井手尾浄太 顔画像不気味 FACEBOOK&素性は!男性巡査長「発砲!」は市民を守る立場として当然の正義の判断だったか!

事件事故から学ぶ

大阪市都島区東野田町の路上で、大阪府警都島署の男性巡査長(38)が、職務質問した男がナイフを取り出したため、男に向け1発発砲したこの事件は物議をよんでいますね、逮捕されたのは井手尾浄太容疑者です、今日は顔画像&FACEBOOK&素性は!男性巡査長「発砲!」は正義の判断だったか!を記事にしていきます!


スポンサードリンク



大阪市都島区東野田町の路上で警官発砲!逮捕された井手尾浄太 顔画像&FACEBOOK&素性は!

 

★事件の詳細のふりかえり

目撃者:「(もみ合いになった状態で発砲?)発砲しています。立った状態で」「(その直後に取り押さえられた?)そうです」

 

井手尾容疑者は現場付近で不審な動きをしていて、職務質問を受けた際は別の男と一緒にいたということです。

 

 

 

18日午前11時50分ごろ、大阪市都島区東野田町の路上で、大阪府警都島署の男性巡査長(38)が、職務質問した男がナイフを取り出したため、男に向け1発発砲した。

右太ももに命中し、病院に運ばれたが、命に別条はないという。同署は男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕し、詳しい経緯を調べている。

逮捕されたのは、自称住所、職業不詳の井手尾浄太容疑者(25)。

同署によると、井手尾容疑者は別の男と2人で職務質問を受けている最中、突然サバイバルナイフを取り出し、巡査長と20代の巡査を「刺すぞ」と脅迫。巡査長は拳銃を向け、ナイフを捨てるよう警告したが、同容疑者がさらにナイフを突き付けてきたため、下半身を狙って発砲したという。

現場はJR京橋駅近くの繁華街。

他にけが人はいなかった。同署は「適切な使用と考えている」とコメントした。防犯カメラ映像を調べるなどして、現場から立ち去ったもう1人の男を捜している。

 

★井手尾浄太 顔画像&FACEBOOKは

 

現在捜索中!

顔画像やその他の情報を調査するために、
FacebookやTwitterにてお調べしたのですが、
同姓同名のアカウントがありました。

しかし、情報が全くないために、
本人のものと特定することができませんでした。

 

★井手尾浄太 の経歴

名前:井手尾浄太

年齢:25歳

職業:不詳

住所:自称住所

 

★犯行現場周辺地図

京阪京橋駅の北東約150メートルで、飲食店や会社などが立ち並ぶ一角。

警察官が現場を規制するなか多くの通行人が足を止め、一時騒然とした。

現場に居合わせた現場近くのビル管理人の男性によると正午前に手に何かを持った男が叫びながら京橋駅方面に歩いており、警察官2人が「危ないからどいて」と大声を出しながら囲んでいたという。

1発発砲、男性巡査長「発砲!」は正義の判断だったか!

その後、警察官が男に拳銃を構え「止まれ、止まれ」と叫んだ。男は「撃つんなら撃て」などと言っていたという。

 

男性は「10分ほどにらみ合った後に警察官が発砲し、男を取り押さえた」と話した。


スポンサードリンク



★ネットの声から判断!称賛の声ばかり

 

・今回の場合まったく問題は無いと思います、警察官も大変だね。

 

・今回は事件を未然に防げましたが、
娑婆に戻って次は本当に殺人をするかも知れない。
その時になってから射殺しておけばよかったと言っても遅い。
なので足ではなく頭撃って全然OKだったと思う。
巡査長自身も自分の命が危なかった訳ですし。

 

・犯人確保、二次被害拡大阻止のためなら、拳銃発砲は仕方ない。
何より、一般市民の生活と安全を守るのが警察の仕事。

 

・問題無し。
昨日大阪市内某所で爆音を鳴らしたバイク三台に並ばれたパトカーは何もしなかった。

あれを見て心底腹が立ったわ。
引きずりおろして叩きのめして逮捕して欲しかったね。

 

・よくやった
市民を守る立場として当然の行動だ

 

・更なる被害を未然に防いだ素晴らしい対応です。

この英断をした巡査長は警察官の鑑です。

 

・この警察官、若いんですよね?
非常に冷静でした!
アキバの事件といい、現場の警察官の判断がさえていましたね!

 

・市民の生命身体、巡査長ご自身の安全を守るための正しい行動だと思います。

 

・犯人が刃物で向かってきたら、すぐに足を狙い撃つのは大変良い判断です。こうした瞬時の判断で殺人を未然に防ぐことができる、
全国的に警察官が拳銃を正しく使い犯人の制圧に努力して頂きたい。

 

と、このように「称賛」の声・こえ・KOEばかりです。

 

★この事件から学ぶことは

 

この警官の判断は正解ではないでしょうか、

まず、「冷静」に的確に撃つ場所が「足」です。

そこを狙っています。

 

「あっぱれ」な行動です。

 

昨今は「狂人」の犯罪が後を絶ちません。

 

このような「撃つぞ」ではなく

 

「撃つ」をしていくことで防犯になるのならば

失う「命」の数は減ることにつながるのではないでしょうか。

 

今日の記事はここまでです、最後まで読んで頂き御礼申し上げます。

 


スポンサードリンク




Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390