千葉市立病院30代医師を停職→依願退職→公表の順路に裏がありそうだ!女性看護師にセクハラだけだったのか?「なんか胡散臭せぇ」 

コメントお待ちしております投稿

【なんか胡散臭せぇ】

千葉市立病院30代医師を停職→依願退職→公表の順路に裏がありそうだ!女性看護師にセクハラだけだったのか?「なんか胡散臭せぇ」 と言うテーマで記事にしました。

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





信頼できるニュースソースから事件の詳細をふりかえります

 

女性看護師にセクハラ行為をしたとして、千葉市が3月、市立病院に勤務する30代の男性医師を停職1か月の懲戒処分にしていたことが19日、市への取材でわかった。

処分は同月30日付で、医師は翌31日に依願退職した。市は処分を公表していなかった。

市病院局管理課によると、医師は飲食店で同僚の医師や看護師らとの飲み会を終えた後、看護師と店外で2人になった際、強引に体を触ったという。その翌日に看護師が上司らに相談して発覚した。

医師は上司らの聞き取りに対して事実関係を認め、「被害者や同僚たちに申し訳ない」と話したという。

市の指針では、職員の懲戒処分は原則として公表の対象となっているが、同課は「被害者のプライバシーに配慮し、公表しないことを決めた」としている。

市は管理監督責任を問い、医師の上司1人を厳重注意とした。

2018年4月20日 10時13分 読売新聞

千葉市は女性看護師の体を触ったとして、市立病院の30代男性医師を3月30日付で停職1カ月の懲戒処分とした。医師は事実を認め、同31日に依願退職した。同市は「被害者のプライバシーに配慮した」として処分を公表していなかった。

市病院局管理課によると、男性医師は3月、看護師ら複数人で飲食後、2人だけになり看護師の体を無理やり触ったという。看護師が上司に相談して発覚。医師は「深く反省している」と謝罪しているという。

市の指針で懲戒処分は原則として公表されるが、プライバシーを配慮して非公表にしても良いと規定しているという。

とした。医師は事実を認め、同31日に依願退職した。同市は「被害者のプライバシーに配慮した」として処分を公表していなかった。

市病院局管理課によると、男性医師は3月、看護師ら複数人で飲食後、2人だけになり看護師の体を無理やり触ったという。看護師が上司に相談して発覚。医師は「深く反省している」と謝罪しているという。

市の指針で懲戒処分は原則として公表されるが、プライバシーを配慮して非公表にしても良いと規定しているという。


スポンサーリンク





このセクハラ胡散臭い

セクハラなんて、正直綺麗ごとでのはなく、あちらこちらにゴロゴロある話で、職権濫用は当たり前の世界。

政界でもあるぐらい

http://resuponsu240.com/2018/04/20/sinn-3/

僕は飲み屋の「おやじ」をしていたので、医者のあの「どこにあんたいるの?」と言うぐらいの言葉や行動は白衣を脱いだ人たちの滑稽さをみている。

まぁ、ほとんどが勤務している看護婦と飲むことはあまりないとも言っていたがこんなケースも存在するのでしょう。

この医師はこの女性に嵌められたのかもしれないし、この医師はセクハラ以上の行為があったのかもしれない。

双方の話あいで逮捕でに至らずに結果、依願退職までもっていった可能性もあるのかもしれない。

そのまま、報道に「頷いてしまっては」それこそ、真実は見えないこともある。

まぁ、ひねくれた発想やズレた発想を持つこともいる。

この事件はだだ、「あーそうなんだ」と「悪いやっちゃなぁ」で終わらずにストーリーを考えてみるものいいのでは。

真実は当人にしかわからないものです。

この事件、あなたならどう?よみとりますか?コメントくれれば幸いです。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださりありがとうございます


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390

コメント

  1. みるみる より:

    “同市は「被害者のプライバシーに配慮した」として処分を公表していなかった。”

    にもかかわらず、こうしてメディアに出てきた経緯が気になります。