若ノ城 現在介護職 経歴が病気が土俵の取り組1番勝負から介護の取り組み15勝負へと、華麗なる転身は母へ恩返し

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

今日あなたにお伝えしたいことは大きく2点です、1、若ノ城と呼ばれていた頃は?経歴と病気の歴史2、土俵の取り組1番勝負から15の取り組みへ、華麗なる転身は母へ恩返しを僕なりにリサーチしたことをあなたにお伝えします、それでは早速参りましょう。

若ノ城と本名阿嘉 宗彦呼ばれていた頃の?経歴と病気の歴史は

若ノ城 宗彦

未来の大横綱と期待され相撲界の扉を意気揚々とその手で開けたはずだった

小学6年生で身長180センチ、体重110キロという人並外れた体格若ノ城は沖縄尚学高校柔道部で、なんと1年次からレギュラーとして活躍。

2年次に全国高等学校柔道選手権大会の団体戦で優勝し、オリンピックの柔道代表候補と言われた。

卒業後は柔道の活躍を引っさげ、間垣部屋(第56代横綱・2代目若乃花)に入門。沖縄県から史上3人目の幕内力士となったということもあって入幕当初は沖縄県の相撲関係者から大いに祝福され、三役昇進も期待されていた。

“若貴ブーム”に沸いており、スケールの大きい相撲と沖縄出身という珍しい経歴から“未来の横綱候補”として将来を期待された。

1992年1月場所に初土俵を踏んだ。

柔道に打ち込んだ高校時代から体格は190cm、150kgあり、1日1升の白米を食べ続けていた阿嘉は、相撲界に入る前から糖尿病を患っていた、体を大きくすることは諸刃の剣でもあったのでしょし、みんなからの期待に応えたいことが「食べる」ことで後々の選手生命の終焉を物語っていたのかもしれません。

その後、幕下上位で苦労した時期もあったが、とんとん拍子で番付を上げていき1995年9月場所に十両に昇進した。

新十両の場所は12勝3敗で十両優勝。

その後、糖尿病が再発し2年間十両で足踏みしたが1997年9月場所に千代大海らと共に新入幕を果たし、幕内定着を成し遂げた。

幕内昇進後は付き合いも増え、外食で酒も飲むようになったため、幕内上位まで番付を上げた矢先に糖尿を悪化させ、十両に陥落した。

十両に下がっても自分の相撲が取れなくなり、2000年5月場所には幕下に陥落。

翌7月場所に十両に復帰したが2場所で再び幕下に陥落した。

2001年1月場所には、勝ち相撲で右膝関節の負傷し休場が続いた。

三段目に陥落することもしばしばあったが、健闘ぶりを見せていた。

一時は幕下上位に復帰したが2003年1月場所からは6場所連続負け越しが続き、2004年1月場所には序二段まで陥落。

この1月場所の6番相撲では平成以降2例目となる掴み投げでの白星を記録している。

5月場所にはついに幕内経験者の最低地位西序二段79枚目まで番付を下降させた(後に元前頭13枚目の鳥羽の山が西序二段90枚目まで陥落している)。

初日の相撲で白星を挙げたのを最後に現役を引退した。

プロフィール

画像引用元 http://www.zuisen.co.jp

主な成績
生涯成績:356勝375敗21休 勝率.487
幕内成績:78勝102敗 勝率.433
通算在位:75場所
幕内在位:12場所
各段優勝
十両優勝:1回(1995年9月場所)
三段目優勝:3回(1993年3月場所、2001年9月場所、2002年11月場所)
序ノ口優勝:1回(1992年3月場所)

引退後は準年寄・若ノ城の後、年寄・西岩を襲名し、後進の指導に当たった。

2007年5月場所後に日本相撲協会を退職します、この理由は定かではありません。

 

一時期は高校の先輩である元広島東洋カープ・投手の安仁屋宗八の紹介により、プロ野球マスターズリーグのディレクターを勤めていた。

土俵の取り組1番勝負から15の取り組みへ、華麗なる転身は母へ恩返し

しかし第2の人生として会社勤めをするも、慣れないデスクワークと運動不足により、糖尿病の症状は悪化。サラリーマン生活を送っていた33歳の時には突然背中に激痛が走り、医師から告げられた病名は「腎不全」。5年後の生存率は30%と宣告される。

助かる方法は腎臓移植しか残されていないという絶体絶命のピンチ。その窮地を救ったのは実の母親だった。

腎臓がほぼ機能していない状態まで症状が悪化し

医者からは

「人工透析か腎臓移植の選択」

を迫られたのです。

糖尿病が悪化の一途をたどるなか
若ノ城さんの母親が決断します。

自らの腎臓を息子に提供すると。

腎臓提供者の適応基準では70歳。

決して若い年齢での提供といえず
危険を伴うものだったでしょう。

手術は無事成功して命を繋ぎます。

 

当時64歳であった母から腎臓の提供を受け、その後は妻の食事管理や、高校以来となる柔道の練習も再開、この時の母の子を想う気持ちが63歳でも行動を起こさたのでしょう。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

2017年4月には、1日3回のインスリン注射を打ちながら、介護施設に勤務していることが伝えられている。現在はなんと介護事業所を運営しているようです!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

墨田区にある「デイサービス花咲」
ご挨拶

墨田区に20年住んでいる元力士が地域に根付くデイサービス目指し立ち上げました。定員10 名の少人数だからできる、日常生活動作をリハビリとする“生活リハビリ”を採用、“ありのままに自分らしく” を全力で支援します。デイサービス花咲引用

取り組み15番はデイサービス花咲のホームページにて確認できます。

第15の取り組み

「何はともかく自由で、楽しく、自分らしさ生活を支援します」

そう書いています。

デイサービス花咲

住所:東京都墨田区太平2-14-12

錦糸町駅より徒歩5分

電話:03-6658-4344

FAX:03-6658-4644

Email:hanasaki@wj9.so-net.ne.jp

公式サイトhttp://hanasaki-sawa.wixsite.com/hanasaki-1

★2018年1月12日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)

助かる方法は腎臓移植しか残されていないという絶体絶命のピンチ。その窮地を救ったのは実の母親だった。

当時64歳であった母から腎臓の提供を受け、その後は妻の食事管理や、高校以来となる柔道の練習も再開、この時の母の子を想う気持ちが63歳でも行動を起こさたのでしょう。

この想いが高齢者をお世話することで恩返しになるとこの事業を起こさせたのではないでしょか。

1か月半に及ぶ入院生活でのこの言葉が

「最終的には周囲に誰かがいるってことだけで
自分は立ち向かっていけるかなと思います」

高齢者への想いが母への恩返し、こんな生き方って素晴らしいです。

常に病気と言う土俵で戦ってきた男の介護はどの人の介護よりも温かい気持ちのわかる、

優しい介護になっているのでしょね。

もっと、この親子関係に興味のあるかたは2018年1月12日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)

腎臓移植から11年。若ノ城は、63歳という高齢で息子に腎臓を移植した母親と故郷・沖縄で再会。カメラの前で母と子の知られざる人間ドラマが明らかになる――。を是非ご確認下さい。

★若ノ城の結婚や子供は

フライデイーの予告では、子供さんと奥さんらしき方と一緒に出演されていましたので、子供さんと奥さんがいるようです。

奥さんが真理さん、

クリックすると新しいウィンドウで開きます

子供さんが10歳で宗哉くん。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

仲が良くてとっても幸せそうなご家庭でしたね。

持病の糖尿病があり、現在は一日3回インスリンを打ちながらの生活を余儀なくされているという若ノ城。

ご家族には大変苦労をかけたと番組内で話をされていました。

現在は大分痩せて、毎日通勤で自転車を使い、健康的な生活を心掛けているようですが、ぜひぜひご家族のためにも健康には気を付けて欲しいですね。

人生は決して1人でいきていけるものではないですね。

この若ノ城さんの生き方でそう学びさせて貰いました。

 

 

 


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390