事件事故から学ぶ

久保木愛弓 顔画像 経歴は,犯行否定の手紙あり当時の大口病院では何が起きていたのか?

投稿日:

Pocket

2016年7月~同年9月にかけて50人もの入院患者が死亡した大口病院ですが少なくとも2人の患者を殺害した犯人の看護師が2018年7月7日に逮捕されました。供述によると「20名以上の患者を手にかけた」と取り調べで語り平成最後の大量殺害事件に発展する可能性もでてきました、本日は「久保木愛弓 顔画像 大口病院事件の31歳犯人の名前、,当時の大口病院では何が起きていたのか?」をテーマに記事にさせて頂きます。


スポンサーリンク




久保木愛弓 顔画像 経歴は

今回、逮捕された犯人はまだ名前が公表されていませんが2018年7月7日の18時過ぎに

逮捕の一報がでました。

 

名前:久保木愛弓
年齢:31歳
住所:神奈川県横浜市鶴見区
職業:大口病院の元看護師


スポンサーリンク




警察の事件発生から2年までには逮捕して解決したいと言う想いから証拠も少ないなか、聞き込みなどコツコツを重ねて執念で当時、大口病院で看護師として勤務していた31歳の女性に自供までもっていたのです。

薬品を使う犯罪は証拠を見つけるのが難しいのでしょう、紀州のドンファンやカレー薬物なども薬品を使う犯罪も逮捕や犯人確定にも時間がかかっていますから。


スポンサーリンク




久保木愛弓 犯行否定の手紙あり

当時入院していた西川惣蔵さん(当時88歳)と八巻信雄さん(当時88歳)の点滴に

殺菌作用が強い消毒液「ヂアミトール」を混入させ二人を殺害した疑いで

警察に事情聴取を受けており犯行を認めているそうです。

逮捕される前に受けたインタビューでは自分が疑われていてショックを受けていると発言していました。

2015年のゴールデンウイークごろに大口病院に就職し事件後は容疑者として関係者や世間から疑われことをキッカケに2016年11月に退職しています。

その後、一度他の病院で看護師として再就職するのですが

いろいろあって長くは続かずに退職し昨年2017年の9月の時点は無職で

精神安定剤などの薬を飲みながらひっそりと暮らしていたみたいです。

病院内でも変わり者として有名で

他の看護師仲間に対してのいじめで

ペットボトルに漂白剤を入れたり

白衣を引き裂いたりした張本人ではないか?

とも疑われていたみたいですね。


スポンサーリンク




大口病院は横浜市にあった当時病院でなにがあったのか?

2016年9月に入院患者である西川惣蔵さんと八巻信雄さんの2名が不審に死去した。

 

病院内で何者かが両名の点滴に異物を混入させた為に起きた悲劇であり、
警察は大口病院に相当な恨みをもつ人間の不特定多数の患者を
ターゲットにした犯行であると捜査をしていた。

 

ところが、事件から2年近く経った現在も
未だに何故、点滴に異物が混入されており、
それをした犯人が誰なのかを特定出来ていなかった。

 

当時の大口病院の院長である高橋洋一氏は

内部の関係者ということも否定は出来ないと、コメントしているた。

 

理由は

点滴に異物を混入させた方法というのが、
注射器を使って使用する人間が細工されたことに
気づけないようにしているからだ。

 

これは到底、素人では全く思いつかない方法であり、
当然、病院のあらゆる備品が何処にあるのか?や、
医療の知識がある人間であることを示している。

 

病院内で作業をしていても、
怪しまれることがない人間で無ければ、
この様な犯行が出来ないという推測から、
内部の者の犯行である線が極めて高いのだ。

 

 

大口病院は点滴に異物が混入されて
入院患者2名が亡くなっている事件が発覚してからは、
入院患者の受け入れを停止。

 

2016年末までに診療体制を縮小して、入院病棟を閉鎖した。

 

それまで入院していた患者は系列の病院などに転院をさせて、
事件が起きた当時の看護師も全員、退職させていたのだ。

 

新しい院長も鈴木峻氏が就任して、
事件が起きた入院病棟などを全面改装。

 

そして、現在は入院患者の受け入れを再開しており、
今後は病院の名前を変更することも検討している。

 

大口病院の事件が発覚してから、
ネット上では犯人は鈴木えみこという人物であると囁かれていた。

 

元の情報源は某巨大掲示板でのものであり、
どうやら当時、大口病院に勤めていた看護師の名前が
流出したものであったようだ。

だが、犯人として警察は
やはり当時、働いていた看護師に焦点を絞っていることは
週刊誌などの取材で明らかになっている。

 

その内容は当時の大口病院で
看護師内でのいざこざや変わり者がいたということを
暴露するものであった。


スポンサーリンク




当時の大口病院では何が起きていたのか?この時の久保木愛弓

看護師内のいざこざとは、いじめ問題や患者に対する
暴言、そして内部告発などのケースを指している。

 

Aという看護師は2016年8月に
陰湿ないじめを受けていたことから、神奈川署に相談していた。

 

自身の白衣が切り裂かれ、
飲んでいたペットボトルに漂白剤などが混入されているなどの
イジメに遭っていたという。

 

Bという看護師はAへのいじめを見かねて、
市の方に病院内部で起きているイジメなどをメールで通報。

 

更にはツイッターで大口病院で
当時、起きている情報を外部に拡散させたのだ。

 

 

 

 

中でも非常に興味深いのはいざこざを起こしていた
看護師が既に警察に事情聴取を受けていたということだ。

 

それが久保木愛弓という看護師であり、
これは院内でも変わり者であるという話であった。

 

患者の飲み残しの飲料を口にしたりしながらも、
自身は極度の潔癖症であった。

 

更に寝たきりで自由が利かない患者に
暴言を吐いていたこともあり、この久保木愛弓がAを
いじめていた張本人であったようだ。

 

別の週刊誌は久保木愛弓の母親にインタビューをしており、
母親の証言から明らかになった事実は以下の通り。

・久保木愛弓は大口病院に勤務してから1年ちょっとであったこということ。

・久保木愛弓は警察から事情聴取を受けていた

・久保木愛弓は問題の患者の点滴に異物が混入された日には休んでいたということ
そして、これら看護師が勤務していたのが、事件が起きた4Fの病棟で起きていたことなのだ。

 

ここまでは事件当初から言われていました。

だだ、証拠がなく、警察は逮捕までたどり着くことが困難でした。

しかし、警察の執念が逮捕までいきつくことに今後もかなりの自分の手にかけた

人数が明らかになるでしょう。

この事件については今後も記事にさせていただきます。

本日の記事はここまでです。


スポンサーリンク




Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

稲岡和彦 FACEBOOK,高校,加古川の実家,生野区の住所,個人情報が駄々洩れ,,, 小西優香さんの私生活も駄々洩れ,,,

兵庫県加古川市の権現ダムで11日、大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体が見つかった事件。兵庫県警は18日、死体遺棄の容疑で大阪市西区の森翔馬容疑者(20)と大阪市生野区の稲岡和彦容疑者(42)の2 …

内山茉由子 FACEBOOK顔画像は看護婦でない黒い帽子を被っている,あのフィットネスクラブ?

【内山茉由子さんの現在に近い顔画像】 「本当にいい子だった。人の悪口を言わないような子。普段は静かだが、話し出すと止まらないような感じ。笑顔が印象的」と中学時代の同級生が内山茉由子さんのことをそうかた …

下田伊於利 逮捕で顔画像より気になる、近畿大学の名前がでたのはナゼ?看護婦さんが見てた動画はナニ?

【ろくでなし】 近畿大学の下田伊於利容疑者。警視庁によると下田容疑者は去年10月、愛知県に住む20代の女性に有料動画サイトの料金が未払いになっているとウソのメールを送り、電話をかけてきた女性にコンビニ …

上平和彦 逮捕で顔画像が流失か!なぜシャンプーを万引き?自分で使うつもりだったんだろうか?

【クレプトマニアと、なんでもかたずけるな】 上平和彦 逮捕で顔画像が流失か!なぜシャンプーを万引き?自分で使うつもりだったんだろうか?と無駄なことを考えながらこのき記事を書きました。   今 …

JR越後線 女の子が列車にはねられ死亡「 小学生?」に疑問の声上がる,他殺の可能性もあるんじゃないのか?

【モヤモヤ感アリ】 JR越後線 女の子が列車にはねられ死亡「 小学生?」に疑問の声上がる,他殺の可能性もあるんじゃないのか?と言うテーマで記事にしました。 本日も最後までお付き愛くだい スポンサーリン …