スポーツ

駒澤大学 駅伝部 メンバーで 圧倒的な強さでぶっちぎり2019年第95回箱根駅伝の予選会まとめ

投稿日:

Pocket

 

 

 

日本のお正月の風物詩と言えばこたつでミカン。

だけではないでしょう、そう、1月2日に行われる箱根駅伝ですよね。

2019年1月2日(水)、3日(木)第95回箱根駅伝2019!全出場校23チームの紹介

第95回箱根駅伝2019の全出場校23チームのうち、既に出場が決まっている

シード校10チーム

青山学院大学※11年連続24回目

東洋大学※17年連続77回目

早稲田大学※43年連続88回目

日本体育大学※71年連続71回目

東海大学※6年連続46回目

法政大学※4年連続79回目

城西大学※2年連続15回目

拓殖大学※6年連続40回目

帝京大学※12年連続20回目

中央学院大学※17年連続20回目

★関東インカレ成績枠1チーム

日本大学※2年ぶり88回目

★選抜1チーム

関東学生連合

残り11チームが

東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地で、2018年10月13日(土)開催される

2019年第95回 箱根駅伝予選会 で決まりましたね。

 

第95回箱根駅伝2019予選会総合結果

1位駒澤大学10:29:58 53年連続53回目

5位片西 景④61分50秒

11位伊勢翔吾④62分38秒

13位山下一貴③62分46秒

17位中村大聖③63分10秒

19位加藤 淳②63分12秒

21位伊東颯太②63分13秒

22位中村大成③63分15秒

23位下 史典④63分15秒

26位堀合大輔④63分17秒

29位神戸駿介②63分22秒

33位白頭徹也④63分30秒

60位小原拓未②63分57秒

5㎞1位-

10km1位-

15㎞1位-

最終1位

5-10km1位

10-15km1位

15-最終1位

【予選突破校まとめ】

1位、駒澤大学※53年連続53度目

2位、順天堂大学※8年連続60度目

3位、神奈川大学※9年連続50度目

4位、國學院大学※3年連続12度目

5位、明治大学※2年ぶり60度目

6位、東京国際大学※2年連続3度目

7位、大東文化大学※7年連続50度目

8位、中央大学※2年連続92度目

9位、国士館大学※3年連続47度目

10位、山梨学院大学※33年連続33度目

11位、上武大学※11年連続11度目

第95回・箱根駅伝予選会の各紙記事の紹介

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、来年1月2、3日)の予選会が13日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21・0975キロで関東の39校が参加して行われ、各校10人の合計タイムで上位11校に与えられる本大会出場権を争った。

2018年の箱根駅伝12位で9年ぶりの予選会となった駒大が10時間29分58秒のトップで53年連続53度目の本大会出場を決めた。

本大会には、予選通過校のほかシード権を獲得している10校、記念大会のため関東学生対校選手権の最近5大会の成績で出場権を得た日大、オープン参加の関東学生連合を加えた計23チームが出場する。

平成最多となる6度の総合優勝を誇る駒大が、そのプライドを立川で見せつけた。

チームトップ、全体5位となる1時間1分50秒でフィニッシュした片西景(4年・昭和第一学園)を皮切りに、かつて箱根路で圧倒的な強さを誇った白地に藤色のユニホームが次々とフィニッシュラインを駆け抜ける。

チーム10番目が全体29位で走破し、2位の順大に7分の大差をつける圧勝に大八木弘明監督(60)も「ホッとした。駒沢の強さをアピールできた」と会心の表情だった。

集団となって上位でゴールし圧倒的強さをみせた駒大の選手たち

戦う場所はここではない-。そんな思いを走りに込めた。片西は「ほかの大学とは力の差がある。トップ通過は当たり前だと思っていた。常に優勝争いをしないといけないチーム」と言い切る。主将の堀合大輔(4年・青森山田)も「ここにいてはいけない監督」と、出雲、全日本を含めた学生3大駅伝で最多タイとなる通算21勝全てに携わっている大八木監督を予選会に連れてきてしまったことを自戒する。

今季はチームの目標に「2・5冠」を掲げる。予選会のトップ通過を0・5冠、残る全日本と箱根を優勝するという意味だ。堀合は「1位で通らないと意味がないと思っていた。出るからにはぶっちぎりで通って本戦で戦うつもりだった」と胸をはる。コースや時期、コンディションの違いもあるため単純に比較はできないが、ハーフマラソン1時間4分切りの人数は12人に達し青学大の11人をもしのぐだけに可能性は秘めている。「全日本と箱根でも戦えると実感できたので、優勝できるよう頑張りたい」と堀合。1997年の神奈川大、2013年の日体大に続く史上3校目となる予選会からの下克上優勝を目指す。

Pocket

-スポーツ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

団野村氏とは 現在 経歴は会社社長 元楽天監督の野村克也氏と野村沙知代さんの画像が涙を誘う

野村沙知代さん亡くなる、野村克也氏の妻 85歳 https://t.co/FZ4iUaqUj0 @nikkansports #npb — ふくださん (@fukudasun) Decemb …

大坂なおみ コーチ陣が素晴らしい!茂木奈津子トレーナー唯一の女性スタッフ裏コーチングとはナニ?顔画像や経歴は学歴は?

テニスの全米オープンで日本選手として初めて四大大会のシングルスを制した20歳の大坂なおみ選手。飛躍の1年をサポートした「チームナオミ」と呼ばれるコーチやトレーナーが、四大大会の最終戦でも大坂選手をしっ …

日大水泳部 自殺したA選手の名前は?自殺の背景には裏事情があった!池江璃花子がこんな報道の日に日大に合格してしまった,,,

また日大水泳部に疑惑が2年前の2016年7月、日大水泳部の1年生A選手が水泳部の学生寮と隣接するプールの女子更衣室で自殺その時にA選手の死は公にはならずで2年後の今、文春の報道で明らかに、本日は『日大 …

西岡剛 引退OR戦力外通告で古巣ロッテに復帰?井口監督はどう動くか?文春の過去記事が2人の絆紹介しております,,,

阪神タイガーズで剛といえばモデル系の2人を阪神ファンなら即答できることでしょう。その内の1人西岡剛選手が戦力外通告をうけました。全盛期の姿を知っている阪神ファンならこの一報は悲報としかいいようがないで …

日本ボクシング連盟役員の田中秀子と内海祥子って何者?山根会長の敵か味方か?人なり調査!

日本ボクシング終身名誉会長の山根明さんの忖度は時代遅れ感満載で昭和の雰囲気を醸し出しています、では、その取り巻きの日本ボクシング連盟の役員について女性幹部2人をピックアップして本日は『日本ボクシング連 …