それぞれの選択(離婚)

NHK桑子アナ フジ谷岡アナ 離婚の本当の理由は格差婚?馴れ初めから結婚当初の心配現実に,,,

投稿日:

Pocket

【心配あたる】

NHKの桑子真帆アナとフジ谷岡慎一アナが結婚生活1年で離婚を発表しました。2017年5月30日の桑子真帆アナの誕生日に結婚したバースデー婚からわずか1年でのバースデー離婚に、ネット上ではその理由が気になる方が多いようです、やはり格差婚がその理由でしょうか?本日は「NHK桑子アナ フジ谷岡アナ 離婚の本当の理由は格差婚?馴れ初めから結婚当初の心配現実に,,,」と言うテーマで記事を書かせていただきました。


スポンサーリンク




NHK桑子アナ フジ谷岡アナ 離婚

NHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・0)のメインキャスターを務める桑子真帆アナウンサー(31)と夫でフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが30日、サンケイスポーツの取材で分かった。この日は奇しくも桑子アナの31歳の誕生日で、昨年、2人が婚姻届を提出した記念日。関係者によると、結婚生活たった1年のスピード離婚の理由は、多忙によるすれ違いという。

美人で頭の回転が速く、人なつこい笑顔が魅力の桑子アナ。順調な結婚生活を送っていると思われたが…。

複数の関係者の話を総合すると、すでに2人は離婚の意思を固めており、近く離婚届を出す。桑子アナも谷岡アナも納得ずくの決定という。

桑子アナはこの日も「ニュースウオッチ9」に生出演し、コンビを組む有馬嘉男記者(52)と普段どおり、歯切れのいい口調でニュースを伝えた。一方の谷岡アナも、生放送のレギュラー番組「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。担当するコーナー「ミニバスで行く! 東京ちょこっと旅」を笑顔で仕切っていた。

離婚理由について、関係者の1人はサンケイスポーツの取材に「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」と語った。

実際、桑子アナは平日夜遅くまで本番と打ち合わせに忙しい。さらに、昨年大みそかの紅白歌合戦で総合司会を務め、今年2月9日の平昌五輪の開会式では現地中継を担当した。今や、3月いっぱいで同局を退職した有働由美子元アナ(49)=現ジャーナリスト=に次ぐ存在感を発揮しており、期待のエースだ。

一方、谷岡アナも安定感あるアナウンス力と明るい人柄を武器に、「ノンストップ!」をはじめ、野球や競馬の実況も担当している。仕事最優先の日々が結果として、お互いの間に埋められない溝を生んでしまったようだ

2人は局は違うものの2010年の同期入社。共通の知人も多く、桑子アナが広島放送局から東京に異動になった15年4月から自然の流れで交際がスタート。17年5月30日に結婚した。

昨年5月、サンケイスポーツの報道で結婚が明らかになった際、「ニュース-」で有馬記者から結婚を祝福された桑子アナが「これからもよろしくお願いします」と公共放送では異例の結婚報告をして話題に。谷岡アナも「ノンストップ!」で、婚約指輪を造花の赤いバラに隠してプロポーズした秘話を明かした。挙式、披露宴はしていなかった。

結婚1周年、31歳の誕生日に、苦渋の決断をしたことが明らかになった桑子アナ。桑子、谷岡両アナはともに持ち前の朗らかさと前向きな性格で、新しい人生の一歩を踏み出す。

引用元:http://www.sanspo.com/geino/news/20180531/div18053104000001-n3.html

こちらの記事はサンスポさんの記事ですがかなり「つこんで」書いてくれていますね。

この記事では離婚の理由は

「結婚生活たった1年のスピード離婚の理由は、多忙によるすれ違いという。」

「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」

桑子真帆アナはかつて結婚生活を以下のように語っていました。

「毎日が楽しいし、充実しています。ただ、きちんと仕事と家庭のバランスが取れているのかと言われると、みなさん、どうやって両立させているのかお聞きしたいほどです(苦笑)。結婚して家庭を持っただけでいっぱいいっぱいなのに、さらに子供ができて、それでも仕事を続けている姿は、今の自分には全然想像できません。秘訣があるなら教えてほしいです」

引用:NEWSポストセブ


スポンサーリンク




NHK桑子アナ フジ谷岡アナの馴れ初めは?馴れ初めから結婚当初の心配が実現

アナウンサー同士の結婚は時々聞くことではありますが、たいていは同じ局内での職場結婚です。フジの生野陽子アナとお中村光宏アナみたいなね。

ちょっと珍しいNHKアナとフジテレビのアナの接点は入局前でした。桑子アナと谷岡アナはともに2010年入社組。お互いアナウンサーを目指して就活していた頃から戦友のような間柄だったそうです。

NHKは入局すると何年か地方局で修行するのが通例で、桑子アナも2010年~2014年まで長野と広島に赴任していたので離れ離れになり、お互い仕事に集中していたのですが、2015年に桑子アナが東京に戻ってきたことで再会して交際に発展、ということのようです。

戦友から恋人に昇格して夫婦になるなんて、なんか理想的だわ。

局またぎと言えばNHKの青木実アナ(現在ニュースチェック11に出演中)とフジの秋元優里アナも一時期噂になってましたっけ。秋元アナがマルイ(OIOI)の創業者の孫を捨ててイケメン俳優生田斗真の弟でフジの後輩アナ生田竜聖に乗り換えた形でしたが、こっちは出来婚したのに別居だ離婚だとごたごたしてますが。

桑子アナ、ベタなプロポーズで陥落す?

この人、頭切れるんだろうなーという雰囲気がありながら鼻にかけることもなく屈託のない癒し笑顔が人気の桑子アナは、若手NHK女子アナの中ではエース級の存在です。

谷岡アナによると、結婚を決めた理由は「笑うところと怒るところのタイミングが一緒だな」と思ったことだそうで、『ノンストップ』でプロポーズの再現をしてみせてました。谷岡くん、君は榎並じゃないんだから、そういうバラエティ班みたいなことはしなくていいんだよとちょっと思った(笑)

プロポーズの場所はレストラン、花の部分を開けると指輪が入っているバラのオブジェという小洒落たアイテムを使って「結婚してください」とど真ん中直球だったそうです。

プロポーズというものはやはりこういう演出が必須なものなんでしょうか。されたことがないのでよう分かりません。

アナウンサー同士の結婚って、仕事の加減ではすれ違うことも多く、だんだん仮面夫婦みたいになっちゃうカップルもいます。桑子アナと谷岡アナには、そこらへん上手にやりくりしていつまでも仲良くしていて欲しいですね。

 

 

桑子真帆さんの出身校は、東京都私立女子高の鴎友(おうゆう)学園女子高校です。

偏差値67(難関・推定)

同校は高校からの募集のない完全中高一貫校なので、偏差値も推定となります。

桑子さんも系列の鴎友学園女子中学校(偏差値70)から内部進学で同校に進学しています。

中学校や高校ではブラスバンド部に所属していました。

ただしそれ以外の高校時代の情報は乏しく、高校生活の詳細などは不明です。

【主な卒業生】

岡江久美子(女優)

小沢真珠(女優)

伍代夏子(歌手)

 

学歴~出身大学の詳細

 

桑子真帆さんは高校卒業後は、国立の東京外語大学に進学します。

偏差値65

大学ではロシア東欧過程に在籍して、チェコ語を専攻しています。

 

またサークル活動でブラジル音楽のバンドに加入して、サックスや打楽器を担当しています。

 

NHK入局後はさほど目立った存在ではありませんでしたが、2015年に東京アナウンス室に異動となってからは全国ネットの番組への出演も急増。

 

人気もジワジワと上昇して、現在では「好きな女子アナランキング」ではTOP10に入るほどです。

2017年12月31日の紅白歌合戦の司会も務めている人物です。


スポンサーリンク




谷岡慎一のプロフィール

谷岡 慎一(たにおか しんいち)

1987年2月16日生まれの31歳。

高知県出身。

漢字検定2級・話しことば検定2級を所持。

特技は野球と3歳からやっているピアノ。

阪神タイガースファン。

釣りが趣味で、釣った魚を三枚おろしにして、調理。

高校時代の腰のケガにより野球を辞めて以来、スポーツを見るのも嫌な時期があったようですが、アテネ五輪の体操競技のテレビ実況を聞いて、アナウンサーになりたいと思ったそうです。

2010年にフジテレビ入社。

同期には木下康太郎アナ、山崎夕貴アナ、細貝沙羅アナがいます。

入社1年目より野球の実況を担当しています。

中学校は船橋市立小室中学校を卒業。

その後、野球留学のため高知県へ。

高校は土佐高等学校を卒業。

高校の同級生には、フリーアナウンサーの坂木萌子アナ

法政大学経営学部を卒業しています。

法政大学自主マスコミ講座21期卒業生で、講座の同期に元テレビ東京の白石小百合アナがいるそうです。

2010年3月24日に日本武道館で行われた「第128回 法政大学学位授与式」では、2人で司会を担当しました。


スポンサーリンク




NHK桑子アナ フジ谷岡アナ 離婚の本当の理由は格差婚?馴れ初めから結婚当初の心配現実に,,,のまとめ

戦友で競いあい、いつしか愛にかわり恋人から夫婦に。

当所は「格差」も気にはならなかったのではないでしょうか。

しかし、結婚と言う名の同じ船には乗れなかったのでしょう。

やはり、そこにはプライドもあったから。

それでいいのでは。

これからのお互いの人生を進む選択のほうが大切ですからね。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださり御礼申し上げます


スポンサーリンク




Pocket

-それぞれの選択(離婚)

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

本日よく読まれている話題の記事!