カルロス・トシキ現在を写真で確認したら驚愕の事実が!ツイッターがニンニクまみれで嫁 中山美奈子とはどうなった

「爆報!THEフライデー」

2018年3月23日放送の「爆報!THEフライデー」に、1980年代に歌手として活躍したカルロス・トシキさんが出演されるそうです、気になったのでカルロス・トシキ現在を写真で確認したら驚愕の事実が!ツイッターがニンニクまみれでした(笑)そんなコトをしていて嫁の 中山美奈子さんは嫌気がさしたのでは?捜査しました。

 

今日も最後までお付き合いよろしくお願いいたします、それでは早速まいりましょう。


スポンサーリンク





カルロストシキといえばやはり、、、

カルロス・トシキ(本名:カルロス・トシキ・タカハシ / 高橋 カルロス 敏樹(たかはし カルロス としき)

1964年4月7日生まれの日系ブラジル人歌手。

血液型O型。

AORバンド「1986オメガトライブ」及び「カルロス・トシキ&オメガトライブ」の元リードボーカル。CARLOS、鷹橋 敏輝(たかはし としき)の芸名でも活動した。

カルロストシキ

 

エピソードでは

『歌のトップテン』の最終回ではコメントを求められたが、番組名を間違って「僕、ブラジルでもこのザ・ベストテンを見てて」と言ってしまい、他のメンバーや出演者らからはやし立てられていた。

『夜のヒットスタジオ』でマルシアと共演したときには、ポルトガル語で雑談をしていた。また、英語も堪能で、オメガトライブのメンバーであったジョイ・マッコイとは英語で会話をしていた。

日本に来て間もない頃、蕎麦屋で「五目そば」が読めず「いつつめそば」と言ったところ店主に怪訝な顔をされたため、慌てて読める「ざるそば」に注文を変更した。その後しばらくは、その店では他のメニューが注文できない(読めない)ため、ざるそばばかり食べていた。

ラジオのヒットチャート番組でゲスト出演時、ファンからの葉書の名前を読むように頼まれた際、呼び捨てで列挙しだし、司会が少し慌てて敬称をつけるよう頼んだ。

代表作はコレ 「君は1000%」

1986オメガドライブとしての
デビュー曲は「君は1000%」
実は日本語の1000は
ブラジルの100という言葉と似ているため

それに興味を惹かれたために
曲のタイトルが「君は1000%」
に決まったという秘話も。

つまりブラジルでは「君は100%」
というように聞こえるという。


スポンサーリンク





プロフィール

ブラジル南部にあるパラナ州マリンガ出身。レストラン経営をする両親の元で育つ。

幼少時代はアメリカンポップスから日本の歌謡曲まで幅広く聞いて過ごし、小学校時代はコーラス部に所属。

9歳時にパラナ州歌謡大賞・童謡の部で優勝、ブラジル歌謡協会主催の全ブラジルに出場し16歳時に少年の部で優勝、17歳時に青年の部で西城秀樹の「ブルースカイブルー」を歌い優勝するなどの経歴を持ち、ブラジルの日系人社会では「歌のうまいトシキ」として有名であった。

父親がブラジルで一位になったら日本に行かせてあげるとカルロストシキに約束していたので1982年に来日し、CARLOS名義でソロのシングル盤「ルシア」でデビューする。

 

1985年、社長の急逝による所属事務所の廃業に伴いインディーズとして活動するなか、音楽プロデューサーであり芸能事務所「トライアングルプロダクション」の経営者である藤田浩一にデモテープが届き、同事務所と契約。

 

当初はソロでの活動を予定していたが、杉山清貴の脱退が決まっていたオメガトライブの後任ボーカルを探していた藤田はカルロスの歌声を聞き、有力候補としてレッスンを受けさせる。新生オメガトライブのボーカルとして内定し、さらにボイストレーニングに加え日本語の勉強なども施して、1986オメガトライブのデビューにいたった。

初のTV出演は『おはようスタジオ』で「小鹿のバンビ」をア・カペラで歌っていた。バンドデビュー後は「君は1000%」などのヒット曲を次々とリリース。歌番組においては、ステップを踏みながら歌う姿が特徴的であった。

1988年、バンド名は「カルロス・トシキ&オメガトライブ」に改称した。

1991年にオメガトライブは解散、ソロ活動を開始する。

1994年にシングル「FOREVER」発売を機に鷹橋敏輝と改名し独立する。

1995年にアルバム『Shake It Down』発売後、同年、鷹橋のCDに記載されている、INES MUSICA内、鷹橋敏輝ファンクラブ「Clocs Tie Club」の時間外限定のテレホンサービスにおいて、スタッフからカルロスの結婚が発表された。

その後、椎間板ヘルニアを患い、静養のために帰国し、音楽活動を休止する。


スポンサーリンク





現在カルロストシキさんはニンニクの品種改良に成功をさせたとして、ブラジルのメディアにも取り上げられるほどになっている

カルロスさんは、椎間板ヘルニアになったこともあり
35歳の時に、芸能界を引退静養のために帰国後暫くは音楽活動から離れて実家のレストランを手伝っていた。

 

40歳を過ぎた頃に農業の道を志し、種苗会社に勤務する傍ら47歳でブラジルの国立大学に入学しバイオテクノロジーを学んだこと、ニンニクの品種改良を成功させ現地の雑誌に「ブラジルで最も偉大なニンニク・スペシャリストの一人」と特集されるまでになったことなどを語った。

そんな時に出会ったのが、種球(野菜などの苗)生産会社
迷わず、やりたい、これで勝負したいと心に感じたそうです。

そして、カルロスさんは、その会社に勤め始めます。

日本からブラジルに帰国したカルロスさんは

「ブラジルのニンニクは不味い」と常々思っていたそうで

カルロスさんは、ニンニクの苗を開発することになります。
ブラジルの料理には、ニンニクは欠かせない食材の一つなんだそうですが
本来、寒い場所で育つニンニクは、ブラジルでは、育ちにくい食物でした。

そんな中で、カルロスさんは、見事
暖かい環境でも育つ、ニンニクの苗の開発に成功

しかし、この出来では、他の会社に真似されてしまうと思った
カルロスさんは

47歳の時(テレビによっては49歳と紹介されていました)に
ブラジルの国立大学に通い、バイオテクノロジーを学びます。

日中は仕事、夜は大学で勉強と忙しい日々を送りました。

そんな努力が実り
現在ではカルロスさんの務める会社が
ブラジルのニンニク苗のほぼ100%をシェア

53歳になった今は、ニンニク開発部門の
総責任者を任せられており

ブラジルの最も偉大なニンニクのスペシャリストにもカルロスさんは選出され
ブラジル国内では

『ニンニク=カルロスさん』

といったイメージが出来上がっているようです。

そして、2000年『あの人は今!?』に12年ぶりにテレビ出演、

ブラジルでレストランを経営している様子が放送され、緊急来日して大ヒット曲「君は1000%」と「アクアマリンのままでいて」を歌唱した。

さらに2010年、フジテレビ系列『大追跡!あのニュースの続き』に出演し、ブラジルの品種改良会社「テクノ・プランタ」の責任者であることが報じられ、10年ぶりに再び「君は1000%」を歌唱した。


スポンサーリンク





カルロストシキ 現在のニンニク以外の写真もヤバい

2017年2月から3月にかけ、横浜公演を皮切りに、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡を巡るデビュー30周年記念ライブ・全国ツアーを遂行。

同年3月8日放送のフジテレビの情報番組『ノンストップ!』の独占インタビューに応じ、

好物はピラニアの天ぷらであることが、1986年の『ザ・ベストテン』で判明している

Twitterで画像を見る
Twitterで画像を見る

カルロストシキの現在については
2017年3月にFLASHのインタビューにて
詳細に語られています。

カルロストシキは地元で音楽活動をしようにも
日本人の顔でサンバをしても説得力が無いと感じたたため
音楽活動は行っていなかったのです。


スポンサーリンク





ツイッターがニンニクまみれで嫁 中山美奈子とはどうなった

ツイッターがニンニクまみれでではなく、ライブだらけでした。

 

 

結論からいえば「離婚」をしているのか、していないのかわかりません。

しかし、これだけ「精力的」にニンニク食べながらライブ活動をしているのですから

離婚とかではなく、お互いに楽しくいきているのではないでしょうか。

たとえ、劣化がはげしいなくんでも。

カルロストシキの経歴と現在の写真?嫁や家族は?ニンニクと音楽活動も!


スポンサーリンク





23日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)

女優・水野真紀(47)が「ずっと憧れの存在だった。心を鷲づかみにされた」という、1980年代に「1986オメガトライブ」のボーカルとして大人気だったカルロス・トシキさん(53)と感激の対面を果たした。

86年「君は1000%」が35万枚の大ヒットも95年に音楽活動を休止し、ブラジルへ帰国。ニンニクの種の開発者として大成功を収め、53歳のワイルドな“おじ様”となったカルロスさんがこのほど来日。「事業での成功率は1000%ですね」と番組の取材に答えた。

水野は今年、国内4か所で行われたカルロスさんの復活コンサート全てに足を運んだという大ファン。「好き過ぎて」一度も会ったことがないというカルロスさんと“ドッキリ対面”を果たし、「あっ、あ~。腰抜けそう」と大興奮。「何、これ、スーパーチャンス?」とカルロスさんの往年のヒット曲の題名を口にして大喜びし、手の甲にキスされると、「ああ~」と再び腰を抜かしていた。

今日の記事はここまでです、最後まで読んで頂き御礼申し上げます


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390