スポーツ 相撲 訃報

輪島(輪島大士氏)大相撲の元横綱 死去 死因は咽頭がんを患っていたから?貴ノ花が永遠のライバル懐かしの画像動画まとめ

投稿日:

Pocket

大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去、本日は『輪島(輪島大士氏)大相撲の元横綱 死去 死因は?咽頭がんを患っていた貴ノ花の永遠のライバルの訃報にみんなのコメントは?』をテーマに記事を書かせていただきました。

 

本日も最後までお付き愛ください。


スポンサーリンク





大相撲の第54代横綱輪島大士氏(本名・輪島博)死去

輪島大士が逝ってしまった……

引用元:ツイッター投稿

 

大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。70歳。石川県出身。

輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。

大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。

日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。

1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、第54代横綱に。初土俵からわずか3年半のスピード出世だった。

横綱時代は故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築いた。

輪島氏は81年春場所で引退。

花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。

その後はプロレスラーに転身。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況が続いていた。


スポンサーリンク





みんなのコメントまとめ

・北の湖さんをまさに追うようにですね。

輪島さんが相撲協会を辞めてからも北の湖さんは番付表を送り続けていたとか。

一流のライバル同士の友情だったのだろう。

あの頃は先代貴乃花もいたし、まさに国技だったな。

すごく寂しいです。ご冥福をお祈りします。

 

 

・向こうで貴乃花の親父と相撲談議に花を咲かせてください。合掌。

 

 

・波乱万丈の人生でしたね。ご冥福をお祈りします

 

 

・本当にある時期を境にぷっつりと姿を消したよね・・

引退してからはいろいろあったと思うけど間違いなく「昭和の大横綱」でした。ご冥福をお祈りいたします。

 

・私は北の湖の大ファンでした。
小学生の頃、千秋楽の日曜日、
全勝の北の湖と全勝の輪島が対戦し
結びの1番で優勝が決まる…と言うのを
楽しみに興奮して見ていました。

北の湖も強かったけど
輪島も本当に強かった。

私にとっては、大相撲が一番面白い時代でした。

心からご冥福をお祈りします。

 

・現役でなく、バラエティーのイメージが強い世代ですが、おおらかそうな人柄と面白さが印象に残っています。
残念。。。

 

・貴ノ花,輪島,北の湖…。一時代を築いた人が去っていくのは本当に寂しい。
あの頃はまさに大相撲って感じでワクワクしながら見ていたな。ご冥福をお祈りします。

 

・色んな事に挑戦された密な人生でしたね。
ご冥福をお祈りします。

相撲界に明るい話題がないですね……。

 

・この人は身体が異常にデカいのが特徴という一種異様な相撲界で、横綱は強くてシュッとしてカッコいいという別格感を出していた。長い間まるで見かけなかったが、残念です。ご冥福をお祈りします。

 

・横綱としても凄かったですが、全日本プロレスに入団してからの天龍との試合は凄かったですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

輪島大士 わじま-ひろし

・本名:輪島博。

・生年月日:昭和23年1月11日生まれ。

★経歴

日大で2年連続学生横綱。

昭和45年花籠(はなかご)部屋に入門し,幕下付け出しで初土俵。

46年7場所で入幕。48年21場所で54代横綱となる。

左下手からの投げは「黄金の左」とよばれ,北の湖とともに一時代をきずく。

56年引退。

優勝14回。

花籠部屋をついだが,61年廃業。プロレスラーをへて,学生援護会顧問。石川県出身。日大卒。


スポンサーリンク





喉頭がんをわずらっていた

2016年の記事です。

大相撲の第54代横綱の輪島大士氏(68)が14日、都内で開かれた豊響の結婚披露宴に出席し、盟友だった北の湖前理事長の死去後、初めて公の場で取材に応じた。咽頭がんの手術を受けて発声が困難なため、筆談で対応。前理事長の死に「本当にびっくりしました。(雑誌で)対談をして良かったなと思いまして、そのすぐですから、がっくりしました。思い出はたくさんありました。私のライバルでしたし、本当に感謝しています」と打ち明けた。

豊響の師匠の境川親方(元小結両国)が日大の後輩と、長い付き合いもあって出席。自身の体調には「大丈夫です。毎日50分ウオーキングをやっています。時間があったらハワイとか外国へ行きますよ」と親指を立ててにっこり笑った。

(引用元:https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1604818.html)


スポンサーリンク





輪島さんと貴ノ花さん

まとめ

角界に風雲がまた告げられたこの時期に

皮肉にも昭和の大横綱の訃報。

角界への警鐘かもしれません。

本日の記事はここまでです。

ご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク





Pocket

-スポーツ, 相撲, 訃報

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

皆川夏穂 中学,高校,大学比重はロシア,新体操が彼氏練習中のすっぴんがかわいい,選手生命“ハタチ”がピークの情熱でも私服が気になる“20歳”「全ては東京五輪でメダルを獲得するため」

【情熱大陸】 2018年4月8日に放送される『情熱大陸』に新体操選手の皆川夏穂(みながわかほ)さんが、出演することで、話題になっています、皆川夏穂さんといえば、リオデジャネイロオリンピックに出場し、新 …

上原浩治の登場曲『Sandstorm』「来たーっ!」「時間とペースの奪い合いである」世界一を知る“優勝請負人”は巨人に残す爪痕とは帰ってきた上原浩治を語るうえで外せない話とは

【世界一を知る“優勝請負人”】 2018年開幕、圧巻のピッチングにいぶし銀を感じた野球ファンばかりでは、今日は上原浩治の登場曲『Sandstorm』「来たーっ!」「時間とペースの奪い合いである」世界一 …

伊調馨 告白文「陰湿パワハラ」首謀者がいた、告発者Bとは何者?本当の目的は復讐か

【黒幕ってどういうこと】 伊調馨 が告白文をだしたとばかり思われていたこの「陰湿パワハラ疑惑」い首謀者がいた、告発者Bとは何者?本当の目的は復讐なのか?そんなテーマで今日は記事にしていきます、それでは …

渡辺正昭日体大監督経歴はもともと黒い豊川工時代の体罰問題とはなに?顔画像は?

またしてもスポーツ界にパワハラです、日体大は7日、陸上競技部の渡辺正昭駅伝監督(55)によるパワハラ報道について取材して事実確認をしています、豊川工時代からの因縁がここに来てまた再発、本日は『渡辺正昭 …

内田正人監督日大アメフト辞任会見第炎上,次期監督候補はコーチ佐藤知浩氏の昇格を希望との声あがる

【取り戻せるか】 日本大学アメフト部の内田正人監督が辞任の会見が酷いと、内田正人の犯した罪とはなんだったのでしょう、そして次期監督はおかしくなった日大のアメフト部を過去の「知」で戦うショットガンを生み …