事件事故から学ぶ

麻原彰晃 四女の名前は松本聡香(仮名)さん,ブログで現在(父の罰)の心境を告白!文章に心が滲む,,,

投稿日:

Pocket

オウム真理教元代表の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚の死刑が2018年7月6日執行されその遺体を誰が引き取るかで今後の展開に変化がでるのではと話題になっています、生前に麻原彰晃死刑囚は「遺体を誰に引き取って欲しいか」と問われた際に「四女」と答えたのである。四女と言えば松本聡香氏だ。 一体なぜ、麻原彰晃氏はそのような発言をしたのか?
本日は「麻原彰晃 四女の名前は松本聡香(仮名)さん,ブログで現在(父の罰)の心境を告白!文章に心が滲む,,,」をテーマに記事を書かせていただきました。

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク



麻原彰晃死刑がもたらしたもの

執行前、松本元死刑囚が「遺言」を残したという。

四女は、教団後継団体との決別を宣言し、松本元死刑囚ら両親と「縁切り」している。松本元死刑囚の刑が執行された6日には、「一度の死刑では足りないほどの罪を重ねたが、彼を知る人間の一人として今はその死を悼みたい」とするコメントを発表した。

四女に遺体を引き取る意思があるかどうかは不透明だが、他の親族らは7日、連名で上川陽子法相ら宛ての要求書を提出。「(松本元死刑囚が)特定の人を遺体の引き取り人に指定することはあり得ず、到底納得できない」として、妻(59)に引き渡すよう求めた。

法曹関係者によると、執行された死刑囚の遺体は、本人の遺言などによる指定がなければ、配偶者を最優先に引き渡される。仮に四女が引き取りを拒否した場合、妻に引き渡される可能性が高いという。

妻は後継団体「Aleph(アレフ)」と関係があるとされ、公安当局は、妻が引き取った場合、元死刑囚の「神格化」が進む恐れがあるとして、警戒を強めている。

四女は2017年、代理人の滝本太郎弁護士とともに記者会見し、横浜家裁に松本元死刑囚ら両親を相続人から外すよう申し立て、同年10月に認められたと発表。子どもからの申し立ては異例で、四女は「家族の下を離れ、信仰とも完全に決別している」と話していた。

死刑が執行されたオウム真理教の松本智津夫元代表(63)の妻らが7日、東京拘置所に安置されている遺体の引き渡しを求めて、上川陽子法相と同拘置所長あての要求書を提出した。一審で、松本元代表の主任弁護人を務めた安田好弘弁護士が明らかにした。

要求書は妻のほか、6人の子どものうち長女と四女を除いた4人の連名という。6日に死刑が執行された松本元代表の遺体について「極秘の安置所に安置し、葬儀などの儀式はせずに弔い、遺骨は金庫に厳重に保管管理する」としている。また、拘置所側の担当者が「松本元代表が他の人を遺体の引き取り人に指定した」と説明しているとしたうえで、「精神状態からすればあり得ないと考えている」と反論している。

死刑囚の遺体の引き取り先は、死刑囚本人の意向などを踏まえて決められる。公安当局や警察当局は松本元死刑囚の遺体が、教団から派生・分裂した団体の信徒にとって、信仰対象になることを警戒している。

朝日新聞社


スポンサーリンク



オウム真理教の後継団体は現在、「Aleph(アレフ)」のほか、分派した「ひかりの輪」、2015年に独立した新組織「山田らの集団」が活動している。

警察当局などによると、3団体の拠点施設は15都道府県の計35カ所に上り、信者数は国内に計約1650人、ロシアにも約460人いるとみられる。

アレフは現在も松本智津夫死刑囚(63)を「尊師」とあがめて祭壇に写真を飾り、称賛するDVDを信者に視聴させるなど、絶対的帰依を強調した「原点回帰」路線を徹底している。一方、ひかりの輪は松本死刑囚からの脱却を主張。東京地裁が団体規制法に基づくひかりの輪への観察処分を取り消したが、公安審査委員会が1月、3団体への処分を更新した。

アレフでは13年以降、松本死刑囚の妻による次男の教団復帰に向けた動きに三女が反発し、内部対立が勃発。新組織が独立する原因になった。このため警察当局は、教団の主導権争いに影響を与えかねない松本死刑囚の遺体や遺骨の帰属先についても、高い関心を寄せる。3団体による信者の奪い合いなどに発展する可能性もあり、情報収集を強化する。

過去には、ロシア人信者による松本死刑囚の奪還計画が表面化したこともあり、報復行為など不測の事態も警戒する。死刑執行は法相が指揮書に署名することで最終決定されるため、要請があれば家族を含め、法相身辺の警護を強化する。

ある警察幹部は「教団脱会後も松本死刑囚を信奉し、何をするか分からない人物もいる」と話す。そのため警察当局がリストアップしている警戒対象者は現役信者に限らず、団体に属していない元信者も含まれるという。


スポンサーリンク



2010年現在の麻原彰晃 四女の名前は松本聡香さん

https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/08/shoko-asahara-cremains_a_23477393/

名前:松本聡香(まつもと さとか)仮名

生年月日:1989年4月

年齢:29歳(2018年7月現在)

出身地:山梨県

「最も霊的能力が高い!?」といわれて麻原彰晃から寵愛を受けていたとされる

四女の松本聡香さんについてを紐解いていきます!

麻原彰晃の四女の名前は仮名で松本聡香と名乗っています。

麻原彰晃死刑囚が逮捕された1995年当時6歳でした。

麻原彰晃には妻である松本知子との間に6人の子供がいます。

娘が4人で息子が2人となっていて四女聡香さんは4番目の子供となっています。

聡香さんの弟として2人の息子さんがいる構成です。

2010年にカミングアウト本を出版。

私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか ~地下鉄サリン事件から15年目の告白~」


スポンサーリンク



この本のレビューを紹介させて頂きます。

・詐病かどうか?
P37 L4
「さとか…」それは、私にだけ聞こえるくらいの小さくて懐かしい父のこえでした。
父は右手で自分の口を覆い隠すようにして、笑い声でごまかすように、
私の名前を呼んだのです。
看守は気付かなかったようですが、私には聞き取れました。
いや、おそらく口の動きが見えていなければ私も聞き逃してしまったかも知れません。
→これだけで、詐病と判断するのはいかがなものか?
さとか…と呼んで欲しかっただけではないか?

・四女は機能不全家庭に育ち、自分を認めてくれる存在を求めているようだ。
母性に包まれたいと思っている。
江川氏とうまくいかなかったのも、四女が、江川氏に母代りを求めたのに対し。
江川氏が、自立への手助け程度にしか思っていなかったからではないか。

2006年に四女の未成年後見人となる意向を表明。

教団から離れて自立したいという
四女からの強い希望があって、
四女自ら江川さんにメールを送って
これを江川さんが承諾しました。

家庭裁判所を経て、正式に未成年後見人となった。

しかし、進路や生活に関して
様々な形で自立支援をしてきたが、
その後、四女は住んでいた家を出でる。

詳しく知りたい人はWIKIのリンク貼ります。

 

・本をかいた、三女、四女とも、教団とは距離を置きたいと考えつつも、
(元)教団関係者の中で育ち、そこでの生活しかしらない彼女らには教団から距離を置く事は難しいようだ。

・被害者に謝罪したいと考えているわりには、教団のなかで居場所を探そうとしたり、本当に被害者に謝りたいのだろうか?と考えてしまう。

・彼女が恵まれない環境で育ったために、自己肯定感を育めず、半ば贖罪妄想のようにも感じる。
また、本当に被害者の気持ちをくみ取るというよりは、謝罪した方が世間受けが良い…という打算的な考えも感じてしまう。

彼女には自己同一性が乏しいようだ。

彼女には罪はない。
彼女には、自分で居場所を見つけ、彼女自身の人生を歩んで行ってほしい。

 

・麻原彰晃の娘というオウムの核心に近いところにいた著者が書いた本だけあって、内容はとても新鮮であった。
父が犯罪者であるという変えられない運命を背負い、日々苦しみながらも必死に生きている著者のことを思うと、彼女に辛く当たる世間に怒りを覚える。しかしその一方で、この本を読んでいると、著者自身がオウムの信仰から抜け出せていないように感じる記述もあり、著者を疑ってしまっている自分がいる。

当事者以外に、本当の気持ちが理解できる人はいないのか。

 

・この本には矛盾する内容が多い。自分は被害者のことを考えていると訴えたいのだろうが、そのことが本当なのかどうかが疑われる内容になってしまっている。

例1) 地下鉄サリン事件を知らなかったという前提で話が進んでいるが、小学生の頃に「私が総理大臣の名前も知らなかったため、恥をかいてはならないと新聞をとるようにもなりました」と書かれている。裁判の状況など報道されていたが、全く目に入らなかったのであろうか。

例2) 「私は医者になって命を救うことで償いをしたい」と言って江川紹子後に後見人になってもらったのに、「アルバイトより学業に専念するように言われて、自分は何のために家を出たのだろうと自問する日々が続きました」となぜか自問している。

例3) 「母は父の浮気や愛人に子供を産ませていることは、父が逮捕されるまで知らなかったようです」の次のページには、「愛人が父の部屋に入ると、ドアの前では母がウロウロして中の様子を窺っていました」と母親が愛人の存在を知っていたことが前提になっている記述がある。

他にも矛盾する内容が多数ある。

教団から逃れたいといいながら、江川氏に後見人になってもらった後に、アレフやひかりの輪の信者らと隠れて連絡をとるようになり、「(宗教的な)啓示を受けた」「救済しなければ」などと信者らに話していたという。当然だが、このことには触れられていない。

対立当事者であるひかりの輪が書いていることなので、真偽のほどは分からないが、
「四女の著作の記述の中で、上祐や江川昭子氏に関する記載に誤りがありました。その際に、出版した徳間書店に問い合わせた際には、記載された事実の裏取りはしておらず、「(四女の)自伝的な色合いの濃いもの」だという返答が書面で送られてきました」とある。

これが本当であれば、徳間書店も、全体的に事実ではないと認めていることになる。多数の矛盾する内容を含む書籍を事実の裏取りをしたとは言えないのであろう

 

・麻原彰晃こと松本智津夫の四女の手記。
彼女自身を含めて松本智津夫の家族が元信者たちの支援によって贅沢な暮らしを続けていたことに強い違和感を感じていたことがこの本を書く動機になっており、オウムや松本智津夫を美化したり弁護することなく、おおむね率直な告白に見える。(ちなみに妻・松本和子、三女は少なくともこの本が書かれた時点でも元信者たちの援助を受け続けているとのこと)
それゆえオウム、オウム関係者たち、松本智津夫に関する告発・暴露的要素もあり、オウムに関する一資料としても興味深く読める。
アレフや上祐史浩についても、その危険性を告発、警告しようとしている。
松本智津夫に関しても率直に彼の愚かさ、醜さ、理不尽さ、恐ろしさを描いていて、いまだに彼に親しみと敬意を抱いている三女とは対照的である。
また松本智津夫が詐病であることを明言している。逆に三女は詐病ではないと主張しており、この点についても対照的である。
絶版になってしまったようだが最近、三女が手記を出版したこともあり、三女の主張を検証する意味でも、この本の再出版が望まれる。
(図書館などで借りることは可能だが)


スポンサーリンク



2017年現在は麻原彰晃 四女の名前は松本聡香さんは父松本智津夫との関係に苦悩

麻原彰晃・死刑囚の四女が訴える 「親と縁を切れる制度を」

以下の記事はhttps://www.huffingtonpost.jp/2017/11/21/matsumoto-satoka_a_23283805/を参考にしております。

四女の松本聡香さんが2017年11月21日、都内の司法記者クラブで記者会見を開いた時のことです、

・幼い頃から麻原彰晃死刑囚のことを一度も「お父さん」と呼んだことはない。

・陶器入りのオムレツを食べさせられた。

・真冬に薄着で何時間も立たされたりして死にかけたこともある

・暴力を振るわれる虐待を受けた。

・養育を信者に任せ、保育園や幼稚園に通わせなかった。

教祖の娘にもかかわらず、父親のやっていることは理解できなかったといいます。

聡香さんの冒頭のあいさつを抜粋する。

————

2006年1月より家族の元を離れ、2007年秋ごろ信仰とも完全に訣別し、それからは社会で生きてきました。

事件が起きて教団の信者や幹部が逮捕されたのは、私が5歳から6歳のころでした。

2〜3歳のころから窓のない一人部屋で生活していました。

弟が生まれると、母の部屋に行っても「ここにはあなたの居場所はない」と追い出されたのです。

父親のことは、私は今も昔もほとんど父親とは思えません。私が生まれたとき父は「グル」であり「教祖」でした。私は一度も「お父さん」と呼んだことはありません。最初から「尊師」でした。

破片入りのオムレツを食べさせられたり、真冬に薄着で何時間も立たされるなど父の命令で死にそうになったことがあります。

今の日本では親子の縁をなくす制度がないので、現行法で出来ることはしましたが、生きていくにはまだ障害が残っています。戸籍で家族が繋がっていることと、親の記載があることです。結婚や出産などができません。気持ちの問題もありますが、現実の問題でもあります。

著しく問題がある親との縁を切れる制度があった方がいいと私は思います。戸籍をなくすこと、また親の名前を空欄にするなどです。

オウムの後継団体には、一連のオウム事件の被害者の方に誠意を持って謝罪と賠償をして欲しいです。被害者の方や社会の不安をなくすために早く解散して欲しいと思います。


スポンサーリンク



ブログで2018年現在の心境を告白!文章に心が滲む,,,

2017年に

—父親の麻原死刑囚に対してどう思っていますか? 死刑執行の是非についての考えは?

父母については生んでもらった恩はあるけど、育ててもらった恩はないと思っています。生みの親ではありますが、親として心に浮かべることは、あまりありません。

私は死刑執行を望むとは思ってないし、言ったこともありません。父の罪の重さを考えると死刑の執行以外に責任を取る方法はないと思うので、当然だと思いますし、執行されるべきだと思っています。

そう語っています。

こちらがブログです、一記事シャアさせていただきました。

以下、四女さんが、信者さんらに伝えたいこととして文章をもらいましたので、アップします
**********
大雨の被害で亡くなられる方がいる中、実父が最後の最後まで世間をお騒がせしていることを心苦しく思っております。本当に申し訳ございません。

松本元死刑囚の最後の言葉の件につきましては、指名を受けた私自身が大変驚きました。しかし、それは実父の最後のメッセージなのではないかと受け入れることにします。(メディア問い合わせで補充「当面、東京拘置所保管」を前提にて)
捏造などではあり得ません。現に聖人化される恐れがあっても遠藤元死刑囚の遺体は教団に渡りました。
私は自分が他の親族に比べて実父から愛されたとは最後の言葉を踏まえても思いません。ですが、かなり信頼してくれていたのかもしれないというのは思い当たる節があります。実は知る限り彼と最後に接見できたのは私だったからです。

松本元死刑囚はおそらく最後は一人の人として葬られたいのだと思います。
私には自分の過去の体験を振り返ると少し彼の気持ちが分かります。信者から神と崇められ、世間から悪魔と憎まれる人生というのはつらかったのではないでしょうか。誰も人として温情をかけてくれないわけですから。

今、実母と、長女以外の姉弟と、信者たちに言いたいことがあります。
どうか松本元死刑囚の最後の意向を尊重してやっていただけませんか。彼は自分で始めたことの幕引きをもはや一人ではできなくなってしまったのです。自分の真意を伝えるのが苦手なのもあると思いますが、あまりに事が大きくなりすぎました。

もう麻原教祖に依存するのは終わりにしませんか。支配されるのは終わりにしませんか。松本元死刑囚のためでもあり、また信者も一人一人の人生を生きるためにです。
実父はもう麻原彰晃ではありません。
その荷を死と共に降ろしたいと願った松本智津夫という一人の人間でした。

松本元死刑囚の罪を増やさないためにも、ご自分が人生をこれ以上台無しにしないためにも報復テロや奪還テロなど絶対にやめてください。今まで松本元死刑囚に従ってきても、これからを彼と心中する必要はないんです。

彼のためには彼を崇めるのではなく、たくさんの人を傷付けてしまった彼の霊がいつか救われるよう祈ってあげることではないでしょうか。

もうオウムを終わりにしませんか。社会を憎むのは終わりにしませんか。そして、改めて自分の人生を始めてみませんか。

残された者が生きて自分と周りを幸せにするのが死者への最大の供養になるはずです。
どうかお願いします。
**********

********
信者さんらへ

7月7日、東京拘置所にて死刑執行後の遺骸と対面してきました。遺骸は間違いなく「松本智津夫、1955年3月2日生」本人でした。四女さんとともに確認してきました。

いろいろ聞いていくと、本人は「松本智津夫」として亡くなりたかったのだろうなぁ、と思います。「麻原彰晃」という存在は元々なかったのだろうなぁ、それも幻影だったんだ、とお伝えします。

2018.7.9.20:53
友人の坂本一家がいなくなった1989年11月以来、皆様と、実にまあ色々となんとも深い縁があった弁護士滝本太郎より。
*******
追伸―上記についても、メディアの方など、どうぞ紹介・転載など、ご自由にしてくださいませ。

ここまでがブログの内容です。

この事件は個人的な意見は発言は控えさせて頂きます。

あくまでも情報の紹介を取るべきがブログの記事を書かせていだだいていることなので。

この麻原彰晃の四女をあなたならどう?考察しますか?

是非、コメントお待ちしております。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます。

上祐史浩なぜ逮捕されない理由は都沢和子を寝取られユダに?天才,イケメンは麻原彰晃死刑執行で何を語たれたのだろうか,,,


スポンサーリンク



Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

相模原市緑区 三友プラント 爆発音 火事画像&動画まとめ,,,被害や出火原因,出火元は調査中!

神奈川県相模原市緑区橋本台にある三友プラントで5月28日、爆発音が聞こえたとの情報が入りました。火災が起きてる可能性も。 発表によりますと5月28日午後8時20分ころ、相模原市緑区橋本台にある三友プラ …

木屋町で転倒させ顔蹴り重傷負わした理由が草生える,名前や顔画像は?この手の事件の四天王は解体業、塗装工、とび職、土建業って何故だろう

【だめよーだめだめ】 木屋町で転倒させ顔蹴り重傷負わした理由が草生える,名前や顔画像は?この手の事件の四天王は解体業、塗装工、とび職、土建業って何故だろうと言うテーマで記事を書かせていただきました。 …

寒川町 男性町議の名前は【Twitterに噂あり】茅ケ崎市内で中学生を車ではねて負傷逃げたのは何故だ、推定無罪をお前が決めるな!

【推定無罪】 寒川町の男性町議が茅ケ崎市内で中学生を車ではねて負傷させ、そのまま逃げるなどした疑いがあるとして、茅ケ崎署が自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で捜査しています、 …

久利悠介の顔画像は公開すべき!執行猶予期間中の犯行じゃねぇか,「またやるぞ」サガはなおらないぞ,これ以上被害者をふやすんじゃねぇ

【あきれた】 逮捕された29歳の久利悠介容疑者、執行猶予期間中の犯行でした。久利悠介の顔画像は公開すべき!執行猶予期間中の犯行じゃねぇか,「またやるぞ」サガはなおらないぞ,これ以上被害者をふやすんじゃ …

竹岡和宏 逮捕 現在の仕事はリーブイット代表取締役、場所や事業内容を調査していく!

滋賀県警は元プロ野球の投手で、会社役員の竹岡和宏容疑者(43)=同県栗東市十里=を暴行容疑で現行犯逮捕し、発表した。容疑を否認しているという事件が起こりました、今日は竹岡和宏容疑者の経歴や顔画像、FA …

話題の記事!