訃報

桂歌丸 死因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?日本の潜在患者数は約620万人 症状や治療法は

投稿日:

Pocket

クリックすると新しいウィンドウで開きます(引用元)

2018年7月2日に悲しい報道が日本中に,,,あの誰にでも愛されていた桂歌丸さんの訃報、死因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)という聞きなれない響きに驚いた人たちも多いのではないでしょうか?本日は「桂歌丸 死因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?日本の潜在患者数は約620万人 症状や治療法は」を信頼性の高い記事からまとめてみました、もちろんそのリンクも貼っていますので詳しく知りたい人はそちらの記事をじっくりお読みください。


スポンサーリンク




桂歌丸死去!死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD)桂歌麿さんの人物像

「桂歌丸」の画像検索結果

(引用元)

桂歌麿さんを紹介するのならばこう紹介するのが一般的かと

「笑点」の第一回からのメンバーで、終身名誉司会者でもあった落語家の桂歌丸さん。

番組の人気コーナー「大喜利」では6代目三遊亭圓楽(楽太郎)さんらとの罵り合いが視聴者に親しまれ、番組でも人気を博した。

2006年には5代目三遊亭圓楽さんの司会降板により、「笑点」5代目司会者に就任。

その後も、度重なる病気を患ってきたが、それらを「笑い」にかえながら活動し続けた。

これまでも、誤嚥性肺炎や背部褥瘡(じょくそう)などで体調を崩してきた歌丸さんだが、死因は慢性閉塞性肺疾患。

女性の描き方が抜群にうまい落語家だった。そのしっとりした芸風は生い立ちと無縁ではない。生家は横浜の遊郭。幼い頃から遊女の所作を目にし、独特の話し方を耳にして育った。

ラジオで聞いた落語にのめり込み、中学3年生のときに新作落語で知られる五代目古今亭今輔に入門した。ところが、古典志向の歌丸さんは破門状態となり、一時期は化粧品のセールスマンとして働いた。落語への未練は断ちがたく、三遊亭扇馬のとりなしで兄弟子の桂米丸の弟子となって復帰がかなった。

長年にわたって人気テレビ番組「笑点」のメンバーを務めたが、人気におごることなく、「脇役こそが似合っている」と自任して、読書や歌舞伎観劇などで自分を深めながら、こつこつと埋もれていた噺を発掘、自分なりのアレンジを加えて口演してきた。「毛せん芝居」など歌丸さんでしか聞けない噺も多かった。

こうした地道な努力を続け、落語家として本当に開花したのは60歳を過ぎてから。現代では演じる者の少なくなった三遊亭円朝作の「真景累ヶ淵」に取り組み始めたころからだ。絶妙の間と噛んで含めるような語り口、さらに独特の色香を発する所作で、円朝の世界を見事に描いてみせた。

「笑点」では4代目三遊亭小円遊や6代目三遊亭円楽を相手にした罵倒合戦が有名だったが、その人柄の良さは万人の認めるところだった。楽屋での取材では周囲に気を使い、どんな質問にも丁寧に言葉を選びながら答えてくれた。

平成16年には落語芸術協会の会長となり、18年に出版した自伝『極上 歌丸ばなし』にこう決意を記した。《噺を残すのも落語ファンを残すのも我われ噺家の責任です》

芸を競い合った5代目三遊亭円楽が19年、脳梗塞のため落語家引退を決めたときには《まだやれる。高座で間違ったり忘れることは誰でもあるんですから。引退したらただのじいさんになってしまいます》と愛情のこもった言葉を贈った。三遊亭楽太郎が6代目円楽を襲名する際には、所属団体が違うにもかかわらず後見人を引き受け、襲名興行を見事に仕切った。

晩年は病との戦いが続いたが、高座への意欲を失うことはなかった。落語と仲間を心から愛し、人間として、落語家として誠実に生き切った。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000560-san-ent


スポンサーリンク




2020年には世界の死亡原因の3位になると予測されている慢性閉塞性肺疾患(COPD)。

2018年7月2日に桂歌麿さんが慢性閉塞性肺疾患(COPD)という聞きなれない病気でお亡くなりになりましたと言うことは文頭にもかかせていただきました。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気の特徴などを箇条書きにしてみました。

・日本の潜在患者数は約620万人なのに治療を受けているのはごく一部。

・20年以上喫煙していると発症しやすいため、早い人では40代で発症する場合もある。

 

・たばこの煙などの有害物質によって、肺が炎症を起こす病気

 

・COPDの患者は、気管支ぜんそくが併存している場合も少なくない


スポンサーリンク




COPDの治療法とは

治療の基本は

「禁煙」

最も効果的な治療生・活環境全般の空気をきれいにする

「薬物療法」

東京女子医科大学病院呼吸器内科教授の玉置淳医師はこう話す。

「薬物治療によって肺をもとの状態に戻すことはできませんが、息切れなどの症状を軽減し、進行を予防することで生活の質を保てます。最終的に、COPDによる死亡を防げるのです」

気管支拡張薬で狭まった気道を広げることで呼吸が楽になり、息切れが軽減。

気管支拡張薬にはいくつかの種類があり、重症度によって選択されるが、その基準を大きく変えたのが2013年に承認された

「長時間作用性抗コリン薬(LAMA)」と「長時間作用性β2刺激薬(LABA)」の配合薬。

従来最初に選択されることが多かったのがLAMAで、効果が十分に得られないときにLABAを追加するというケースが一般的だった。

作用の違う薬を併用することで、気道をより広げることが期待できる。

LAMA・LABA配合薬も発売当初は、LAMA単剤で十分な効果が得られなかった場合や重症患者に限り、使用されてきた。

しかし最近は、軽症でも最初から配合薬を使用する傾向があるという。

「例えば高血圧の薬は効きすぎると血圧が下がりすぎる弊害がありますが、気管支拡張薬の場合は効きすぎて困ることがありません。このため、最初から効果の高い薬を使用するほうが、患者さんも効果を実感でき、吸入治療を続けやすいと考え、第一選択薬として使用されるケースが増えてきたのです」(玉置医師)

「COPDは進行すると薬物治療の効果が得にくく、在宅酸素療法が必要になります。階段や坂道を上ったときに今までに感じなかったような息切れがある、咳が2カ月以上続くといった症状があれば医療機関を受診し、早めに治療を開始することが大切です」(同)

配合薬は吸入操作が1回ですむため患者の負担が軽くなることもメリット。

「運動療法」適度な運動をし咳や痰はかなり改善息切れはそれだけでは改善しにくい

「栄養療法」適切な栄養をとる咳や痰はかなり改善息切れはそれだけでは改善しにくい

「増悪予防」

COPDで問題となるのが「増悪」。

風邪やインフルエンザなど呼吸器の感染症を機にCOPDの症状が一時的に悪化し、症状が全身におよぶ状態を指す。血液中の酸素不足により呼吸不全で生命が危険になることもある。また、COPDは糖尿病や心臓病など併存症がよく見られるが、増悪を起こすと併存症も悪化することがあり、さらに重症となる。重症化すると、息切れや咳、痰の症状が続き外出もままならない状態となり、運動能力や骨格筋の筋力低下を起こす。高齢者の場合、そのまま寝たきりになることもある。

そうならないためには、増悪を起こしたらできるだけ早く医療機関を受診することが大切で、症状が起こってから48時間以内に治療を受けることが望ましいとされている

増悪時の主な症状は「息切れがいつもより強い」「痰の量が増えて切れにくい」「痰が黄色くなる」「熱やのどの痛みがある」「食欲が落ちる」などだ。これらの症状があれば自己判断せずに受診したい。

COPDの治療では、増悪の予防、早期治療はきわめて重要である。増悪の原因の多くは風邪などの感染症のため、手軽に受診できるかかりつけ医による早期治療、インフルエンザワクチンを接種するなど感染症を予防することが大切だ。

日本医科大学呼吸ケアクリニック所長の木田厚瑞医師はこう話す。

「以前は“急性増悪”と呼ばれていたように、“増悪”というと急激に症状が悪化するものだと考えられてきました。しかし最近は症状が悪化したまま、時には数週間以上続くタイプの“増悪”が多いことがわかっています。このような場合、“治りにくい風邪”と判断して治療が遅れ、COPDそのものを悪化させてしまうことがよくあるのです」

「COPDの患者さんの場合、風邪のような症状でも、それが増悪の可能性があります。当院ではこのことを知ってもらうための患者さんへの指導を徹底しています。これによりCOPDの増悪で緊急入院が必要となる場合はほとんどなくなりました」(木田医師)

※週刊朝日 「新・名医の最新治療」から

https://dot.asahi.com/wa/2018070200040.html?page=3


スポンサーリンク




桂歌丸 死因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?日本の潜在患者数は約620万人 症状や治療法はのまとめ

やはり、聞きなれない病名は皆さんが気になるのではないかとこの記事を書かせていただきましたが僕の記事だけでは説明不足もあるとおもいますのでここで再び記事のリンクを貼らせていただきますので是非、今一度、そこで確認してください。

https://dot.asahi.com/wa/2018070200040.html?page=1

 

やはり、今後は病気になってからではなく、先に予防していく時代になるでしょうから

桂歌麿さんの訃報の悲しみはありますがここはまず「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と言う名前の病気の特徴や症状を知り「予防」できるならばしていきましょう。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛ください


スポンサーリンク




Pocket

-訃報

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山本kid ガン死去は刺青が原因といわれるワケとは?癌の種類は消化器系!2016年から発症か,ガン公表は区切りだったのか?支えた妻や子供が素晴らしい!

山本KID徳郁さんが41歳という若さでこの世を去った…というニュースが話題になっています、本日は『山本kid ガン死去は刺青が原因といわれるワケとは?癌の種類は消化器系!2016年から発症か,ガン公表 …

小坂明子 息子 不慮の事故死の悲しみで病気(声がでない)の再発が心配?今現在の仕事の影響は?家族はどう支えていけるのか?

【親より先に逝くことは親不孝だと涙する】 大ヒットした「あなた」で知られる歌手の小坂明子(61)の長男でロックバンド「GRANDFAMILYORCHESTRA」のベース・千葉龍太郎さん(享年30歳)が …

朝丘雪路,認知症写真の真相が2ちゃんで騒がれている,認知症が原因で死去,言葉を失う人が続出,,,

【昭和がまた一つ伝説に】 昭和を代表する、時代を表す人たちの訃報が続いています、浅丘雪路さんが逝ってしまわれました、この死去の原因が認知症で認知症で人は亡くなるのかと驚きの声が多数挙がっています、2ち …

津川雅彦 死去 死因は心不全,愛妻の浅丘雪路を追うように,,,悲しみのみんなの反応まとめ!!

俳優の津川雅彦(本名加藤雅彦)さんが2018年8月4日、亡くなっていたことが2018年8月7日、分かった。78歳だった。2018年4月27日、妻の朝丘雪路さん(享年82)が亡くなり、2018年5月20 …

樹木希林 全身ガンのステージ4の末期だったか?「全身がん」とは存在しない?では、どんな症状か?

2018年9月16日に死去された樹木希林(きききりん)さんのガンの状況はどうだったのか全身ガンが転移していた事からステージは4の末期の状態だったのか、2013年の全身がん宣言の過去の記事を紹介して確認 …