スポーツ

奈良判定選手名前は佐々木康太と中嶋一輝,モザイクなし動画は山根明会長ボクシング道の被害者たち!現在は?

投稿日:2018年8月2日 更新日:

Pocket

山根明会長と言えば奈良判定動画も話題の1つです、本日は『奈良判定選手名前は佐々木康太と中嶋一輝,モザイクなし動画は山根明会長ボクシング観の被害者たち!現在は?』をテーマに記事にさせて頂きました。

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク



奈良判定選手名前は佐々木康太と中嶋一輝,モザイクなし動画

山根会長が奈良所属の選手が有利になるように指示をし、不当な判定、いわゆる“奈良判定”を強要したとする告発した試合モザイクなし動画

・今バイキングで見たけど、本当に最後赤の人はレフェリーに手を上げられるの一回拒んでるね。 両方の選手が可哀想だ。

・会長が悪いのは当然として、会場の意のままにスコアを付けるジャッジ達も腐ってる。それほどわが身がかわいいか。

・いわゆる奈良判定という業界で有名な八百長判定の一種です。ボクシングやる者なら子供でも知っていますよ。奈良出身である山根会長が、審判員に対して奈良県の選手に有利に判定するよう恫喝するものだから、当然審判員は忖度するしかないんですよね。いずれ問題になるなとは思っていましたがやっぱりメディアから叩かれましたか、、、

 

心しか痛みません。

 

奈良の選手(赤)は中嶋一輝さんの現在 勝った人

試合後のリング上で中嶋選手から佐々木選手に「ごめん」

2015年度国体成年の部バンダム級優勝者(アマチュア)

「ナオヤ世代」の雄がまた1人、プロの扉をたたいた。ボクシングの大橋ジムに1日、今春卒業した芦屋大4年で関西リーグMVPを獲得した中嶋一輝(23)が加入した。

アマ戦績は72勝(30KO)15敗。大学3年では国体も制した有望株だ。右利きのサウスポーは、「前の手(右)をよく使います。右フックが自信あります。型があまりないのがスタイル」と自負した。

小6で始めたボクシング。右構えを左に変更した理由が、大橋ジムとの縁を感じさせる。「中1の時に最初の試合で、ボコボコにされて、右ではダメだなと思ったんです」。その相手は、2階級制覇の現WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(23=大橋)。当時から将来を嘱望されていた「怪物」に厳しい現実をみせつけられたのだが、巡り巡り、その10年後には大橋ジムの同門となった。「良い刺激です。追いつきたい」と志す。

もともとは奈良朱雀高を卒業したらプロになると決めていたが、芦屋大の樋山監督に誘われて大学を経由した。「技術もあがったし、そのままプロになっていたらもう引退していたかも。いろいろ勉強になった」と、この4年間の経験を糧にする。春先にはプロテストを受験し、バンタム級を主戦場にする予定。大橋会長は「パンチ力もあるので楽しみ。高校でも尚弥に負けた悔しい思いがある。4年間で力をつけてきたと思う。だいぶ伸びてきている」と期待を寄せた。


スポンサーリンク



佐々木康太選手の現在は?

『山根会長のおかげです』と選手宣誓しなかったことが原因では?
と本人は振り返っているそうですが、

佐々木の父親が特ダネのインタビューされています。

 2016年岩手国体で奈良県の選手が2回ダウンしたにも関わらず岩手県の選手に勝利した。フジテレビでは、試合に敗れた選手の父親を取材し「しっかりと2回、倒してくれたので絶対に勝ったという確信しかなかった。これボクシング競技じゃなくてショーです」と憤慨していた。

その上で奈良県の選手と対戦する時は「当たると普通の勝ち方では勝てないと肝に銘じて指導していました」と明かしていた。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000087-sph-fight

佐々木選手はボクシングに関するものは全て人にあげたりして、ボクシングのない環境にしたそうですが現在はこの告発を受けてまた練習を再開!

奥州市出身の「佐々木 康太(こうた)」選手は、

中学3年生の時にお兄さんの影響でボクシングを 始めました。

高校2年生から5年連続、国体に出場しています。

 “東京国体”で、3位に入賞。

1984年の“奈良国体”まで、4年連続 総合優勝を果たした

この下記のURLに2015年当時の佐々木さんの姿が。

http://www.iat.co.jp/archives/kokutai/2015/09/21/9月21日%E3%80%80#062%E3%80%80佐々木-康太(ボクシング/index.html


スポンサーリンク



奈良判定選手名前は佐々木康太と中嶋一輝,モザイクなし動画は山根明会長ボクシング道の被害者たち!現在は?のまとめ

日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金の不正流用の疑いがある日本ボクシング連盟山根明会長)が1日、公式サイトを通じて一部報道に対する反論の文書を発表。1度は文書が削除されたが、「掲載文について、誤って作成途中の文章が掲載されてしまいました。お詫び申しあげ、改めて掲載をさせていただきます」とし、再度文書を公表した。

文書では、16年リオデジャネイロ五輪代表の成松大介(自衛隊)が15年度にJSCから交付されたアスリート助成金240万円について、日本連盟は山根会長の指示で3分割し、助成対象外の別の2選手にも80万円ずつ渡していたとする件については「遺憾ながら、これは事実」と認めて謝罪。

一方で、(1)国際大会派遣コーチの日当“ピンハネ”への指摘、(2)山根会長が奈良所属の選手が有利になるように指示をし、不当な判定、いわゆる“奈良判定”を強要したとする告発、(3)問題視される会長への過剰接待の指示については真っ向から反論した。

この文書は公表から1時間後に一時削除され、さまざまな憶測を呼んだが、およそ1時間後に連盟は再び「掲載文について、誤って作成途中の文章が掲載されてしまいました。改めて掲載をさせていただきます」と再び公表。文章の一部表現や役職に修正が入った文書が公表されたが、対応に混乱している様子がうかがわれた。

なお、午後4時現在、告発状を作成した「日本のボクシングを再興する会」の中心人物を批判し、山根会長が日大の客員教授に就任した経緯を説明していた「ご報告補足」の文書は再公表されていない。


スポンサーリンク



 

もう、老人は

 

スポーツ界から

 

引退したほうがいい

 

理由は齢を取り

 

人から注目は受けえるが

 

受け続けないものは

 

勘違いや舐め感でてきて

 

小さい国の王様や独裁者に

 

小いさく、たまに

 

スポットが浴びる世界

 

アマチュア

 

もう指導者の年齢制限や

 

権力の任期を決めていく。

 

動画の時代なんて

 

テープレコーダーすら

 

知らないのに

 

いつか崩壊する

 

大国なんて

 

住人には

 

住みにくさしかないです。

 

本日の記事はここまでです。

 

最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。


スポンサーリンク



Pocket

-スポーツ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

  1. 星野なな子 より:

    山根の影響で殺す気持ちでボクシングを殺るという空気になったらそれは害悪でしかないわけだが。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

柿沢史歩の兄は柿沢貴裕!犯行動機は年俸は650万円でも借金!2012年の心意気はどうこへ,,,

巨人でまたまた不祥事今度は窃盗です、柿沢貴裕外野手(23)2018年5月から6月にかけて計12回ジャイアンツ球場内のロッカー室から同僚のバット、グラブ、ユニホームなど計約110点盗み中古ブランド品買い …

山根明 嫁歴代と経歴時系列まとめ!現在の嫁が辞任(動画/全文)後押し!韓国人文甲明氏から山根姓に!人生が壮絶でヤバい,,,

嫁もキャラ色が強い!助成金流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明した。嫁もキャラ色が強い!時を同じくして文春砲が炸裂!本日は …

稲村亜美 始球式で中学生に襲われる動画はココ!Twitter,インスタが神対応の画像もココ、ネットの塩対応もココ

【酒池肉林V神スイングで神対応】 稲村亜美が日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式の始球式で出場予定の選手に囲まれたことについて騒然となったこの事件は稲村亜美の神対応で沈静化?しかし、ネット …

稲村亜美 中学 始球式で群がる球児を怒鳴って止めた「世田谷西」のキャプテンってダレ?Twitterでは聖人レベルとの声上がる

【いましたよ~】 この集団心理のワルノリレベルをこえた事件の中に「聖者」がまざっていたことが判明しました、止めることが当たり前だと言う人もいれば、よくあの場面で言えたと称賛の声もそんなTwitterの …

田中英寿理事長がラスボス?経歴,年収,顔画像,優子,山口組との関係って興味あるのは仕方ねぇじぁねぇか~

【もう、人間として好奇心しかない】 日大アメフトの悪質タックル問題で数々の登場人物が出できている悪質タックル問題劇場にラスボス降臨か,ここにきて俄然注目され始めているのが、日大の理事長である 田中英寿 …

今日の話題の記事