裏口入学問題

東京医大 佐野貴徳以外の裏口入学リストの受験生や親の名前は?裏口しても卒業できない理由に納得

投稿日:

Pocket

文部科学省・前局長の佐野太容疑者(58)は、大学側から支援事業に関して便宜をはかるよう依頼され、その見返りに息子の試験の点数を上乗せして入学させた、受託収賄の疑いで逮捕されてたこの事件が派生しています、裏口入学リストの存在が明らかにまりました、本日は『東京医大 佐野貴徳以外の裏口入学リストの受験生や親の名前は?裏口しても卒業できない理由に納得』と言うテーマで記事にさせて頂きました。

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





東京医大 佐野貴徳以外の裏口入学リストの受験生や親の名前は?

【画像】合格ライン達さない受験者に「論文で…」 実際の書きこみ

佐野容疑者に便宜をはかるよう依頼していたとされる、東京医科大学の臼井正彦前理事長と、鈴木衛前学長は、事件への関与を認めているという。

こうした中、FNNが入手したのが、東京医科大学の内部で作成されていた、いわゆる“裏口入学リスト”だ。

裏口入学リスト…紹介者・関係者がズラリ

こうした“裏口入学リスト”は、大学幹部の指示のもと、長年にわたり作成されていたという。
FNNが独自取材で入手したリストは、臼井前理事長が大学幹部だったころに作成されたものとみられ、17人の受験者の氏名が記されていた。

さらに受験者の氏名に加え、大学のOBである親の氏名・卒業年度、OBを紹介した東京医科大学の関係者の氏名、他にも「内科OB」や「孫」「○○病院副院長」など、具体的な立場の表記が並んでいる。
また、1人の紹介者が2人の受験生を紹介していたパターンもみられる。

このリストが作成されたのは試験の前月。公正でなければならない大学入試の直前に、東京医科大幹部から入試選考委員に渡されていたのだという。

受験生を“優先順位マーク”で区別

さらに、別の年に作成された文書には、裏口入学の手口がより鮮明に記されていた。

手書きの文字で「第一候補」「第二候補」に選別された受験生の氏名には、「最優先で合格させる受験生」のマークである二重丸、次いで、マルやバツのマークで優先順位がつけられている。

さらに、氏名の隣には、一次試験である学科試験の順位も。

東京医科大学では、上位220人までが補欠を含め合否を分けるボーダーラインだといわれているが、「二重丸」がつけられた受験生の中には、試験結果が220位に満たないとみられる受験生も。

241位と記された受験生の名前には、大学幹部の名前に続き「メイ(=姪)」と書きこみがあり、血縁者であることが強調されている。

297位と記された受験生には「論文の順番」と書かれており「論文の点をかさ上げして合格させる」という意味であることが読み取れる。

明らかになった裏口入学の実態。
13日、林文部科学大臣は会見で「そういったことが事実だとすると誠に遺憾。大学教育の信頼を損なう重大な問題である」と話した。

裏口入学のリストの名前などは個人情報もあり公表されてはいません。


スポンサーリンク





東京医科大学の臼井正彦前理事長,鈴木衛前学長は事件への関与を認めているという,裏口入学の実態とは

2017年5月に東京医科大学の私立大学の支援事業である「私立大学研究ブランディング事業」の対象校とするように、当時官房長であった佐野太局長に依頼したといいます。

 

 

引用元:FNN PRAIM

名前:臼井正彦(うすいまさひこ)
生年月日:
年齢:77歳(2018年7月5日現在)
出身:静岡県下田
出身校:東京医科大学

<略歴>
1966年:東京医科大学卒業
1970年:東京医科大学大学院単位取得
1971年:東京医科大学眼科学助手
1973年:同講師
1974~75年:フランスパリ大学オテルデュ病院眼科留学
1978年:東京医科大学眼科学助教授
1987年:同教授
1994年:同主任教授。学校法人東京医科大学理事。東京医科大学病院副院長
2003年:同病院長
2005年:東京医科大学学生部長
2007年:名誉教授
2008年:学長
2013年:理事長就任


スポンサーリンク





<主な学会活動>
1987年:日本眼科学会評議員
1993年:日本網膜硝子体学会理事。日本眼科学会理事
1994年:日本眼科手術学会理事・監事
1998年:日本眼感染症学会理事。日本眼炎症学会理事長
1999年:日本角膜学会評議員・監事。日本眼球銀行協会研究助成金選考委員・監事。日本失明予防協会評議員
2000年:日本眼感染症学会副理事長
2001年:日本眼薬理学会理事
2002年:日本眼内レンズ屈折手術学会理事
2003年:日本性感染症学会理事
東京医科大学を卒業し、フランスパリ大学オテルデュ病院眼科に留学。
東京医科大学眼科の助教授
眼科学会の理事や監事で学会ほとんどが理事となっていることから眼科ではかなりの権威をもっていることがわかります、権威を表す記事を紹介しておきます。

東京医科大学は,臼井正彦理事長(77歳)の苗字を借りて「臼井大学」だと呼ばれていたという報道もあった。
ある大学関係者は「幹部は臼井理事長のいうことを聞かないと大学で生きていけない雰囲気があり,東京医科大は『臼井大学』とも呼ばれていた」と話し,「今回のような問題が起きるのは,トップが強権的に物事を進める体質が大学にあるからではないか」と続けた。

一方,臼井理事長の手腕を評価する声もある。別の大学関係者は「強引で学内には敵もいたが,経営センスに優れ,現場を大切にする人でもあった」と語った。
引用元https://www.yomiuri.co.jp/national/20180706-OYT1T50023.html


スポンサーリンク





裏口しても卒業できない理由に納得

ここで実に興味深いブログを見つけたので引用させていただきます。

最後のリンクを紹介しておきますので他の記事も興味深いなの覗いてみてください。

以下、引用文です。

佐野貴徳君がバレずに東京医科大学に入学・在籍していたとしたら(仮想空間の話題)

すでに東京医科大学医学部1年生に在籍していた佐野貴徳君であるが,医学部の学生であれば2年次以上の行路には,つぎのような課題(勉学でのきびしい鍛錬)が待ちかまえている予定であった。

※「医学部は勉強・実習が大変」※

この点についてはなんとなく想像がつくかと思われるが,実際にどのように大変なのか説明したい。医学生も1年目は,ほかの大学生と同じ一般教養の単位をとる。この1年目は,いわゆる大学生のようなキャンパスライフを過ごすことができる。

2年目からは専門科目,医学の勉強が始まり,ここからが大変である。どの科目も教科書は分厚く,授業は分かりにくく,テスト範囲は膨大である。さらにどの科目も落とすことができない。どれか落とすと即,留年となる。

3・4年生になると基礎から臨床よりの勉強になっていく。こうなると消化器科・耳鼻科などの臨床科ごとにほぼ毎週テスト。さらに4年末にはCBT・OSCEという二大試験があり,1~4年までで習った全分野が試験範囲となる。
 補注1)CBTとは “Computer Based Testing”の略称で,コンピューターを利用した試験の総称である。
補注2)OSCEとは, “Objective Structured Clinical Examination” の略称で,客観的臨床能力試験のことである。
補注3)日本の医学部・歯学部・薬学部6年制課程の学生は,臨床実習に上がる前に,このCBTとOSCEの2つに合格することが臨床実習に進むための条件となる。

5年生になるといよいよポリクリが始まる。ポリクリ(ドイツ語の Poliklinik で,外来患者を診療すること)とは,実際に病院でおこなう実習のことで見学が主となるが,レポートなどの課題が課せられる。実習についていくだけでも,かなりの勉強量が求められるハードな実習である。

6年生,国家試験の足音が聞こえてくる。医師国家試験に受からないと医学部を卒業しても医師になることはできない。最後の学生生活,死にもの狂いで勉強する。そんなわけで医学生は,試験前は死にかけながら勉強している。実習中も同様である。
註記)「〈医学部の大学生活〉現役生が明かす恋愛・バイト・勉強【9つの真実】」『イカした医学生』2017/03/03,更新 2018/05/20,https://spl-med.xyz/entry/igakubu/

ごく単純化して断わっておくと,このよう教程をたどって勉強をしていく医学部の学生に要求される学力(実力・能力)は,私大でも偏差値のいちばん高い大学・学部,つまり早慶に受かるかそれ以上の水準だといわれている。そうでないと,その勉学には着いていけない。

 

ということで,佐野貴徳君はまだ1年生だから大丈夫であったと想像しておくとして,2年生以上に上がったら,たいそう苦労させられる可能性が待ちかまえたと観測しておく余地も「あった」。

 

しかし彼は,事情が事情だけに多分,近いうちに自主退学を余儀なくさせられるのではないか。東京医科大学側がいまごろ「合格を取り消す」ということは,やりにくい対応である。

引用元:http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1071894920.html

 

最後は実の力がなければ人を救うことはできないでしょう。

悪事はバレるものであるともよくわかりました。

 

家族とはなんなんでしょうか?

 

こんな写真まで晒されて,,,

 

裏口入学そこまでした事でなにが得れたのでしょう。

 

この家族が今後また笑い合えるのはいつなのでしょう。

 

そんな日を心待ちにしておきます。

 

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク





Pocket

-裏口入学問題

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした