大桃珠生ちゃんが見つからないことから、警察に正式に捜索願
PM7:15頃:隣の区である新潟市中央区桜木町で女子中学生がバイクの男に体を触られる痴

PM10:20頃:遺体発見現場を電車が通過するも、線路に異常なし
PM10:30頃:電車が線路に横たわった大桃珠生ちゃんと衝突する事故
2018年5月8日 新潟県警新潟西署が殺人死体遺棄事件と断定、捜査本部を設置
2018年5月9日 現時点で犯人逮捕の情報なし

現時点

登下校時に児童が事件に巻き込まれる被害は過去にも繰り返され、安全確保が課題になっていた。集団登下校や、国が推し進める地域社会全体での子供の見守りに解決策を見いだす向きもあるが、リスクをゼロに抑えることは極めて困難だとされる。殺害された大桃珠生さんも友人と下校した後、1人になった一瞬の“隙”を突かれた。
大桃さんが学校を出たのは7日午後3時すぎ。大通りを友人数人で歩き、自宅近くの踏切まで500メートル進んだ。周辺にはコンビニエンスストアや飲食チェーン店などがあり、人目は多かった。
その後、踏切付近で友人と別れて1人になったとされる。自宅までの線路沿いの300メートルは住宅街を縫う細い道。防犯カメラなどの“目”もないとみられ、大桃さんは、この踏切から自宅までの間に連れ去られた可能性が高い。
■   ■   ■
繰り返される登下校時の事件。文部科学省は、安全策として「極力、1人にしないことが重要」との見解を示し、集団登下校が有効な安全対策の一つとして例示する通知を出している。
ただ、新潟市では通学距離が長い一部の小学校では導入しているものの、大桃さんが通う小針小では実施していなかった。文科省によると、全国的にみても導入は約6割にとどまる。
集団登下校にはデメリットもある。集団で列を作って歩くと交通事故などに巻き込まれた場合、被害が拡大するリスクを抱える。担当者は「地域ごとに特性があり、(集団登下校を)すべて当てはめるのは困難だ」と話す。
■   ■   ■
そもそも集団登下校を実施しても、家を出る際や帰宅直前に1人になる状況は存在する。大桃さんの場合もそうだった。東京工業大の影山任佐名誉教授(犯罪精神病理学)は「時期やタイミングにかかわらず、児童が襲われるリスクは常にある」と警鐘を鳴らす。
こうした隙を埋めようと住民ボランティアによる通学路の見守りを強化する動きがあり、大桃さんの地域でも見守り隊が結成されていた。また、小針小は年1回、不審者対応の訓練を実施。さらに1、2年生はほぼすべて緊急時に大きな音で危険を伝える防犯ブザーを付けていたという。
それでも事件は防げなかった。子供の防犯に詳しい立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は「子供たちにも、どのような状況に危険が潜んでいるのかを理解させ、見極められるよう訓練する教育が重要だ」と話した。引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000085-san-soci

一刻も早い犯人逮捕が命題ですね。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださりありがとうございます


スポンサーリンク





Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント