谷本マチ子和歌山で事件発生 顔画像などを捜査!交際相手圦本晃さん重体 老いて益々盛んな三角関係は周知の事実だったのか

事件事故から学ぶ

和歌山県御坊市の民家に住む栗田ヨシ子さんが死亡、圦本晃さんが意識不明の重体だという事件を起こしたのは谷本マチ子容疑者でこの3人は三角関係であったと驚くことはこの三人の年齢で圦本晃さんが80歳、栗田ヨシ子さん67歳、谷本マチ子64歳と言う高齢者の恋愛模様ですね、お伝えしたいことは2点。1、谷本マチ子容疑者の顔画像、FACEBOOK、経歴、素性の調査結果2、犯行現場の地図でみる三角関係は周知の事実だったのかです。


スポンサーリンク



和歌山で事件発生!谷本マチ子容疑者顔画像、FACEBOOK、経歴、素性の調査結果は

この事件が明るみになったのは圦本晃さんの家族が2月2日に「1月31日の夕方から帰って来ない」と警察に連絡したことによるものでした。

それを受け警察が捜査して結果、2日午後、御坊市の民家で、全裸で死亡している住人の栗田ヨシ子さん(67)と圦本晃さん(80)が見つかり、男性の交際相手だと話す谷本マチ子容疑者(64)が男性への傷害容疑で逮捕された。

★谷本マチ子容疑者の経歴は

名前:谷本マチ子(たにもと・まちこ)
年齢:64才
住所:和歌山県御坊市藤田町吉田
職業:無職

クリックすると新しいウィンドウで開きます

64歳で無職ですが年金だけで生活できるほど生活に余裕があったのでしょうか、家族の情報も一切、公表されておりませんので生活レベルが全く見えてきません。

★谷本マチ子容疑者のFACEBOOKは顔画像は

この年齢でSNSはほぼしないような気もしますが決めつけはいけませんのでFACEBOOKも調査してみましたが確定するものはやはりでてきませんでした、報道でも顔画像は公表されておりませんので顔画像も現段階では不明です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

★谷本マチ子容疑者の素性は

犯行動機の証言が

「私以外の女の人の家に行かないでと言ったのに行ったので、顔や頭を殴った」

「彼氏が自分以外の女性の所へ行くことに腹が立った」

1月22日夜に負傷させた疑いで栗田さんの死因は低体温症で、男性は顔が赤くはれ、左手首に切り傷があるという。

低体温症で死亡させるところをみるとこの季節に栗田さんをなんらかで拘束して室内の気温が下がる場所で放置したこの執念がある意味この事件の怖さではないでしょうか、嫉妬や拘束欲にただならぬものを感じてしまいます。

栗田さんの死亡の経緯は警察も捜査中です。

本当に愛していたのでしょう、ただやり方があまりにも残酷ですね。

この事件は女の人の怖さをヒシヒシと感じてしまいました。


スポンサーリンク



犯行現場の地図でみる三角関係は周知の事実だったのか

★どんな土地か地図と映像で確認していきましょう

付近の住民「完全に二股でしょう。みんなが知っていること」とありますのでまずはこの事件の起こった地域を地図で確認してみましょう。


平屋がたくさんあり、ここは誰の家であると言うことがわかる環境であったのではないかと、三角関係と谷本マチ子容疑者は言っていますが圦本晃さんに恋愛感情が本当にあったのでしょうか?

80歳も過ぎるとそんな感情よりも「友達」感覚がさらに深い付き合いでしかなかったのではないでしょうか。

老い先短い人生ならたくさんの人と深く仲良く生きて生きたい想いで一人一人と接していてもおかしくなく、この事件は谷本マチ子容疑者の思い込みが引き起こした事件の可能性がないことはないのではと地域の地図から読み取れてしまいます。

交際と言っても友達の延長線で付き合っていたからこそ、栗田さんのことも大切にしていたのではないかと、事実は現段階ではわかりませんが80歳になってこのようなトラブルに巻き込まれたことは今後の高齢化社会を迎える日本ではよくある事件になるのかもしれません。

何歳になっても想いは人それぞれで違い、特に男女の関係は気をつかわなければならないとこの事件から学ばさせてもらいました。

今日の記事はここまでです。

最後までお読み下さりありがとうございます。


スポンサーリンク




Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390