訃報

西城秀樹 嫁の名前は槙原美紀で子供の年齢は,馴れ初めは義姉絵里子の口添え,秀樹の由来も口添え,病気後は口パク

投稿日:

Pocket

【私生活】

 


スポンサーリンク




 

西城 秀樹死去でしる交友関係

番組では、西城さんの突然の訃報を1時間以上も特集。笠井アナは1994年、西城さんがキャスターを務めた情報番組「となりのパパイヤ」での共演以来、20年以上も親交を深め、家族ぐるみの交流を続けてきた。

西城さんの親しい人から5月9日に入院していることを聞いていた笠井アナは妻の美紀さんに「お見舞いをしたい」と連絡を入れたといい、美紀さんから「(事務所の方針が)誰にも会っちゃいけないって決まったんです。ごめんなさい」と謝罪され、面会はかなわなかった。

美紀さんはその時、「もうダメかもしれないです…」ともらしたことも明かし、笠井アナは「この電話で覚悟を決めました」とした。

西城さんの訃報が伝えられた17日、笠井アナは西城さんの自宅を弔問。「昼に一人で、夜に妻と」と2度、西城さんの自宅を訪れたといい、「お別れを言ってきました。居間に入ると、すぐに秀樹さんがお休みになっていて…もうやっぱり会った瞬間、もう泣けて仕方なかったです」と涙。

西城さんには「(長年)ずっといろいろと良くしていただいた」という笠井アナ。美紀さんと3人のお子さんについて「亡くなって24時間たってなかったので、気丈というよりも、秀樹さんの死を完全には受け止められていないように見えた」とし、「最初は居間だと思っていたんですけど、秀樹さんは寝室のいつものベットの上でお休みになっていた。

秀樹さんがいつものように寝ている状態であることがご家族の心の支えになっているようでした。(美紀さんは)『1週間後が葬儀なので、パパちゃんがいてもらえるので良かったわ』と話をしていました」と明かした。


スポンサーリンク




槙原美紀のプロフィールは?

槙原美紀さんです。年齢は45歳でして、西城さんとは18歳年下でした。

槙原美紀さんは、小さい頃はイギリスに住んでいて、結婚当時は、建築関係で働いていたという情報があります。

綺麗な人ですよね。

2001年の6月30日、結婚式の会場は、静岡県下田市白浜の白浜神社のようです。

槙原美紀さんの実家はどこ?

当時の結婚された時の報道としては、結婚式の時のインタビューはありますが、嫁の槙原美紀さんに関しましては、「大阪在住の一般人OL」くらいしか情報がなかったようです。

岐阜という情報がありますが、真相は定かではありません。

ただ、岐阜県でつながりがあるとすると、長女が2002年6月、長男が2003年9月に誕生しますが、西城さんの2人の子をお産で取り上げた場所が、産婦人科医院「操レディスホスピタル」でして、岐阜市津島町になります。

そして、その後、西城さん一家と親交を深めてきたようです。

実家が岐阜県の可能性もありますが、ネットでの情報は、実家は大阪が有力であります。

西城秀樹と嫁の馴れ初めは?

続いて、西城秀樹さんとお嫁さんとの馴れ初めですが、一般人女性ということでどこで知りあったのか気になるところではあります。

槙原美紀さんの実家は大阪とのことで、地元からは広島県出身の西城秀樹さんとあまり接点がないように思えます。

さらに調べてみると、馴れ初めは西城秀樹さんのお姉さんである絵里子さんの紹介だったことが分かりました。

芸能人であるため知り合いが多そうなので女性も選び放題と思っていたので、家族からの紹介なのは驚きでした!

西城秀樹さんのお姉さんと槙原美紀さんは近所で仲が良かったそうで、そこから紹介して、交際に発展していったということなんですね~。

どこからお嫁さんと知り合うのか、本当に分からないから面白いですよね~!

子供の年齢と画像を調査!

子供はどうやら二人いるみたいです。長女は莉子(りこ)さんと長男の新之助君さんと次男の悠天君(ゆうま)さんです。

長女の生年月日は2002年6月3日です。つまり、現在は。15歳で高校一年生の年齢ですね。
(もう少しで16歳になります)

莉子(りこ)さんの画像はこちら。


長男の新之助君(しんのすけ)さん

長男は2003年9月1日生まれです。

現在の年齢は、14歳になります。(今年15歳になりますね)中学校3年生ですね。

長男は新之助君(しんのすけ)さんと言い画像はこちらとなります。

次男の悠天君(ゆうま)さん

次男は2004年生まれです。

名前は悠天君(ゆうま)さんで、現在、13歳もしくは、誕生日を迎えていたら14歳といったところでしょうか。

⇒調べましたら、現在13歳ですね!!(姉の年齢を考えますと、中学校2年生でしょうね。)

「西城秀樹 子供」の画像検索結果


スポンサーリンク




西城秀樹の芸名の由来って?

西城秀樹さんって芸名なのが
ビックリしました。

本名は木本龍雄さんなんです。

本名と芸名が一文字も繋がりがない
のですが、

芸名の由来ってなんなんでしょうね!

『女学生の友』ち言う雑誌の
一般公募だったみたいですね!

一般公募で芸名が決まるって凄い時代です。


スポンサーリンク




現在(晩年)の西城秀樹は口パクだった?

2度の脳梗塞を患うもリハビリを通じてステージに立ち続けた西城さんですが、一部では「口パク」説が浮上していました。

今、FNS歌謡祭見ています。

西城秀樹さんが出ていますが
無理やり口パクでステージに立たせて何だか可哀想に感じます。

ファンの皆さんは嬉しいのですか?

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2016年12月7日投稿)

彼が口パクを余儀なくされてしまったのは、言うまでもなく脳梗塞による後遺症が原因です。

2016年の時点では既に声すら出せなくなっていた西城さんですが、前年の2015年ではパワフルな声量を披露していたのです。

このことについて2015年6月23日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

西城秀樹(60)は今なお、熱かった。

2度の脳梗塞を乗り越え、
今年(2015年)4月、還暦に。

公に姿を見せる機会が増える中、
足を引きずる姿や、
ややおぼつかない会話は、

往年のエネルギッシュなヒデキを知る者に少なからぬ衝撃をもたらした。

一方、
歌声は往年の輝きそのまま。

そのギャップから「口パク」を疑う声も上がったが、
記者は聴いた。

奇跡のナマ歌を。

インタビュー終盤。

歌の調子を尋ねると、
その瞬間は突然やってきた。

「今は、
しゃべる方が大変なくらい。

たとえば

“それが”

と話すと一音ずつ口の形を変えなきゃいけないけど、見てて。

“♪それがぁ〜〜〜♪”

と、
歌のようにすれば声も張りやすいし。

多少口が回らなくてもイケる」

それまでの、
こもりがちなしゃべり声から一変し、
実に晴れやかな発声。

思わぬ“ナマ歌”に面食らった。

(中略)

あらためて

「口パクではないんですね?」

と聞いた。

すると

「さっきの声をもって、
判断してもらえばいいんじゃない?」

と白い歯を見せた。

ホッとした。

「ヒデキ」は「ヒデキ」のままだ。

2015年の時点では呂律こそ回らなかったものの、歌声に関しては全盛期のままでした。

しかし、それから1年後の2016年には、明らかに口パクと分かるほどに彼は歌うことができなくなっていたようです。


スポンサーリンク




Pocket

-訃報

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

西城秀樹 死去 死因は急性心不全で遺書や遺言は?遺産相続の金額に一同驚愕!そのワケとは,,,

【昭和がまた一つ伝説に】 昭和を代表する国民的アイドルの歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが急性心不全のため横浜市内の病院で死去されました、西城さんは家族に残した …

栗城史多 死去 キャンプ3からの無線動画が最後の肉声,指再生せず8度目エベレスト挑戦中の訃報に一同敬礼

【訃報】 また1人、時代に賛否されながら自分の想いを貫いた偉大な男が逝ってしまいました、9本の指を失なったが最後まで自然再生に拘り、そして8度目のエベレストに挑戦、そして愛したエベレストのキャンプ3の …

小坂明子 息子 不慮の事故死の悲しみで病気(声がでない)の再発が心配?今現在の仕事の影響は?家族はどう支えていけるのか?

【親より先に逝くことは親不孝だと涙する】 大ヒットした「あなた」で知られる歌手の小坂明子(61)の長男でロックバンド「GRANDFAMILYORCHESTRA」のベース・千葉龍太郎さん(享年30歳)が …

朝丘雪路,認知症写真の真相が2ちゃんで騒がれている,認知症が原因で死去,言葉を失う人が続出,,,

【昭和がまた一つ伝説に】 昭和を代表する、時代を表す人たちの訃報が続いています、浅丘雪路さんが逝ってしまわれました、この死去の原因が認知症で認知症で人は亡くなるのかと驚きの声が多数挙がっています、2ち …

西城秀樹 葬儀配布品 転売の画像,出品者も特定!バーモントカレー,ポストカード値段が驚愕!

【由々しき問題だよな】 25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が …