スポーツ

日大 アメフト宮川泰介懺悔会見の訳はコレ,現在までの経過と今後の展開はこうなる!

投稿日:2018年5月22日 更新日:

Pocket

【彼は2度追い込まれる、タックルとそう、この会見,,,】

この会見のお膳立てはマスコミ関係に進んだOBがしたっていう話聞いたんだけど、そうだとしたら大学には学生を守る気なんかさらさら無いんだろうね。バックに大学がいないなら、本当のことを話してほしい,こんな書き込みがありました、本日は「日大 アメフト宮川泰介懺悔会見の訳はコレ,現在までの経過と今後の展開はこうなる!」をテーマに記事を書かせていただきました

本日も最後までお付き愛ください、それでは早速参りましょう


スポンサーリンク



宮川泰介 会見内容の悪質タックルは内田正人の指示と判明

現在まで経過で日大 アメフト宮川泰介懺悔会見の訳がわかる

事の発端は悪質タックル

今回の会見を開いたのが悪質タックルを行った日本大学の宮川泰介元選手です。

出展:http://japan.americanfootball.jp/

  • 名前:宮川泰介(みやがわ たいすけ)
  • 生年月日:1998年2月26日
  • 年齢:20歳(2018年5月現在)
  • 出身校:日本大学豊山高等学校
  • 大学:日本大学3年生
  • ポジション:ディフェンシブライン
  • 背番号:91番

現在は日本大学3年生で20歳であるとのこと。

このプレーを行う前まではU-19の日本代表にも選ばれる程の注目される選手だったそう。スポーツ記者も注目していたようですね。

 

関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、東京都内で6日に行われた日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の選手が度を越したラフプレーをしたとして、追加的な処分内容が決まるまで当該選手の対外試合の出場を禁止すると発表した。日大の指導者を厳重注意とした。

公式規則の「(無防備な選手への)ひどいパーソナルファウル」に該当すると判断し、9日に開いた理事会で決定した。今後は規律委員会を設置し、詳細な調査を行った上で最終的な対応を決めるという。

引用元:http://www.sanspo.com


スポンサーリンク



アメリカンフットボールで対外試合出場禁止処分を受けた日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。日大関係者が15日に明らかにした。6日の関学大戦で、パスを投げ終えて無防備なQBに背後からタックルするなど3度のラフプレーで退場し、関東学生連盟から処分も騒動は拡大する一方。責任を感じて決意したという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

ネット上の自分へのパッシングが今回の会見になったようです。

「自身の行った行為に対する責任を感じた」

ですが、本当は


スポンサーリンク



 彼はここで資格没収(退場)の処分を受けた。去年の甲子園ボウルでの彼の活躍をはっきり覚えていたので、いったい何が起こったのかと感じた。フィールドから出てきた彼はスタッフに促され、ベンチ奥にあった負傷者用のテントに入った。私はそこに近づいた。

彼は泣いていた。声を上げて泣いていた。同じポジションの選手が肩に手を置いて、言葉をかけていた。関学側に回って、テントの入り口からのぞく彼の背中を撮った。

出展:https://www.asahi.com/

こんな行為はしたくなかったのではないでしょうか。

そして、この問題を日大は

アメリカンフットボールの関学大との定期戦(6日、東京)で、相手選手に悪質なタックルを浴びせて負傷退場させた選手が所属する日大は18日、理事会を開いた。日大広報部によると、反則行為についての話は出なかったという。

広報部によると、理事会には常務理事でアメフト部の内田正人監督、副学長で同部の加藤直人部長も出席して開かれた。反則行為の問題は取り上げられなかった。

関学大は17日に開いた会見で、日大からの反則行為などの説明に「誠意ある回答とは判断しかねる」と不満を表明。これに対し、日大はその日の夜、加藤部長名で「近日中に負傷された選手と保護者、関学大アメフト部に謝罪させていただきたい」との文書を報道各社に送った。内田監督と加藤部長が関学大を訪問する予定。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000051-asahi-spo

 

今回の問題はだれがどう考えても真っ先に謝罪会見を開らかなければならないのは内田正人元監督、結局は監督を辞任して終わらせようとは「説明責任」放棄でした。

内田氏は19日に負傷した関学大の選手と父親らに謝罪。

その後、報道陣に辞意を表明していた。
21日に負傷した選手の父親が警察に被害届を提出したことについて、日大企画広報部は「被害を受けられた選手に心よりの謝罪とお見舞いを申し上げる。真摯(しんし)に受け止め、第三者による委員会を設けて、改めて原因の究明に取り組みたい」との文書を報道各社に送った。日大としての記者会見などの予定は立っていないとした。 (2018/05/21-22:57)

日大は監督の指示ではなくタックルをした日大アメフト部91番宮川泰介選手個人の判断であると発表していますが、そうであればベンチに戻った際や反則をした直後にこっぴどく監督やコーチから叱られるはずです。

しかしながら、そういう気配もなく宮川選手はその後もプレーを続け、5プレー目で退場これは何を隠そう監督やコーチ陣の指示があったという何よりの証拠であると言えるでしょう。

では、日大が内田正人元監督をかばう理由は

内田正人元監督が日大においては常務理事というポジションに位置しており、人事部長も兼任している事実上のNo.2であるからではないかと言う憶測がネットでは囁かれています。

そして

この悪質タックルに関して日大アメフト部のOBは以下のように証言をしています。

「昨年、あるコーチが選手に暴行。20人前後の部員が退部する騒ぎがあった。その時も、内田監督は暴行したコーチをかばい、部員を切り捨て『スポーツ推薦で入ったんだろう。部を辞めるなら退学しろ』と迫ったそうです。内田監督は高校時代は日大系列の高校でブラスバンド部に所属。アメリカンフットボールは大学からで専門的なことはコーチ任せなんです。だが、理事長の側近ともいわれ、やりたい放題でした」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180518-00000048-jnn-soci

出典:アエラドット

実は春季のオープン戦で日大と戦う予定であった全ての大学が試合中止を申し出ており、部としての活動が危ぶまれる中、部員も内田正人監督の絶対王政に歯向かおうと、集団でボイコットするなどのクーデターを計画していると状態まできていました

JNNの記事にはこのような情報も掲載されています。

日大の内田監督が反則をした守備選手に試合前日、「1プレー目で壊して来い」などと指示していたという証言が既に出ていますが、この指示の後、試合当日にコーチが、「やらないというのは無いからな」などと指示を後押ししていた、と日大の関係者が取材に対し、新たに証言しました。同様の証言は、日大アメフト部の元部員からも出ています。

「試合当日の朝もコーチから釘を刺されたとは言っていましたね。『もちろんやるやろ』みたいな」(日本大学アメフト部元部員)

さらに、別のコーチは、反則行為の後、退場となった選手に対し「監督の指示に従った結果、退場となったが、これをきっかけにお前自身のフットボールに対する姿勢を変えればいい」と、反則を容認するような声をかけていたということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180518-00000048-jnn-soci


スポンサーリンク



宮川泰介 会見内容の悪質タックルは内田正人の指示と判明

日大 アメフト宮川泰介懺悔会見で今後の展開は

2018年5月22日で宮川泰介選手が会見を開く日。

くしくもその前日に

したくもない反則行為を行わなければならなかった理由は何なのでしょうか?

そこには監督の内田正人氏によるパワハラがあったとされています。

宮川泰介 内田正人監督にパワハラを受けていた?『反則をするなら出してやる』

現在のところ、宮川泰介選手本人の口から話が合ったわけではありませんが、どうやら宮川泰介選手は内田正人監督から試合に出るための条件を課せられていたとされています。

その条件とは、問題の試合前に

『反則するなら出してやる』

というもの。

 

マスター48@SPRCGW

日大の反則タックルの件で監督が「鼓舞させる為に『反則するなら試合に出してやる』と言った」(発言は私の解釈で書いています)というような発言をしたみたいだけど、どう考えても鼓舞させるような発言ではないよね?

「反則を恐れないぐらいに思いっきり行け」ならまだわからなくもないけど。

みかん(脱原発に全部!違法法案は廃案!)@marukocat
s=”u-hiddenVisually js-inViewportScribingTarget”>

監督に精神的な面で苦言を受けて干されていた選手が「反則するなら出してやる」「やらないはないからな」と言われたらやるしかないのはわかって指示したはずで その選手を選んで言ったのは反則で退場等の処分をされてもチーム的には痛くないから使い捨てする気持ちがあったと思う 指導者として全然ダメ

Sharkskin707@sharkskin707

宮川泰介さんも被害者なんじゃないかなぁ。。もし指示が内田からあったのなら。でもこういうの社会に出てもあるよね。パワハラ

今後の展開としては悪質タックル問題は日本大学や日本大学アメフト部にとってどうなるのでしょう。

ネットの声を集めてみました。

・観戦に来てた両親も泣いてたって話だね。内田は監督辞任くらいじゃ済まされないよ。今日の会見全部ぶちまけてくれる事を期待してるよ。

 

・やった行為は擁護できないが、この状況を作り出した監督、何も動かなかった日本大学の責任は重大。この監督が理事として残れば、日本大学の信用は地に落ちるだろう。辞任ではなく懲戒でなければ、関係者も世間も納得できないだろう。

 

・やったことは選手として絶対に許されない
でも、追い込まれた心情は理解できる
退場処分になった直後、彼のキャリアが全て台無しになったことを理解したのだろう
号泣は人生賭けて取り組んだことが全て無駄になったことの心の叫びがさせたのだろう

 

・命令があっただろうとなかろうと反則とわかった上で実行したのは選手本人。ただ、この反則はこの試合だけではない。たまたま今までは大きな怪我をしなかっただけで問題がここまで浮き彫りにされなかった。ただ疑問に思うのは命令があったとしても実行するのは、いつもこの選手だけなのだろう?
素直に聞き入れたのがこの選手だけだったのか、他の選手は命令を無視していたのか。または、反則をしてまでの意図ではないと理解していたのか。そこはわからないが何にしても、この監督はスポーツ界からも大学からも追放するべきだ。

 

・悪い事と理解していても、監督の指示に従わなければ成らない気持ちと、人としての気持ちの葛藤から出た涙だと思います。許せない監督の言葉。此処まで騒動が大きく成ったからには、監督の進退だけでは収まりは就かない。

 

・行為自体は擁護出来ませんが、内田の指示に従うしか選択肢がない状況がそうしてしまったのなら ある意味 彼も被害者なのかも、、、とか思ってしまいます。

 

・加害者の選手がどのような心理状態だったのか・・・
想像もつかないレベルに追い込まれていたのか、誰が追い込んでいたのか。
今はその真実を明らかにすべきだと思います。
日大に自浄能力が無い以上、他大学は日本中の信用を失った日大との対戦を、勇気を持って拒否して頂きたい。

 

・もともとアンダー19の代表だったのに、監督の圧力に屈して余計なことをしたおかげで選手生命が絶たれるどころか、就職すらまともにできるか分からないし、彼にとっては何1つ良いことはなかったな
内田は年寄りだから今更辞任、退職したところで痛くも痒くもないだろうが、この加害選手は彼の将来そのものが今まさに危機に瀕している

 

・きちんと真実を言って欲しいですね。
ここでうやむやにすると、将来ずっと後悔することになりますよ。

・この反則タックルした宮川泰介選手に落ち度がないわけではない
しかしそれを理由に大勢がバッシングするのが正しいのか、きちんと見極めて欲しい
立場的には振り込め詐欺の受け子みたいなものだと思うし、何より試合に出してくれなくなるという強迫観念があったと考えると同情の余地はあるでしょう

・監督の指示であってもなくても、あーゆうタックルして良いか悪いかくらい分かる。追い詰められていたからといって、やったのは宮川泰介選手であり反省しなければいけない。

・当該監督辞任会見の際、日大の理事としての去就を問われ、日大側が「それは別問題」と言い切った時点で「日大としては学生を守る気がない」と宣言したのも同じ。

・本当に指示があってやったことなら、大学は全力で選手を守るべきだと思う。
そして宮川泰介選手が退部しようとするなら、退部を止めて選手を続ける道を作ってあげるべきだと思う。

・経験者の言葉は重みがあるね。
本当にそう思う。学生をマスコミの矢面に立たせるなんて、おかしい。
よしんば、学生が大学側の内田監督の指示を糾弾するための会見であっても、糾弾会見が行われる状況まで放置してきた日大がおかしい。

・正にその通り。監督(日大の常務理事/人事部長)をはじめ、日大の体質がはっきり表れた問題ですね。これは根が相当深い。
まだまだ収まりそうもない。どこまで行くのか?

・あのタックルはされた方もした方も被害者。
一番悪いのは権力をたてに反則を強要した監督とコーチ陣。

この問題を監督辞任で済ませようとしていることは明白です。

なぜ、ここまで選手を追い込んでまで「日大アメフト部」を勝たせる必要があったのか

内田監督にはさらけ出す必要があるのではないでしょうか?

そして、日大もこのような指導者を庇い学生を切る教育の意義を教えて欲しいものです。

地位や名誉だけではない、その裏にある「お金」の動きなどもあるのでしょうか?

ここまでくればもうアメフト部ではなく、あなたたちの利権を包む隠さずに話して欲しいものですが「無理」なんでしょうね、そんな目に見えないモノなんてあるのかわかりませんもんね。

最後に宮川泰介さんの会見の動画を見て、あなたはどう感じるか確かめてみてください。


スポンサーリンク



Pocket

-スポーツ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日大会見「乱入」お婆ちゃん名前はせつこさん,動画のサンデー・ジャポン2018年5月27日放送で確認できます

【江戸っ子登場に会場が沸いてワクワクした】 スポンサーリンク 目次1 日大会見「乱入」お婆ちゃんの様子2 日大会見「乱入」お婆ちゃん何者か3 オバサン乱入の動画に危機管理のきの字がナイ4 日大会見「乱 …

柿沢史歩の兄は柿沢貴裕!犯行動機は年俸は650万円でも借金!2012年の心意気はどうこへ,,,

巨人でまたまた不祥事今度は窃盗です、柿沢貴裕外野手(23)2018年5月から6月にかけて計12回ジャイアンツ球場内のロッカー室から同僚のバット、グラブ、ユニホームなど計約110点盗み中古ブランド品買い …

内田正人監督日大アメフト辞任会見第炎上,次期監督候補はコーチ佐藤知浩氏の昇格を希望との声あがる

【取り戻せるか】 日本大学アメフト部の内田正人監督が辞任の会見が酷いと、内田正人の犯した罪とはなんだったのでしょう、そして次期監督はおかしくなった日大のアメフト部を過去の「知」で戦うショットガンを生み …

no image

宮川泰介 日大アメフト退部で悪質タックル問題終焉ではない、鳥内秀晃監督怒りの会見←発生から経過まとめた,,,

【この問題全くおわちゃねぇ~】 日大の悪質タックル問題,宮川泰介選手だけに問題を押し付けて退部までさせて「とかげのしっぽ切りみたいで納得できないという世論があるのに日大の監督の内田正人監督の声は聞こえ …

至学館大学の谷岡郁子学長兼レスリング協会副会長の反論会見が草過ぎてヤバい!やらないほうがよかった、会見そのものがパワハラ、印象最悪の一部始終とは

【火に油を注ぐ会見】 至学館大学学長の谷岡郁子さんが2018年3月15日に会見を開きましたが会見内容があまりにも酷すぎると話題になっているそうです。谷岡郁子さんは伊調馨さんは選手なんですか?と酷い発言 …

今日の話題の記事