2018ロシアワールドカップ

決勝トーナメント 日本の相手初戦ベルギー注目選手はルカク!プロフィール,プレー動画紹介&ベルギー代表の特徴とは

投稿日:

Pocket

(Twitter画像引用)

日本は決勝トーナメント進出が決定!次戦相手国はベルギーという欧州の猛者との対戦も決定ですが本日はにわかサッカーファンに向けてベルギー代表の特徴や注目選手のルカクのプロフィールやプレー動画を紹介させていただきます、本日は『決勝トーナメント 日本の相手初戦ベルギー注目選手はルカク!プロフィール,プレー動画紹介&ベルギー代表の特徴とは』をテーマに記事を書かせていただきました。

 

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク



決勝トーナメントに出場したが,,,ポーランドに敗れる道を自ら選んだ日本と酷評された

日本代表はポーランドとのロシア・ワールドカップグループリーグ最終戦に敗れながら、フェアプレーポイントにより、決勝トーナメント進出を決めた。しかし、この戦い方に英『BBC』の解説陣から強烈な反発を受けている。

日本はポーランド戦の後半、セットプレーで先制を許す。同時刻キックオフの他会場でコロンビアが先制し、そのまま試合が終了すれば、セネガルと警告数の差で2位通過が可能だったため、攻撃に出ることはせず。1点を奪いに行くことなく、敗れた。

アナリストを務めるマーク・ローレンソン氏は、フェアプレーポイントにより順位決定について否定的な見解を示した。

「結局はとても残念な試合となり、茶番に変わった。もっとワールドカップで順位を決める良い方法があるはずだ。抽選? いやノーサンキューだね」

一方、元北アイルランド指揮官のマイケル・オニール氏は、西野朗監督が選んだ消極的な戦術に信じられないといった様子だ。

「監督として他のチームの試合結果に全てを委ねるのは唖然とさせられるね。日本にはここまで良い意味で少しスポットライトが当たっていたが、私は次のラウンドでボコボコにされるのを望んでいる」

元エヴァートンの選手であるレオン・オズマン氏も同様に日本の戦い方を口撃した。
「日本は良くない出来だった。6人のメンバー変更がそうさせたのだろう。西野監督は明らかにコロンビアが勝つことを期待し、重要な選手をベンチに置いたままにした」

「長谷部が入り、試合をスローダウンさせた。彼はイエローカードの差で突破できることを味方に伝えたのだろう。最後の5、6分は…。両チームとも下がり、ボールを奪おうとしなかった。本当に残念な結末だよ」

「本当に最後の10分は恥ずかしいような展開だった。ワールドカップでは見たくなかったし、茶番だよ」

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00010017-goal-socc)

アルゼンチン『TyC Sports』はこの試合について「東洋のチームは嘆かわしいパフォーマンスで試合を締めた」と報道。またスペイン『マルカ』の試合レポートでは「試合は日本人たちの赤面すべきイメージとともに終了した」と記され、同国『アス』のレポートでは「試合は死に絶え、ナンセンスなものへと変わってしまった」と描写されている。加えて、チリ『プブリメトロ』のレポートでは、日本が「臆面のない」チームであったとの感想を述べられている。

「日本は時間稼ぎを恥と感じず、“フェアプレー”が彼らを助けた。日本のベスト16入りは恥ずべきものと形容できる。日本人たちは臆面のない時間稼ぎで、0-1の敗戦を維持した」

そのほかSNS上で、海外の有識者たちは日本がフェアプレーを行っていなかったと指摘。『ツイッター』では「日本はフェアプレーに背き長ら、フェアプレーでもってグループステージを突破した」「日本はクリーンなプレーを見せなかったにもかかわらず、フェアプレーでベスト16だ」「日本の恥ずべき行いであり、彼らの文化に反している」「ポーランド対日本の最後の10分間を見て、FIFAからフェアプレーが悲しいものであることを説明されたようだ」といった見解が並んでいる。

(引用元:http://www.goal.com/jp/ニュース/日本の文化に反している恥ずかしいフェアプレー日本の時間稼ぎに各国メディア有識者から非難轟々/n4ry3xett3vc1awkxfa48pa8i)


スポンサーリンク



サッカー日本代表 次戦相手国はベルギー!その特徴は?

日程は2018年7月2日の27時ですから丑三つ時ですね。

それんまでにベルギー代表をインプットしておきましょう。

では、ベルギー代表の特徴を箇条書きで紹介させていただきます。

・攻撃陣は破壊力抜群その反面、守備陣は弱い

・プレミアリーグを中心に、活躍を見せる圧倒的なタレント軍団

<ベルギー代表>

GK

ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)

DF

ヤン・フェルトンゲン(トッテナム/イングランド)

ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)

トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)

MF

ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方/中国)

ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)

アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)

トーマス・ムニエ(PSG/フランス)

FW

エデン・アザール(チェルシー/イングランド)

ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)

ボールを奪ったら、最前線のルカクへパス、それが駄目ならデ・ブライネにこれが破壊力抜群の理由です。

中盤に入るヴィツェルが規律よく管理してくれるおかげで、上記のデ・ブライネがクラブの時より低めの位置で、自由にゲームメイク

長短のパスや前への推進力で、試合にリズムを生む役割を担っています。

・欧州予選グループHを、9勝1分けの無敗で首位通過

・得点は予選10試合で、43ゴールって平均4ゴール失点は6

グループH勝敗表
順位 チーム 勝点 試合 得点 失点 得失
ベルギー 28 10 9 1 0 43 6 37
ギリシャ 19 10 5 4 1 17 6 11
ボスニア・ヘルツェゴビナ 17 10 5 2 3 24 13 11
エストニア 11 10 3 2 5 13 19 -6
キプロス 10 10 3 1 6 9 18 -9
ジブラルタル 0 10 0 0 10 3 47 -44

これはつまりグループH自体が弱いということなのではないでしょうか?

見てみますと、ギリシャ以外の国はボスニア・ヘルツェゴビナ、エストニア、キプロス、ジブラルタルとなっています。

これらの国相手に6失点は日本にも得点のチャンスは多々ででくるのではないでしょうか。

しかし、マルティネス監督は

パナマ、チュニジアを破り、2連勝でイングランド戦を迎えた“レッドデビルズ(赤い悪魔)”は、MFケビン・デ・ブライネ、MFエデン・アザール、FWロメル・ルカクの“ビッグ3”を筆頭に、守護神ティボー・クルトワ以外の選手を温存しながら強豪イングランド相手に勝利をもぎ取った。

マルティネス監督は試合後の記者会見で、「勝利は最も重要なものではない。みんなでどこまでも勝ち抜ける集団を作ることが大事。この勝利は結果に過ぎない」と言及。7月2日の決勝トーナメント1回戦で当たる日本は主力6人を入れ替えたが、それ以上のターンオーバー制を敷いたスペイン人指揮官は選手のコンディショニングこそが重要と力説した。

その一方で、「ブラジルと準々決勝で対戦できますが?」と記者から問われると、次のように返したという。

「理想的なシナリオを描けない。好チームもすでに敗退している。他のチームだって敗退危機に立たされていた。自分たちを見つめることしかできない。我々が考えられるのは日本戦のみ。それが最も重要だ」

日本とベルギーの勝者は、ブラジル対メキシコの勝者と対戦するが、マルティネス監督は西野ジャパンをしっかりとロックオンしていた。


スポンサーリンク



最新FIFAランキング

クリックすると新しいウィンドウで開きます

3位です。

2018年の欧州の代表は

▼W杯出場国
※出場枠13+1(開催国ロシア)
ロシア(2大会連続11回目)
ベルギー(2大会連続13回目)
ドイツ(17大会連続19回目)
イングランド(6大会連続15回目)
スペイン(11大会連続15回目)
ポーランド(3大会ぶり8回目)
アイスランド(初出場)
セルビア(2大会ぶり12回目)
フランス(6大会連続15回目)
ポルトガル(5大会連続7回目)
スイス(4大会連続11回目)
クロアチア(2大会連続5回目)
スウェーデン(3大会ぶり12回目)
デンマーク(2大会ぶり5回目)

ポーランドはFIFAランク8位。日本は61位です。

日本代表は、決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦することとなった。アメリカメディア『heavy』は、日本の苦戦を予想している。

ロシア・ワールドカップのグループHを、2位で通過した日本。同日に行われたグループG首位攻防戦でベルギーがイングランドに1-0と勝利したため、決勝トーナメント1回戦で激突することとなった。

『heavy』のリック・ローゼン記者は「W杯優勝候補の1つと最大のアンダードッグが激突する」とし、日本は苦戦するとしている。

 

この対戦に日本のファンのコメントは

日本はベストメンバーで行けば、ベルギーに勝てるとは言えないけど確実にいい試合できると思う。ポーランド戦負けたのは完全にメンバー選びも含めた日本のクオリティの低さだと思う。ベルギーがイングランド戦で主力を温存したように日本も温存している。もちろん選手層の差はあるけど。だからまあそんなにポーランド戦だけでネガティブになる必要は全くないと思う。自国の代表がここまで勝ち上がっているのだから応援するべきだ。

 

・ベルギーはもしかしたら戴冠するかもしれない、日本のW杯の対戦経験の中ではドイツ大会のブラジルと並んで最強レベルの相手。
勝つ可能性は高くないと言わざるを得ない。

でも決してゼロじゃない。
どんなに現実的な戦術でもいい。
ただ、誇りをもって勇敢に戦う姿を見せて欲しい。
世界を驚かせよう!

・5本勝負なら無理でも、1発勝負なら十分勝てる可能性があるのがサッカーというスポーツ。なんとかなるさ。

 

・ベルギーか
ここに勝つ為に温存して、運でもなんとか勝ち上がったんだしやってもらわないとね
ガチのタレント軍団、勝ったら奇跡
奇跡を起こして欲しい
もちろんベストメンバーでね

 

・ポット4なんだから何処がきてもキツい。
トルコやパラグアイの時と違って先を考えず捨て身でいけるな。

 

・過去のベルギーと今のベルギーは相当に違うから、勝ったことある過去は忘れた方が良い。

 

・ここからは負けたら終わり。

ポーランド戦はフェアプレーの差で
勝った。
今度はフェアプレーはない。

アジアを代表して悔いが残らないように
闘ってほしい。

 

・ベルギーは今回かなり強そうだから勝つのはかなり難しいだろうな

 

・過去の成績なんて関係ない
今のベルギーはブラジルにも勝てるレベルにある

・もちろん過去の結果は結果だけどブラジルのような勝てないってほどでもないぐらい欧州のチームのなかじゃ相性よさそうだし、なんとかなる可能性もある

日本との成績は

2014W杯はアルゼンチンに敗れ、ベスト8。

2016EUROはウェールズに敗れ、同じくベスト8

「僕らウェールズは代表フットボールシーンのマンチェスター・シティだ。世界ランクは98位、コンゴ共和国よりも下だからね」引用元:NUMBER

この記事にベルギー戦の攻略のヒントが隠れているかもしれません。

では、日本との相性を見てみます

2002年ベルギー戦とは

 

では、2017年の親善試合の様子を

日本、ルカクに決められ強豪ベルギーに0-1で敗戦

現地時間14日、国際親善試合が行われ、日本代表は敵地ブルージュでベルギー代表と対戦し、0-1で敗れた。

長澤 和輝(浦和)がA代表デビューを飾ったほか、Jリーグ所属選手ではブラジル戦に続いて槙野 智章(浦和)、井手口 陽介(G大阪)、山口 蛍(C大阪)が先発出場した日本。前半は大型ストライカーのルカクを中心に攻めるベルギーにチャンスを作られる場面もあったが、川島 永嗣(FCメス/フランス)のファインセーブなどで凌ぐと、26分には酒井 宏樹(マルセイユ/フランス)のクロスから大迫 勇也(ケルン/ドイツ)がシュート。さらに40分には井手口のFKから吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)が決定的なヘディングを放つなど、ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎える。

後半も日本はいいリズムで立ち上がりを迎え、54分には大迫がミドルシュート。70分には長澤との交代で投入された森岡 亮太(ベフェレン/ベルギー)がクロス気味のシュートを放つも、これはGKミニョレに止められてしまう。チャンスを決めきれずに迎えた72分、日本はシャドリに次々とディフェンスを突破されると、最後はゴール前でフリーになっていたルカクに決められ失点。1点を追う展開となった日本は、このあと途中出場の杉本 健勇(セレッソ大阪)、乾 貴士(エイバル/スペイン)がシュートを放つが、いずれもGKミニョレに阻まれ万事休す。そのまま0-1で敗れた。

(引用元:https://www.jleague.jp/match/japan/2017/111401/recap/)

「ブルージュで日本と戦ったが監督が代わった。そこからチームは大きく変わった。とてもダイナミックなチームだ。オーガナイズされて、テクニックがある。日本の選手たちはとても強い。ここで対戦することになったのは、驚きではない」と

 

このコメント↓↓↓は一番よくこの対戦をみているのではないでしょうか

・今までのベルギーと今回のベルギーは全然違うチームだぞ。

過去の対戦成績なんて全く当てにならない。

べブライネ、ルカク、アザールを止められるのか?

クルトワの壁をこじ開けられるのか?

最後の親善試合も負けてる。

日本の方が格下なんだから、慢心厳禁だよ。


スポンサーリンク



ルカクプロフィール

ルカク~!!!!! 今日2点目!


国籍:ベルギー、コンゴ生年月日:1993年5月13日身長:193cm体重:94kg

利き足:左足

ポジション:フォワード

ベルギー代表のコーチにアンリを迎えているのが大きいです。

ルカクはいつも時間さえあればアンリにアドバイスをもらっている


スポンサーリンク



ルカクのプレースタイルとは長所・強み・ストロングポイント

ルカク最大の武器はそのフィジカルの強さ。

スピードとパワーを兼ね備えた体はそれだけで驚異だという声があがるのは画像からも伝わってきます。

スペースにボールをころがして、ヨーイドンと、走り出すとまずは勝てない。

そもそもスピードは異次元に速く、なんとか体をぶつけられてもびくともしないので、体を入れてゴールまで一直線で突き進むことができるのはこの体があってこそ。

ジャンプ力もあり、打点の高いヘッドも狙うこともできる。

ルカク選手のプレースタイルはポストプレーが真髄で

マンチェスター・ユナイテッドではシンプルなクロスからゴールを決めることも多々ある。

左利きの選手は利き足のゴールに偏りがちだが、このベルギー代表FWは、左足:右足:頭のゴールの比率が、2:1:1とバランス良い。得点パターンが豊富だと言えるだろう。

しかし、実はこんな一面も

普通、大柄な選手がサイドに流れたら

「中央にとどまれよ…」

と思うところだが、ルカクがサイドに流れてボールを持った場合、それはそれでチャンスになる。

右サイドから左足でボールをもってつっかけ、左足でゴールに向かうクロスにリンガードが飛び込む…

といったシーンはよく見られる。

実際、2017-18シーズンのアシスト数は二けたに到達しており、

クロスのうまさを証明しているともいえる。


スポンサーリンク



短所・弱み・ウィークポイント

足元が下手なわけでは決してないが、器用でもない。

また、相手を背負って時間を作るというプレーは多くない。あくまで、前を向いた時に生きる選手の域を出ておらず、そのあたりのプレーの幅は年齢相応。今後の成長に期待したいところだ。

すでにワールドクラスのタレントだが、レジェンドと呼べるレベルには至っていない。

周りを生かすプレーを覚えたなら、プレミアリーグのレジェンド、元チェルシーFWディディエ・ドログバなどと同等の評価を得られるのではないだろうか。

また、マンチェスターユナイテッドに加入以降は、強豪相手にゴールを決められないという批判を受けることも多い。

この弱点は弱点ではないような気もします、

そこまで期待されていると言うことでしょう。

死角ナシとでもいっておくことしかできません。

ルカクのプレー動画


スポンサーリンク



ベルギー代表の弱点はどこ

戦術というか、弱点というかこのベルギー代表をよく表しているのがメキシコとの強化試合後のデ・ブライネの発言でしょう。

「メキシコ代表は僕らより圧倒的に戦術的に優れていた。」

「僕らのウィングバックは押し込まれて、中盤は孤立していた」

「常に数的有利の状態を作られていた」

ベルギー代表は「個の力に頼りすぎている」のです。

前監督の頃から言われているこの組織力の弱さは、解消されていませんね。

攻めるとすれば西野監督の采配に想いをかけるしかないのでは。

決勝トーナメント進出に打って出たボール回し作戦。

ここまで日本を引っ張ってきたのは影の殊勲賞は西野監督。

批判を一身に集めて選手をたたすことのできるチームワーク。

個人ではなく、12人で勝負している日本。

勝てるスキがあるとすればここではないでしょうか。

もう、賛否両論関係なく、日本代表には「悔い」が残る試合だけはして欲しくないものです

所詮は戦っていない人は部外者なのですから。

2018年の7月2日も歴史的な勝利を期待しておきます。

 

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク



Pocket

-2018ロシアワールドカップ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

手倉森誠ジャパン誕生はない!そのワケとは!“軍師”から“指揮官”に,ガラパゴス的な人事ならジャパン没落の懸念アリ,ハリル監督解任はサッカー先進国では考えられない

【ここまで来たのに】 2018年4月の新学期そうそうの出来事でした、「ハリス解任」ロシアワールドカップまでもう数か月に迫っているこの時期に,,,「手倉森誠ジャパン誕生マジカ?“軍師”から“指揮官”は「 …

no image

クリンスマンサッカー次期監督候補みんなの反応まとめ,正式発表はいつ?

本日は「クリンスマンサッカー次期監督候補みんなの反応まとめ,正式発表はいつ?」をテーマに記事を書かせていただきます。日本代表の次期監督候補に元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマンさん(53)が挙がっ …

セネガル監督の名前はアリウ・シセ/現役時代/ガッツポーズ/イケメン/かっこいい/画像まとめ,年俸20万ユーロところで日本円でなんぼやねん

セネガル監督の名前はアリウ・シセ。インタビューでの「夢を大きく持たなければならない。だが、小さく始めなければならない」「謙虚さを、我々の荷物の中に入れなければならない」など知的で美しい名言も本日は「セ …

本田圭佑 バセドウ病?目がおかしいと話題(時代別)まとめ,症状や治療法は?発表した芸能人はいる?

サッカー日本代表の要である選手といえば本田圭佑さん。本田さんに関して必ずと言っていいほど話題に上るのが彼の「顔」についてではないでしょうか。本日は「本田圭佑 バセドウ病?目がおかしいと話題(時代別)ま …

no image

中村航輔 怪我の状態が心配,,,2018ロシアワールドカップへの影響は?画像と動画でみてみましょう

【いけるか】 中村航輔 怪我の状態が心配,,,2018ロシアワールドカップへの影響は?画像と動画でみてみましょうというテーマで記事を書かせていただきました     本日も最後までお …

話題の記事!