筒井麻衣画像は母親だけではなく人間失格が分かる! ネグレクト(育児放棄)の顔ここにあり

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

今日、皆様にお伝えしたいことは3点です。

1、筒井麻衣画像 2、ネグレクトは母親だけではなく人間失格だ 3、母として生きてくれをテーマに僕なりに紐解いていきます、それでは早速参りましょう。


スポンサーリンク





筒井麻衣画像でわかる、ネグレクトぶり

筒井麻衣の画像

これは母親の顔ではなく、男を求めている顔ではないかと、少しキツい言い方かもしれませんが僕はこの事件の愛の方向の向き方に悲しくなります。

大阪府箕面市の集合住宅の一室で筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4)に暴行を加えて殺害したとして、母親の無職筒井麻衣容疑者(26)と交際相手の無職松本匠吾容疑者(24)らが殺人容疑で逮捕された事件がどんどんと解明されていっています。

クリスマスの25日未明に亡くなった4歳児は「SOS」を何度も発していた。行政側はそれに気づきながら、救うことができなかったと、行政側もこの事件では、本当に悔しい気持ちでいっぱいではないでしょうか。

こんな理由があります。

大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)は、2016年5~6月に2回、当時は同府池田市に住んでいた筒井歩夢ちゃんと弟(2)についてネグレクト(育児放棄)の疑いで通報を受けた。

兄弟を一時保護し、親族の支援が得られるとして母親の麻衣容疑者(26)のもとに帰したという、これは行政側にしてみたら、これ以上の介入はできないのは親族が支援と名のりをあげたからでしょう。

こんな事情から、大阪府池田から、逃げていくように、同府箕面市に転居した後の今年1月にも「子どもの泣き声や母親の怒る声がする」と通報があった。

センターの職員が自宅を訪ねて麻衣容疑者と話をし、その後、「一定の改善がみられた」として主な対応を箕面市に委ねたという、この頃には男の存在はなかったのでしょう。

箕面市教育委員会は25日、記者会見し、

5月に歩夢ちゃんは弟と市立保育所に入ったが、当初は1週間ほど通ってこなかったと明らかにした。

7月ごろには、兄弟が風呂に入らず、あまり服も着替えていないことに職員が気づき、8月に家庭訪問を開始。

11月中旬から兄弟が姿を見せなくなり、

12月上旬に職員が兄弟に自宅で面会すると、弟のほおにあざがあった。麻衣容疑者は「階段から落ちた」と説明し、弟も「落ちた」と話したという。

市教委の小西敏広・子ども未来創造局担当副部長は「いま思えば、弟のほおにあざがあったとき、深刻な事態になっていると重要視すべきでなかったのかと思っている」と述べた。


スポンサーリンク





母親だけではなく人間失格だ、頼むから母として生きてくれ

「近所に娘家族が住んでいて、2才の孫娘を連れて週1回はうちに来るが、ご飯を食べたら、娘とばあさんが2人がかりで風呂に入れてる。」こんな何気ない幸せを何故、この母親は出来なかったのであろう。

クリスマスイブと言えば家族でいつもより美味しいご飯と豪華なケーキを笑顔でサンタさんの話題で、また笑顔。

これが「温かい」なんです、母親の「ぬくもり」で、男が拳をあげていることにヘラヘラしていることは、あってはならないのです。

「夢に歩く」で名をつけたのならば、起こる障害は生涯をかけて守ることが親なのではないでしょうか。

行政だけでは個人の事だと、家族の問題だと言われれば、動きたくとも動けないのではないでしょうか、この事件で心を痛めているのは行政の人も、きっと同じでしょう。

最後にこう言いたいです。

「次に産まれて来る時は温かい母親のいる家庭でたくさん甘えて育って欲しい」


スポンサーリンク






Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1390