2018ロシアワールドカップ

西野ジャパン弱い評価を一蹴!サランスクの奇跡再び,コロンビアにリベンジ白星発進,香川&大迫弾炸裂!初戦ハイライトゴール動画まとめ!コロンビアを2-1で破る,,,

投稿日:

Pocket

波乱の幕開けではじまり日本代表のロシアW杯初戦、19日のコロンビア戦で開始3分にDFダビンソン・サンチェスがエリア内でハンドで退場!本日は『コロンビアにリベンジ,白星発進,香川&大迫弾炸裂!初戦ハイライトゴール動画まとめ!コロンビアを2-1で破る,,,』


スポンサーリンク



ゴール日本勝利!

香織ちゃん◢ ⁴⁶乃木坂欅坂@DDnagaoka

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお‼
日本勝った勝った勝った勝った勝った勝った!

とらほーー!‼ pic.twitter.com/hQ47RdUU6B

返信 リツイート  

 

[6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

日本代表は19日、ロシアW杯のグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し、2-1で競り勝った。前半6分、MF香川真司のPKで先制。同39分に直接FKで追いつかれたが、後半28分、CKからFW大迫勇也が決勝ヘッドを決めた。前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。初戦で大きな勝ち点3をもぎ取った日本は24日の第2戦でセネガルと対戦する。

システムは4-2-3-1で、GK川島永嗣、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF昌子源、DF長友佑都と並んだ。中盤はMF長谷部誠とMF柴崎岳のダブルボランチで、2列目は右からMF原口元気、香川、MF乾貴士。大迫が1トップを務めた。

キックオフ直前にエンドを交代して幕を開けた運命の第1戦は開始早々に大きく動いた。前半3分、日本はクリアボールを香川がワンタッチで前線に大きく蹴り出す。最終ラインの裏に抜けてきたボールに反応した大迫はDFダビンソン・サンチェスが対応にもたつく間にうまく体を入れ替え、そのままゴール前へ。GKとの1対1から放った左足のシュートはGKダビド・オスピナに阻まれたが、こぼれ球を香川が左足でシュート。これがPA内でMFカルロス・サンチェスのハンドを誘い、PKを獲得した。

得点機会を右腕で阻止したカルロス・サンチェスは一発退場。PKを獲得したうえ、開始早々に数的優位に立った。PKのキッカーを務めたのは香川。冷静にGKの動きを見て、正面やや右に流し込んだ。香川のW杯初ゴールが貴重な先制点。前半6分、日本が立ち上がりにリードを奪った。

10人のコロンビアはトップ下で先発したMFフアン・フェルナンド・キンテロがボランチに下がり、カルロス・サンチェスの穴を埋める。前半12分、中央後方からのキンテロのFKにFWラダメル・ファルカオが左足を伸ばして合わせるが、川島が正面でキャッチ。日本も同15分、ドリブルで持ち込んだ香川が鋭い切り返しでMFジェフェルソン・レルマをかわしてPA内左にスルーパスを通し、走り込んだ乾が右足ダイレクトで合わせたが、ゴール右に外れた。

コロンビアは前半31分、MFファン・クアドラードに代えてボランチのMFウィルマル・バリオスを投入。キンテロが2列目の右サイドに回った。直後の32分にはこぼれ球に反応した大迫がまたもダビンソン・サンチェスと体を入れ替え、フィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠を捉えられない。数的優位を生かし、落ち着いて試合を進めていた日本だったが、不運な判定から同点に追いつかれた。

前半37分、コロンビアはPA右手前の位置でファルカオが長谷部と接触し、大げさに倒れ込む。ファルカオからぶつかりにいっているように見えたが、主審は長谷部のファウルを取り、コロンビアにFKを与えた。右45度の絶好の位置。キッカーを務めたキンテロの左足から放たれたシュートは壁の下を抜け、ゴール右隅へ。川島が必死にボールを抑えに行ったが、キャッチしたときにはすでにゴールラインを越えていた。ゴールライン・テクノロジーによる映像も場内に映し出され、10人のコロンビアが同点に追いついて前半を折り返した。

1-1で迎えた後半、日本は10人のコロンビアに対してボールを持つ時間が長くなる。後半9分、香川の縦パスから大迫が鋭い反転。みたびダビンソン・サンチェスの前に入り、左足でシュートを打った。同12分には柴崎の縦パスから大迫がポストプレー。乾が左サイドから中に切れ込み、右足で狙ったが、GKに阻まれた。

直後にコロンビアサポーターで埋まったスタンドが沸く。ベンチ前で準備するMFハメス・ロドリゲス。後半14分、キンテロに代わってコロンビアの10番がピッチに入った。そのまま右サイドをスタートポジションとし、流動的に動くハメス。日本ベンチも動く。後半25分、香川に代えてMF本田圭佑を投入。同時にコロンビアも選手交代を行い、FWホセ・イスキエルドに代わってFWカルロス・バッカが入った。この交代でバッカは右サイドに入り、ハメスが左サイドに回った。

両チームのベンチが動く中、次の1点をもぎ取ったのは日本だった。後半28分、本田が右サイドに展開し、オーバーラップしてきた酒井宏が中央にグラウンダーのパス。相手ゴールに背を向けた状態で大迫が体を張ってボールをキープし、落としたところを酒井宏が右足を振り抜いたが、惜しくも相手DFに当たった。それでも、このプレーで獲得した左CK。本田の左足キックに大迫がDFサンティアゴ・アリアスと競り合いながらヘディングで合わせると、右ポストを叩いてボールはゴールネットに吸い込まれた。

大迫のW杯初ゴールで2-1と勝ち越しに成功した日本。後半33分のピンチにはハメスのシュートを大迫が体を張ってブロックし、その直後にも原口がシュートブロックを見せる。チーム全体で気持ちのこもった守備を見せていた日本だが、アクシデントが襲う。柴崎がアリアスとの競り合いで右足首を踏まれ、負傷。後半35分、足を引きずりながらピッチをあとにし、MF山口蛍と交代した。

大迫が足をつるなど死闘となった一戦。後半40分、大迫に代えてFW岡崎慎司を投入し、交代カードを使い切った。後半アディショナルタイムの5分間も最後まで集中力を切らさず、そのまま2-1で逃げ切った西野ジャパン。過去のW杯本大会で勝利のなかった“鬼門”の南米勢を倒すと同時に、4年前のブラジルW杯で敗れたリベンジも果たし、2大会ぶり3度目のグループリーグ突破へ白星発進した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-01655281-gekisaka-socc


スポンサーリンク


 

日本:コロンビア=1:0 前半6分で香川のPKで1点先制!サンチェスレッドカード!で退場

ロシア・ワールドカップグループHで日本代表が19日、コロンビア代表と対戦。

日本は開始3分でカルロス・サンチェスがハンドによる一発退場で数的優位に。さらに、PKも沈めて1点をリードしている。

ロシア・ワールドカップでは初のレッドカードとなった。さらに、2分56秒での退場はW杯史上2番目に早い時間帯での記録となる。最も早かったのは1986年メキシコ大会のウルグアイとスコットランドの一戦で生まれた開始1分でのものとなっている。

https://twitter.com/hs_footsoul/status/1009046023656751104

 

【サッカーW杯速報(前半)】コロンビアのFKで同点に追いつかれる 日本:コロンビア=1:1

日経電子版 スポーツ@nikkei_sports

コロンビアのFKによる同点ゴールを許したシーンです。
【W杯ブログ】pic.twitter.com/pkXmI3r7LN …
#worldcup2018_nikkei pic.twitter.com/9wfX4ZDvQ5

返信 リツイート  

https://twitter.com/6YlCuczUZeHsvWD/status/1009054276998463488

★日本ファウルからの直接FKで同点 ゴールライン判定のCGがすごい

カイト@zc32s乗り@kaito_swift

実況「ゴールラインを割らなければ入った事には…
川島の反応も衰えてきたか…? pic.twitter.com/CviSML0po8

返信 リツイート  

 

これで獲得したPKを前半6分に香川が落ち着いて決めて日本が先制。日本は残り時間、数的優位で戦うことになった。


スポンサーリンク



大迫ヘディング決める!日本2点目!動画

https://twitter.com/a60486588/status/1009066197256507392

日本勝利!コロンビアを2-1で破る!

香織ちゃん◢ ⁴⁶乃木坂欅坂@DDnagaoka

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお‼
日本勝った勝った勝った勝った勝った勝った!

とらほーー!‼ pic.twitter.com/hQ47RdUU6B

返信 リツイート  

間違いなく今までの試合で一番の大番狂わせですね!!
全ては前半初っぱなの香川のパス&詰めのシュートだね!!
あそこでPK&レッドカードが出たから試合が動いたと思う。

同点の場面、川島のポジショニングがおかしかった。
今大会のボールは特に速い球の曲がりが良いためFKもニアへの速い球が多いのに壁を意識しすぎて右に寄りすぎてた。
川島でいうなら他にも飛び出しの遅さが顕著なシーンが少なくとも3箇所あったりした。

この試合の課題としては交代した選手の質かな。
確かに本田はCKでナイスアシストだったが、そのあとにパスミスを何度もして内一つは相手に勢いを与えかねない致命的なミスだった。
山口蛍はもうちょっと中盤のスペースのカバーもしてほしかったかな。
岡崎は厳しい。途中交代でトップならもっと走ってくれないとって思うけど難しいかな。

でもやっぱり勝てたのは大きい。おめでとう!!

49
8
返信0
lio***** | 3分前
やっぱり本大会の歓声は他の試合と全然違って、歓喜や悲哀、殺気さえ感じるほど感情が極まれりで、テレビ観戦でさえ圧倒される程でしたが、いくらかのラッキーもあったとして、そんな最高の試合で日本代表が勝った場面を8年ぶりに見られるんですから、こんなに嬉しい事ってそうは無い。
まさかパラグアイ戦の時に見えた一筋だけだった光明が、こんな太陽のように大きくなるとは夢にも思わなかった。
ただ、やっぱりコロンビアは凄いなと、10人になりながらも、チーム全体で攻守はっきりと素早く切り替えて圧倒していく所は、やはり流石南米のチームらしい攻撃力だなと。
残り2試合、柴崎の足首が気になる所ですが、セネガルもポーランドもこの試合の結果を踏まえて初めから容赦なく来るでしょうけど、それでも南アフリカ大会の再来を期待します。
そういう結果を今日観られたからこそ期待したいです!

9
0
返信0
app***** | 20分前
審判に助けられた部分はあると思う。

人によってはあれはイエロー。

乾への当たりとか、後ろからのチャージに対しては寛容なジャッジだったけど、とりあえず結果良ければ。

でも、10対11のゲームではなかった。

それほど実力差はあるんだろうけど、勝てて何より。
勝ちに勝るものはない。

希望は、可能性はかなり広がった。

ギリシャ戦の再現みたいにならなくて良かったが、前半最後の方はかなりひやっとした展開だったし、原口大迫柴崎、前回を経験してない3人がとてもよく動いてた。

救われた部分はかなり多いと思う。

香川はセーブしてないで、マーク剥がす動きをしないと今後も消える時間は多いかな。

とにかく、なにより、勝点3、おめでとう。

381
136
返信20
ブラウンスライム | 26分前
正直コロンビアの1点は、シミュレーションファウルで納得もいかなかったが、日本の1点目はハンドをしっかり主審がとってくれたので、どっこいどっこいというところか。
日本の2点は、それぞれPKとセットプレーとの2点で、正攻法のシュートでの点数を取れなかったのが不安材料。中盤は完全に日本の流れにも見えたが、どういうわけかコロンビアは攻撃の手を完全に緩めていた。カウンター狙いなのか、あるいはドローに持ち込むつもりだったのか、いずれにせよ、この中盤で再三日本がスルーパスで攻め立てたのが結果的にセットプレーの1点に繋がったようにも思える。

ハリルロドリゲスが本調子じゃなく、いらだちでファウル連発したが運も実力だと思う。高齢でスタミナ面で難点があるがベテランの匠である香川、本田あたりを部分的に使う戦術はよかった
勝ち方がどうであれ、完全に格上のコロンビア撃破は上々だと思う。パラグアイから右肩上がりかと

486
207
返信13
gyp***** | 15分前
いやあ、夢のような滑り出しだね。
世界の誰もが「まさか」と思ってるだろう。

まあ、相手のあのハンドがあったわけで、コロンビアにとっては
可愛そうだったけど、日本は胸を張って結果を噛みしめればよい。

ただ、決して褒められた試合じゃないよね。
セットプレーからの得点ばかりで、攻撃精度はかなり低く、
相手が10人にもかかわらず全然攻められていなかった。
ラッキー+大迫選手の個人の能力で勝てた試合。

守備もダメ。特に後半40分過ぎてからのプレーは、
「こいつら状況を認識してるのか?何で相手にボールを献上しようとするの?」ってプレーばかりで、アホなのって思った。

そのあたり、改善しないと、下手をすると「マイアミの奇跡」のときのように強豪チームに勝ったのにグループリーグ敗退という結果にならないとも限らないよ。慢心せずに勝ち点を重ねてくださるよう、切に祈ります。頑張れ!

157
51
返信1
景気よよくなれ | 19分前
11対10で丁度いい感じ。
何か、欧州のチームの試合を見て目が肥えていた所に日本の試合だと雑さと未熟さばかりが目立つねえ。
本田ってCKは良かったけど、あんなに動けなくなっているとは思わなかった。
動けないなら右に流れず、中央でポストプレーに専念すればいいのに。
柴崎はもっとミドルで狙ってもいいと思ったけどなあ。
回してばかりだから、柴崎がボール持っても相手は怖くないよなあ。
気になったのが左から展開する時、長友と誰かの二人だけで攻めて
誰もフォローに入らないから結構中央にポッカリ穴開いていたよなあ。
エリア内でのシュートってなんで日本選手は低い弾道でしかシュート打てないのかねえ。
あれじゃディヘンスに当たってしまう。
ゴールの上側を狙うシュートを打とうとするとふかしてしまうからかねえ。
欧州のストライカーはきちんと抑えて上狙うよね。
その辺が日本のストライカーの課題かな。

137
122
返信10
***** | 22分前
日本代表、勝利おめでとうございます!!素晴らしい試合でした!!香川選手、PK落ち着いて決めてくれてナイスでした!!また、大迫選手、ナイスヘディングシュートでした!!前半、大迫選手、非常に惜しいシュートがあったので、今日は大迫選手が決めてくれると信じていました!!次はセネガル戦、次もタフな試合だと思いますが、ナイスゲームを期待しています!!お恥ずかしながら…、私自身、コロンビアにはなかなか勝てないかな…と思っていたんですが、本当に日本代表素晴らしかった!!次の試合も頑張ってください!!本当におめでとうございます!また、ナイスゲームでした!!

369
66
返信0
dou***** | 22分前
長友の金髪が幸運を呼んだのかな。
前半は、点わ取ってから ちょっと怖いゲーム運びしたけど後半は良かったんじゃないかな。
前半、外したシュートは キメて欲しい。
日本は少ないチャンスを大切に!
最初の入りは良かったし、精力的に走って頑張った結果が良かった。
大迫、原口、柴崎、良い感じでした。
乾、香川が もう少し良い形を作ってほしい。
でも走ってハードワークしてくれた日本が勝った!
次も頑張ってください

315
38
返信2
soj***** | 19分前
今日のMOMは大迫だな。先制点も大迫の粘りからだったし。香川もPKをよく決めた。
本田はコーナキックのアシストだけは良かったが、キープはできないしパスミスは多いし、ボールロストは多いし、とても次戦では使えない動きだった。
柴崎の怪我の状態は心配だ。

それにしても、さすがはペケルマン。クアドラードを下げた時には驚いたが、入れた選手に香川を徹底マークさせて日本のリズムを完全にシャットダウンした。

とにかく、勝って良かった!

439
35
返信2
cro***** | たった今
特大級の追い風が日本に吹いていた。
前半3分PKもらって相手は1人少なくなる。これほどの幸運はそうない。そして、勝ちきることができた。これは素直に素晴らしい。

MVPは大迫かと。運動量と決勝ゴールは本当に半端ない活躍でした。そして乾も素晴らしかった。ボールを持った時の仕掛けはさることながら、守備面でも効いていた。終盤のダッシュで戻ってのディフェンスは期待以上。

本田はCKのアシストは評価できる。ただ全体的に運動量は少なく、いらんパスミスと危険なパスミスもあった。相手が10人でへばり気味だったこともあって助かった印象。

勝ててよかったとは思う。ただ、残り2戦今日のような幸運はないと戒めてほしい。ガンバレ日本!


スポンサーリンク



Pocket

-2018ロシアワールドカップ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

決勝トーナメント 日本の相手初戦ベルギー注目選手はルカク!プロフィール,プレー動画紹介&ベルギー代表の特徴とは

(Twitter画像引用) 日本は決勝トーナメント進出が決定!次戦相手国はベルギーという欧州の猛者との対戦も決定ですが本日はにわかサッカーファンに向けてベルギー代表の特徴や注目選手のルカクのプロフィー …

no image

クリンスマンサッカー次期監督候補みんなの反応まとめ,正式発表はいつ?

本日は「クリンスマンサッカー次期監督候補みんなの反応まとめ,正式発表はいつ?」をテーマに記事を書かせていただきます。日本代表の次期監督候補に元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマンさん(53)が挙がっ …

セネガル監督の名前はアリウ・シセ/現役時代/ガッツポーズ/イケメン/かっこいい/画像まとめ,年俸20万ユーロところで日本円でなんぼやねん

セネガル監督の名前はアリウ・シセ。インタビューでの「夢を大きく持たなければならない。だが、小さく始めなければならない」「謙虚さを、我々の荷物の中に入れなければならない」など知的で美しい名言も本日は「セ …

三輪麻未(ピチレモン時代画像あり)と大迫勇也の結婚式のブログが「半端ない」子供インスタがかわいくないってマジ!

大迫勇也さんは2014年3月にモデル三輪麻未さんと結婚し、同年10月には子供が生まれました、ロシアワールドでも大活躍!そこで本日は「三輪麻未(ピチレモン時代画像あり)と大迫勇也の結婚式のブログが「半端 …

手倉森誠ジャパン誕生はない!そのワケとは!“軍師”から“指揮官”に,ガラパゴス的な人事ならジャパン没落の懸念アリ,ハリル監督解任はサッカー先進国では考えられない

【ここまで来たのに】 2018年4月の新学期そうそうの出来事でした、「ハリス解任」ロシアワールドカップまでもう数か月に迫っているこの時期に,,,「手倉森誠ジャパン誕生マジカ?“軍師”から“指揮官”は「 …

話題の記事!