訃報

桂歌丸 遺書みたいなインタビュー紹介!若い頃から死去までの落語会への想いとは,,,

投稿日:2018年7月2日 更新日:

Pocket

人気テレビ番組「笑点」の5代目司会者で、古典落語の名手として知られる落語家、桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため死去しました、本日は桂歌麿さんの落語家への「想い」をテーマに「桂歌麿 遺書みたいなインタビュー紹介!若い頃から死去までの落語会への想いとは」と言うタイトルで記事にさせて頂きました。

 

本日も最後までお付きあいください


スポンサーリンク




桂歌丸さん、死去

人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、死去した。81歳。

<引用元:毎日新聞>

81歳での訃報、葬儀は近親者のみで行う。

椎名家と落語芸術協会合同のお別れ会は11日午後2時、横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で。

喪主は妻、冨士子(ふじこ)さん。

人気テレビ番組「笑点」の5代目司会者と言うイメージがある桂歌麿さん、ここからは「笑点」関連の記事を紹介していきます。


スポンサーリンク




日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時半)の5代目司会者・桂歌丸(79)が、5月22日の生放送を最後に、大喜利司会者を退いた時の様子

日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時半)の5代目司会者・桂歌丸(79)が、5月22日の生放送を最後に、大喜利司会者を退くことが分かった。4月30日、スポニチなどが報じた。

東京・後楽園ホールで行われた「笑点50周年記念スペシャル」(5月15日放送予定)の収録に参加。「来週(5月22日)を放送を最後に、大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と勇退を宣言した。

収録後に、大喜利メンバーとともに会見に出席。司会を退く理由について「体力の限界」などと以下のように語った。

「体力の限界です。歩くのが大変に苦しい。歩くと息切れがしてしまう。これ以上続けますと、迷惑をかけてしまう」と、09年に患った肺気腫の影響が大きいとした。昨年夏には腸閉塞(へいそく)で入院するなどしている。

心境を聞かれると「正直言いまして、さみしいですよ。50年間、しゃかりきになってやってきた番組。でもふんぎりをつけなければ席を譲ることはできない」。

桂歌丸が「笑点」司会引退「体力の限界です」 – 芸能 : 日刊スポーツより 2016/04/30 14:54)

今後については、「若い方にお譲りして、60年、70年と続けてください。別に落語家をやめるわけではありません。まだまだ覚えたい話があります。(今後も)落語をやる以外にない」と落語への思いを口にした。

1月に歌丸から引退の意向を聞いたという大喜利メンバーは、

「聞いた時は呆然とした。死ぬまでやったらいいと思っていた」(三遊亭円楽)

「とにかくびっくり。わからない。こういうのを呆然と言うんだな」(林家木久扇)などと語った。

歌丸は今後、終身名誉司会に就任し、「笑点」の直前に放送される5分番組の「もう笑点」には出演する。日本テレビによると、歌丸の後任司会は検討中だという。

歌丸は1966年5月15日に始まった「笑点」の第1回から出演、大喜利メンバーとして活躍し、06年から司会を務めてきた。

https://www.huffingtonpost.jp/2016/04/30/utamaru-katsura-syoten_n_9812862.html

桂歌丸さんと笑点

桂歌丸さんといえば「笑点の司会」という方も多いのではないでしょうか。実際に、焦点の名物司会として活躍されていた桂歌丸さんでしたが、2016年、「体力の限界」を理由に焦点を引退することを明らかにしています。これにより、「笑点」初の終身名誉司会に就任することになりました。

そんな桂歌丸さんと「笑点」の関係が始まったのは、「笑点」の前身番組でもある「金曜夜席」からです。1965年にスタートした「金曜夜席」の第1回から出演していた桂歌丸さん。1966年に今の「笑点」の放送が開始されると、そちらでも「大喜利メンバー」のひとりとしてレギュラー出演されるようになります。1969年の4〜11月に降板していたときのほかは、病気で休演することもありましたが、体調が悪い中出演を果たしたこともありました。

それが、1973年の公開録画の時です。桂歌丸さんは、看護師同伴のもと体調がすぐれない中収録を果たしています。この回は歴代最高視聴率である40.5パーセントをマークするほど話題となったほか、今でも「笑点」の場でネタとして披露される出来事となりました。

2006年から2016年にいたるまでは、「笑点」の司会も務めた桂歌丸さん。ほかの大喜利メンバーとの罵倒しあうシーンも名物でしたが、今はもう見ることができないと思うと寂しい気もしますね。

桂歌麿さんの人柄がわかる笑点でのかけあい

楽太郎「お前な、熱いヤカンをじかにテーブルにのせたら、漆が剥げるだろう!」
歌丸「ごめんなさい。」
楽太郎「剥げてからじゃ遅いんだ!」
楽太郎 ほうきとちりとりで「こんなもんかな・・・?」
歌丸「キレイになったね?」
楽太郎「歌丸の骨、焼きあがりました」
楽太郎 「あーあ、短い一生だったな。」
歌丸 「どうしたの?」
楽太郎 「俺は吸殻、あんた亡骸。」

一見ひどい言い様にも見える、楽太郎こと六代目三遊亭圓楽さんとの掛け合いですが、これには歌丸さんの優しい人柄が関係しています。
実は、新人時代にネタに悩んでいた六代目三遊亭圓楽さんに、ネタは自分のことを使って良いと歌丸さんが言ったことがきっかけとなっていたのです。二人はもちろん仲が悪いわけではなく、「笑点」以外での共演も多く実現されています。

若い頃から死去までの落語会への想いとは

https://hobbytimes.jp/article/20161005a.html

1936年8月、横浜で産声を上げた桂歌丸さん。

本名を椎名巌(しいないわお)さん。

生家となったのは横浜の妓楼である「富士楼」だったそうです。

戦時中の若い頃は疎開先である千葉から横浜が空襲している様子をただ見ていた桂歌丸さん、この空襲で生家もなくしてしまいまったそうです。

しかし戦後おばあさまによってすぐに「富士楼」が再開すると、食料に困ることもなく、当時は貴重であったラジオで落語を聞いていたそうです。

この時聞いていた落語がきっかけとなったという歌丸さん、

小学4年生の時にはすでに落語家になろうと決めていたとされています。

中学に上がると、五代目春風亭柳昇さんの落語を聞いて落語家になる決意を固める。

1951年の中学3年生の時、五代目古今亭今輔さんに弟子入りすることになります。

ここで「古今亭今児」を名乗る。

1954年には二つ目に昇進を果たす。

1961年に兄弟子の四代目桂米丸さんの門下へと弟子入りします。

これには当時の序列問題など、さまざまなトラブルが発端となったのですが、これにより歌丸さんは一時破門状態となり、化粧品会社のセールスマンとして働くようになったそうです。

しかし三遊亭扇馬の肝いりによって落語界に復帰すると、今度は兄弟子の門下として一層芸を磨くようになりました。

その後一時は「桂米坊」を名乗りますが

1964年に「桂歌丸」に改名し、その後ずっとこの名で通っていくこととなります。

1968年には真打へと昇進。

1975年ごろから演目を当初行っていた新作だけでなく古典落語にシフトチェンジすることになります。

1979年には「落語芸術協会」の理事に四代目三遊亭小圓遊さんとともに就任

1999年には副会長に就任

2004年には五代目会長の任に就き、落語界のトップへと躍り出るようになりました。

http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-492672


スポンサーリンク




桂歌麿 遺書みたいなインタビュー紹介!

落語歴65年、御年80歳。桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。声にハリはあるがこの機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実だ。この復帰の直前、歌丸は本誌・週刊ポストに「引退も考えている」と打ち明けた。まだまだ元気なようだが、確実に迫る「死」について考えてしまう日もあるという。おそるおそる「準備はしているのか?」と尋ねると、笑みを浮かべながら、こう続けた──。

ウチに先祖代々残っているのはお墓だけ。横浜の市営墓地にあります。

いまではボタンひとつで簡単に操作できる、納骨堂ってェのがあるらしいじゃないですか。それに入るのも悪い話じゃないなァとは思ったんですが、運営会社が潰れたらアタシたちのお骨はどうなっちゃうんだろうって不安もある。だからアタシも、先祖と同じ墓に入ろうかな、と。

お墓以外に、家族には特に残すものはない。遺言もありません。もしアタシが先に目を瞑ったら、カミさんや子供たちには「後は勝手にやってくれ」となりますね。いちいちアタシが口を出す必要はないもん。そのかわり、カミさんが先に逝ってしまったら、こっちも勝手にやります。たぶんカミさんはヘソクリをたんまり持ってるだろうから、それを拝めるのが楽しみですよ(笑い)。

〈一方、65年という長い歳月を捧げてきた落語界に対しては、伝えたいことがあるようだ。かつて、先代の司会・三遊亭円楽から「後は頼んだよ」と『笑点』(日本テレビ系)と落語界の未来を託された歌丸は、誰にバトンを渡すのか〉

まだ本人たちにもいっていないんですが、

(三遊亭)小遊三さん、

(春風亭)昇太さん、

(桂)米助さん。

同じ落語芸術協会の3人に後を託したいですね。

時が来たら彼らに言葉をかけようと思っています。

『笑点』には、特別言葉はありません。今のアタシはいち視聴者として楽しく観てるだけ。今の『笑点』は昇太さんの司会でうまく回ってる。だからアタシはとやかくいいません。いう立場でもないですからね。

ただし、若い噺家たちには、いっておきたいことがある。

それは「落語を壊さないでくれ」ということです。

落語という文化、そして落語を聞きにくるお客様を残さなきゃならない。最近の若い落語家は、古典落語のなかに「くすぐり(本筋とは関係のないギャグ)」を入れる人がいます。でも、くすぐりは、入れていいものと悪いものがある。その分別がつかない人が多い。

本来なら1時間かかる噺を20分で終わらせて、「オレは器用だ」なんていってる馬鹿もいるけど、古典落語は完成されたもの。むやみやたらに手を加えてはいけないんですよ。そういう連中に限って、人のことは批評できても、自分を見ることができない。「自分を知れ」といいたいですね。

最近はマクラがウケて得意になってる落語家もいるけど、本題のほうがウケなきゃ意味がない。先代の古今亭今輔師匠(歌丸が最初に師事した落語家。1976年、78歳で没)は「噺家は出てきた時の拍手よりも終わって袖に下がる時の拍手のほうが大きくなければダメだ」と仰っていたけど、その通りです。

今は若い噺家がずいぶん活躍して、客層も若返っている。それはいいことだなと思いますけど、若い噺家連中には、勘違いしてほしくないですね。

落語家になって今年で66年目。苦しいことばかりで、楽しいことなんてほとんどなかった。それでも、生まれ変わったらまた、落語家になりたいですね。

(生まれ変わったらまた妻・冨士子さんと一緒になりたいか、との問いに)

それは……どうだろうね(笑い)。

約1時間のインタビューを終え、高座に上がっていった歌丸。落語を終えて楽屋に戻ってくると、鼻につけたチューブを指さしながら記者に「何か違和感ありました?」と尋ねた。「大丈夫でしたよ」と答えると、「そうですか、ウェッヘッヘ!」と、またいつもの笑みを浮かべた。※週刊ポスト2017年2月27日号


スポンサーリンク




桂歌麿 遺書みたいなインタビュー紹介!若い頃から死去までの落語会への想いとはまとめ

81歳の生涯に悔いはないでしょうが

心配は残ったのかもしれません。

落語が漫才の人気に飲まれてしまうのではないかと。

落語は日本の文化です。

しかし、若者の後継者が育っていないことの悔しさ。

どんな状態でもお客さんの前で落語を披露していたのは

後継者に背を見せたかったのでしょう。

しかし、後継者だけではなく、その姿は一般の僕たちの脳裏には刻まれています。

ありがとう、そして天国でも落語の想いを天使さんに伝えれください。

その言葉でこの記事を終わらせて頂きます。

桂歌麿さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク




Pocket

-訃報

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

西城秀樹 嫁の名前は槙原美紀で子供の年齢は,馴れ初めは義姉絵里子の口添え,秀樹の由来も口添え,病気後は口パク

【私生活】   スポンサーリンク   目次1 西城 秀樹死去でしる交友関係2 槙原美紀のプロフィールは?3 槙原美紀さんの実家はどこ?4 西城秀樹と嫁の馴れ初めは?5 子供の年齢と …

no image

朝丘雪路 夫の津川雅彦の現在に不安の声,,,長女誘拐,玩具事業失敗で別居「昭和最後のプレイボーイ」は感謝の想いで溢れかえってるじゃねぇか,,,

【振り返れば愛がいる】 浅丘雪路さんがお亡くなりになり、夫の津川雅彦さんが記者会見に臨んだことでネットでは現在の津川さんの状態のことを心配する声が上がっています、ではこんなは鼻にチューブの状態で公の場 …

西城秀樹 葬儀配布品 転売の画像,出品者も特定!バーモントカレー,ポストカード値段が驚愕!

【由々しき問題だよな】 25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が …

いか八郎 死去 認知症の動画,経歴が波乱万丈,身長144㎝名脇役の遺言的動画にジィーンとくるじゃねぇか

【生き様が舞台であったのでは】 映画「テルマエ・ロマエ」シリーズに入浴中の老人役で出演していた俳優のいか八朗(いか・はちろう=本名近藤角吾=こんどう・かくご)さんが28日午前10時3分、関東近郊の病院 …

西城秀樹 死去 死因は急性心不全で遺書や遺言は?遺産相続の金額に一同驚愕!そのワケとは,,,

【昭和がまた一つ伝説に】 昭和を代表する国民的アイドルの歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが急性心不全のため横浜市内の病院で死去されました、西城さんは家族に残した …

今日の話題の記事