アヴィーチー 急死 死因は”急性膵炎”?26歳で引退と死因の因果関係は?27クラブは関係ねぇか,28歳で死去はEDM界に何をもたらすか?丁寧に説明させていただきました

エンタメ

【全世界の悲しみがとまらない】
世界的なEDMブームを牽引したスウェーデン人のDJのアヴィーチー(Avicii)が20日訪問先のオマーンで急死にマジと言う声が上がるほどの驚きが全世界で走っています、28歳という若さで亡くなるまでの軌跡を記事にさせていただきました。


スポンサーリンク





 悲しみが溢れもれているさま

【人気DJ アヴィーチーさん急死】世界で最も成功を収めたDJの一人で、世界的なエレクトロニック音楽ブームをけん引したアヴィーチー(Avicii)さんがオマーンで遺体で発見された。28歳だった。死因は不明。


スポンサーリンク





 この訃報へのリツイート

 突然で、とても信じれないです。 私は今までに彼の曲で沢山の事を乗り越えれました。人生で1番私に影響を与えてくれた唯一の一人です。本当にありがとうございました。心からご冥福をお祈りします。

  1. 2010年には、John Dahlback(ジョン・ダールバック)との「Don’t Hold Back」を発表、
    2011年には、David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)との「Sunshine」がグラミー賞にノミネート。
    「Levels」も世界中で大ヒットしました。

    「Levels」はこちら↓↓

    アーティスト名のAviciiは、サンスクリット語の「無間地獄」aviciからだそうです。
    サンスクリット語とは、古代インド・アーリア語に属する言語で、
    かなりのこだわりを持ってつけられた名前のようですね。

    最大のヒット曲の1つ、「Wake Me Up」は、ソウル歌手Aloe Blacc(アーロー・ブラック)とコラボレーションした曲で、

     

この28歳の若すぎる死でEDMは世代を超えてつたわるか?

EDMは音楽ジャンルのこと

アルファベット三文字の“EDM”(イー・ディー・エム)。BBQ(バーベキュー)など食べ物の言葉でも、OMG(オー・マイ・ゴッド)など何かフレーズの略語でもありません。

EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略。直訳すると「電子の・踊る・音楽」となります。つまり、シンセサイザーなどを使って生み出す音=”電子音“の音楽ジャンルとなります。

EDMは高揚感を得られる音楽(かも?)

“エレクトロニック・ダンス・ミュージック”と一言でいっても、その中でもかなり細かくジャンルが分かれているようです。詳しく知りたい人はこちらの映像をチェック!

一部、ちょっと間違った解釈のジャンル分けもありますがw

ジャンルについて細かく調べていると何がなんやら、わからなくなってくる人も多いハズ。そこで、実際の動画を例に、EDMを聴くとどんな気分になるのかをザックリとお伝えしましょう。


スポンサーリンク





2014年にヒットしたEDMアンセムを聴こう!

カルヴィン・ハリスの“Summer”は有名なEDMアンセムのひとつ。この楽曲のメインとなるフレーズ「タ、タタラ、タラタラ、タラタラ、タ、ターラ♪」という音が46秒後から聞こえてきて、1分01秒にはそのフレーズが跳ねるビートと合わさります。

結果、じわじわ焦らされていたフレーズが大きく鳴り響くことで高揚感を得られるような仕組みになっています。どうでしょう、テンション、あがってきませんか!?

曲によってはテンションが上がるタイミングにキャッチーな歌詞がついているので、大勢で歌って盛り上がることができるのもEDMの人気である理由のようです。

有名アーティスト陣もEDMのト・リ・コ

パーティでテンションMAXにする為には音楽も大事な要素の1つ。ということで、様々なパーティに呼ばれる機会が多いであろう海外アーティスト/セレブリティ達もEDMの虜に!

例えば、EDMを代表するDJ/プロデューサー、ゼッド(ZEDD)。あのレディー・ガガ様もその才能に惚れ、彼女の代表曲“Born This Way”のゼッドのリミックスが実現したとか。

他にもジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデ、そして安室(奈美恵)ちゃんの楽曲プロデュースまで行っていたりします。実はEDMのDJ/プロデューサーたちによるヒットソングは最近多いので、あなたも知らぬ間に虜になっていたかも?

Twitter最後のツイートは17日だった。

スウェーデン人DJのAvicii(アヴィーチー)が、20日、オマーンで急死したという驚きのニュースが飛び込んできました。
28歳の若さで亡くなったAviciiの死因は何だったのでしょうか。

現地時間4月20日金曜日の午後、
訪問先のオマーンの首都マスカットでAvicii(アヴィーチー)が遺体で発見されました。

代理人からこのような声明が出されています。

“It is with profound sorrow that we announce the loss of Tim Bergling, also known as Avicii,” the statement reads. “He was found dead in Muscat, Oman this Friday afternoon local time, April 20th. The family is devastated and we ask everyone to please respect their need for privacy in this difficult time. No further statements will be given.”

引用元:Variety

日本語に訳すと、
「アヴィーチーとして活動していたティム・バークリングが亡くなったことを深い悲しみとともにお知らせします。彼は現地時間4月20日(金)にオマーンのマスカットで亡くなっているところを発見されました。家族は深い悲しみに打ちひしがれています。このつらい時期、皆さんがプライバシーを尊重してくれることを望んでいます。今後これ以上の声明は発表しません。」

ということです。

現在のところ、死因は明らかにされていません。

また、先ほどの声明からも、プライバシーを考慮して、これ以上の情報は発表されないことが予想されます。

ただ、Avicii(アヴィーチー)は近年、酒の飲み過ぎが一因の膵炎などの健康上の問題があることも公言しており、それが関係している可能性もあります。

酒と麻薬は息をしているのと同じですから。

 

Avicii(アヴィーチー)のプロフィール

 

本名:Tim Bergling(ティム・バークリング)
アーティスト名:Avicii(アヴィーチー)
(Tim Berg(ティム・バーグ)やTom Hangs(トム・ハングス)の名前でも活動していました)

誕生日:1989年9月8日
出身:スウェーデン ストックホルム

母親は女優のアンキ・リデン。
父親はクラース・バークリング。
母親が女優ということもあり、裕福な家庭で育ち、幼いころから兄とともに様々な種類の音楽を聴いていたようです。

高校を卒業した18歳から、改造した自分の部屋で本格的に音楽活動を始めました。
音楽制作ソフトを使用したリミックス作品をウェブ上で発表


スポンサーリンク





26歳での引退は死との因果関係があったのかもしれません

Avicii(アヴィーチー)は、体調不良を理由に、26歳のとき、2016年3月29日に自身のFacebookで引退を発表しました。しかし、2017年8月に復帰。

ファンの喜びも虚しく、今回の訃報となってしまいました。

偉大な音楽家はどうも死で完結して伝説になるのでしょう。

「パッと咲いてパッと散る」

これもまた「生き様」なのでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださりありがとうございます

 

 

 

 

JIJI.COMより引用

 

個人的オススメはコチラ




ネット上の声は

 

  • え???人気絶頂で急に活動休止したりしてメンタルやられてるな〜って思ったりもしてたけど。幕張公演は一生忘れないし曲は聞き続けます。とにかくショック過ぎ、、、

 

  • とある方のツイートで知ってびっくりしましたし夜中なのに眠気が吹っ飛びました
    私はDavid Guetta派ですがかなりショックです
    今からWake Me Upでも聞こうかな
    Rest In Peace.

 

  • “Wake me up”の歌が大好きです。
    これからだっていう時に。。。
    ショックです。
    Rest in peace.
  • 早すぎる。若すぎる。

 

  • 一体何があったのかな、まだ若いのに、ご冥福をお祈りします。

 

  • Wake Me Up…聴くとイントロから心がザワザワして大好きな曲。
    でも対極で歌詞はなんか切なかった。
    あの歌詞のようにまだ夢から醒めたくなかったのだろうか。もしそうだとしたらきっと悲しいものでは無いのかもしれない。
    天国でも良い曲作って下さい。

 

  • 引退していたことすら知らなかった。ただただ驚くばかり…
    ご冥福をお祈りいたします。

 

  • 2013年学生だった頃、遊び心で入ったクラブで流れてたwake me upに衝撃受けてそっからEDMにハマったっけ。青春の一ページをつくってくれたaviciiに感謝したい。安らかに。ありがとう。

 

  • DJをよく知らない私もavichiiの名前は知ってたので、ビックリした。
    こんなに若かったんですね。
    才能ある若い方が亡くなるのは残念です。27才だったら、27クラブの仲間入りとか言われちゃうんでしょうね。どうぞ安らかに。

 

  • なでしこジャパンの勝利を見た直後、たまたまZEDDのツイートで訃報を知るなんて…
    創作の作業でよく聴いてますが、アーティストは無くなるの早い人多すぎる。
    リンキン・パークのチェスターの自殺も衝撃的だったが、今度はアヴィーチーが…。
    ご冥福をお祈りします

 

ヒカキンも悲しみのTweet




アヴィーチーの死因は何か?急性膵炎との噂も

アヴィーチーは近年、酒の飲み過ぎが一因の膵(すい)炎など、健康上の問題を抱えていることを公言しておりました。

2016年には、現実離れしたエレクトロニック音楽界での生活から離れたいとして、26歳でツアー活動引退を発表し、ファンを驚かせていた。

 

さいごに

自分が学生の時にclubに行けば必ずと言ってはいいほどアヴィーチーの曲がかかっていました。ドライブの時やキャンプの時など、盛り上がりたい時に彼の曲を流すと自然に体がうずいていたのを今でも覚えています。

彼の代表曲でもあるWake Me Upは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

世界的DJの早すぎる死に衝撃を受けました。

今日は久しぶりに彼の曲に浸りたいと思います。

 

最後までお読み頂き有難うございます


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント